miniBORG50関連

2019年11月15日 (金)

番外編 (ミニボーグ50仮組鏡筒で自作レデューサのテスト)

月が昇ってくるまでにテストをしちゃおうと、寄り道をして標記の撮影をしてきました。

望遠鏡は先日仮組した「ミニボーグ50+自作レデューサ」、カメラは修理ついでに天体改造した「NEX-5N(改)」です。

カメラにはまだ光害カットフィルターを着けていません。



チャチャっとスカイメモSのセッティングをしカペラを目視で導入します。

そして遠景を撮りながら調整をし、ボーグのレデューサ0.85xDG【7885】と画角が合うように調整したACクローズアップレンズNo.4のテストです。

遠景を撮りながらのテストでこれが一番期待できるかな?と感じたんです。

なので、このテストを中心に撮影してきました。



No.4のセンサーからの距離が最適なのかどうかを確認します。

センサーから一番近い位置(およそ33mm)での確認。
Ac_no4_s_qc

遠景のテスト撮影でいいと感じたセッティング(↑+52mmフィルター枠3枚分)
Ac_no4_qc

更に52mmフィルター枠3枚を足して計6枚分センサーから離した場合。
Ac_no4_l_qc


どうでしょう?近すぎるよりある程度離した方が結果が良いように感じます。

3枚分が一番いい感じなのかな・・・。




じゃぁ、この距離で他のクローズアップレンズを試したらどうなんだろう・・・。

ACクローズアップレンズNo.3の場合。
Ac_no3_qc


ACクローズアップレンズNo.2の場合。
Ac_no2_qc


う~ん、やっぱりクローズアップレンズを替えたら、最適なセンサーからの位置も変わるみたいです。

遠景であれこれやってみた感じだとNo.2はどうやってもダメな感じでした。

No.3よりもNo.4の方がイイ感じみたいなので、No.5ならもっと改善できるのかな?

これについてはNo.2とNo.3を重ねて使えばある程度分かるのかな?



でもね、結局のところ【7885】には敵わないという結論です。

ミニボーグ50+APC-Sセンサーではクローズアップレンズの自作レデューサは適さないというのがここまでの結論となりました。

中古の【7885】が手に入るまで、ジックリ気長に待ちましょう・・・。




おまけ。

一番マシなNo.4でアンドロメダ銀河を撮ってみました。
Reducer_test_qc
こんな感じだと使う気になれないでしょ?

ネットを彷徨って情報を求めた感じでは、上手く補正できている組み合わせもあるようなので、この鏡筒には向かなかったということでしょう。

とりあえず納得いたしました。

2019年11月12日 (火)

今日の星空 (月齢15.2の月)

港内の冬鳥たちが徐々に増えつつあります。

コガモのオスの換羽も始まっています。

今年はどのくらいの数が来るんでしょうか?

去年はものすごく少なかったんですよね。

どうなるかなぁ・・・。




今日は満月です。

昇りたてを撮りたかったんですが、ほんの少し間に合いませんでした。
_dsc4535

※自分のPCモニタではいい感じに見えていたんですがスマホでは暗すぎました。なので、レタッチして追加しておきます。
_dsc4535_3


先日、中古購入したミニボーグ50+自作レデューサ(ACクローズアップレンズNo.4)での撮影です。

画角はBORGのレデューサ0.85xDG(7885)とほぼ同じになるように調整してありますので、212mmぐらいの焦点距離(フルサイズ換算)になっています。

暫くすると雲が湧いてきて、あんなに快晴だった空はほぼ一面雲に覆われましたよ。


こちらはスマホで撮った「猫と満月」。
Fullmoon_cat

月を見ていたのか他に気になるものがあったのか・・・しばらくこの姿勢だったので地面にスマホを置いて、画面は覗き込めなかったけど適当にシャッターを切りました。

傾きを補正して16:9→3:2にトリミングしてありますよ。

ゴーストはフォトショのスタンプ機能でザクっと消しました。

猫の毛の一部が不自然に・・・。

2019年11月 5日 (火)

番外編 (ミニボーグ50鏡筒@2本目 仮組)

ACクローズアップレンズのNo.2がカメラバッグから出てきました。

何処行ったかなぁ?と探したところ、最近あまり使っていないカメラバッグのサイドポケットに入っていましたよ(^^;)

ACクローズアップレンズのNo.4はお取り寄せなのでいつ来るのか分かりません。

安くて送料の掛からないヨドバシドットコムで買いましたよ。

あと、対物絞り用のステップダウンリングは発送されたので明日ぐらいには着くでしょう。

ミニボーグ50を開放で使うとハロが目立つので少しだけ絞って使うんですよ。

これは、以前実験して納得できた口径に絞るんですが、当然その分暗くなりますのでノーマルよりは余分に露出時間が必要になります。


ということで、それらを組み合わせる鏡筒を仮組してみましたよ。
1_20191105204901

鏡筒バンドは以前3Dプリンターで試作した時のモノを流用、ABSで作り直す気は今のところありません。

延長筒はパシュポのエクステンションチューブとBORGのM57延長筒の組み合わせ、パシュポのはストックが無くなっちゃったのでまた買っておきますか。


自作レデューサですが、今回はそのパシュポのカメラマウントを使います。

これが自分の中では一番センサーに近づけられる組合せ。
2_20191105204901

そのマウントにBORGの「7457」アダプターを使うと、そのアダプターに52mmのクローズアップレンズを着けられます。
3_20191105204901

この「7457」アダプターは中古で買う時には注意が必要です。

初期の製品は、内径にM52のネジが切ってありません。

現行製品はM52ネジがあります。


光路長はおよそ15mm、e-マウントのフランジバックは18mmなのでセンサーから33mmの位置にACクローズアップレンズが来ます。

あとはそこから52mmフィルター枠を使って距離を調整して最適な位置を探します。
4_20191105204901

これはそのフィルター枠を2枚使って組み合わせたモノ。

No.2とNo.3を使っていろんな組み合わせで遠景を撮ってみましたが、どの位置でも周辺が流れる感じです。

No.4に期待したいところです。

まぁ、星相手にテストしないと実際のところは分かりませんけどね。


因みに↓の左は、今までで一番最短距離にACクローズアップレンズを置けた組合せで、e-マウント仕様です。
5_20191105204901

それより以前はこんな感じ。
6_20191105204901

Tマウントの中にクローズアップレンズを入れ+マウントアダプター+フランジバックという形だったので調整の幅は狭かったんですよ。


これ以外に光害カットフィルターが必要ですが、手持ちのパーツにはサイトロンの「LPR-N」とケンコーの「ASTRO LPR Type2」が余っています。

どっちを使うのがいいのかなぁ?

LPS-D1もこの2つのフィルターも大体同じ領域をカットするんで、無理にLPS-D1で揃えるつもりはありません。

どっちかをカットしてNEX-5Nのセンサー前に嵌め込むつもりですよ。

これは以前「ASTRO LPR Type1」でテストしまして実績があります。

こうしておけば全周魚眼レンズでも天体改造したNEX-5Nを使えます。


しばらくはあれこれやる作業が続きますが、2本体制に出来たらどうなるのか・・・楽しみです。


2019年11月 2日 (土)

今日の星空 (アンドロメダ銀河M31)

ミニボーグ50の中古(2本目)を買ったので、2本体制で撮影が出来るようにコツコツとパーツを集め始めました。

レデューサが欲しいのですが中古はなかなか手に入らず、新品を買うのは当貧乏ブログとしてはちょっとね・・・。

で、何度か自作しているクローズアップレンズを利用したレデューサに、またチャレンジしようとしていますよ。

出来るだけセンサーに近づけた方がいいらしいので、今回、今までよりもセンサーとの距離を詰める方法を試そうと思っています。

今日の夕方にはその中の主役級のパーツが届きます。

もちろん主役はクローズアップレンズですが、過去にACクローズアップレンズのNo.3とNo.2は手に入れてあります。

今回No.4を買い足しました。

No.2がどこにあるのか行方不明ですが、それら3種であれこれやってみようと思いますよ。

さて、どうなりますか、上手くいけば比較的早くに2本体制での撮影が出来るようになるかも?

失敗したら、レデューサの中古が出るのを気長に待ちますよ(^^;)




さて、本題です。

星相手に撮影が出来たのは5月の下旬以来でした。

その時も今回と同様霞んだ空で、撮影しに出掛けるかやめようか迷ったんです。

今回も肉眼では星はほとんど見えませんでしたが、無風だし雲は無いし久し振りの星空(あまり見えていないけど)なので、22時前になって思い切って出掛けました。

いつもの近所の海岸です。


駿河湾上だけ星が見えました。

まず、極軸を合わせ、カペラでピント合わせ、ほぼ天頂のアンドロメダ銀河をスカイメモSに付けた目盛環で導入します。

オリオン座中心部と迷ったんですけど、天頂方向の方が多少でもマシだろうとこちらを選びましたよ。

こんな感じに撮れました。
M31_median_iso32_50s41_30s1
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50+レデューサ0.85xDG ISO3200 Total:53min LPS-D1 SkymMemo-S)

午前零時を越えると途端に強風が吹き始めあえなく断念。

それまで双眼鏡で久し振りの星空を堪能しながらの撮影でしたが、風が吹くと体感温度がかなり下がり寒かったですよ。

フリースしか持っていなかったので風が突き刺さるようでした。

ダウンも持っていくんだった・・・。


でも、久しぶりに星空を堪能できたのでとても満足しましたよ♪

2019年10月31日 (木)

今日の星空 (月齢3.2の月)

最近こちらの新ブログの方がアクセス数が伸びています。

今までは旧ブログの方が倍以上のアクセス数があったんですが、今では新ブログが逆転していますね。

旋盤ネタがウケているみたいです。

ここのところ3Dプリンターに浮気しちゃっているのが心苦しいですね(^^;)

逆に旧ブログのメインネタだったスカイメモSは、発売から大分経ってしまったことで旬を遥かに過ぎてしまったのでしょう。

なんか寂しいような気もしますが、中古市場で価格が下がるようならバックアップ用に1台手に入れるチャンスが多くなるのかも知れませんね。




さて、先日中古で買ったミニボーグ50で月を撮影してみました。

なかなか星相手に撮影するチャンスが無いので、久しぶりに雲の少ない夜空になった日没後に狙ってみました。

しかし、今年はもう10月も終わろうとしているのに全然天気が安定しません。

どうなってんですかねぇ?


帰りがけに造成地に寄り道、山の端に隠れようとする細い月をギリギリで捉えました。
As3_lapl4_ap12_1

NEX-5N+ミニボーグ50+SD1X(20mmアイピース)で固定撮影です。

大気の影響が強かったのかな?色ずれと赤味が強すぎたのでモノクロで処理しました。

トリミング。
As3_lapl4_ap12_12

アイピースを変えたりする時間が無く、最初の構成で撮影し、その途中で山に隠れちゃいましたよ。

RAWで撮った30枚をTIFに現像し、AS!3で半分の15枚をスタック、REGISTAX6でウェーブレット処理をしてあります。

月は見た目に合わせて反転してあります。


とりあえず、普通に使える中古でしたので2本体制を夢見てコツコツ準備をしていこうと思います。

まずはお安く対物絞り用にステップダウンリングとアルカスイス互換プレート辺りを物色しておきましょうか。

他には鏡筒バンドを3Dプリンターで作って、固定方法及び微動機構についても考えておかなきゃね。

2019年10月27日 (日)

番外編 (miniBORG50対物レンズが届いたよ)

さっき届きましたよ。

見た目は掲載されていた写真の通りですが・・・。
Miniborg50

清掃したら綺麗になりました。
Dscn7420

ただ、艶が無いです。

清掃した結果、艶が無くなったのか、塗装が傷み始めているのか・・・まぁ気にしませんけどね。

それはフードの話ですから。

肝心のレンズは傷もなく埃が付いているぐらいでしたので、無水アルコールで清掃しました。


さて、余っているパーツを確認したところ、鏡筒を組むのには十分あります。

ヘリコイドもヤフオクで手に入れたジャンク品(普通に使えます)が有るのでピント操作も問題なし。

そのジャンク品も手を入れて足りなかったネジも補ってあるし、スムーズに稼働しますよ。


あとはレデューサだけ。

ヤフオクをまめにチェックしますかね?

その間に、過去に入手したACクローズアップレンズで、もう一度自作レデューサの可能性を探ってみましょうか・・・。

2019年10月26日 (土)

物欲 (miniBORG50対物レンズ)

笠井トレーディングさんを装った偽メール、自分のところにも来ましたよ。

今月に入って2通。

笠井さんのHPでも注意喚起されていますので皆さんもご注意ください。

まぁ、件名が日本語ではないのですぐ分かっちゃう間抜けなメールです。

日本人相手に日本語でメールしてこないなんてねぇ。

添付ファイルがあり、内1通はそれを開くように促してきました。

サクッと削除しちゃいましょうね!



さて、標記の対物レンズをポチッとしちゃいましたよ。

昨日、KYOEI-大阪さんの中古品コーナーをチェックしたら売れ残っていたんですよ。
Miniborg50

状態も良くないのかな?ヤフオクで競るよりも安かったので買っちゃいました。

フードとか小傷は多いみたいですけど、傷は外観だけみたいなので気にはなりません。

既に1つ持っているんですけど、「2本体制で撮影できるようになるかも?」なんて思っちゃったんですよね。

あぷらなーとさんの様には出来ませんが、軽い鏡筒なので2本体制に出来れば露出も今までの2倍稼げちゃうなぁとね。

鏡筒は手持ちのパーツを使って、足りなければパシュポの延長筒をもう1セット買ってもいいし、問題はレデューサですね。

長期計画で手に入るまで待つか、一度は見切りをつけたACクローズアップレンズでの自作を試みるか・・・。

また、後者のテストをしてみようかなぁ。

いろんな工作道具がある今なら、以前よりもう少し工夫の余地がありそうだしね。

保留していたNEX-5Nの2台目の天体改造もボチボチやりましょうか・・・。



そうそう、工作道具と言えば「天リフ」さんのピックアップに出ていた「MATSUMOTO-EMS」さんの市販レーザーコリメーターの改良記事。

衝撃でした。

旋盤にレーザーコリメーター自身をセットして心出しを済ませ、レーザーを点灯して主軸を回す動画なんですが、何とレーザー光がクルクル回るんですよ。

光軸がズレているんです。

「なんぞ!!!光軸修正用のコリメーターが光軸があってないんかい!!!」ってビックリしました。

自分もどこで買ったか覚えていませんが1つ持っています。(それこそ笠井さんじゃなかったかな?) →Amazonでした(^^;)
反射望遠鏡、あまり使わないですけどそのコリメーターで光軸修正をしました。

気になっちゃいますよね。

今ならおもちゃの旋盤がありますので、一度やってみようと思います。

ズレていたら光軸修正はやり直しですね。

ポタ赤メインなんで反射望遠鏡はあまり使わないですけど、コリメーターの修正だけでもやっておかないと・・・。

2019年10月 9日 (水)

今日の星空 (月齢10.6の月)

あぁ~あ、狙っていたメモリー、最高値更新されちゃったよorz

別途あたりを付けいていた新品の半値を予算に決めて入札しておいたんですが・・・。

16GBは諦めて、8GBの増設(合計16GB)にとどめておこうかな?

そっちなら結構出品されているんですよね。

さて、どうしようかなぁ・・・。




購入した中古ワークステーション。

まだ、「REGISTAX」や「AutoStakkert!3」を試していなかったので、スッキリとした夜空になった帰り路に、お月様を寄り道撮影してきました。

造成地に着いて車を降り、雲の無い夜空を見上げると・・・ISSじゃん!

今日はほぼ天頂を通過する日だったようです。

スマホのアプリは通知の機能があるのですが、天気が悪くて使用しない日が続くと通知してくれなくなっちゃうんですよね。

絶好の撮影チャンスだったみたいなのに残念です。

反射光が見えなくなるまでISSを眺めてから、月の撮影準備を始めました。



今日は、月の撮影では使ったことのない軽量な組み合わせを試してみましたよ。

ミニボーグ50+SD1X(12mmアイピース)です。

普段、星の撮影に使っている鏡筒にどの位延長筒を継ぎ足したら無限遠が出るのかなと?組み上げてから試してみましたよ。

パシュポのマクロエクステンションチューブの14mmと28mmの計42mmでOKでした。

どのくらいの画角になるのかな?とAZ-Palm経緯台に載せて月を導入しました。

ちょうどいい感じのサイズでしたよ。

シーイングは良くないのかな?

あと色ずれも結構出ちゃってますよ。

ミニボーグとアイピースとの相性も良くないのかな?

まぁ、ワークステーションでソフトの稼働テストをしたいだけですからそこは気にしません。

RAWで40枚撮影しTIFに変換→Autostakkert!3でスタック→REGISTAXでウェーブレット処理という流れをテストしました。
20191009_lapl4_ap1555_4
倒立像になっています。


問題なく快適に動作しました。

待ち時間も大幅に短縮されて大満足ですよ。

メモリ8GBでも大丈夫そうな・・・今までファイルサイズが大きすぎてPhtoshop CS2で開けなかったDeepSkyStackerのAutosaveファイルもサクッと開けるしね。

でも、16GBにはしたいなぁ・・・。

2019年8月13日 (火)

今日の星空 (月と土星の大接近)

ココログ、またトラブってるのかな?

今朝アップして、一度公開出来ていたネタが消えましたよ。

クロームはフラッシュ対応打ち切りになるし、インターポットとかどうすんのかな?

ブラウザを切り替えてまでやるようなモノでもないしね。



さて、再投稿します。

昨日はGPVの予報によると全天薄雲が覆っている感じでしたが、実際は北天は薄曇り、南天は星空が見えそうな感じでした。

何より月がスッキリ見えていたので、近所の造成地へ出掛けてみました。

現地に着くと北極星は薄い雲の向こうでしたが、肉眼でもなんとなく見えました。

なので、久しぶりにスカイメモSのセッティングを開始。

今日はテーマが3つあります。
・先日作ったアングルファインダーのテスト。
・調整し直した極軸望遠鏡で追尾能力確認。
・改良した三脚レベリングベースのテスト。
という内容です。

とりあえず、撮っておきたいのは表題の通り。

他は気分次第で・・・と考えていましたよ。


事前にステライメージでどの画角なら同時に月と土星が入るかは確認しましたが、丁度いい感じにするには500~600mmぐらいの焦点距離にしなければなりません。

車に乗せっ放しにしているのはミニボーグ50とVMC95Lなので、それぞれ212mm/1,050mm。

ボーグを組み替えるほどの気合は入っていないので、VMC95Lで別々に撮って合成、それがだめならミニボーグ50でと決めました。


VMC95Lを載せるとバランスウェイトが足りません。

なので自作ウェイトを使ってバランス取り。

普通に極軸をセット後、アングルファインダーを装着して覗き込んでみました。

等倍では全く問題ありません。

2倍ではピント調整に難がありました。

レチクルがハッキリ見えるようにすると星がボケる。

星がボケないようにするとレチクルが・・・。

まぁ、等倍なら問題ないので良しとしますか。



追尾モードを月にセットし撮影を始めました。
_dsc5306_3

目盛環を見ながら土星を導入します。

・・・ダメでした、月明かりが邪魔をしてモニターでは土星が見えません。

テスト撮影してもダメ。



サクッと諦めて、明るく輝いていた木星を目盛環で導入します。
_dsc5280

追尾モードは恒星に切り替えました。

こちらは鏡筒内に月明かりが入らないのでモニターでも確認できます。

だけど1,050mm(1,575mm相当)では全く木星らしくないですね。

拡大撮影しようかなとも思いましたが、ポタ赤だし、アルカスイスプレートの長さが足りなくてバランスが取れないので、これもアッサリ諦め。


ミニボーグ50に載せ替えて月と土星の大接近を撮影しました。
_dsc5255

やっぱ月が明る過ぎますね。

自分の腕では綺麗に撮ることは出来ませんでした(^^;)

ハーフNDとか使えばいいのかな?


この後、全天曇ってしまったので追尾能力やレベリングベースのテストは出来ませんでした。


それと、そこそこ空を見ながら作業していましたが、薄雲の影響かどうかわかりませんが流星群には1つも縁がありませんでした。

そっちメインで空を見ていたら気が付いたのかも知れません。

今日の夜はどうかな?

GPVではノーチャンスっぽいね。

2019年5月26日 (日)

今日の星空 (アンタレス付近)

久し振りの天体写真撮影をしてきました。

玄関に出て空を見た感じ、本音ではやめようかなぁって思ったんですけど、セッティングやソフトウェアの使い方など覚えているかの確認も必要だなと思い直したのでした。

いつも南の空を撮る海岸ではなく、もっと家に近い海岸沿いに車が停められるようになったので、そのポイントの具合も試しがてらの撮影です。

GPVでは雲もなく好条件でしたが、実際の空は霞んでしまってそこに光害が当たるので、星はほとんど見えませんでした。

さそり座か白鳥座かどちらかの派手なところを狙うつもりでいましたよ。

現場に着くと、まず、北極星が見えませんでした。

そして、白鳥座に至ってはデネブすら見えません。

さそり座は何とかアンタレスが見えたので、その辺りを撮影してきましたよ。
Antares_iso32_60sx17_2
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50+レデューサ0.85xDG ISO3200 60secX17 LPS-D1 Skymemo-S)

光害マップのSQMは、いつもの海岸が20.48、このポイントが20.36と少しだけ明るいみたいですが、何より蚊が出なかったのが驚きでした。

ちょっと刺されることを覚悟していたんですけど・・・。


ちょっとだけ強調処理をしてみましたが・・・。
Antares_iso32_60sx17_2_1

霞んだ空でしたから、これだけ撮って引き上げました。

いいリハビリにはなりました(^^;)

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ