miniBORG50関連

2020年11月14日 (土)

今日の星空 (アトラス彗星(C/2020 M3))

ここしばらく、ヤフオクで塗装ブースってどんな感じで取引されているのかウォッチしていました。

大体12,000円ぐらいからが目安なのかな?

そんな中、1円スタートの出品がありました。

いくらまで上がるのかな?と注視していると・・・誰も入札せず終了を数度繰り返しましたよ。

へんなの、最低入札価格も決まっていないのに・・・よくある大した値が付かないと勝手に入札を取り消す出品者なのかな?と入札履歴を見てもそんな形跡がありませんでした。

たいがいそういうのは関係者らしき人(出品者とは違うが特定のIDの人がコレをやる)が最高値で入札して終了、その後、入札取り消し→再出品の流れです。

どういう事かな?と詳細を見て気が付きました。

送料が未定だ!

こりゃ送料が1万以上のパターンだなとピンと来ましたよ。

評価を見ると・・・ありました、送料詐欺か!というクレームが。

評価が98%ぐらい良しとされているので、その内にこういう評価も何らかの手段で消されるんでしょう。

気を付けないといけませんね。

総額いくらなのか、必ず確認しないと引っ掛かっちゃうよね。



さて、昨夜というか今朝というのか、風が穏やかで雲は無さそうでした。

23:30過ぎに近所の海岸へ行ってみましたよ。

霞んでいるのかな?思ったよりも星が見えません。

駿河湾上だけ星が見えてオリオン座周辺は何とか撮影できそうでした。

北極星はうっすらと肉眼でも見えました。

ということで、標題の彗星に狙いを付けましたよ。

南中すると街灯りとの境目に突入するぐらいのタイミング、短時間勝負だ!



こうなりました。
Atlas_iso32_60sx24_rs_sd_st
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50+レデューサ0.85xDG ISO3200 60secX24 LPS-D1 Skymemo-S)

撮影を始めてしばらくすると風が出てきて嫌な感じになりましたよ。

その影響かな?TWIN鏡筒で20枚×2の40枚撮ってDSSで80%採用するように処理したんですが、24枚しかスコアが付かなくて半分ぐらい無駄になりました。

あと、彗星核基準などの処理も上手く出来ませんでしたよ。

なので↑は普通にスタックした結果です。


オリオン座の派手な領域とのコラボには縁がありませんでしたが、久しぶりの彗星をゲットしました!!!

因みに8×32の双眼鏡では彗星は全く見えませんでした。

2020年11月 6日 (金)

今日の星空 (miniBORG50 TWIN鏡筒でアンドロメダ銀河)

アメリカって変な国。

選挙で不正とか簡単に出来ちゃうぐらいのクオリティなの?

っていうかその程度の国民(選挙に携わる人たち)の意識なのかな。

そうでなければ、不正だって言う輩に大統領の資質ってあるの?

アメリカも日本もニュースでトップの話題が出ると聞くに堪えないっていうか、チャンネル変えちゃうようになりましたよ。

でもそんな時は大体どこのチャンネルでも同じ話題を扱っているんだよなぁ・・・。

で、教育テレビ(今はEテレ?)の見たくもない番組を見る羽目になる。

BSにしてもショップチャンネルだったりして、それを見るよりはマシってね。



今日の昼間は雲が流れてはいるものの、空気は澄んでいる感じでした。

ここ数日では一番いい感じ。

日没後はどうなんだろう?と雲を気にしていましたよ。

日没後、雲が全面に広がり始めましたが、それもすぐに引き始めました。

いい具合になるかも?と思ったので、セッティングをして待ちましたよ。

18:20ぐらいから撮影を初めて19:40には撤収完了。

ライトフレームを40枚×2台、ダーク&フラットは各10枚×2台を撮影しました。

帰宅時の寄り道という撮影スタイルにはTWIN鏡筒って最高ですね!



鏡筒2本になるとダーク&フラットの作成&適用がややこしい。

右鏡筒の分と左鏡筒の分、それぞれ行うので途中で分からなくなっちゃうことがありますよ(^^;)

まぁ慣れの問題でしょうが。



Rstackerでダーク&フラット処理した撮影データの80%をDeepSkyStackerで判定させて処理しました。

その後、リサイズしてFlatAideProとPhotoshopCS2で調整しました。

コレがいつもの画像処理の流れです。

その画像。
M31_iso16_60sx64_1_sd_star_20201107062501
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50+レデューサ0.85xDG ISO1600 60secX64 LPS-D1 Skymemo-S)

2倍DRIZZLEで縦構図に切り出し。
M31_iso16_60sx64_dr2_2_sd_s_20201107062201


撮影時の様子。
_dsc1649

撮影領域は。
_dsc1629
画角中央付近に薄っすらM31がありますよ。

ピントは手前の機材なのでボケちゃってますが。


撮影風景の写真は、どちらも、丁度、釣りの車が通過して照明代わりになってくれました。


2020年10月31日 (土)

番外編 (miniBORG50のフードは外径にバラつきあり)

3スプール目のABS樹脂があと9巻きぐらいで終了です。

消費スピードが上がったなぁ・・・TWIN鏡筒が大物だったんだろうなぁ。

4本目をAmazonで購入しました。

このABSですが、よ~く見ると販売者も在庫先も全く同じで2,880円と2,380円の物が登録されています。

で、後者はレビュー無し。

なんか違うのか?と思って説明文をよ~く見ると、印刷温度に10℃差があります。

安い方が低い温度で220~250度となっているんです。

ロットの違いでしょうか?

どちらかが改良された製品なのかな?

だとすると値段の高い方が改良後か?

取り扱い開始月はどちらも同じ。


当然安い方を買いました。

理由は簡単、こっちの方が温度的には所有する3Dプリンターに合っているから。


でもどうなんでしょう?

今までのと違った性質を持っていたりして・・・まぁ、使ってみればわかりますね。




さて、そのABS樹脂で作っていたMiniBORG50用のフラット&バーティノフマスクアダプター。

片方の鏡筒だけきついんですよね。

プリンターの精度が悪いのか?と疑問に思いながら、チマチマダイヤモンドヤスリをルーターに付けて整えていたんですが・・・。

手間がかかりすぎる!!!

ちっともサイズが合わない!!!







あ、何年か前にジャンクボックスから救ってきた超硬バーってのがあったはず。

と、工具ボックスの中を見るとありましたよ。

「マスター超硬バー CB2B002」というモノ。

確か、新品で300円で買ったと記憶しています。

これをルーターに付けて削ってみると・・・削り過ぎず、でも、しっかりと整えることが出来て、あっという間にジャストフィット。


道具は使いようですね。

手に入れておいてよかったぁ!

コレです。
Sharpen_hood

右のアダプターが削ったヤツ。


よくよくMiniBORG50のフードサイズを測ってみると・・・。
Hood2_20201031152701
Hood1_20201031152701

結構違うんすね。

60mmで考えて作ったのでそりゃぁ入り難いはずだよ。

設計上は60.3mmで作って、拡大率100.3%でプリントしていました。


これでスッキリしましたよ。

同じ物が2つあるときは、両方測ってみないとダメですね(^^;)



2020年10月30日 (金)

番外編 (先日作ったフラットフィルターを使ってみた)

とは言いましても、改めて、撮影に臨んだわけではありません。

曇り空の今日、夜空に向けてフラットだけ撮ってみたんです。

それを先日のM42付近の写真に適用してみたってな訳ですよ。


実は、レンズはクリーニングしちゃったんですよね。

その分、前回とは条件も変わってはいると思いますが、それは良しとします。

空の状況も違うので露出も合わないかな?と思いながら前回と同じ設定で左右10枚づつ撮って処理しました。

結果です。
Twintest2_i32_60x17_fl_rs_s

使えそうですね。

良かった良かった。

謎の薄い白点がいくつかありますが、クリーニングでゴミが無くなったところなのかな?

前回の画像はこちら。
Tb50test_iso32_60sx17_sd

薄い白点の位置がゴミの位置とは違うような・・・まぁ気にしてしょうがないね、別撮りでやっているんだから。

週末は天気が良いみたいだけど、月は明るいね。

でも、何か撮ってみようと思います。

2020年10月29日 (木)

番外編 (十三夜の月と火星 MiniBORG50TWIN鏡筒用のツール完成)

一番小さい三毛猫の子猫。

誰かが連れて行ったようです。

やっぱり、一時的に地域猫のところへ持ってきたのかな?

あの日だけしか見ていません。

昨日も今日もいなかったから、他へ行ったのでしょう。

ここで冬を迎えたら、あの子じゃ確実にあの世行きっぽかったからホッと一息って感じです。




日没後、十三夜の月と並んだ火星を100mレンズで撮りました。
Monn_mars

MiniBORG50でも撮ったんですが、ギリギリ入る画角で正直火星が良く分からないモノになっちゃいましたよ。

もっと焦点距離が短いレンズの方が並んでいる感が出たようですね。

100mm(APS-Cなので換算150mm)でも離れている感が否めない。


まぁ、それはついでですから・・・。

ホントのところはスカイフラット&バーティノフマスク用のアダプターを使ってみたかったんです。

こんな感じに出来ました。
Mb50_fl1
右下にスカイフラット用のフィルターがありますが、背景に白を使ったので目立たなくなっちゃいました(^^;)

バーティノフマスクをセットして・・・。
Mb50_fl2

抑えるパーツで蓋をします。
Mb50_fl3
見えている側がミニボーグ50のフードにハマります。

火星でピント合わせをしてみましたが、当然ですが、問題ありませんでしたよ。



フラットを撮るときはマスクを外してフラット用フィルターに入れ替えます。
Mb50_fl4

蓋をして完了。
Mb50_fl5

このフィルタの善し悪しは、フラットの処理を実際にやってみないと判断つきませんね。


あとは新月期を待って、M42とかM31とかでテストですよ。

2020年10月26日 (月)

今日の星空 (miniBORG50 TWIN鏡筒のテスト)

土曜の夜はTWIN鏡筒でテストを兼ねた撮影をじっくりとするつもりでした。

強風だったので様子をみながら過ごしていたのですが、寝落ちしましたよ(^^;)

朝4時ごろ目が覚めて外の様子を伺ったら、ほぼ風もなく、雲もなく、絶好の撮影日和の夜だったみたいです。

仕方がありません。


で、昨晩、1時間だけと決めて、近所の造成地へ出掛けました。

23時過ぎに家を出て、24時半に帰ってきました。

何処を撮影したかと言うと・・・。

ここで~す!
Tb50test_iso32_60sx17_sd
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50 レデューサ0.85xDG ISO3200 60secX17 LPS-D1 SkyMemo-S)

ココかアンドロメダ銀河かどちらかを撮りたくてこの世界に飛び込んだんですから、やっぱココでしょ!

M31は街の上空で条件は悪そうだったのです。

久し振りの撮影だったので、機材の設営に手間取りました(^^;)


一台のスマホで2台のNEX-5N(改)のバルブコントロールが上手く出来るのかも、やってみなきゃ分からないですし。

因みに赤外光の分岐は大昔の分岐アダプター”AT5C26DW”という、オーディオテクニカの製品を使いました。

物持ちが良いでしょ?

もう20年以上経過していると思いますよ、このアダプター。


撮影中の風景。
Borg50twin_1

Borg50twin_2

バルブコントロールは問題ありませんでした。


ケーブルの取り回し&分岐アダプターの固定等考えなきゃいけませんね。

短い光デジタルケーブルを2本を手に入れて、TWIN鏡筒の上部にあるカメラネジへ分岐アダプターを取り付けるパーツを作れば良さそうかな。


軽い鏡筒とは言え2本同架すると、追加ウェイトが必要です。

あくまでもテストなので、フラットは撮りませんでした。

なので、ゴミだらけなのがバレバレ(^^;)

スカイフラット撮影用の小道具も1鏡筒分しかないので、もう1組作らなきゃだな。

いや、その小道具は汎用性を持たせて作ったから、この鏡筒専用に2組作った方が使い勝手は良さそうだな。

まだまだやることはあるね。


だけど、十分に使えることは分かりました。

これで露出時間倍増計画は成功した感じですよ。

2020年10月23日 (金)

番外編 (望遠レンズでステレオ写真を作ってみた)

久し振りに工具のリサイクルショップに行ってみました。

掘り出し物がありましたよ。

TONEのディープソケットレンチセット(ラチェット付き)が1,350円だったんですよ。

まぁ相当に使い込まれた感がありましたが、そんなに消耗するもんじゃないし、何よりディープソケットが欲しかったし、TONEとかだと20,000円近くするし、こういうのは一期一会だから。

一緒にエアツール用のスパイラルホース(700円)とタミヤの精密ニッパー(60円)を買いました。

ホースの方は見た目新品みたいですがカプラーの一部が錆びついていました。

接続はスムーズに出来るので問題ありません。

ニッパーは刃がガタガタ。

コレも研いで使うから問題ないです。

精密ニッパーは3本くらい持っているんですが、変な使い方をすると刃が折れたりするので、予備に持っていようと・・・。

明日、これらの整備&クリーニングでもしましょうかね。





さて、MiniBORG50のTWIN鏡筒でいろいろ撮ってみました。

どんなのを撮ると面白いのかな?と。

奥行きが無いのはつまらなそうだなということは想像できますが、まぁ、いろいろやってみようと。


で、帰ってきてパソコンで見たら・・・画像サイズの設定が違うじゃんorz...

あまり使っていないNEX-5Tを使ったら、画像サイズの設定が他のNEXに合わせてなかったんですよ。

おっかしいなぁ、合わせておいたはずなんだけどなぁ・・・。


てなことで、フォトショで合わせる羽目になりました。

今回は平行法と交差法毎にアップします。

平行法。
_dsc7840p
_dsc7844p
_dsc7849p
_dsc7850p

交差法。
_dsc7840x
_dsc7844x
_dsc7849x
_dsc7850x

雲間の月はうまく合わせられませんでしたよ。

月など遠すぎるモノは手前に何もないし効果は薄い感じ。

暫くいろいろ撮って遊んでみようと思いますよ。



オマケに子猫たちを載せておきます。

茶虎。
Red_tabby_cat

黒白兄弟。
Bro_cat

2020年10月21日 (水)

工作室 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンド 試作完了)

ジョウビタキのメスをこのシーズン始めて見ました。

探しに行けばもっと早くに見掛けているとは思いますが、バードウォッチングにはここ数年出掛けていないんですよね。

去年のブログでは10/23が初見のようなので、こんなもんなんでしょうね。

けむけむさんが熱中しているイソヒヨと大きさは大分違うけど、フォルムはよく似ています。

この鳥も可愛いんですよね。

地域猫のお世話をする東屋におこぼれを食べにくるオスが、今年も来るといいなぁ。




さて、MiniBORG50のTWIN鏡筒化、完結した感じですよ。
Twin_borg_r
Twin_borg_l

中央の補強プレートにスポットファインダーでも付けられるようにカメラネジを用意しておいたんですが、今の鏡筒の組み方ではプレート固定ネジと干渉してしまうために使えません。

まぁ、そんなに使う事もないと思うのでそれはいいかなぁ。

どうしても使う必要があればまた考えます。

ということで、試作品=本番用ということで完結です。

後は活用ですね。


写野調整の機構はスムーズ且つしっかりとしており、期待以上の出来となりました。

地球深部探査船「ちきゅう」に写野を合わせてステレオ写真を作ってみましたよ。

交差法平行法です。
Chikyu_20201021211501

※ステレオ写真の作り方を忘れてしまいました。
↑の写真は左のカメラで撮った写真を左に置いて作りました。
なので、↓は左のカメラで撮った写真を右に置いて作りました。
都合のいい方で見てください(^^;)

こっちが交差法。

Chikyu2

あとはバルブ撮影の制御を2台分しなきゃいけないんで、今の仕組みを少し変更します。

今はスマホのアプリでスケジュールを組んで、赤外光をオーディオ用の光デジタルケーブルを使ってNEX-5Nの受光部へ導いてコントロールをしています。

これを途中で分岐して一台のスマホで2台のNEXをコントロールするつもり。

同じスマホを2台持っているので、別々にやってもいいんですが、まとめられるモノはまとめたいですから。

大昔に買った分岐アダプターが、何処かに眠っているハズなので掘り起こしてテストしてみますよ。



ちきゅうの写真を撮った後に、木星と火星にチャレンジしてみました。

今日も強風です。

車の陰に隠れて固定撮影してみましたが、撃沈しました。

一応、動画で撮ったモノから処理してみましたよ。
Jupiter_pipp
Mars_pipp
やっぱり、VMC95L+NEXでは模様迄捉えるのは無理かなぁ・・・。

2020年10月20日 (火)

工作室 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンド 試作編 その3)

日没後、木星や火星などを撮ってみようと撮影を始めてみたんですが、強風でどうにもなりませんでしたorz...

撮影はしてみたんですが、ピント合わせがどうにもならなくて、当然、結果もボヤ~っとしたモノでしたからボツです。

明日までは晴れが続くみたいなので再チャレンジしてみますが、どうなりますかねぇ・・・。



さて、試作品が完成しました。

まだ調整が必要ですが、とりあえずこんなの。

前側。
Front_view
後ろ側。
Rear_view


左右の鏡筒の写野調整はファインダーと同じ仕組みです。

左側後方の3点支持ローレットネジで調整します。

それを支える前方は、径が大きく薄い自由雲台みたいな仕組みにしてあります。
Move_part1
Move_part2
分かりますかね?

鏡筒バンド内側を2重構造にして、その接触面摺動部は球状になっているんですよ。

上手くいくかなぁ?なんて思いながら組んでみましたが、どうやら目論見通りになっているようです。

摺動部にヤスリ掛けをして、引っ掛かりを無くすなどの調整はこれからやりますよ。

ミニボーグ鏡筒を実際に載せてみてのテストもその後に行います。

なんとなく試作=本番用になる予感♪

2020年10月19日 (月)

工作室 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンド 試作編 その2)

最後のパーツ類の印刷に掛かっています。

朝、出掛けに一番長い時間を要するパーツ類の印刷を始めておいて、帰宅をしたら出来上がっていましたよ。

この3Dプリンターは動作が安定しているので、安心して印刷しっ放しにしておけます。

レビューをいろいろ見ても、火を噴いたとかの深刻なトラブルは見掛けませんしね。

自分も何度も印刷しっ放しにして出掛けていますし。


印刷済みのパーツ達。
Twin1
↑はベースになるパーツです。

それぞれ別に印刷していますよ。

右側のパーツが、今回の中では一番サイズが大きいモノになります。

ラフトが使えずビルドシートに直に印刷したので、修正が大変そうです。

側面を見ると荒れているのが分かるでしょ。

シートに接着するために、始めの3層ぐらいまでシートの温度を上げて印刷するからこうなるんだと思います。

ちなみに、そのせいか若干高さが足りませんが、誤差の範囲です。

まぁ、仕方がないですね。


↓こういうラフトが使えるとそういう問題が解決されますが、印刷時間はその分長くなりますし材料も余分に必要です。
Twin2

コレが今回一番印刷時間を必要としたパーツ。
Twin3
単純に数が多く高さもあるから時間が掛かるんでしょうね。

およそ9時間程掛かっています。


最後の印刷は23時半ごろに終わる予定。

明日から修正や若干の加工を加えて、週末には使える状態に持っていこうと思っていますよ。

一発で成功していると嬉しいな♪。

試作=本番用となるように祈っております。




さて、オマケの写真。

最近、地域猫のメンバーに加わった子猫たち。

この子が一番小さい茶虎。
Kitten1
カリカリをバクバク食べています。

冬に間に合うかなぁ?



そして黒白猫の片割れ。
Kitten2
遊び方を覚えたようで、爪も出さなくなったし、噛みついて離さない癖も直りましたよ。

もう1匹は寝ていました(^^;)

そちらは鼻は黒くない、所謂ハチワレです。

より以前の記事一覧

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ