工作関連

2019年6月20日 (木)

工作室 (トライバーティノフマスクを作る 完結編(仮)とオマケ)

星空を待っていられないので船舶の灯りで効果の確認をしてきました。

星相手ではないので(仮)です(^^;)

直焦点で。
_dsc5059

光軸は少しズレていました、が、メインは眼視用なのでまぁいいんじゃないかと思っています。


20mmアイピースを使用しスマフォでコリメート。
Smapho

最終チェックは星相手にやってみないと、どんな感じで見えるのか分かりませんね。

それまでに光軸修正しちゃうかな?



オマケは地域猫の一家です。
20190617_084936

つい数日前まではカリカリを食べ物とは思っていなかったみたいですが、急に食べるようになりました。

パッと見、全く同じように見えるので見分けられません。

ママ猫はしばしの休憩。
20190616_095336

グレーのホワイトソックスの子猫がもう1匹います。

何処から来たのか分かりません。

迷子か捨てられたのか・・・この子達の倍ぐらいの大きさがありますが仲良く遊んでいます。

その子は大人の猫達と一緒に食べるので、この子達が食べている時は一人で遊んでいます。

ママ猫も拒絶しないのでもしかしたら面倒をみているのかも知れませんが、人前ではまだ授乳をしないのでその辺りの事は分かりません。

もう少ししたら人前でも授乳をするようになると思うので、その辺りの関係性が分かりますね。

2019年6月18日 (火)

工作室 (トライバーティノフマスクを作る その2)

先日作ったトライバーティノフマスクを作り替えました。

VMC95Lでは遮蔽物が多すぎて明るさが足りていない感じだったので、スリットの幅を広げて光の通り道を確保した感じです。

それと角度も大き過ぎたようなので売られているものに合わせました。

こんな感じです。
Tri_bahtinov_mask_2_2jpg3
Tri_bahtinov_mask_2_2
Tri_bahtinov_mask_2_1

前回作った物は角度を広げ過ぎて、ピント判断の回析光が均等に散らばってしまうために、判断が付きにくいことがシミュレーターによって判明しました。

前回のマスク。
2_9

今回のマスク。
1_9

こんなの作る前に確認しろって感じですかね・・・。


今印刷中です。

23時ごろには終わる予定ですが、しばらくは星空は拝めそうもないかなぁ・・・。

早くテストしてみたいっすね。

2019年6月16日 (日)

工作室 (トライバーティノフマスクを作る)

地域猫の子猫、今年は全て連れ去られたって思っていたんですけど、勘違いだったみたい。

東屋で育てていた黒猫の方は、引っ越しの最終確認でもしていたのかな?

ずーっと子猫を呼んで探していたので、てっきりそう思っちゃったんです。

ちょっと前から、連れて来てくれるようになったんですよぉ!

3匹なんですけど、3匹ともママ猫そっくりの黒いホワイトソックスなんです。

初めて連れてきた時にはまだヨタヨタ歩いていたんですが、もうすばしっこく走り回るようになっています。

今のところ見分けるポイントが分かりません。

もう少し見慣れてきたら見分けられるようになるかな?




さて、表題の件ですが、先日、VMC95Lにデュアルスピードフォーカサーを装着したので、新しくバーティノフマスクを作ろうと考えました。

今までは、多分、初めて作った画用紙から切り出したマスクを使っていたんですよ。

今では3Dプリンター保有者ですから、あまり細かいパターンは別として自由に作れるし、いっそのこと光軸の確認も出来る「トライバーティノフマスク」にしようと3D_CADに立ち向かいました。

・・・つ、作りにくい・・・。

マスクパターンは2Dの方がはるかに楽(3Dに慣れていないだけかも)

ということで、JW_CADでマスクのパターンを書いて、DXFでFUSION360に渡して立体化しました。

こんな感じ。
Tri_bahtinov_mask_2

Tri_bahtinov_mask_1

Tri_bahtinov_mask_3  

シュミカセ用って事だけど、マクストフカセグレンでも使えるんでしょ?

交差する角度は20度(40度)にしたけどどんなもんでしょ?



VMC95Lは基本光軸調整は出来ません。

メーカーに依頼する必要がありますが、一応、押し引きネジで調整できるようにはなっています。

過去に自己責任で適当に調整しちゃったので、実際のところどんなもんなのか確認してみたい気持ちはずーっとあったんですよ。

今、印刷中ですが、4時間ちょっと掛かります。

20時ごろには出来ているはずなので、天気が良かったら、月を見たりするついでに光軸の確認もしてみようと思っていますよ。



完成したら追記で写真もアップしておきます。

※追記
強風でポタ赤を出す気になれず,AZ-Palm経緯台でお茶を濁してきました(^^;)
バーティノフマスクは出来たんですけど、暗くてパターンがハッキリしませんでした。
スリット間隔を再考した方が良いみたいです。
もうちょっと試行錯誤してみます。
月と木星を見てきたんですがシーイングが酷くて・・・倍率落として40mmのアイピースにしてもハッキリ見えませんでしたよ。
一応直焦点で月を撮ってみました。
_dsc3916
デュアルスピードフォーカサーはバックラッシュもなく使いやすそうだったんですが、そんな状態だったのでピントの山が分からず効果の確認としては消化不良な感じでした。

2019年6月13日 (木)

番外編 (デュアルスピードフォーカサーをVMC95Lに付けられるか? 完結編)

昨日バラエティ番組に出ていた舘ひろしさんが言っていた事。

学生時代の部活での事なんですが、当時は水分補給なんてご法度で喉が渇いて渇いてどぶの水を飲もうと思った、というようなことを言っていました。

これね、自分は笑えませんでした。

ホントにそういう場面に会ったからです。

舘ひろしさんとはずいぶん年齢も違いますけど自分の学生時代も水分補給はご法度。

夏の二度ある合宿の内、母校での合宿は灼熱のグラウンドで行うのですごく暑いんですよ。

まぁ、今ほどじゃないかもしれないですけど。

同級生の一人が、多分、今で言う熱中症になったんでしょうね。

意識が飛んでどぶの中に転がり込んで水を飲んだんですよ。

結局、大事には至らなかったんですけど、そんな場面に立ち会っていたので笑えなかったですよ。

そんな苦しい体験も今となってはいい思い出ですけどね。

そんな時代の運動部は、今で言う体罰やしごきなんてのは日常茶飯事ですから、今時のニュースを見るとそんなことで騒ぐのが不思議でなりません。

ほめられたことではないでしょうけど、ある程度は必要悪なんだろうと思います。
(ただの鬱憤晴らしではなく、いい意味でのしごきや体罰ってのはあると思います)

ただワイワイ楽しいだけでは強くなれるとは到底思えないですよ。

まぁ、強くなりたくてやっているんじゃない場合もあるかな。





さて、このネタも完結編となりました。

VMC95Lでデュアルスピードフォーカサーが使えるようになりました。
Dscn7308

接眼部との距離が少し近いのですが、問題はありません。
Dscn7309

付け替えてみて分かったことがあります。

元々バックラッシュがあったんですけど、それは単にフォーカスノブの固定イモネジが緩んでいただけということです。

オマケにそのイモネジ、ネジ山が潰れていたみたいで締めることも出来ないんですよね。

光軸の調整ネジもネジ山が潰れているネジがあったし、天下のビクセンさんも普及クラスの作り込みは甘いって事かな?

それとも、前のオーナーが弄ったのかな?


話が逸れました、このフォーカサーに変えて遠景を見てみたらバックラッシュは無かったんですよ。

減速比は分かりませんが微動も出来るようになりましたのでピント合わせは劇的に楽になったと思いたいです。
※20190615追記
減速比、回して確認しました。
7:1でした。


星相手にピント合わせしない事には実際のところは分かりませんから。


このデュアルスピードフォーカサーの装着はこんな感じで行います。

アダプターをカパッと嵌めて。
Dscn7310


本体側の切り欠きをアダプターの穴に合わせ、フォーカサーのイモネジをこの位置に合わせます。
Dscn7311


まず、フォーカサーのイモネジをしっかり締めて。
Dscn7313


フォーカサーのシルバーの部分をローレットネジで押さえつけて固定します。
(ワザと平らに削ってある箇所があるので、そこを押さえつけるのが良いと思います)
Dscn7314

これでOKです。


このデュアルフォーカサー、購入したショップでは現在入手不可になっていますが、6,000円でおつりが来るぐらいなのでお手ごろですよ。

微動は具合がいいんですけど、粗動はちょっと硬めです。

ビクセン等メーカーさんの高いヤツとは違いますから、この辺りは妥協が必要です(^^;)

いつ扱いが始まるのか分かりませんが、良かったらお一つどうぞ。

2019年6月12日 (水)

番外編 (デュアルスピードフォーカサーをVMC95Lに付けられるか? その2)

以前、ブログネタに困った時に書いた「暇つぶしの工作と意外な結末」の中に出てきたCR123Aというリチウムバッテリーの使い道が決まりました。

日曜日の夕方だったかな?台所で「ビー」っと短い電子音が1分おきぐらいに鳴るんです。

なんだ?とあちこち原因になりそうなものを探してみても見つかりません。

電子音って方向が掴みにくいですよね・・・。

その内に音がしなくなったんで不思議に思いながらも捜索をやめました。

そして、夜。

再び、鳴り始めたんです。

どうしても場所が突き止められず途方に暮れ始めた頃、「電池切れです」って言い始めたんです。

ここでようやく天井方向から鳴っていることが分かりました。

火災報知機でした。

電池はなに使ってんのかな?と火災報知機を外して開けてみると・・・CR-2/3AZという特殊なリチウムバッテリーでした。

すぐに手に入りそうな電池じゃありません。

ネットで探してみるとAmazonでも手に入りますが、そこそこの値段。

検索結果の中に代用品を扱ったブログがあったので読んでみると・・・おぉ!あのCR123A が使えるじゃん!って事で、少し工作をして無事に火災報知器が復活しました。

電池切れの日に火災が起きたなんて洒落にもなりませんから、あの電池もこれで無駄にならずに良かったですよ。

工作そのものは少し危険を伴うモノなので紹介は出来ません。

ちゃんとした電池を買いましょうね(^^;)





さて、デュアルスピードフォーカサーを活用すべくボチボチと取り掛かっております。

既に3作目の印刷に入っていますよ。

過去の2作。
Dscn7307

左が1作目。

ちょっと勘違いもあって形状を変更。

中央が2作目。

現物合わせで寸法を少し変更。

という過程を経て3作目を印刷しています。

これでバッチリとなる予定です。

上手くいくといいな!

2019年6月10日 (月)

番外編 (デュアルスピードフォーカサーをVMC95Lに付けられるか? その1)

買ってから永らく放置してきた「デュアルスピードフォーカサー」を、ビクセンの「VMC95L」という望遠鏡に利用してみようと検討に入りました。

アリエクスプレスでポチッとして届いたのが去年の11月下旬、それから半年寝かしちゃいましたよ(^^;)

なんとなく惑星観望の旬は過ぎちゃった感じですが、どのみち天候不順でどうにもなりませんでしたから後悔はありませんよ。

とりあえず現物合わせをするために取り出してみました。

こんなの。
Dscn7094

取付箇所はここ。
Dscn7066


折角、3Dプリンターがあるので、試作をそれで行って、いい感じになったらジュラルミンから削り出そうと目論んでます。

まずは、ノギスであちこち測って3DCADで形にしました。
2speed_focuser_adaptorv1
なんか余分な線が消せませんでしたが、これで様子をみて徐々に詰めていきますよ。

上面の溝にフォーカサーのシルバーの部分を嵌めて、側面の大きな穴から望遠鏡のフォーカス軸にフォーカサーのイモネジを締めて固定します。

側面の小さな穴はフォーカサーの外周(シルバーの部分)を固定するためのイモネジ挿入部。

そのイモネジ挿入部分が手前に出っ張っているのはこのアダプターが回転しないようにする突起です。

とりあえず望遠鏡そのものに穴を開けたり傷を付けない方法で考えてみました。

望遠鏡側の元々のバックラッシュについては今のところ考えていませんよ。



梅雨明けには使えるようにしておきたいかな?

2019年6月 4日 (火)

番外編 (プラットフォームに使う材料の代用品)

ここ数日、駿河湾沖にてばら積み貨物船の試運転が行われていました。

「FOMENTO FOUR」という貨物船です。

ジャパン マリンユナイテッドで「FOMENTO THREE」を作ったようですから、その次世代貨物船なんだと思います。

ネットでは船舶マップのデータしか見つけられませんでしたが、現在は津に戻っているようです。

写真に撮るチャンスもありませんでしたよ。

全長300メートルとなかなかの大きさなので撮っておきたかったなぁ。




さて、この標題、一度はダメかと思った車の塗装用プライマー「プラサフ」で、代用が出来ましたので採り上げてみました。

その前に、今日、ボンサイラボの「3Dプリンタープラットフォームシート」が届きました。

添付の説明書に「3099AB」という型番がありましたので、3Mのモノと全く同じものですね。

こちらのサイズは「165×165mm」なので、X-SMARTの170×150に近いサイズです。

プラサフの塗装が剥げたらこちらの製品を使おうと思います。


で、そのプラサフの印刷具合ですが・・・。
Dscn7291

バッチリでした。

材料はABSです。

車の補修をしたことがある人なら、使いきれずに残ったプラサフがあるんじゃないのかな?

わざわざこれを買うこともないと思うけど、ピンチの時のここ1発には使えますよ。


何度も使えるとは思えないけどね。

印刷後、ワークを剥がしてみると・・・。
Dscn7292_o

プラサフも一緒に剥がれて層が薄くなっています。

ちょっと彩度を弄って分かり易くしてみました。
Dscn7292

こっちはGIF。
Primer


今、別のモノをプリントしていますが、この層が薄くなったところでも問題なく印刷できているようです。

何回印刷できるのか分かりませんけど、一時しのぎには十分だと思いますよ。

もちろん、何らかの影響が出ても保証できることではありませんので、文句などはノーサンキューです(^^;)

プラサフは1缶700円弱ぐらいで売っているので、いざという時にどうでしょうか?

ただ、この上に3Mのプラットフォームシートがちゃんと貼れるのかはまだ試していないので分かりません。

サンドペーパー掛けるとかすれば問題はないでしょ、多分。


※追記。
プラサフ上に2度目の印刷をしてみました。
Dscn7294
こんな感じでした。

悪くないでしょ?

2019年6月 1日 (土)

工作室 (X-SMART用スプールホルダーの作成)

車載用電波時計の電池蓋、上手く出来まして電池を入れてみました。

バッチリです。

電波による時刻補正も終わりまして快調に時を刻んでいますよ。

そして、TPUフィラメントのトラブルの一因だろうと考えているフィラメントホルダーの回転抵抗を減らすべく試作していたこの件も目途が立ちました。

しかし、3Dプリンターを使ってみるといろんなことが起きますね。

また一つ問題が起きましたよ。

快調にプリントできていたABSですが、プレートに全く定着しなくなりました。

つまり印刷できないのです。

新品の時にはザラザラしていたプレート表面は、今ではすっかりツルツルになり付属していたスティックのりを使っても全く効果が出ません。

プレートは消耗品みたいで3枚セットで2,740円でAmazonでも売っています。

ネットで調べてみると3Mの3Dプリンタープラットフォームシートというのが評判良いみたいです。

どっちかを買わなきゃならないのかな?

ダメモトで車の塗装の補修に使うプライマーをプレートに塗装してみました。

今は乾くの待ちで、その後、もう1回塗装します。

密着しにくい塗料を密着させるための塗料なので効果を期待しています。

ダメなら消耗品を買いますが、ちょっと様子を見てみたいです。

上手くいくといいなぁ、まだまだ印刷したいものがあるんですよ・・・。

※追記
アッハッハッハ!全然ダメでした(^^;)
さっき印刷してみたんですけど塗装する前と全く同じでしたよ。
消耗品をちゃんと買います。

※更に追記
Amazonにて3Mのプラットフォームシートを買いました。
3Mからではなくボンサイラボが扱っている3Mの製品です。
同じ物っぽいんですがサイズがX-SMARTに近く5枚入りで1,800円と安かったので・・・。
3Mのはサイズが大きくて無駄があり、3枚で2,200円ちょっとです。
純正品は届くのに時間が掛かるので(大陸からなので2週間ぐらい)今回はこちらで試してみます。

※またまた追記(20190603
ちょっと訂正します。
車の補修塗装用プライマーですが、効果ありました。
先日ダメって書いた時、よくよく考えるとレベリングをし忘れていました。
プライマーの層が出来たのに、それまで印刷していた時のレベリングのままだったんです。
で、今、レベリングし直して印刷し始めましたら完璧に印刷が開始されました。
耐久性は分かりませんが効果はありましたこと訂正させていただきます。

本題に戻ります。

こんな感じです。
Dscn7284

本体背面のスプールホルダーを自作したスプールホルダーに置き換えてセットしました。

軽い力でヌルヌルとスムーズにフィラメントが出てきます。

これならいいんじゃないかな?

まぁTPUフィラメントが印刷できるかどうかはまだ分かりませんけどね。



作成したモノはこんなのです。
Dscn7282_1

下の二つは58.2mm径のホルダー。

ボルトに通してあるのは57.3mm径のホルダー。

ホルダーでスプールを挟み込んでノブナットで締め込みます。

ノブナットはこれまでに紹介していませんが、こんな感じで設計しました。
Nut_nob_1
Nut_nob_2
窪みにM10のナットを入れて使います。

いい感じに出来ましたよ。



さて、冒頭に書いた理由で塗装が乾くまではプリントが出来ません。

乾いたとしても上手く印刷できるかは・・・。

ダメならAmazonで消耗品を買いますよ。

とりあえず、純正品を買おうかな?

2019年5月22日 (水)

番外編 (TPUで再トラブル&フィラメントの保管方法)

ちょっと前に話題になった大阪メトロのHP英語訳の話。

チェックしないのには驚いたけど、面白いなって思いましたよ。

チェックしない事の一つには、今時の人達はパソコンで得た情報は全て正しいと考えているのかも知れませんね。


まぁそれは置いといて、翻訳ソフトはどうなのか分かりませんが、翻訳サイトは、いや、Google翻訳はかなり進んでいるんじゃないでしょうか?

翻訳ソフトはパソコンを買うとバンドルされていたりしましたけど、その頃のは全く使えませんでしたよね。

最近のはどうなのかなぁ?

Google翻訳が優れているので買うつもりは全くありませんけどね。

3Dプリンターを買ってから業者さんとの連絡で翻訳しながらメールのやり取りをしていましたが、何とかなっちゃうんですよね。

天体写真の処理に使うソフトの翻訳もGoogle翻訳で結構正確な日本語にしてくれたし。

他の翻訳サイトも使ってみましたが、そちらは昔の翻訳ソフトと同レベルだなって思いましたね。

玉石混交なので利用する側の判断が必要になりますが、しっかり選択できればすごく有効なツールがネット上には多く存在しているんですよね。





さて、TPUで双眼鏡の保護キャップを順調に作っていたのですが、再びトラブりました。
Dscn7273

突然こうなっちゃったんです。

それまでは・・・。
Dscn7270

Dscn7271

こんなに順調だったのに・・・。

その後、いろいろやってみましたが改善せず。

症状的にはその前に買って柔らかすぎたと感じたTPUと同じように、エクストルーダー内部で詰まってしまいます。

なんだろう?

気温の関係?それとも湿度?TPUを開封してからしばらくは何の問題もなかったんですよね。

一か八かしばらく乾燥剤と共に寝かせてから、また、チャレンジしようと思っています。



という流れで、フィラメントの保管方法ですが・・・。

こんな風にしてみました。
Dscn7269

100円ショップで圧縮袋と乾燥シートを買ってきたんです。

丁度良いサイズの圧縮袋がなかったんですけど、安いからまぁいいかと。

これならフィラメントが増えてもコスト的に苦になりません。


圧縮袋はバルブが付いているものの方が使いやすいですが、無くても何とかなります。

バルブが付いているものはサイズが大きいですね。

フィラメントが1つ入るサイズでバルブが付いているのが理想かなぁ。

Amazonも探してみましたが見つかりませんでした。

※追記
AliExpressには30cmX35cmとジャストめなサイズのがありますね。ちょっとキツキツかも?入口が通るかなぁ?35cmX35cmだったら尚良さそうだけど・・・。
※更に追記
↑を送料の掛からない3つ(4つ目から送料が必要)買ってみました。セール中で280円/袋が146円/袋になっているんですよ。30cm×35cmでイケるのかなぁ?ダメならスプールを少しカットしちゃおうと考えています(^^;)


乾燥シート(3枚入り)は1枚で衣類収納ケース1つ(70ℓ)に使えるようなので、細かく切って使えばいいと思います。

圧縮袋の注意書きに保管の目安は6か月って書いてありますが、そんなに放置しておくこともないでしょうから・・・たまに見て空気が入っていないかだけチェックすればいいんじゃないかな。

2019年5月20日 (月)

工作室 (双眼鏡「nikon 9x35 7.3°」用にレンズ保護キャップを作る)

新たに注文したTPUフィラメントが届きました。

「X-SMART」で使えなかったTPUフィラメントは、フィラメント径が仕様を満たしていなかったこともあって出品者の了解を得て返品OKとなりましたよ。
※追記
返品ではなく返金処理となりました。

今回購入したのは「PRILINE 3Dプリンター用 TPU FLEX弾性樹脂フィラメント【1kg 1.75mm】直径精度+/- 0.03mm、ブラック」です。

フィラメントの硬さについては標記が無いのですが、別のメーカーで”TPU 95A”と硬さが明記されているものよりも硬いというレビューが有りましたので、それを信じてみました。


「X-SMART」を起動してフィラメント交換の手順を踏み、フィラメントをロードさせてみると・・・おぉ!問題なくノズルから安定供給されるじゃありませんか!

どうやら今回の買い物は成功したようです。




ということで、早速、印刷してみました。
Dscn7264

1時間40分ぐらいで出来上がり。

ラフトを外して・・・。
Dscn7265

ヘッド温度は200度、ステージの温度は50度、印刷スピードは50mm/sでやってみました。

ちょっと粗い出来上がりかな?設定が一番粗いやつでプリントしましたからこんなもんでしょ。

少し使ってみて気に入らなかったら、ジャンク双眼鏡のキャップとして使えばいいや。

その時は、常用双眼鏡には改めていい品質の設定で作り直します。



さて、接眼部にはちゃんと嵌るのかな?
Dscn7267

ピッタリです。

双眼鏡を拡げてみても・・・。
Dscn7268

少し負荷がかかっているのかな?でも、問題なさそうです。

素材の柔軟さも良い具合なんじゃないかな?

他のTPUを知らないから比較はできません。


同じTPUでもいろいろあるんですね。

いい勉強をさせて頂きました(^^;)


続いて対物側のキャップを印刷しています。

25時過ぎには出来上がる予定ですが、起きていられるかなー?


より以前の記事一覧

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ