工作関連

2020年4月 6日 (月)

工作室 (ケンコー「ミラーレンズ800mm F8 DX」用にフードを作って心折られる)

長年愛用してきたレーダー探知機、壊れちゃいました。

GPSを受信しなくなっちゃったんです。

2011年9月購入ですから8年半愛用しました。

以前のように飛ばしたりあちこち走り回らなくなったので、レーダー探知機としての機能はあまり必要なく、OBDⅡ経由で車両の情報取得やフルマップ表示の現在地の確認(ナビよりもコレを見ることが多かった)の為に使っていた感じです。

もう無くてもいいかな?とも思いましたが、なんとなく視界の隅がもの寂しいので買っちゃいました。

型落ちですが新品です。

最新のレーザー式のヤツは受信できませんが、それが登録されていればGPSで警告してくれますので心配はしていません。

なにより自分が走る道にはありませんから・・・それに、↑に書いたようにフルマップ表示と車両情報の表示をさせたいというのが主たる目的ですから。

また、あちこち走り回るようになったらレーザー式に対応したヤツを型落ちで買いますよ(^^;)



さて、週末に標記のフードをプリントしていました。

フードの1段目だけで14時間超です。

しかもサイズ的にラフトが使えず、プラットフォームとの接触面の修正に手間が掛かりました。

とにかく、プリント時間が長い事に心折られました・・・。

3段目迄印刷するつもりでいましたが、もうこれでいいかな?って気になっちゃいました(^^;)
Dscn8300
フードの長さは4センチです。

フード内には反射光防止のためにタミヤの塗料を塗っておきました。
Dscn8299

また、気が向いたら2段目3段目を印刷しますよ・・・。

とりあえず筒先にこれがあればレンズ面を守れるでしょ。


レンズに装着。
Dscn8297
レンズキャップは元からあるヤツがそのまま付きます。

Dscn8298

印刷時間が長くなるだろうとは思っていましたが、14時間以上とは・・・長すぎ!


溜まったストレスを猫に癒してもらいました。
20200406_174322

2020年3月29日 (日)

番外編 (ケンコー「ミラーレンズ800mm F8 DX」用にフードを考える その2)

あぁ~あ、つまんない天気が続きますねー。

3DCADで書いていても何か気が乗らないというかなんというか・・・。

とりあえず表題の件書けましたけど、ちょっと細部に気が回らなかったというか集中力が足りずに、折角分割式にしているのに収納に難がありました。

まぁネタも無いのでアップしちゃいます。
Kenko_mirror_800dx_hood1
ラッパ型はやめました。

ちょっとカッコ悪いかなって・・・。

今回は3段で12センチの長さになります。
Kenko_mirror_800dx_hood3
Kenko_mirror_800dx_hood2
一番前の外径が少しだけ小さくて、収納時2段目と干渉してしまいました。

形状とかもろもろ、もうちょっと考えてみます。

2020年3月24日 (火)

番外編 (ケンコー「ミラーレンズ800mm F8 DX」用にフードを考える)

このレンズのピントリングはスゴク使い辛いんですよ。

それは前にも書きましたけど、何か補助器具を作るか、別のモノでピントを合わせるかしないとどうにもならない感じです。

で、ボーグのヘリコイドを付けてみました。

前にジャンクで手に入れた3,000円のヤツね。

すごく良い感じです。

調整の幅が凄く広がりました。

でも残念ながらモニターで見る像がキリッとしていないために、ここがジャスピン!というポイントが掴めない事には変わりがありません。

キリッとしないのが光軸のズレによるものなのか、迷光などが邪魔をするのか・・・。

光軸の方はどうしようもないので、フードを作ってみようと考えています。

試しに何か巻き付けてみればいいじゃんって言われればそれまでなんですが、折角ですからいろいろ考えて楽しもうという訳です。


メーカーさんからはフードが販売されていたようなんですが、もともとそんなに売れると考えていなかったのか扱っているところはどこにもないようです。

サイズとかも分かりません。

写真で見る限り長さが10センチかそれよりも少し長いくらいかなぁ。

望遠鏡のフードの長さについて解説されているサイトとか見ると、屈折の場合しか書いていないんですよね。

そのまま計算してみるととんでもない長さになっちゃう。

ということで、メーカーさんの製品を基準に10~15センチぐらいで作ってみようかなぁって思っています。

収納を考えると分割式に、先端にはバーティノフマスクとか付けるようにネジも切って・・・。

ということを前提にチャチャっと設計してみました。
Kenko_mirror_800dx_hood-1
植毛紙とか貼るのは面倒なので遮光環を適当に付けてみました。
Kenko_mirror_800dx_hood-2
それぞれは中に収納できますので一つにまとめられます。

2段目までしか書いていませんが、4段にすると12センチの長さになるつもりで書いています。

ある程度以上の大きさになるとFUSION360では、ネジのプロファイルが5mm刻みでしかないんですよ。

このレンズの対物側のネジサイズは105mmP1.0で、このプロファイルもなかったのでそれだけは作りました。

他のは存在するプロファイルを利用するのが手っ取り早いので、これらを踏まえてサイズを見直します。
(円の大きさを5mm刻みに揃えるということです)


さて、どうなりますかね~。

作る過程が面白いんですよね。

出来上がって使ってみたら効果が無いってオチになる確率はすんごく高いと思いますが、趣味なのでそれは無駄ではありません(`・ω・´)
(先に負け惜しみを書いておく(^^;))

2020年3月22日 (日)

番外編 (ケンコー「ミラーレンズ800mm F8 DX」用鏡筒バンドの効果を確認)

昨夜は星が見えませんでした。

そこで、いつもの海岸で地域猫に邪魔されながら遠景で効果の確認をしましたよ。

まずは鏡筒バンド無しの写真。
_dsc0161_20200322095501

これでもNEX-5にはL型ブラケットマウントを使って安定させようとしています。

しかもシャッターはバルブにし、手動でレンズ前に離して置いた覆いを上げ下げしてシャッター代わりとしてブレないように気を使ったんです。

ほとんど体感では分からない微風にヤラレたと思います。


そして、鏡筒バンドを装着しタイマーを使った撮影。
_dsc0204

ブレは排除できました。

前回よりも体感の出来る強い風が吹いている中での撮影でした。

オマケに足元には地域猫が邪魔しに来ていました(^^;)


どちらも海を挟んで14~5キロ先の夜景です。
_dsc0204comp

光源が少し歪んでいるのは光軸のズレによるものでしょうか?

今のところ光軸の修正方法が思いつきませんので、もう少しピントを追い込むことを考えていきたいと思います。

このレンズのヘリコイドでは、ピントが薄い紙よりもさらに薄い感じで合わせられません。

しかもモニターで拡大してもボヤけた感じで見えているのでピントの山が分からない。


ボーグパーツで組み合わせをいろいろ試してみようと思います。

2020年3月21日 (土)

番外編 (鏡筒バンド固定用ネジの自作(というか加工))

完成した鏡筒バンド。

実は、固定に少し不安があるんです。

というのは、ABS樹脂にネジを切っても耐久性に難があるでしょ?

なので、金属ダボのメスを埋め込んでいるんですよ。

こういうの。
Dabo
左側のヤツね。

家具に使うもので棚の高さを変えたりする際に利用するものです。

これが1/4インチネジで、カメラネジと同じなんですよ。

旋盤で削り出して貫通穴を開けてタップを使う・・・なんて事をしなくても手軽に利用できるのでコレを使うんです。

前は近くのホームセンターで左側(メス)のだけを買えたんですけど、今はその店が規模を縮小しちゃって品揃えが悪くなった結果セットでしか手に入りません。

4組セットで200円ぐらい。

それを鏡筒バンドのプレートとの固定部分に埋め込んでいるんです。
Screw1
左下の穴のところね。

差し込む側から見ると・・・。
Screw2
こんな風に段差を付けてあります。

で、その段差の厚みが設計では3mmにしてあるんですよ。

2mmでもいいとは思うんですが、しっかり固定したいじゃないですか。

だから少し厚めにしてあるんです。

この為に、アルカスイス互換プレートとかに付いているDリング付きカメラネジでは、ネジが短すぎるという弱点があるんです。

前回の写真では固定は出来ているんですけど、多分、ネジは一巻きくらいしか噛み合っていないと思われます。

市販のカメラネジはこういう事は想定されていないので、丁度いいモノはありません。

ネジ部が長いのもネットで探せば売ってはいるんですが、1個500円以上するので買う気にはなれません。


ということで、市販の六角ボルトを買ってきて作り替えちゃえば安上がり!!!なんです。

ボルトの頭(高さがある)を削って、ドライバーが使えるように溝を切って、プレートの厚み分ネジ山を取り去れば・・・ハイ出来上がり!!!
Dscn8295
Dscn8296

付属のDリング付きカメラネジと比べると長さの違いが分かりますね。
Dscn8294

これなら1個10円ぐらいですから、お財布にも優しいです。


早速、ネジを交換し固定し直しました。
Dscn8293

これで安心して使えますよ。


では、これからテスト撮影に出かけてこようかな?

2020年3月20日 (金)

工作室 (ケンコー「ミラーレンズ800mm F8 DX」用に鏡筒バンドを作る)

黒猫に居場所を奪われた白黒猫の兄弟とその黒猫の関係に少し変化が見られました。

切っ掛けは未TNRの茶虎です。

黒猫はこの茶虎が怖いらしく、その茶虎の甥にあたる兄弟は、当然、茶虎とは面識があって仲がいいのです。

茶虎を恐れないその様子をみていた黒猫が、兄弟にちょっかいを出さなくなった感じです。

猫の世界はちょっとしたことで力関係が変わるようで面白いですね。




さて、表題の件、ようやくプリントが終わり鏡筒バンドが完成しました。
Dscn8290

Dscn8291


ミラーレンズに装着。
Dscn8288

Dscn8289

前後バランスは大きい方の鏡筒バンドの少し前にあります。

ミラーレスではなく一眼レフならいい感じのバランスになるのかも知れませんね。

その場合、Tリング直付けで一眼レフを装着するはずなので、フランジバックの関係で短い延長筒すらも使えないかもですが。

自分はこのレンズの場合、NEX-5での運用しか考えていないのでこれでいいのです。

NEX-5ならカメラ回転装置を入れたり、レデューサを入れたりしても無限遠が出ることは確認済みです。


これでブレる原因はかなり抑えられた筈。

明日にでもテスト撮影してみようと思いますよ。

2020年3月18日 (水)

番外編 (ケンコー「ミラーレンズ800mm F8 DX」用に鏡筒バンドを考える)

地域猫の周りでは未だTNRから逃れている猫が春を迎えています。

それがさ、なんだか気の毒なんですよ。

育児放棄された頃から面倒をみていた茶虎が、未だにTNRの包囲網をかいくぐって未実施なわけです。

人に対しては臆病というか慎重派というか、とにかく知らない人には絶対に近付かないヤツなんです。

それが為かTNRされていないんですね。

回りの雌猫はほぼ実施済み。

相手にしてもらえないわけです。

もう、ずーっと誘って付き纏ってマウントしては怒られて、それでもあきらめきれずに同じことを繰り返すんですよ。

相手はTNRされているので春を迎えることは無いのに、そんなことは理解できないので気の毒なくらい必死に誘っているんです。

あぁ、お前もTNRされたら良かったのに・・・。




さて、表題の件ですが、先日、テスト撮影してみて光源が点像にならなかったことの続きです。

全く風の影響を受けなかったのか、というと、微風ではありますが風は吹いていたのでその影響があったことは否定できません。

NEX-5に対してミラーレンズが大きすぎてバランスが悪いことも事実です。

何とかしっかり固定して外力によるブレの可能性は排除しておきたい、という訳で3Dプリンターにて鏡筒バンドを作ります。

こんな感じでね。
Kenko800dx_telescope_ringv
大きい方はミラーレンズのここを固定します。
Dscn8282_20200318202001

小さい方でボーグのM57延長筒などを掴んで、二つのパーツをアルカスイス互換プレートに固定すれば、バッチリじゃないですか?

その上で光源が点像になるのかならないのか、もう一度確認します。

それ以降の話はそれからだ!!!

という運びです(^^;)


コツコツと夜な夜なプリントしますよ。

2020年3月15日 (日)

工作室 (スカイメモS用目盛環(改良版)の完成 その2)

週末、引き籠って赤緯目盛環を作っていました。

試作を2回重ね、3作目をひとまず完成品とします。

ひとまずと書いたのは、ちょっと気に入らないところがあるからなんです。

とりあえず使ってみて、その箇所が問題になるのかならないのか(導入精度の問題)によって、4作目を作るかどうか検討します。



とりあえずの完成品。
Dscn8285

前にも書いたように、 今回はネジで締め込むと固定される方式にしました。
Dscn8286

アルカスイスクランプのノブが、赤緯微動台座と干渉しないようにする為に使っているエツミのアダプターに目盛環を固定します。

内部に押しバネを入れてあります。
Dscn8287

見難いですが、ネジの下側にバネがちょっと見えています。

図面の方が分かり易いですね。
Dec_ring_1
Dec_ring_2
両サイドにバネの入る穴を掘ってあるだけですけど、これで輪っかが拡がってくれる訳です。

これによってネジを緩めると季節を問わず軽~く回転させることが出来ます。

1作目はバネを使わない仕様で作ったんですが、それだと輪っかが開かず回転し辛かったんです。

2作目はネットで押しバネを探してそれ用に設計してプリントに入り、プリント中にホームセンターへその仕様のバネを探しに行ったんですが、検索したのと同じ仕様のモノが手に入りませんでした(^^;)

で、手に入ったバネに合わせて3作目を作った次第です。

最初から押しバネを買いに行っていれば良かったよorz


これで塩ビ管を使った目盛環からは卒業です。

今までお世話になりました(^^;)

2020年2月29日 (土)

工作室 (スカイメモS用目盛環(改良版)の完成?)

昨日の夜までトイレットペーパー/ティッシュパニックの事は知らずにいました。

ニュース番組で知って、「何を馬鹿なこと言ってんだ。トイレットペーパーとかは富士市で大量に作られているよ。中国からそんなもの輸入なんかしてないって(笑)」と、いちいちデマに流される奴なんかそうそう居ないだろうと思っていました。

数日前にティッシュを5箱買った時にも普通に買えていたし、同じ並びにトイレットペーパーも並んでいたし・・・。

そして我が家の在庫があと3ロールになったので、今日の買い出しの時に買っておこうとしたんですよ。

そしたらさ・・・どこにも売ってねー!!!

隣りの市が有名な生産地だっていうのに、デマに流される人がこんなにいたんですね!!!

スーパーからの帰り道、ドラッグストアやスーパーやホームセンター等7件ほど回りましたが撃沈。

バカじゃないの!!!

まぁ、3ロールを消費する頃には手に入るでしょう。



さて、前回からの続きです。

1度の試作を経て、2度目でサイズ的にはピッタリに出来ました。
1dscn8278

もうちょっと形状を見直してカッコよくしようか?と思わないでもないですが、樹脂の密度を15%と下げて印刷しているにもかかわらず、1セットの印刷時間が8時間超の大作でした。

寝ている間も印刷していたので、ちょっと眠りが浅かった感じです。

それを考えるともうこれでいいかな?

ホントは一箇所設計ミスがあって、外見からは分からないけど手直ししています。

直したいような、どうでもいいような・・・。


ではスカイメモSに付けてみます。

他の目盛環を覆うように・・・。
2dscn8254

装着!
3dscn8255

バーニヤ目盛は試験的に2つ貼ってあります。

普通の目盛間隔のと、その倍の目盛間隔のモノ。
4dscn8256

間隔の広い方は読み取りは楽なんですが、円周の1/3ぐらいに渡るので視線の移動が大きいのが難点。

多分、普通の目盛の方しか使わないと思いますが、しばらくはこのまま使ってみます。


運用は、本体側のネジは締めたまま、極望側のネジでロック/フリーにすることにしました。

ネジを絞めてロックしておけばバーニヤ目盛は動かずに赤経目盛だけが回転します。
Lock_screw2
スカイメモSを12倍速で回転させている時の1分間の様子を、10秒ごとに撮影したGIIFアニメになっています。

対象を導入したらネジを緩めフリーにしておけば・・・。
Free_screw2
極望に貼ったマスキングテープの動きで確認できるようにしたGIFです。

赤経軸だけが回転し、赤経目盛は保たれますので、次の導入が楽になります。



これで、撮影時の導入作業の簡素化が図れましたよ。

あとは実戦あるのみ・・・ですが、最近はこれが一番ムズイ!!!

追記-----------------------------------------------------------
100円ショップで買ったラッカーを使って塗装しました。
Paint_scale
プラサフとか密着処理せずに塗っちゃったけど剥がれないかな?
インクジェットプリンターで印刷した目盛が濡れても大丈夫なように配慮したモノなので、簡単に済ませましたよ。
目盛自体はA4のラベル紙に目一杯印刷しておいたので、ストックはたっぷりあります。
ダメになったら貼り替えればいいだけの事です。

2020年2月27日 (木)

番外編 (スカイメモS用目盛環の改良を企む)

新月期、終わっちゃいましたね。

何事もなく過ぎ去った感じです。

このまま春になったら冬らしいスッキリした星空は拝めないまま・・・という初めての体験となります。

何だかパンデミックが起こりそうな感じもするし、結局野鳥は殆ど渡って来なかったし、気候はすっかり変わってしまったみたいだし、人類が地球を壊し過ぎたツケが回ってきたのかな?

なんて、やることが無いとネガティブな思考に陥りそうです(^^;)


ということで、以前からやってみたかったスカイメモS用の自作目盛環の改良を考えてみました。


現状の不満点はただ一つ。

導入した際の赤経目盛の位置を保てない事なんです。

基準星で目盛環をセットし、導入したい天体の目盛に合わせ赤経を回して対象を導入する。

というところまでは非常に満足しているのですが、撮影している間、目盛環は赤経の回転と共に回ってしまうのです。

次の天体を導入する時には、一度赤経目盛を元に戻し(覚えていられないからスマホで調べる)、それから次の天体の位置を調べて・・・という作業になります。

これは目盛を読む際の指標がスカイメモS本体に固定されていて、一方の目盛は赤経に絶妙な加減で(回せるけど赤経と共に回転する)嵌まっているから仕方が無い事なんですが、指標自体が赤経の回転と共に回ってくれたら解決できることなんです。

基準星を導入し目盛環をセットする際には指標を本体に固定し、導入が終わって撮影に入ったらフリーにすることで赤経と共に回転してくれたら・・・。

なので、こんな風に考えてみましたよ。
Skymemos_scalrring_1
中心の黒いのがスカイメモSの極軸望遠鏡でスカイメモSの本体部です。

色を変えてありますが、白いのが指標の目盛を貼るパーツ。

ベージュが赤経目盛を貼るパーツ。

それぞれの固定用のネジは省略していますが、締めると固定され、緩めればフリーで回転します。


二つのパーツはこんな感じで本体に差し込みます。
Skymemos_scalrring_12

で、そのパーツはこんな感じで組み合わさっています。
Skymemos_scalrring_11

基準星を導入する際は、白いパーツだけネジを絞めて指標が読みやすい位置でスカイメモS本体に固定します。

基準星が導入出来たらベージュのパーツを回転させて基準星の赤経に目盛を合わせます。

ベージュのネジを絞めて赤経体に固定したら、目盛を読みながら対象天体の赤経まで赤経体を回します。

すると対象の天体はカメラの画角中央付近に導入されています。

導入出来たら白いパーツのネジを緩めて撮影に入ります。

するとベージュのパーツと共に赤経体の回転に合わせて回っていくという目論見。

これで次の天体を導入する際には、ダイレクトに次の天体の赤経に合わせればいいのです。

ん?対象が導入できた時点でベージュ側のネジを緩めておけばいいのか・・・その方が指標が回転しなくて済むね。

次の天体の赤経に合わせる時だけベージュのネジを絞めて、導入が終わったらまたネジを緩める。

その方が正しい使い方ですね(^^;)


さて、上手いこと行きますかね?

まずは、3Dプリンターで試作品をプリントして、形状がちゃんと合っているかどうかの確認と、狙った通りにスムーズに回転するのかどうか等様子をみないとね。

上手くいったら、面取りなど細部の形状を見直して本番用の目盛環の作成に取り掛かります。

まぁ、ここまでやらなくたって現状のままで導入はズバズバ一発で出来るし問題は無いんですよ。

でも趣味ですから・・・なんでも楽しまなくっちゃね(^^♪

より以前の記事一覧

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ