DeepSkyStackerについて

2018年12月 5日 (水)

番外編 (DeepSkyStackerの操作 彗星編)

この操作については既に詳しく解説されているサイトがありますけど、先日パラメーターのことを書きましたので、こちらにご訪問いただいた場合に、いろんなサイトを行ったり来たりしなくても済むようにと思い、蛇足かも知れませんが取り上げました。

彗星のスタッキングは通常(恒星)のスタッキングをしてからの操作となります。

DSSでは以下の3つのモードでスタッキングできます。

・恒星基準(Standard Stacking)
  このモードが何故あるのかよく分からないんです。
  始めに恒星基準でスタックするんだからいらないのでは?
  選択したことは無いのですがもしかしたら結果が違うのかな?

・彗星核基準(Comet Stacking)
  彗星核を指定してスタックします。
  彗星がハッキリし、恒星は彗星が移動する分流れます。

・彗星核基準&恒星基準(Stars + Comet stacking)
  上記2つを合成するみたいでその分時間がかかります。
  彗星核も恒星も止まった画像になります。


先に彗星核を指定する際の画面まわりについて触れておきます。

左メニューの「Registering and Stacking」枠をクリックすると各ファイルの画像を表示することが出来ます。
1st_3

①ファイルを選択すると画像が表示される。
②すると、右に新たなメニューが表示される。

この画像内で彗星核がどこにあるのかを指定し登録をするのですが、その際の画面操作は以下の通りです。

まず画像が暗く、彗星の位置が分からないので明るさの調整をします。
6th_2


次に彗星の位置を流れ星マークをクリックしてから指定しますが、その前に・・・。
3rd_3

フロッピーマークをマウスで右クリックします。

すると選択肢が3つ表示されます。
4th_2

中段の「Don't save without asking」が選ばれていますので、「Save without asking」を選択し直しておきます。
5th_2

本来、彗星核を指定した後にフロッピーマークを押してその位置の登録をするのですが、これが面倒くさいのです。

つい登録し忘れてしまうこともありますが、これを選択しておくと、次のファイルを選んだときに自動で登録されるので登録し忘れることが無くなります。




さて、本線に戻ります。

一度、普通にスタッキングをし恒星などの情報を登録します。

と同時にDSSがファイルの善し悪しを判定してくれますのではじかれたファイルのチェックを外しておきます。
14th_2


いよいよ彗星核の指定です。

ファイルを一つ選んで画像の明るさを調整したら、彗星の上にマウスカーソルを置いてホイール操作をし画像を拡大します。

一気に拡大すると彗星が画面から外れてしまうので、少しづつカーソル位置を修正しながらホイール操作をしてください。

一番大きく拡大すると中心を指定しやすいと思います。
10th_2

緑の枠がDSS上のカーソル、紫の円が彗星核を指定すると表示される円です。

ここで注意すべきことが・・・。

1度目のスタッキングで基準星として検出された彗星は、マウスを近づけるとDSS側で彗星の位置にカーソルが飛んでくれますが、そうでない時には選択できません。(その確認は右のメニューの赤十字(Edit Stars Mode)で確認できます)

その場合はシフトキーを押しながらマウス操作をしてください。

緑の枠がマウスカーソルと一緒に動くようになります。

位置が決まったらマウスの左ボタンを押して決定します。

ちょっと違ったかなと思ったら、何度でも押し直して位置決めしてください。


「Save without asking」を選択している場合は次のファイルを選び彗星核の位置決めをします。

そうでなければフロッピーマークをクリックして位置の登録をしてください。

登録するとファイル情報の一番右の「#Stars」欄に”+(C)”が付加されます。
11th_2

登録できているかどうかはここで判断出来ます。


以上の操作を繰り返してスタッキングするファイル全てで彗星核の位置指定を済ませます。

※天文リフレクションズでこの詳細が特集されていましたね。
この記事は蛇足でした(^^;)
しかもそちらでは彗星核の指定は全てやらなくてもよいとのことです。
どのくらいの割合で「Stacking parameters...」に「Comet」タブが表示されるのか分かりませんが、5枚程度彗星核を登録すればスタックできるそうです。
DSSのユーザーマニュアルではすべてのライトフレームに対して彗星核の指定をすることになっていますが、処理後の画像を見る限りこの技を使った方が効率が良さそうです。

※この件についてもう少しユーザーマニュアルをGoogle翻訳で読み込んでみました。
すると・・・。

[彗星]タブは、少なくとも2つのライトフレーム(基準ライトフレームを含む)に登録された彗星がある場合にのみ使用できます。
という一文が見つかりました。
これは推測ですが、軌道が変わらなければ最初と最後のライトフレームで彗星核を指定しておけばいいのではと思われます。


またこんなヒントも・・・。

DeepSkyStackerは、彗星中心が設定されていない時間枠内のすべてのライトフレームで、彗星中心の位置を自動的に(スタッキングする直前に)計算します。
これを行うために、最初の画像と各画像との間の経過時間を使用して、彗星の位置を補間する。
これは!なんだやるじゃんDSS!!!って感じです。



※20181206追記
彗星核の位置指定の必要フレーム数は、最初に星の検出を行う「Register checked pictures...」の「Register settings」ダイアログの「Advanced」タブで設定する「Star detection threshold」の設定と関係があるようです。
%を高くして検出される星の数を少なくすると必要フレーム数は多くなります。
デフォルトの10%ぐらいにしておくと2枚とか少ない枚数で済むようです。

自分はPCの負担を減らすために星の検出数を100前後に調整するのですが、これだと20枚のスタックをするのに10枚以上の彗星核位置指定を必要としました。
30%に設定し直して検出される星の数を200前後にして再レジスト後に試したところ、2枚に彗星核位置の指定をしただけで「Comet」タブが表示されスタック処理が出来ました。
実際にテストしたところでは、最初のフレームと最後のフレームの2枚に彗星核を設定しただけでシッカリと彗星核基準のスタックが出来ました。

彗星の位置を計算するために必要な星の数と彗星核の位置指定の必要フレーム数は相関関係があるみたいですね。



そしてスタックに移りますが、「Register checked pictures...」で星情報の登録は済んでおり、且つ、スタックしないファイルのチェックは外してあるので「Stack checked pictures...」を選びます。
15th_4  


「Stacking parameters...」を押します。

「Comet」タブで希望のスタックモードを選んでスタックさせます。
16th_2


後は待つだけ。

数分後。
17th_2

出来上がりです。


難しくはないでしょ?

だけど、核の位置指定が面倒ですね。

ステライメージでは最初のファイルの位置と最後の位置から自動で彗星核の位置を判断してくれるみたいですけど、向こうは有料ソフトですから比較しても仕方がありません。

楽しみながら彗星核の位置指定をしようじゃありませんか(^^;)

2018年11月18日 (日)

番外編 (DeepSkyStackerのパラメーターを弄ってみた その3)

このシリーズ、これで終わりです。

今回はスタック後の画像を「DSS」上でレタッチします。

普通は「DSS」では何もせず、「PhotoShop」とかのレタッチソフト、いや、もっと言うなら「ステライメージ」で処理をした画像を「PhotoShop」という流れだと思うんですが、これらのソフトって高いんですよね。

対して「DSS」はフリーソフトです。

一応、レタッチの機能まで含まれているんですよね。

ただ、その方法が良く分からないのです。

これまでに使ってきた経験で体得した方法について書きますよ。

なので、本来は間違った使い方をしているかもしれません。

他のやり方でもっといい方法があるのかも知れないと断っておきますよ。



では、始めます。

前々回前回の手順で撮影した画像をスタックするとこんな画面になります。
After_stack

色は失われて”なんじゃコリャ”的な出来上がりです。


先ずは、「Saturation」タブで彩度を上げます。
Saturation

経験的に20~25%の間ぐらいが良いと思いますが、これは人によって感じ方が違うと思いますので、自分の好みに最後に調整し直してください。

とりあえず、ボヤっとした画像では作業が出来ませんので判別が出来る画像にするのです。


次にRGBレベルを揃えて画像に適用します。
1st_rgb_levels

▲スライダーはマウスでクリックしてからカーソルキーを使うとコントロールしやすいです。


次にヒストグラムを整える作業に入ります。
2nd_rgb_levels

まず、山の高さを揃える為に左端の▲スライダーを調整します。

スライダーを右に動かすと山が低くなり裾の(幅)が広がります。


高さを大体合わせたら位置合わせです。

トーンカーブが立ち上がって右側に曲がり始める辺りにRGB各色の山を重ねます。
3rd_rgb_levels

「Apply」ボタンを押して変更を適用してください。

更に色合いの調整をして追い込みます。

この例ではグリーンの山の明るい側がはみ出ている為に緑がかった色合いになっています。

なので今度はグリーンの右端の三角スライダーを調整します。
4th_rgb_levels

グリーンの山がズレるので他の色に位置を合わせます。
※ヒストグラムはヒストグラム上でマウスホイールを操作することで拡大することが出来ます。自分は見やすく拡大して調整していますよ。

各色の山が揃うとバランスの良い色合いになります。

ヒストグラムってそういうモノでしょ?

揃ったら「Apply」ボタンを押して結果の確認をします。

好みの色合いのなるように、この作業を繰り返します。



色合いの調整が終わったら明るさの調整をします。
1st_luminance

「Luminance」タブの中段、「Midtone」の下側のスライダーでトーンカーブ全体を左右に動かして調整をします。

明る過ぎると思えばスライダーを右に、暗すぎると思えばスライダーを左に動かし「Apply」ボタンを押します。
2nd_luminance


やり直したくなったら「Reset」ボタンで元に戻ります。

ちょっと前に戻りたいときには「Undo」ボタンでどこまで戻れるかわかりませんがある程度戻れます。
Undo_redo

これで、まぁ満足できるレベルになると思います。

画像の保存は左側にメニュー欄「Processing」から「Save picture to file...」ボタンを押して保存してください。



さて、ここからは更に星雲とか強調してみようというステップです。

画像が表示されている範囲はヒストグラムの山がトーンカーブと接している領域(だと思っています)なので、ヒストグラムの裾のを拡げてやればトーンカーブの調整がもう少しやりやすくなる、という発想です。

拡げすぎると画像が荒れるみたいなので、適度に調整します。

先ずはここから。
5th_rgb_levels

左端の▲スライダーを右に移動させます。

各色同じように操作し、先程のように山を揃えて重ね合わせます。
6th_rgb_levels

山が拡がってトーンカーブと触れる範囲が広がった分コントラストが上がります。

それによって明るい所と暗い所の差がよりハッキリしますので、結果的に星雲が強調されるという訳です。


更に、トーンカーブを調整するとよりハッキリします。
3rd_luminance

ちょっとやり過ぎたかもしれませんが、効果はテキメンでしょ?


「Photoshop」等のレタッチソフトを駆使できる方はこの方法を使わずに、もっといいモノが出来ると思いますが、結構難しいんですよね。

星マスクや星雲マスク・調整レイヤーを何枚も貼って・・・まだ、自分はそのレベルは上手く出来ません。

大体いつもこのようなやり方で「DSS」で殆どの処理を済ませて、レタッチソフトでアップロード用に画像サイズの調整をする、って感じです。

最近は少しだけ「Photoshop」も使えるようになってきたので、いろいろ試している最中です。



最後に、スタック直後の画像と上記の操作後の画像を貼っておきます。

ビフォー。
1st_m31

アフター。
Final_m31

2018年11月17日 (土)

番外編 (DeepSkyStackerのパラメーターを弄ってみた その2)

今日はクルーズ客船「飛鳥Ⅱ」が寄港しました。

入出港時間がタイミングが合わず撮りに行けませんでしたよ。

「飛鳥Ⅱ」は海岸で星空の撮影をしていると結構見るんですよね。

寄港予定は無くても、富士山を見るコースがあるんだと思います。

夜中に駿河湾に入ってきて、日の出後に出ていくような感じです。

写真は撮れなくても、その雄姿は何度も見ているので、まぁまたの機会でいいかな、なんて思っちゃいましたよ。




さて、本題の「DeepSkyStackerのパラメーターを弄ってみた その2」です。

前回は元画像をトリミングするみたいな機能の「Drizzle」まで進みました。

「Drizzle」は画像スタック時の解像度を向上させるために「NASA」が開発したアルゴリズムだそうです。

本来は任意の倍率が設定できるらしいのですが、「DSS」では2倍と3倍のみを採用しているようです。

今回は「Stacking parameters...」の「Light」タブからです。
Light_tab

通常は「Average」でOKです。

人工衛星や飛行機の航跡などが入ってしまった場合は「Kappa-Sigma clipping」や「Median Kappa-Sigma clipping」を試してみるといいでしょう。
違いについては理解できませんでした。

「Entropy Weighted Average」は、ISO値を変えて同じ対象を撮影した場合に使用します。M42の中心部が白飛びしてしまうとかの際にこれを選ぶと有効です。ただ、処理時間は増大しますね。

「RGB Channels Background Calibration」は非選択/チャンネル毎/RGBまとめての3つから選択となりますが、自分には理解できません。いつも「RGB Channels~」にしています。

「Maximum」は比較明合成するときにしか使ったことがありません。



次は「Alignment」タブ。Alignment_tab

これは「Automatic」か「No Alignment」しか使ったことがありません。

「Automatic」を選んでおけば「DSS」が最適な方法でアライメントしてくれますので、あえて他の方法を指定することは無いと思います。

風景やISSの航跡などで単純に比較明合成したいときには「No Alignment」にします。




そして今回の肝、「Cosmetic」タブ。
Cosmetic_tab

翻訳文をそのまま引用します。(いいんだよね?)
このタブは、スタッキングする前にキャリブレーションされた画像をクリーニングする方法を制御します。
目標は、キャリブレーション後に残った高温または低温のピクセルを検出してクリーニングすることです。
これらのオプションを確認すると、画像が大きく変わる可能性がありますので注意して使用してください。
という事ですが、とにかく、何度も値を変えて違いを探ってみました。

この設定を使う前と使用後の画像比較です。
Cosmetic_b_a

上がビフォー、下がアフターです。

赤色や青色の変なノイズが消えています。


上の設定枠は、ホット/コールドピクセルを検出して固定するために使用されるフィルタのサイズで、下の設定枠はピクセルを同じ設定にして補正を行わない閾値を設定するらしいのですが、正直よくわかりません。

上の枠はフィルターのサイズを大きくするほど滑らかになるとされています。ただし、サイズが大きくなるほど処理時間は長くなるとのことです。

下の枠の閾値は低く設定することでより多くの補正がされるらしいです。

どのくらいに設定したらよいのか・・・は、分かりません。

実際やってみて結果で判断するしかないですね。


タブの中段右側にある「Test on first frame...」を押すと・・・。
Test_exec_2
その設定値でのホットピクセルとコールドピクセルの検出結果が表示されます。

これについて触れているサイトの情報では、この結果が1%以上では効果が強すぎで、0%では効果が無いとのことですから、コンマ以下で何度か試すしかないんだと思われます。

因みに、「Test on first frame...」のすぐ下の「Save an image showing~」をチェックすると、スタック後ライトフレームのあるフォルダに検出したピクセルのイメージファイルが作成されます。


こういう設定値でスタックした場合。
Cs3_cosmetic

テスト結果は・・・。
Cs3_2

そのイメージファイルは・・・。
Cs3_cosmetic_image

出来上がった画像は・・・。
Cs3_m31

ちょっと眠い感じ?


次にこんな設定で。
Cs4_cosmetic

テスト結果。
Cs4


検出されたイメージは・・・。
Cs4_cosmetic_image

出来上がった画像は。
Cs4_m31

キリっとしたかな?


2つの画像のピクセル等倍時の比較。
Cosme_comp

なるほど、テスト結果が1%未満の方がスッキリした感じですかね。

10%以上の方は滑らかって言えば滑らかですがボヤけた感じです。

この値、もう少し探ったらもう少し良くなるのかも知れませんが・・・。




あ~ぁ、疲れました。

今回はここまで。

次回はスタック後の画像レタッチについて、自分なりの方法を書こうと思っています。

「Photoshop」などレタッチソフトの達人の方には関係のない内容になるのかな?

2018年11月14日 (水)

番外編 (DeepSkyStackerのパラメーターを弄ってみた その1)

また、運動部内のパワハラですか・・・。

録画機器やネット環境などが整ったおかげで、以前であれば大した問題にならないようなことも、ガンガン取り上げられる時代になったことを痛感しますよ。

監督が部員のしたことにキレてバンバンぶん殴る・・・一見、酷いことのように映るかもしれませんが、切れる原因は誰が作ったの?ということです。

そういうところを自分も通ってきたかからかもしれませんが、鼻血が出たからって・・・殴られたんだから当然ある事だしね。

そんな、大抵の事には寛容な自分も呆れてしまったのは、今回の日大の不祥事の結末。

監督やコーチの指示はなかった・・・ですか?

まぁ、部外者ですから何も言う資格はありませんが、結局なんだったの?これ?って感じです。



さてさて、こう悪い天気が続くとこちらも変なモードに入っちゃいそうですよ・・・。

それを断ち切るために、今まで、あまり掘り下げなかった「DeepSkyStacker」(以降DSSと略します)の細かい機能を探ってみました。

自分への備忘録として残しておきます。

※20181225追記
書き忘れていたことがあったことに気が付きました。
DSSで画面が見切れてしまうという症状がある方は、メインメニュー欄の下から2番目「About DeepSkyStacker」を選んで使用言語をどれか一つ選んでください。
「Default」の場合、そのような症状になることがあるようです。


普段の画像処理の流れは・・・。
Open

「Registering and Stacking」欄から
・Open picture filesを選択してライトフレームをリストに登録する。
(自分の場合、ライトフレームは「Rstacker」にてダーク&フラット処理済み)

・「Check all」を押して・・・。

・「Register checked pictures...」を選んでパラメーターを設定しスタック処理させる。

・出来上がった画像のヒストグラムなどを調整し・・・。

「Processing」欄の
・「Save picture to file...」で画像を保存。

という流れです。


今回はその「Register checked pictures...」内の設定をいろいろとやってみた際の記録です。

これを選ぶと「Register Settings」のダイアログが開いて「Action」タブと「Advanced」タブ等が設定可能となります。

「Action」タブでは画像を解析して何%採用するかの設定をします。

自分が使うSkymemo-Sでは甘く見て8割は使える画像が撮れると思っていますので、ここはデフォルトの80%のままです。


「Advanced」タブは・・・。
Star_dtection_2

「DSS」が処理をする際に検出する星の数を選択します。

ネットで得た知識では最低8個は星を検出しないと処理が出来ないらしいのですが、数が多すぎると負荷が大きくなって時間がかかるとのことです。デフォルトでは千単位・万単位で検出するのでスライドバーを右に移動させて「Compute the number of detected stars」ボタンを押すとその設定での検出数を表示してくれます。

50%ぐらいでも問題なく処理が出来ましたよ。

時間も2~3分速くなりました。


次に「Stacking parameters...」ボタンを押して・・・。
Result_tab_5

「Result」タブの設定です。

これは複数画像を重ね合わせた際の領域の選択です。

今回試したのは「Enable 2x Drizzle」です。

ここだけ設定しスタッキングをさせると、元の画像サイズの縦横2倍画像が出来上がります。

そうするとレタッチソフトやPCの性能によっては開く事すらできなくなりますので、「Registering and Stacking」欄に戻り1枚画像を選択してスタックさせる領域を指定します。
2xdrizzile_2

英文マニュアルをGoogle翻訳で読んだところによると「一番スコアの良い画像で指定しろ」という事ですから、一度スタック処理してからこの作業をするのがいいかもしれませんが、普通に撮影した画像なら全ての画像がほぼ同じ領域でしょうから、星像が悪い周辺像を切り捨てる意味で最初から領域指定してもいいかもです。

指定方法は赤→の「Custom Rectangle Mode」を押して、領域をドラッグしたまま選択します。

2x・3xのガイドが表示されますので参考に領域を決めます。

決めた領域の移動もできます。


このままスタック処理に入ると普通の画像レタッチ時のトリミングみたいな感じで仕上がります。

元の領域。
M31_ave

それが、このように・・・。
M31_x2_ave

※20181121追記
3xDrizzleもアップしました。
素材は同じですので比較材料にはなると思います。
M31_3x_ewa_2




今日はここまでです。

一気に書こうと思ったんですけど、これ、長くなりますね。

読み辛くもなるし、疲れてきたので、また次回ということで・・・。

2018年11月11日 (日)

番外編 (DeepSkyStackerがV-UPしてました)

広範囲に快晴になったみたいな昨夜、静岡では多くの雲が流れノーチャンスでした。

今日も似たような天気でダメかなぁ・・・。

なので、ネットを彷徨っていましたよ。


アリババ通販サイト「AliExpress」が今日は大きなセールをやっているので、例の「デュアルスピードフォーカサー」を買っちゃいました(^^;)

送料分が値引きされるくらいのモノですが、普段より安いことは安いので飛びついちゃいましたよ。
他にも欲しいモノはあるのですが、そこまでで理性が働きました。


引き続いてネットを彷徨っていると・・・「DeepSkyStacker」がバージョンアップされていることに気が付きました。

自分が使っているのは「3.3.4」、今度のは「4.1.1」。

結構変わったんじゃないかとインストールしてみました。

今回はそれをネタにしてみましたよ。



少し前に撮影した「アンドロメダ銀河(M31)」を題材に処理を試してみました。
441

こちらは以前のバージョン。
334

画面周りは多少の違いはありますが、自分が使う範囲での変化は感じません。

パラメーター関係も特に変わったところは見つけられませんでした。

ただ、処理時間が多少早くなりましたよ。



自分は「DeepSkyStacker」でダークやフラットの処理はしません。

予め「RStacker」でダーク&フラット処理を済ませたライトフレームのみを使用してスタッキングのみをさせています。



前回使ったデータはRAW→DNG変換したファイル51枚。

それを「DeepSkyStacker」に判定させて、80%のファイルのスタッキングをさせるのに掛かった時間は・・・。

「4.1.1」はおよそ10分でこんな画像に。
411_m31
※ヒストグラムの位置を揃えてSaturationを25%にしてあります。(上のハードコピーの時の画像)

「3.3.4」はおよそ16分でこんな画像。
334_m31
※「4.1.1」と同じ処理をしてあります。

6分の短縮が出来ました。(もっといいパソコン使えってのは無し!)



せっかくなので、今まではこちらではやらなかった星マスクの作成も試してみました。
Starmask


パラメーターの設定が良くわかりませんが、これを利用して上の写真のレタッチを「Photoshop」でしてみましたよ。
411_m31_mask

なるほど、星の選択が簡単に出来ました。

パラメーターの設定方法が分かればいろいろ使うことが出来るかも知れません。

「Photoshop」でレベル切り詰めて星マスクを作成するのとどっちが良いのかな?


※20181112追記
星雲をちょっと炙り出してみました。
ノイジーになりましたが・・・。
411_m31_2d



※20181113追記
↑の追記でかなりノイジーになったので、今まで使わなかった機能に手を出してみました。
それは、「Stacking Parameters」の「Cosmetic」タブ。
ついでに、「Result」タブの「Enable 2x Drizzile」の機能も使ってみましたよ。
指定領域を2倍に拡大出来るのでより効果がハッキリするのかなと考えました。

スタッキング終了時のハードコピーです。
Hard_copy

Saturationは20%、ヒストグラムはRGBそれぞれをこのように揃えて画像をセーブしました。
2d_m31_4

ノイズは滑らかになったものの、輝星がぼやけたような感じです。

拡大されているんだからボヤケ気味なのは仕方ないのかな?

拡大しなかったら単純にノイズだけが抑えられるということでいいのかな?

それよりもレデューサが補正しきれない隅の方が無くなる分、星像は全体的にスッキリした印象です。

もう少しパラメーターの値を探ってみようと思いますよ。

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ