機材

2019年6月20日 (木)

工作室 (トライバーティノフマスクを作る 完結編(仮)とオマケ)

星空を待っていられないので船舶の灯りで効果の確認をしてきました。

星相手ではないので(仮)です(^^;)

直焦点で。
_dsc5059

光軸は少しズレていました、が、メインは眼視用なのでまぁいいんじゃないかと思っています。


20mmアイピースを使用しスマフォでコリメート。
Smapho

最終チェックは星相手にやってみないと、どんな感じで見えるのか分かりませんね。

それまでに光軸修正しちゃうかな?



オマケは地域猫の一家です。
20190617_084936

つい数日前まではカリカリを食べ物とは思っていなかったみたいですが、急に食べるようになりました。

パッと見、全く同じように見えるので見分けられません。

ママ猫はしばしの休憩。
20190616_095336

グレーのホワイトソックスの子猫がもう1匹います。

何処から来たのか分かりません。

迷子か捨てられたのか・・・この子達の倍ぐらいの大きさがありますが仲良く遊んでいます。

その子は大人の猫達と一緒に食べるので、この子達が食べている時は一人で遊んでいます。

ママ猫も拒絶しないのでもしかしたら面倒をみているのかも知れませんが、人前ではまだ授乳をしないのでその辺りの事は分かりません。

もう少ししたら人前でも授乳をするようになると思うので、その辺りの関係性が分かりますね。

2019年6月18日 (火)

工作室 (トライバーティノフマスクを作る その2)

先日作ったトライバーティノフマスクを作り替えました。

VMC95Lでは遮蔽物が多すぎて明るさが足りていない感じだったので、スリットの幅を広げて光の通り道を確保した感じです。

それと角度も大き過ぎたようなので売られているものに合わせました。

こんな感じです。
Tri_bahtinov_mask_2_2jpg3
Tri_bahtinov_mask_2_2
Tri_bahtinov_mask_2_1

前回作った物は角度を広げ過ぎて、ピント判断の回析光が均等に散らばってしまうために、判断が付きにくいことがシミュレーターによって判明しました。

前回のマスク。
2_9

今回のマスク。
1_9

こんなの作る前に確認しろって感じですかね・・・。


今印刷中です。

23時ごろには終わる予定ですが、しばらくは星空は拝めそうもないかなぁ・・・。

早くテストしてみたいっすね。

2019年6月16日 (日)

工作室 (トライバーティノフマスクを作る)

地域猫の子猫、今年は全て連れ去られたって思っていたんですけど、勘違いだったみたい。

東屋で育てていた黒猫の方は、引っ越しの最終確認でもしていたのかな?

ずーっと子猫を呼んで探していたので、てっきりそう思っちゃったんです。

ちょっと前から、連れて来てくれるようになったんですよぉ!

3匹なんですけど、3匹ともママ猫そっくりの黒いホワイトソックスなんです。

初めて連れてきた時にはまだヨタヨタ歩いていたんですが、もうすばしっこく走り回るようになっています。

今のところ見分けるポイントが分かりません。

もう少し見慣れてきたら見分けられるようになるかな?




さて、表題の件ですが、先日、VMC95Lにデュアルスピードフォーカサーを装着したので、新しくバーティノフマスクを作ろうと考えました。

今までは、多分、初めて作った画用紙から切り出したマスクを使っていたんですよ。

今では3Dプリンター保有者ですから、あまり細かいパターンは別として自由に作れるし、いっそのこと光軸の確認も出来る「トライバーティノフマスク」にしようと3D_CADに立ち向かいました。

・・・つ、作りにくい・・・。

マスクパターンは2Dの方がはるかに楽(3Dに慣れていないだけかも)

ということで、JW_CADでマスクのパターンを書いて、DXFでFUSION360に渡して立体化しました。

こんな感じ。
Tri_bahtinov_mask_2

Tri_bahtinov_mask_1

Tri_bahtinov_mask_3  

シュミカセ用って事だけど、マクストフカセグレンでも使えるんでしょ?

交差する角度は20度(40度)にしたけどどんなもんでしょ?



VMC95Lは基本光軸調整は出来ません。

メーカーに依頼する必要がありますが、一応、押し引きネジで調整できるようにはなっています。

過去に自己責任で適当に調整しちゃったので、実際のところどんなもんなのか確認してみたい気持ちはずーっとあったんですよ。

今、印刷中ですが、4時間ちょっと掛かります。

20時ごろには出来ているはずなので、天気が良かったら、月を見たりするついでに光軸の確認もしてみようと思っていますよ。



完成したら追記で写真もアップしておきます。

※追記
強風でポタ赤を出す気になれず,AZ-Palm経緯台でお茶を濁してきました(^^;)
バーティノフマスクは出来たんですけど、暗くてパターンがハッキリしませんでした。
スリット間隔を再考した方が良いみたいです。
もうちょっと試行錯誤してみます。
月と木星を見てきたんですがシーイングが酷くて・・・倍率落として40mmのアイピースにしてもハッキリ見えませんでしたよ。
一応直焦点で月を撮ってみました。
_dsc3916
デュアルスピードフォーカサーはバックラッシュもなく使いやすそうだったんですが、そんな状態だったのでピントの山が分からず効果の確認としては消化不良な感じでした。

2019年6月13日 (木)

番外編 (デュアルスピードフォーカサーをVMC95Lに付けられるか? 完結編)

昨日バラエティ番組に出ていた舘ひろしさんが言っていた事。

学生時代の部活での事なんですが、当時は水分補給なんてご法度で喉が渇いて渇いてどぶの水を飲もうと思った、というようなことを言っていました。

これね、自分は笑えませんでした。

ホントにそういう場面に会ったからです。

舘ひろしさんとはずいぶん年齢も違いますけど自分の学生時代も水分補給はご法度。

夏の二度ある合宿の内、母校での合宿は灼熱のグラウンドで行うのですごく暑いんですよ。

まぁ、今ほどじゃないかもしれないですけど。

同級生の一人が、多分、今で言う熱中症になったんでしょうね。

意識が飛んでどぶの中に転がり込んで水を飲んだんですよ。

結局、大事には至らなかったんですけど、そんな場面に立ち会っていたので笑えなかったですよ。

そんな苦しい体験も今となってはいい思い出ですけどね。

そんな時代の運動部は、今で言う体罰やしごきなんてのは日常茶飯事ですから、今時のニュースを見るとそんなことで騒ぐのが不思議でなりません。

ほめられたことではないでしょうけど、ある程度は必要悪なんだろうと思います。
(ただの鬱憤晴らしではなく、いい意味でのしごきや体罰ってのはあると思います)

ただワイワイ楽しいだけでは強くなれるとは到底思えないですよ。

まぁ、強くなりたくてやっているんじゃない場合もあるかな。





さて、このネタも完結編となりました。

VMC95Lでデュアルスピードフォーカサーが使えるようになりました。
Dscn7308

接眼部との距離が少し近いのですが、問題はありません。
Dscn7309

付け替えてみて分かったことがあります。

元々バックラッシュがあったんですけど、それは単にフォーカスノブの固定イモネジが緩んでいただけということです。

オマケにそのイモネジ、ネジ山が潰れていたみたいで締めることも出来ないんですよね。

光軸の調整ネジもネジ山が潰れているネジがあったし、天下のビクセンさんも普及クラスの作り込みは甘いって事かな?

それとも、前のオーナーが弄ったのかな?


話が逸れました、このフォーカサーに変えて遠景を見てみたらバックラッシュは無かったんですよ。

減速比は分かりませんが微動も出来るようになりましたのでピント合わせは劇的に楽になったと思いたいです。
※20190615追記
減速比、回して確認しました。
7:1でした。


星相手にピント合わせしない事には実際のところは分かりませんから。


このデュアルスピードフォーカサーの装着はこんな感じで行います。

アダプターをカパッと嵌めて。
Dscn7310


本体側の切り欠きをアダプターの穴に合わせ、フォーカサーのイモネジをこの位置に合わせます。
Dscn7311


まず、フォーカサーのイモネジをしっかり締めて。
Dscn7313


フォーカサーのシルバーの部分をローレットネジで押さえつけて固定します。
(ワザと平らに削ってある箇所があるので、そこを押さえつけるのが良いと思います)
Dscn7314

これでOKです。


このデュアルフォーカサー、購入したショップでは現在入手不可になっていますが、6,000円でおつりが来るぐらいなのでお手ごろですよ。

微動は具合がいいんですけど、粗動はちょっと硬めです。

ビクセン等メーカーさんの高いヤツとは違いますから、この辺りは妥協が必要です(^^;)

いつ扱いが始まるのか分かりませんが、良かったらお一つどうぞ。

2019年6月12日 (水)

番外編 (デュアルスピードフォーカサーをVMC95Lに付けられるか? その2)

以前、ブログネタに困った時に書いた「暇つぶしの工作と意外な結末」の中に出てきたCR123Aというリチウムバッテリーの使い道が決まりました。

日曜日の夕方だったかな?台所で「ビー」っと短い電子音が1分おきぐらいに鳴るんです。

なんだ?とあちこち原因になりそうなものを探してみても見つかりません。

電子音って方向が掴みにくいですよね・・・。

その内に音がしなくなったんで不思議に思いながらも捜索をやめました。

そして、夜。

再び、鳴り始めたんです。

どうしても場所が突き止められず途方に暮れ始めた頃、「電池切れです」って言い始めたんです。

ここでようやく天井方向から鳴っていることが分かりました。

火災報知機でした。

電池はなに使ってんのかな?と火災報知機を外して開けてみると・・・CR-2/3AZという特殊なリチウムバッテリーでした。

すぐに手に入りそうな電池じゃありません。

ネットで探してみるとAmazonでも手に入りますが、そこそこの値段。

検索結果の中に代用品を扱ったブログがあったので読んでみると・・・おぉ!あのCR123A が使えるじゃん!って事で、少し工作をして無事に火災報知器が復活しました。

電池切れの日に火災が起きたなんて洒落にもなりませんから、あの電池もこれで無駄にならずに良かったですよ。

工作そのものは少し危険を伴うモノなので紹介は出来ません。

ちゃんとした電池を買いましょうね(^^;)





さて、デュアルスピードフォーカサーを活用すべくボチボチと取り掛かっております。

既に3作目の印刷に入っていますよ。

過去の2作。
Dscn7307

左が1作目。

ちょっと勘違いもあって形状を変更。

中央が2作目。

現物合わせで寸法を少し変更。

という過程を経て3作目を印刷しています。

これでバッチリとなる予定です。

上手くいくといいな!

2019年6月10日 (月)

番外編 (デュアルスピードフォーカサーをVMC95Lに付けられるか? その1)

買ってから永らく放置してきた「デュアルスピードフォーカサー」を、ビクセンの「VMC95L」という望遠鏡に利用してみようと検討に入りました。

アリエクスプレスでポチッとして届いたのが去年の11月下旬、それから半年寝かしちゃいましたよ(^^;)

なんとなく惑星観望の旬は過ぎちゃった感じですが、どのみち天候不順でどうにもなりませんでしたから後悔はありませんよ。

とりあえず現物合わせをするために取り出してみました。

こんなの。
Dscn7094

取付箇所はここ。
Dscn7066


折角、3Dプリンターがあるので、試作をそれで行って、いい感じになったらジュラルミンから削り出そうと目論んでます。

まずは、ノギスであちこち測って3DCADで形にしました。
2speed_focuser_adaptorv1
なんか余分な線が消せませんでしたが、これで様子をみて徐々に詰めていきますよ。

上面の溝にフォーカサーのシルバーの部分を嵌めて、側面の大きな穴から望遠鏡のフォーカス軸にフォーカサーのイモネジを締めて固定します。

側面の小さな穴はフォーカサーの外周(シルバーの部分)を固定するためのイモネジ挿入部。

そのイモネジ挿入部分が手前に出っ張っているのはこのアダプターが回転しないようにする突起です。

とりあえず望遠鏡そのものに穴を開けたり傷を付けない方法で考えてみました。

望遠鏡側の元々のバックラッシュについては今のところ考えていませんよ。



梅雨明けには使えるようにしておきたいかな?

2019年5月16日 (木)

工作室 (「Kasai AZ-Palm」用バランスウェイト軸収納ケースの作成)

ハイ、前回からの続きです(^^;)

昨日、蓋側のプリントが寝る前に終了したので、本体側のプリント指示をしてから眠りました。

朝起きると出来ていましたよ。
Dscn7249


丁度いい感じです。(当たり前か)
Dscn7250


今回は長さのミスはありませんよ。
Dscn7251

バッチリ収納。
Dscn7252

これで気兼ねなく「AZ-Palm」と一緒に収納できます。

2019年5月15日 (水)

番外編 (「Kasai AZ-Palm」用バランスウェイト軸収納ケースを考える)

今日の朝の情報番組を見ていたら、交通ルールには地方ルールがあるんだとか・・・。

松本走りや茨城ダッシュ等エトセトラ。

なんでしょうね?悪いことが分かっていて言い訳にこんな名前つけて正当化しようとしているんでしょうか?

そんなルールを自慢げに話している人もいるんでしょうか?

バカじゃないの!

恥ですよ、そんなの。

そんなのが分かってんならもっと交差点の取り締まりを厳しくしなさいよ、警察の方々。

捕まえやすいところだけに貼り付いてないでさ。

プンプン!!!




さて、ネタの枯渇は継続中です。

でも、工作ネタならあるんですよ(^^;)

小ネタですけどね。

今日は万能小型経緯台の「AZ-Palm」の収納で懸念事項になっていた、自作バランスウェイト軸の収納ケースについてです。

自分が持っているバランスウェイトって「Skymemo-S」用かビクセンの「SKYPOD経緯台」用のモノしかないんですよ。

いや、ビクセンのニューポラリス赤道儀用のもあるか・・・でもこれは重過ぎ。

で、それらのウェイト軸はΦ12mmなんです。

ネジ径が違うので「Skymemo-S」のは流用できませんし、笠井さんでも売っていません。

なので以前に、市販されている長ボルトを買ってきて不要な部分を切り落として作りました。

こんなの。
Dscn7248

これを「AZ-Palm」とか目盛環とかといっしょに、100均で買った汎用の収納ケースに放り込んでいるんですけど、ガツガツ当たるんですよね。

幸い「AZ-Palm」に目立った傷はついていませんが、目盛環の目盛に傷がついちゃうんです。

前からどうにかしなきゃって思っていたんですよね。


そこで我が家にやってきた3Dプリンター「X-SMART」の出番って訳。

こんな感じで試作しています。
Shaft_case

単なる筒。

フタ側を普通ならもっと短く作るんでしょうが、サイズ的に厳しいのでこんな感じにデザインしました。

フタの接合部もネジや突起で固定することも考えましたが、そうなると厚みを付けなきゃならない→プリント時間が長くなる、のでただの摩擦抵抗でOKにしましたよ。

横向きにプリントすると、中に出来るサポートの切除に多分相当苦労するので、縦向きにプリントします。

横向きならそれぞれ1時間ぐらいで終わるプリントですが、縦向きだと約3倍のプリント時間を要します。

ですがそれも止む無し、ほっとけばプリントできるんですから・・・。


試作ですから、不都合があればまた考えます。

無ければそのまま使いますよ。

これで、本体などに傷がつくことは無いでしょう。

とりあえず今はフタの方をプリント中です。

明日は本体側プリントしますよ。

続く・・・かも?

2019年5月12日 (日)

工作室 (Kasai AZ-Palm用の目盛環を作り直す 完結編)

今まで3DCADは「DesignSpark Mechanical2.0」を使ってきましたが、これからは「FUSION360」に変えます。

だいぶ慣れてきて同じように使える目途が立ちました。

となると、色合いを自由に替えられたりアニメーションなどの付随機能が多い「FUSION360」は魅力的です。

直感的に分かり易いのは前者ですが、後者もチュートリアルは豊富だしとりあえず使えるようになるのに難しいとは思いませんよ。

一つだけ、起動に問題が出ます。

ウィルスソフトとの相性が良くありません。

このソフトのランチャーがウィルス検知に引っ掛かるみたいなんですが、ただ止まってしまって応答が無くなっちゃうんです。

FUSION360からもウィルス対策ソフト側からもエラーにならないので、ただ待たされるという状態に良くなります。

ウィルス対策ソフトには検知しないように除外リストに入れてあるのですが、ウィルス対策が更新される度に除外リストも更新しないとダメなんです。

ここだけ何とかならないかなぁ・・・。

よくある症例らしいのでどちらが悪いのか分かりませんが、そこだけがネックです。

※20190516追記
除外リストに登録するファイルですが、再び応答なしになった時に調べてみたら3つありました。一応この3つのファイルを除外リストに加えたところ応答なしになることは無くなりました。「FusionLauncher.exe」「adexmtsv.exe」「AdcefwebBrowser.exe」の3つです。今のところは問題なく起動しています。



さて、本題。

強引に完結編にしちゃいました(^^;)

方位目盛環は塩ビ管で作ったのをそのまま使うことにしました。

高度目盛環用にスケールを作って貼りましたよ。
Dscn7247


目盛環を装着!
Dscn7246

目盛は2度が最小目盛。

バーニヤで補完します。

10分単位まで読み取れます。

以前テストした感じでは、お気楽観望には問題なくバシバシ導入できますよ。

使ってみたいところですが天気が一向に良くなりませんので、このまま秋が過ぎるまでお蔵入りになっちゃうのかも・・・。

年々星空が見える日数が、確実に減っているように感じますよ。

2019年5月11日 (土)

番外編 (Kasai AZ-Palm用の目盛環を作り直す その2)

最近の交通事故のニュースを見ていると、ドライバーの質の低下を感じてなりません。

自動車産業を下支えするために、金さえ払えばどんなに適性が無くても免許が取れてしまうこの仕組み自体を見直す時期に来ているんじゃないでしょうか?

都会を除けば一家に一台どころじゃないでしょ?

適性の無い場合は公共交通機関を利用すればいいんですよ。

電車・バス・タクシーなどは地方ではジリ貧で困っているんでしょ?

もうちょっと適正重視の免許制度にすれば、そういう問題の解決にもつながると思うんだけどなぁ。

基本的なルールを理解していないドライバーが多いことにはホントに驚きます。

交差点での優先順位や右左折の基本、挙げれば数えきれないほど日々驚くことがあります。

第一、最近の事故ってドライバーがボーっとしてたとか呆れるような内容じゃないですか。

直進車を見ないで右折、事故って当たり前じゃないですか。

歩道にポールを立てたりなど、どんな安全対策を立てたって安全なんて確保できません。

そんなレベルのドライバーが走っているのが現状なんですから・・・。

※これは個人の勝手な思い込みですので苦情はご勘弁ください。





さて、ファインダーなしにお気楽観望を実現するツール「目盛環」を「Kasai AZ-Palm」用に作り直しています。

今までのはちょっとカッコ悪かったんですよ。

取り外しが出来ない付けっ放し仕様だったし。


試作2回目で高度目盛に関しては目途が付きました。

こんな感じ。
Azpalm_v8_1

設置後でもパチッと嵌められる仕組みです。

実際につけてみました。
Dscn7243

右側のパーツは回転体と一緒に回転しますが、左側のパーツは動きません。

右のパーツに目盛環を、左のパーツに角度を読める指標を貼ればOKです。

バーニヤ目盛は要らないような気もしますが、多分細かく読めるようにバーニヤ目盛にします。


回転体を回しても・・・。
Dscn7245

指標はこの通り。


実は1作目は失敗しています。
Dscn7239

そもそも厚みが薄すぎました。

指標を貼る部分の位置も間違えてたんですよ(^^;)



こちらは2作目。
Dscn7241


さて、あとは方位目盛を残すのみ。

こっちは取り外せるように作らなくてもいいかな?

経緯台は三脚に付けっ放しじゃないから、観望するときにだけ目盛環をセットすればいいんだし。

高度目盛側は本来アームが付いているので、今までの目盛環だと六角レンチでアームを外さないと目盛環が脱着できなかったんです。

だけど、やっぱり取り外せるように作りたいかなぁ・・・そうするとある程度厚みがないとならないなぁ・・・それだとデップリとしてカッコ良くないんだよなぁ・・・誰が見る訳じゃないけどさ。

もうちょっと悩んでみようか・・・。

より以前の記事一覧

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ