機材

2019年10月 1日 (火)

番外編 (PCIe3.0×4 NVMe1.3接続SSDドライブの発熱について)

すんごく快適になりましたよ、中古のワークステーション。

SSDに換装するだけで違うパソコンみたい。

ただ、この接続方式SSDの発熱についてちょっと気になっていました。

けむけむさんにもコメント頂きましたが、買う際にも発熱量について触れている情報を多く見掛けていたんですよ。

で、予めヒートシンクを用意したわけです。

実際、このDELLのワークステーション内ではどれだけ熱を持つんだろう?

CPUファンもグラフィックボードのファンもレイアウト的にすぐ近くにある。

メーカーサイトでも排熱に関して優れていると書かれていたような・・・。



電源投入直後と下記の作業後の温度を「CrystalDiskInfo」を使って調べてみました。

まず、電源投入による起動直後。

室温は27度でした。
Switch_on

SSD&HDD共に28度です。

次にファイル数1879個43.9GBのデータをそれぞれのドライブにコピーしてみました。
Useage_data


HDDは・・・。
After_copy_hdd

38度でした。

SSDは・・・。
After_copy_ssd

55度まで上がりました。


ですが、3分もしないうちに・・・。
After_copy_ssd_2

35度まで下がりました。

ヒートシンク&ケース内気流は確実に冷却をしてくれているようです。

筐体の違いですかね、HDDはその後40度まで上がってそこから1度下がりました。


ついでに先程コピーしたデータを使って「DeepSkyStacker」で処理をしてみました。

ライトフレーム86枚をリザルト/スタンダード、スタッキングモード/アベレージ、アライメント/オートで処理しましたよ。
Stack_1

2分15秒で完成。
Stack_2

因みにリザルトをインターセクションにすると2倍の5分かかりました。


その時の温度は・・・。
After_stacking

29度でした。

これはCPUの方が活躍するんですね。

でも、ノートPCで処理していた時には、この枚数では正確に覚えていないけど3~40分かかっていましたよ、いや、もっとかも。


SSDにアクセスが多くなる作業をするとドーンと発熱するけど、冷却機能は確実に働いていて心配になるほどの熱は持たないことが分かりました。

よかったよかった!

2019年9月30日 (月)

番外編 (作業用PC増強計画 その1 完結編)

ラグビーワールドカップ、ビックリしましたよ。

非国民と言われるかもしれませんが、ケチョンケチョンにやられると思っていたんです。

世界ランク2位に勝てるわけねーじゃんってね。

最近の状況をよく知らないと言えばそれまでなんですが、昔のイメージを引きずってるのかな自分は・・・。

ルールがかなり変わってしまっているので細かいところは違和感を持ちながら見ていましたが、とにかくスクラム&モール&ラックでフォワードが負けていないことにビックリしました。

フォワードの選手たちがスゲェ!!!

これから先が楽しみですね♪



さて、まずシステムドライブをSSDにする計画その1が完了しました。

DELLのセットアップユーティリティが全く分からなくてブートドライブの変更に手間取りました。

結局よくわからなかったので、2つに増えた「Windows Boot Manager」を一つづつチェックを外して起動させてみて、どうにかSSDから起動することが出来ました。

あのユーティリティ、昔のBIOSに馴染んでいる人間には分からな過ぎますよ・・・。


今回、購入したパーツです。
Dscn7413

左からカードリーダー(USB3.1 Gen1)/SSD/SSD用ヒートシンクです。

カードリーダーはUSB2.0対応のしか持っていないのでついでに購入です。


検討している時にサイズとかの情報は見ていて知っているんですけど、実際に見ると「小っさい!」って思わず声が出ちゃいました(^^;)
Dscn7414_20190930220601

ヒートシンクを貼り付けます。
Dscn7416

スロットへ装着。
Dscn7419

スロットの反対側をネジ留めするようになっているんですが、ネジは付属していませんでした。

DELLのオーナーズマニュアルではSSDに付いているような書き方だったので、ここは確認不足でしたね。

まぁ、いろんなサイズのネジが工具箱に入っていますので問題はありませんでした。

「M.2」だけにネジもM2でしたよ。(関係あるのかどうかは不明)


クローンの作成にはけむけむさんに教えて頂いた「EaseUS Todo Backup」(無料版)を使いました。

7分ほどで完了しましたよ。


上に書いたようにブートドライブ設定に往生しましたが、無事に起動したのでベンチマークを・・・。
B_mark1

B_mark2

Wei3

後は実際の作業で効果を体感したいですね!

2019年9月28日 (土)

番外編 (作業用PC増強計画 その1)

お気に入りの黒猫が2週間ほど前にケガをしたみたいなんです。

気付いた初日は「ちょっと歩き辛そうだな」ぐらいだったんですが、二日目には左前脚が地面につけずにほぼ歩けない状態に。

三日目には出てこなくなりました。

何日目か忘れちゃったけど、久しぶりに出てきた時に左肩が腫れていました。

外傷はなかったので「脱臼?でも初日はそんな感じじゃなかったな」と原因の特定が出来ず。

食欲もなく出てきても食べないで体を寄せてくるだけなので、痛くないようにお尻の方だけ撫でてあげていました。

今から3日前ぐらいになって腫れていた個所を舐め破ったみたいで膿が出ていましたよ。

今では、ビッコながらも歩けるようになり、食欲も戻ってきました。

心配しましたが快方に向かっているみたいです。

結局なんだったんだろう?でも、動物の治癒力って凄いね!

骨折とかでも2週間もすれば歩いてるもんね。

いや、凄いわ!




え~、増税カウントダウンの状態ですが、一気に買ってしまうのは支払いが怖いので、チマチマ作業用PCの増強を図っていきます。

第一弾は一番効果がありそうな「起動ドライブのSSD化」です。

選んだのは「シリコンパワー SSD 256GB 3D NAND M.2 2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 P34A80シリーズ 5年保証 SP256GBP34A80M28」というヤツ。
Ssd256gb

500GBと迷ったんですが、金額の問題(約3,000円差)でこちらにしました。

この前、失敗したパソコンが256GBのSSDだったんです。

その時必要なソフトをインストールしても残容量は200GB以上あったし、画像の保存は別ドライブで行うので、システムドライブとしては十分だろうと判断しましたよ。

今回導入したワークステーションの場合、SATAでもPCIeでもどちらでも搭載可能でその金額差は2,000円ぐらい。

どこまで速度が出るのかは不明ですが、SSDのポテンシャルとしてはリードで6倍/ライトで2倍ぐらいPCIeの方が優れているんです。

新しい規格に浦島太郎状態なので詳しいことは分かりませんけどね。

購入金額も許容範囲なので、上の規格のこの商品を発注しましたよ。

ヒートシンクも買っておきました。

購入前にワークステーションの中身を確認しておきました。

なんの工具も必要なく取付場所までアクセスできます。

よく出来ていますね。


ワークステーションには「イントルージョンスイッチ」というのが付いています。

システム内部への不正アクセス検知の為にあるみたいなんですが、起動時に「何か警告でも出るのかな?」とワクワクして電源スイッチを押したんですけど何事もなく起動しました。

システム管理者が何か設定をしないと有効にならないのかな?

Webでダウンロードしたマニュアルにはその辺りの事は書かれていないので詳しいことは分かりません。

まぁ、個人がデスクトップPCとして使う分には関係ないですけどね。


さて、SSDが届くのを楽しみにしていますか♪


2019年9月26日 (木)

物欲 (デスクトップPC@中古購入 その2)

前回は残念ながら失敗してしまった作業パソコンの導入。

再びチャレンジしていますよ。

今回はCPUのランクは落ちましたがワークステーションから選びましたので安定性は向上しているハズ!

価格もかなり安く済みました。

前回PCの4割の価格で手に入りましたよ。

保証期間内に何も起きないか様子をみてから、SSDとメモリを奢ってやろうと画策しています。

もうパーツは選んであるのです(^^;)

256GBのSSD(PCIe3.0X4)と16GBのメモリー(DDR4-2133)なんですが、これを載せても前回PCの6割の金額ですよ。

ワークステーション万歳!




帰宅すると届いていました。

小さいし軽いので2階に持って上がるのにも何の苦労もありません。

片手でホイホイっと!


ササッと開梱してケーブル類を繋ぎ、すぐにスイッチオン!

問題なく立ち上がりWindows Updateも終えて最新バージョンに。
System

こちらはパフォーマンスの評価です。
Weiviewer
SSDではないのでここが最低評価の5.9に。

だけどCPUやメモリは0.2ポイント下がっただけです。

Core i7-6700とi5-6500の違いよりSSDかHDDかの方が大事なのかな?

早くSSDを載せたいですよ♪



とにかく3DCADと天体画像処理用にソフトをインストール。
Desktop_20190926233701

これだけインストールしました。

Photoshop CS2はこのPCでは普通には起動しませんでした。

起動時のウィンドウサイズを最小にしての起動です。

その後、”Alt+Tab”キーで切り替えれば問題なく動作します(今のところ)。

フリーウェアもしくはフリーで使える範囲での使用に限定されますが、ゆくゆくは天体の機材も本格化した時点でソフトウェアもいいモノ(有料のヤツ)に切り替えていくつもりですよ。

今はチープな機材で運営していますから、ソフトウェアもフリーのみで処理します。


実際、どれだけ快適になったかは星空が撮影できなければ分かりません。

後は天気次第ですね(^^;)

2019年9月24日 (火)

番外編 (作業用PC導入のドタバタ)

前回「超快適!作業用パソコンの設置完了」なんてネタを書いたんですが、あの後、何のソフトも起動していない状態で突然ブルーバックのエラー画面になり再起動が掛かってしまいました。

でも、起動せず、BIOS画面が立ち上がるだけ?

よく見ると起動ディスクのSSDが認識されていません。

とりあえず、本体背面のメイン電源を切って再度起動してみます。

快調に起動しました。

なんか知らないけど、何事もなかったようだ、としばらく放っておいたらまたブルーバックの画面が・・・。

今度は「CRITICAL PROCESS DIED」ん!!!「DIED」って何よ!

再起動が掛かりまたしてもBIOS画面、SSDは無いことになっています。


即、ショップに連絡を取りましたが電話は繋がりません。

画面の写真を撮っておいたので、それを添付してメールしましたら・・・「PCを送り返して頂いて返金処理をさせてください」とのこと、もう付き合えないって事らしいです。

残念ですが今回の事はこれにてTHE END.です。


このドタバタが終わった頃、スマホにAmazonから「USBメモリがコンビニに届いた」ってメールが来ましたよ。

こんな事になるって思っていなかったからリカバリ用に発注しておいたんですよ。

この後無線タイプのキーボード&マウスも届きます。

もうこうなったら別のPCを早く決めて発注しなきゃ!!!



ということで、再びあれこれ考えては悩んで選ぶという楽しい時間を過ごして、昨日の夜ヤフオクにて落札いたしました。

こんなのです。
P3420sff
DELLのワークステーション。

スモールフォームファクターというスリムタワー型。

CPUはその前に買ったパソコンの「Core-i7 6700」と同世代「Skylake」の「Core-i5 6500」です。

当初、ワークステーションなんだからXEONにしようといろいろ迷ったんですが、どう考えてもそこまでは要らないと決めて、価格差はSSDとメモリを追加する費用に充てることにしましたよ。

明後日ぐらいに届くと思われます。

今度の保証期間は1週間なんで、その間はあれこれ弄らず、そのままの状態で電源入れっぱなしにして様子をみようと考えています。



先程、帰宅の途中にコンビニに寄ってAmazonで発注したキーボートなど受け取ってきました。
Usb_memory
Keyboard_mouse

設置場所の都合によりケーブルが無い方が便利なので・・・。

さて、今度はどうなりますでしょうか・・・。

慎重派な自分が、とうとうパソコンまでヤフオクで手に入れるようになっちゃいましたよ~。



オマケ。
今朝の富士山。
20190924

2019年9月21日 (土)

番外編 (超快適!作業用パソコンの設置完了)

ここ数日地元では、浜にクジラが打ち上げられ大騒ぎでした。

アカボウクジラという名前は知りませんでしたよ。

これは何の根拠もない事なんですが、そのニュースと時を同じくして駿河湾では新型のイージス艦が試運転をしていました。

海上公試って言うのかな?

特殊な電波がクジラの回遊に影響したんじゃないかって・・・そんなことないか(^^;)

イージス艦がどんなものか全く知りませんので、なんとなく気になっただけです。

写真ぐらい撮りたいなって思いましたけど、沖合で霞んで見えるだけなんでノーチャンスでした。



さて、購入した中古デスクトップPCへの各種ソフトウェアセットアップが一段落しました。

インストールしたソフトはこれだけ。
Desktop

3DCADと写真の現像&編集のみに使う予定なので、スッキリしているでしょ。

電源を取るコンセントを変更してから、今までのトラブルが嘘のように快調です。


ただ、ファイルの共有には手間取りました。

というか手間取っています。

古い知識しかないので、今までのやり方で共有の設定をしてもアクセス権が無いって拒絶されちゃうんです。

なんかセキュリティ強化って言うのか難しくなっているのかな?

古いPCだとネットワークのプロパティ辺りをちょちょいのちょいで出来たのに・・・。

確認するのにもコントロールパネルってすべて表示されないでしょ?

スタートメニューから入ったり、スタートを右クリックして入ったりと、何だか戸惑うだけですよ。

アカウントもPINとかローカルアカウントとか何が何だか・・・。

ちょっと本屋で立ち読みでもしてこようかな?

※追記
ネットを彷徨って設定を見直してみましたが、どうやってもMicrosoftアカウントでの共有がアクセス権がないとバッサリ。
結局のところEveryone権限でしか設定できませんでした。


って、↑の写真見てたらスライスソフトを忘れてるよ。

まぁ、足りないソフトは使いながら気が付いた都度入れていきますか・・・。

2019年9月13日 (金)

物欲 (デスクトップPC@中古購入)

パソコン、届いていました。

早速設置に掛かります。

その前に中身を・・・。
Dscn7410

このPCの仕様です。
-----------------------------------
【CPU】インテル Core i7-6700 プロセッサー(Skylake)クロック周波数:3.4 GHz 4コア 8スレッド
【メモリ】合計16GB(PC4-2133 8GBx2) Max:32GB
【SSD】256GB
【HDD】1TB
【MB】H110M[ASUS]
【光学ドライブ】DVD-Sマルチドライブ(読込/書き込み対応)
【グラフィック】NVIDIA Quadro K620
【映像出力端子】DVIx1 DPx1
【有線LAN】Gigabit LAN(10/100/1000Mbps)
【電源】550W
【ケース】mATX
【OS】Windows 10 Home 64bit
-----------------------------------
この先暫く凄く快適に使えると思います。

今はノートPCで全ての作業をしています。

今後はデスクトップPCで3DCAD&画像処理を行い、ノートPCはブログ&ショッピングなど負荷の低い作業に使っていこうと思います。

ノートPCの主な仕様は
-----------------------------------
【CPU】インテル Core i5-5200U 2.2GHz 2コア 4スレッド
【メモリ】合計8GB
【HDD】500GB
【グラフィック】オンボード インテル® HD グラフィックス 5500
【OS】Windows 10 Home 64bit
-----------------------------------
こんな感じです。

残ディスク容量も厳しくなってきているし、何よりあれこれ詰め込み過ぎて起動は遅いしオーバーワーク気味だったんです。

買った当初は早く感じていたんですけどね。

今となっては起動に3分近くかかるようになり、安定して動作するまでしばらく放っておかなければならないのがとても不快でした。

デスクトップPCのセッティング(3DCAD/3Dプリンター/画像処理関連などソフトのインストールとデータ移行)が終わったら、一度初期化しようと思いますよ。

以前の快適さを少しでも取り戻せたらいいな♪


デスクトップPCは初期設定(Windowsのライセンス認証)を終えて無事に起動しました。

これから諸々のインストールやリカバリーの作業を徐々にやっていきますよ。



※追記

ベンチマークを計ってみましたがエラーで止まってしまいました。
なので途中までの評価です。
Cmr7

こちらはWindowsのパフォーマンス評価。
Winsat

グラボはOpenGL対応のK620です。

2019年8月16日 (金)

番外編 (BORG延長筒代替品)

高校野球面白いね、ついつい見ちゃうよ。

スポーツってメンタルが大事って、こういうの見ているといつも思い知らされます。

まぁ、スポーツだけじゃないかもしれませんが。


中京学院大中京は負けたかなぁ・・・って途中まで思いながら見ていたら、7回表にビッグイニングが来たね。

東海大相模があんなにミスの連続するなんて考えられない、心を折られたんだね、中京のメンタルの強さに。

最後はメンタル、なんて考え方が古いって言われちゃいそうだけど、実力伯仲なら絶対そうだと思っていますよ。

実力が伴わないのは只の過信(^^;)




さて、Amazonでポチッとしたものが届きました。
Dscn7380

にゃあさんに紹介する際、購入履歴を辿って商品名をコピペしようとした時に気が付きました。

SONY eマウント版がある事に。

前は無かったと思うんですけど、既に気が付いてレビューをしてくれた方が居たので、自分も買ってみました。



NIKON Fマウントと同じ構成ですがこんなのです。
Dscn7381

Dscn7382

ボーグユーザーならM57規格の7/14/28mm延長筒として使えます。

ついでにeマウントのレンズ/ボディマウントが手に入るって感じです。



先日入手したジャンクヘリコイドに付けてみました。
Dscn7387

問題なく付きますよ。

ただ、ネジ山の数は少なめです。


ジャンクNEX-5Nにも付けてみました。
Dscn7388

マウントにガタは皆無です。

レンズ側のマウントは試していないので不明です。



ボーグレンズを使う前提だと、レデューサやフラットナーなどを必ず使うのでこのマウントを使うことは無いですね。

だけど拡大撮影に使うSD-1Xなら使えるのかな?

マウントアダプターは不要になるのかな?


しかし、これが送料込みで1,000円切るってホントはいくらなの?

AliExpressで買うよりも安いよ。


他にどんな使い方が出来るのか、暇なこの時期に考えてみましょうか・・・。

2019年8月11日 (日)

番外編 (三脚レベリングベースのガタの原因を改善する 完結編)

アッハッハッハ!

前回(その1)の案は全くダメでした。

また分解してみたり、組付けてみたり、弄り回してなぜダメなのか考えてみました。


で、行き着いたのがネジを替えること。

全ネジではないキャップボルト(他の用途で持っていたモノ)を、ダイスを使って必要なだけネジを切って専用ネジに作り替えました。
Dscn7372

右が元のネジ、左が作ったネジ。

アップで。
Dscn7374

ネジを切っていない部分があるので、軸となる高さ調整の真鍮製?のネジに締め込むとガッチリ固定されます。

ネジが無い部分の長さが台座の厚みなどのクリアランスです。
Dscn7375

スプリングやワッシャーも一応挟んで絞め込みます。(たぶん無くても大丈夫)

外径の大きい青いローレットを回すと軸の真鍮ネジが回り台座の高さが変わります。

その真鍮ネジに固定されている為、高さを伸ばす&縮めるどちらに回してもこのネジも連動して回ります。

なので緩みが発生しない→ガタが出ないようになりました。

何度か伸ばしたり縮めたりを各軸繰り返してみましたがいい感じです。


暫く使ってみて問題が無ければネジを固定するために接着剤を塗って締め込めば、より確実に機能するようになると思います。


元の工作精度が当てにならないため、このネジのネジが無い部分の長さを決めるのに往生しました。

ザックリネジを切ってから、あとは各軸組み付けて様子をみながら少しづつネジを切り増しという調整したので、こんな簡単そうなネジ切りにずいぶん時間が掛かりました。


とまぁ、これで完結しましたが、こんなの、同じような機材を使って同じような悩みを持っていないと読んでも内容が分かりませんよね(^^;)

でも、Amazonで今でも似たようなレベラーは売られているので、少なからず困っている人もいるのではないかと思います。

そんな方に参考になれば幸いですよ。

2019年8月10日 (土)

番外編 (三脚レベリングベースのガタの原因を改善する その1)

育児放棄からの付き合いで4年目、唯一、自分だけが撫でまわすことが出来た茶虎のオスに無視されましたorz

縄張りの東屋を黒猫のオスに追われたみたいで、しばらく姿を見なかったのですが、別の場所で見つけました。

近くまでは来るんです。

自分がしゃがむと、以前なら駆け寄ってきて撫でてくれ~ってアピールするのですが、今回は無視です。

少し近寄ろうとすると逃げて一定の距離を取ります。

猫は3ヶ月ですべてを忘れるといいますが、もう少し期間は短いみたいです。



さて、前回に続いてこの話題。

週一回の買い出しを終えてからササッとFUSION360でこんなのを考えてみました。
Bush12
M3ネジに付属するバネやワッシャーの替りのブッシュです。

ブッシュって言い方でいいの?


2つのパーツで構成しました。
Bush_12_1

上のパーツにM3ネジを通して、下のパーツで受けます。

球状の摺動面にグリスでも塗ろうかと思っています。

上手く摺動してくれるといいんですが・・・。


ボールベアリングにしようと当初は考えたんですけど、レベラーの高さを変える時に軸の角度が変わるんです。

今まではバネだったので角度が変わっても問題が無かったんですが、ボールベアリングに変えて締め付けてしまうとその動きが抑制されてしまうことに気が付きました。

内径が少し大きめのスラストベアリングなら使えるかもしれませんが、何かを買う前に、折角、3Dプリンターがあるんだからこれで様子をみようと方針変更です。

とりあえず、今、1組印刷中です。

インフィル(印刷密度)を100%にして印刷していますよ。

さて、どうなりますか・・・。

より以前の記事一覧

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ