散歩写真

2020年11月18日 (水)

番外編 (クリアーなABSフィラメントでホントにクリアになるのか?)

今日は天頂方向をISSが通過する予定でした。

再活用を図った”Nano.tracker”をセットし極軸を合わせてスタンバってみましたよ。

でもね、ほぼ全面に雲が湧いては消えを繰り返すんですよ。

タイミングが良ければ撮れるし、そうでなかったら没。

個人の運が試される時。



持ってねぇ~(^^;)

雲っちゃいましたorz...

一応撮ったので比較明合成してみましたよ。
Iss_comp
右下あたりから少しだけなんですが見えています。

比較明合成だと雲の明るさに負けちゃって埋もれちゃうんですね。

こっちは雲間のISS。
Iss
ボツにしようと思ったけどオマケで載せちゃいました。





本題です。

先日、ネットを彷徨っていたら表題の情報を見掛けたんですよ。

そこではレンズとか作った例が載っていました。

な~に~!そんなことが出来るの?って喰いついちゃいましたよ。

気になった人は「クリアーフィラメント 透明に出来る」で検索、トップのサイトを見てください。


「フィラメントはどのメーカーでも出来るはず」っていうことなので、自分のプリンターで安定出力できている”Pxmalion”の透明色を買っちゃいましたよ。

外国の方がパラメーターの設定を載せてくれているのでチャレンジしてみましたよ。

大物を印刷して失敗するのはショックが大きいので、以前に黒のABSで作ったリモコンの電池蓋を透明にしてみます。


一度目は失敗しました(^^;)

ラフトを使ったらラフトから剥がれなかったんです。

で、いつものビルドシートを使わず、3Mのプラットフォームシートを使い直に印刷してみました。

コレです。
Clear_abs_1
いつものビルドシートの裏に3Mのシートを貼りました。

アップ。
Clear_abs_2
ちょっと焦げ目が・・・。

でも、パラメーターを詰めていけば出来そうじゃないですか?

透明にするにはペーパー掛けをするみたいなんですが、フィラメントメーカーがサンプルに撮った写真とは全然違って、そのままでも透明に近く出来上がりました。

因みにメーカーさんのサンプル写真はこういう感じ。
51iwltampl_sl1000_
各層に気泡?か積層跡に光が乱反射して透明ではなく白になっています。

ね、パラメーターの設定で全然違う!


ペーパー掛けはせずに電池蓋をセットしてみましたよ。
Clear_abs_3

直に印刷しているのでシートへの接着の為に、1層目から何層かが溶けて肥大していますから修正は必須です。

剥がれが起きないのなら、その辺りのパラメーターを探って最適解に当たれば更に良くなるはず。

あと、印刷温度は245度(このフィラメントメーカーのお勧め範囲の最大値)にしたんですが、もうちょっと下げてもよさそう。


レンズを作る気はありませんが、Arduino用の透明なケースを作りたいので、もう少しパラメーターを探ってみようと思います。

2020年11月17日 (火)

今日の星空 (ドッキング後のISS)

今日もフレーミングに失敗していますが、航跡にはなっているので天体写真カテゴリーにしましたよ(^^;)
Output_comp1_r

海を入れて撮りたかったんですが時間的に間に合いませんでした。

フレーミングしている途中でISSが来ちゃいました。


しかも50mmレンズでは納まらなかった。

で、左に振って海も入れましたよ。
Output_comp_r

28mmと迷ったんですよ。

28mmにしとけばよかったなぁ。


この撮影の前にこんなの撮っている場合じゃなかった(^^;)
_dsc1678

月齢2.1の月です。

2020年11月13日 (金)

物欲 (電子工作始めます とオマケ)

またまた買っちゃいました(^^;)

小物ばかりで恐縮ですが、自分にとっては大きな第一歩にあたる買い物です。

昔からやってみたかったけど、ハードルが高そうだなと思っていて優先順位が低かったこの分野。

最近、ブログでお目にかかるnekomeshiさんやi*matさんをはじめ、天リフで拝見する数々の工作ブログに触発されて決心しました。

電子工作を始めてみようと!!!


これってさぁ、習得出来たら楽しい老後を更に楽しく出来そうじゃない?

頭を使うことや、細かい作業が辛くなってきているこの歳で始める事じゃないかも知れないんだけどね。


と言っても、何から始めていいのかサッパリ分かりません。

ネットを彷徨ったら、主流としては”Raspberry Pi”と”Arduino”というマイコンを使うのがポピュラーみたい。

前者はLinuxを使ったマイコンというよりは小さなパソコンを使う高機能な、どちらかと言えば入門とは言えない感じだし、後者に比べて高額です。

後者はどのサイトでもこちらから始める方が挫折しませんよ的なお勧めのマイコンで、スターターキットを買えば即始められるみたいです。


で、Amazon内で物色してArduinoのどれが良いのかなぁ?って候補選びに掛かりました。

当然、何も分かりません。

金額的に2,000円前後~6,000円前後のキットがありました。

2000円前後のは同梱品(ステッピングモーターとかLCDとかの周辺機器)の違いで並品(2,000円~)と特上(~4,000円)に分かれている感じ。

6000円前後のも同じです。

価格帯の違いはArduinoの性能差(パソコンで言うCPUorCHIPSETみたいな事か?)の違いのようです。


思っていたよりも安価だったので、どうせなら性能が上のヤツで並か上かで迷ってみるか、と、欲しいものリストに入れておいたら・・・。

なんと、タイミングよく上の商品が数量限定タイムセールで並よりも安く販売され始めましたよ。

その通知を見て、フラフラ~っと欲しいものリストからカートへと放り込んでいました(^^;)

明日届きます。



こんなのですよ。
(と、書いていたら今発送通知が来ました)
Kit1
ケース付きなのはいいですね。

中身。
Kit2
これで全部かどうか分かりませんが一覧。
Kit3

付属のCDにチュートリアルがあって順序良く習得できるらしいです。

最新の内容はweb上にあるらしいので、CDからではなくダウンロードした方が良いらしいです。

問題は、どう自分のいいように応用できるかですね。

無駄にしないよう、楽しく学んでいこうと思いますよ♪




オマケです。

ニャンコステレオ写真。

平行法。
Cat1_p

Cat2_p


交差法。
Cat1_x

Cat2_x

臨場感あります?

2020年10月29日 (木)

番外編 (十三夜の月と火星 MiniBORG50TWIN鏡筒用のツール完成)

一番小さい三毛猫の子猫。

誰かが連れて行ったようです。

やっぱり、一時的に地域猫のところへ持ってきたのかな?

あの日だけしか見ていません。

昨日も今日もいなかったから、他へ行ったのでしょう。

ここで冬を迎えたら、あの子じゃ確実にあの世行きっぽかったからホッと一息って感じです。




日没後、十三夜の月と並んだ火星を100mレンズで撮りました。
Monn_mars

MiniBORG50でも撮ったんですが、ギリギリ入る画角で正直火星が良く分からないモノになっちゃいましたよ。

もっと焦点距離が短いレンズの方が並んでいる感が出たようですね。

100mm(APS-Cなので換算150mm)でも離れている感が否めない。


まぁ、それはついでですから・・・。

ホントのところはスカイフラット&バーティノフマスク用のアダプターを使ってみたかったんです。

こんな感じに出来ました。
Mb50_fl1
右下にスカイフラット用のフィルターがありますが、背景に白を使ったので目立たなくなっちゃいました(^^;)

バーティノフマスクをセットして・・・。
Mb50_fl2

抑えるパーツで蓋をします。
Mb50_fl3
見えている側がミニボーグ50のフードにハマります。

火星でピント合わせをしてみましたが、当然ですが、問題ありませんでしたよ。



フラットを撮るときはマスクを外してフラット用フィルターに入れ替えます。
Mb50_fl4

蓋をして完了。
Mb50_fl5

このフィルタの善し悪しは、フラットの処理を実際にやってみないと判断つきませんね。


あとは新月期を待って、M42とかM31とかでテストですよ。

2020年10月11日 (日)

番外編 (車内で眠る地域猫)

台風一過。

いい天気になりました。

暑いっすねぇ。

もう一時の暑さじゃないんだけど、ここ数日涼しかったからギャップが大きい事。


今日は昼食後にお世話に出掛けましたよ。

もう満腹で出てこないかなぁって思ったんだけど、食べ逸れている猫はいました。

平日と違って人が多いので、いつもの場所から離れちゃう子もいるんですよね。

そういう子達は誰かが来ても気が付かない。

というか、いつものエンジン音とかじゃないと出てこない。


いつものように近づくと草むらから5~6匹が飛び出してきました。

他の子は寝ているようです。

あの茶虎も出てきましたよ。

クシャミをしているので風邪をひいたのかな?

こちらのお世話を終えて、もう一つ、ちょっと離れたところに行くと黒猫1匹を除いて他の子達が出てきました。

こちらの猫は東屋の猫達とは違って殆ど人慣れはしていません。

知っている範囲では、自分/バイクで来るおじさん/不定期で来るおばちゃんの3人なら出てきますが、他の人では出てはきません。

餌を置いていく人もいるのですが、カラスに食べられちゃうだけですね。


そこの猫の白黒猫が今のお気に入り。

お世話が終わっても大体近くでくつろいでいます。

自分が椅子を出して座っていたら、その椅子の置いてあった場所(車内)に上がってきて寝てしまいました。
Sleeping_cat

他の雄猫を気にせずにゆっくり出来るのかな?

暫く寝かせてあげましたよ。


でも、ただ寝かせておく訳がありません(^^;)

いたずらし放題ですから・・・。

前足の肉球。
Front_reg

後ろ足の肉球。
Rear_reg

指って結構長いんですよ。

拡げたり、指の長さを確認したり、弄り回しました(^^;)

夢でも見ているのか、時折、ピクピクしていました。



寝顔のアップ。
Face_up

そしてビーチク。
Nipples

まぁ、この子は起きている時でも何をしても怒りませんが。

前はヤンチャで爪を出したり噛んで来たりしましたが、今ではすっかり人との付き合い方を覚えたようです。

この子の兄弟の焦げ茶猫がいなくなってから、その代わりを務めてくれていますよ♪


ここのところ、TANZUTSUネタとかの連投でしたから、こういうのもたまにはいいでしょ。

2020年4月22日 (水)

番外編 (夕方、浜辺で遊ぶ猫)

明日は新月、4月こと座流星群は日をまたいでから明け方までが見頃になるそうです。

GPVの予報によると26時前後が雲も無く観測には適していそうですが、流星群としては期待できないらしいです。

早い時間ならまだしも、その時間ではチャレンジできませんよ。

家の庭が広くて見通しが良いのなら、全周魚眼レンズとか広角レンズを着けたカメラを仕掛けて一晩中撮影させておきたいところです。

まぁ実際は・・・。



一昨日買ったAVアンプ、なかなかいい感じです。

有線LAN/無線LANにも対応していてスマホの音楽/ラジオ番組もアプリをインストールするだけで設定なしに再生が出来てしまいます。

そのアプリはAlexaにも対応していますので更に幅広く使えます。

まぁAlexaは自分には関係ありませんが。


AVアンプのコントロールアプリもありますので、スマホがリモコンにもなるし、各種の細かい設定を行うことも出来ます。


少し違和感があるのはソースの切り替えに多少の間がある事。

以前は切り替え選択すれば瞬時に切り替わったんですが、今のは2秒ぐらい掛かります。

アンプのメーカーを変えたことで音色に違和感を感じるのが懸念されたんですが、それは杞憂でしたね。


HDMIでの接続になったことで画質は向上したし、接続はHDMIケーブル1本で済むし、買い換えて非常に満足しておりますよ。




さて、今日の主役は、お気に入りの焦げ茶の猫が居なくなってから代わりを務めてくれている焦げ茶の猫の兄です。
3_20200422204401
呼べば遠くからでも必ず走って駆け寄って来ます。

自分が浜にいる間はいつも傍にいます。

基本、野良なので人が来るとどこかへ隠れちゃいますが、行き過ぎるとまた出てきて足元でくつろいでいますよ。

小さい頃は噛み癖があったんですが、成長とともにその癖は無くなりました。


流木相手に遊んでいるところ。
1_20200422204401

満足したのかな?
2_20200422204401

子猫の時はヤンチャで困る子でも、成長と共に人との付き合い方を覚えるようですね。

この子の弟は母猫によく似ていて懐きません。

ですが、自分から身を寄せてきて脚にスリスリしてくるようにはなりました。(母猫はそれすらしない)

時間が経てば人に慣れるかな?

母猫の兄は3年目ぐらいにはベタ慣れになったけどそんな感じなのかな?

2020年3月 9日 (月)

今日の港 (三次元物理探査船「たんさ」とオマケ)

隣りの市の県議がオークションにサージカルマスクを大量出品しニュースになっていました。

それとは関係なく、昨日、たまたま興味本位でヤフオクへのマスクの出品状況を見てみたんですが、結構出品されていましたね。

トップに表示されていたのは、800枚ぐらいの入数で200万円を超える入札金額になっていましたよ。

でも、入札者は新規のIDで、多分嫌がらせかな?って感じでしたが・・・。

例のウィルスの影響は計り知れない状況になってますね。

早く終息しないかなぁ・・・(どの”しゅうそく”が合っているのか分かりませんでした(^^;))



今日は2度目の登場、三次元物理探査船「たんさ」です。

前回は撮り逃した感じでしたが、今日は地域猫のお世話が終わった時に入港してきたので、GOODタイミングでした。
_dsc0082

NEX-5Tにオールドレンズの組み合わせで撮りました。
_dsc0083

特殊な形状の船ですね。



オマケは満月の前日の月(小望月)。
_dsc0098

薄雲越しの月をPICO-6+NEX-5TのJPEG1枚撮りです。

2020年3月 3日 (火)

番外編 (再登場のサバ白猫)

とうとうトイレットペーパーが入手できました!!!

もう最後の1ロールを使用中でしたので、ホッと一息。

設備の整っていないキャンプ場ならいざ知らず、自分の家でトイレットペーパーが無くてティッシュを使うなんてねぇ・・・。

大手のスーパーではまだ入荷していません。

地元のスーパーやホームセンターには入荷しています。

デマを流した人は製紙業界からボーナス貰えるんじゃない?爆発的に売れたでしょうから・・・と言ってノコノコ出てきたところを取っ捕まえて、小一時間ぐらい説教してやりたい気分ですよヽ(`Д´)ノプンプン




トイレットペーパーが無事入手できたことを書くために小ネタでアップしておきます(^^;)

再登場のサバ白猫。
1_20200303203101

寒い時にはここが一番暖かい!

エンジンの熱がダクトからほんわかと昇ってきます。

スマホを目の前に置かれようが、ここから離れたくないのです。
2_20200303203101

思わずウトウト。
3_20200303203101

しばらくそのままにしてあげましたよ(^^;)

2020年2月12日 (水)

番外編 (サバ白猫の4態)

ヤフオクでNEX-5Tをポチッとな・・・。

落札しちゃいました(^^;)

ホントはα6000とかそれ以降のモデルが良かったんですが、まだ高いですね。

5Tだとだいぶ値が落ちてきたみたいで、探せば1万前後で手に入るようになりました。

5Nと基本的には大きくは違わないんですが、便利機能が増えているのでスナップに使っている5Nを天体撮影用に回して、その代わりの普段使い用にするつもりです。

この間天体改造した5Nがどうも怪しいんですよね。

一度落下事故を起こしちゃったヤツなので部品取り用に格下げしようかなって。

今まで部品取り用にしていたジャンク5Nは、もう利用できるところが少なくなっているのです。

ジャンクな5Nをヤフオクで物色していたんですが、そんな訳で、5Tを手に入れて手持ちの5Nをスライドさせることにしました。

今後はNEX-6とかNEX-7も視野に入れていこうと考えていますよ。




さて、久しぶりの猫ネタです。

この子との付き合いはもう5年になるのかな?

一昨年TNRされて性格が穏やかになったように思います。

元は凄く母性が強くて少し気難しい猫だったんですが・・・。

今では、ここが定位置。
_dsc4350
ここに飽きると・・・

ここだったり。
20200203_094932

Aピラーを登ってルーフへ上がったり・・・
(ウィンドウは撥水剤を塗っているので登り難い)
_dsc4352

ここでくつろいだりしています。
20200203_100046

最初は車に登られるのはチョットって抵抗がありましたが、奴らが聞き入れてくれることは無いので諦めました。

チョチョいと水洗いすれば5分と掛からずに綺麗にすることが出来るのですから。

お陰で洗車は頻繁にするようになりました。

ただ、WAXは掛けなくなりましたね。

液体の簡単なヤツで済ませています。

効果は水玉になって弾くほどじゃないけど、濡れたボディでも使えるし、そこそこの期間撥水効果があるし手軽で便利です。

2020年1月22日 (水)

今日の港 (三次元物理探査船「たんさ」)

ニャンコたちが春を迎えているみたいです。

TNRされたのに雄猫達が殺気立ってきているんですよ。

一度春を迎えて以降にTNRされても、その習慣が残るんですかね。

新たに流れてきた黒猫オスが、喧嘩することなくまぁまぁうまく付き合っていたのに、ここのところ威嚇するようになってきたんです。

とうとう、先住の2年目(TNR済み)のオス猫を襲いました。

その猫はビックリしておもらししちゃったんですよ。


雄猫の行動範囲も普段より広がっているみたいで、他に縄張りを移した茶虎(未TNR)が何度もうろついているのを見ています。

あちこちで唸っているのも聞こえ始めたし、季節は春に向かっているんですね。




一昨日だったかな?標記の船舶が入港していました。

お供のタグボート3隻と共に埠頭に接岸していたんです。

その形状から「資源」が来たんだと思っていました。

船舶マップを見ると「たんさ」となっていました。

「資源」が名前を変えたのかな?って思ったんですが、また別の船みたいです。

「資源」の後継船ということですが、ノルウェーの「ラムフォーム・スターリング」という船を買い取ったらしいですよ。


いつもの海岸からはお尻を向けた姿しか見えないので、何かの機会に撮ればいいかな?と思っていたら、今日の夕方、お供のタグボートが続々と出港していったのです。

船舶マップをチェックしていたら、どんどん行っちゃうじゃないですか。

これは「たんさ」も出港するんじゃ?と帰り道に寄り道しましたよ。


埠頭近くの港に着くと、もう出港していました。

慌てて三脚を出してカメラをセット。

なんとか間に合いました。
_dsc4183

ピントや露出を決めている時は灯りが点いていたのですが、この時には消灯していました。


カッコいい船じゃないですね。

変わった形。

探査機能に徹したデザインなんでしょう。

「資源」の記事にも書きましたが、マンボウみたいです。


もっと早くにここに来て撮影しておくべきだったかな?


寄り道ついでに造成地へ行き、FUJINON-ESで夜景を撮影してみました。
_dsc5168p2

ゴーストが出やすいのかな?

まぁ古いレンズだしコーティングも見た目にないし、そういう事は考慮されていないかもしれませんね。


光条の向きをちょっと変えてみたんですが、1本は水平に向いていた方が良さそうかな?

またちょっと弄ってみようと思います。

より以前の記事一覧

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ