天体写真

2019年10月 9日 (水)

今日の星空 (月齢10.6の月)

あぁ~あ、狙っていたメモリー、最高値更新されちゃったよorz

別途あたりを付けいていた新品の半値を予算に決めて入札しておいたんですが・・・。

16GBは諦めて、8GBの増設(合計16GB)にとどめておこうかな?

そっちなら結構出品されているんですよね。

さて、どうしようかなぁ・・・。




購入した中古ワークステーション。

まだ、「REGISTAX」や「AutoStakkert!3」を試していなかったので、スッキリとした夜空になった帰り路に、お月様を寄り道撮影してきました。

造成地に着いて車を降り、雲の無い夜空を見上げると・・・ISSじゃん!

今日はほぼ天頂を通過する日だったようです。

スマホのアプリは通知の機能があるのですが、天気が悪くて使用しない日が続くと通知してくれなくなっちゃうんですよね。

絶好の撮影チャンスだったみたいなのに残念です。

反射光が見えなくなるまでISSを眺めてから、月の撮影準備を始めました。



今日は、月の撮影では使ったことのない軽量な組み合わせを試してみましたよ。

ミニボーグ50+SD1X(12mmアイピース)です。

普段、星の撮影に使っている鏡筒にどの位延長筒を継ぎ足したら無限遠が出るのかなと?組み上げてから試してみましたよ。

パシュポのマクロエクステンションチューブの14mmと28mmの計42mmでOKでした。

どのくらいの画角になるのかな?とAZ-Palm経緯台に載せて月を導入しました。

ちょうどいい感じのサイズでしたよ。

シーイングは良くないのかな?

あと色ずれも結構出ちゃってますよ。

ミニボーグとアイピースとの相性も良くないのかな?

まぁ、ワークステーションでソフトの稼働テストをしたいだけですからそこは気にしません。

RAWで40枚撮影しTIFに変換→Autostakkert!3でスタック→REGISTAXでウェーブレット処理という流れをテストしました。
20191009_lapl4_ap1555_4
倒立像になっています。


問題なく快適に動作しました。

待ち時間も大幅に短縮されて大満足ですよ。

メモリ8GBでも大丈夫そうな・・・今までファイルサイズが大きすぎてPhtoshop CS2で開けなかったDeepSkyStackerのAutosaveファイルもサクッと開けるしね。

でも、16GBにはしたいなぁ・・・。

2019年10月 4日 (金)

番外編 (新作業用PC で初の画像処理)

何年前の中古なのかハッキリとは分かりませんが、CPUの生産時期で言うと2015年8月~2016年12月ぐらいのワークステーションをヤフオクで落札しました。

パソコンまでヤフオクになっちゃったかとの思いもありますが、楽しい老後を過ごすためには節約術は身に着けていかないとね(^^;)

当初はパソコンショップブランドの中古品を買ったんですけど、家では安定して稼働しなかったんですよ。

ショップで見てもらうと問題ないって言われちゃって・・・結局、エラーが出ることには変わりないのでショップさんから返金処理にさせてって言われました。

その導入を見込んで無線キーボード&マウスセットや回復ドライブ用の64GBUSBメモリーを購入済みでしたので、急遽、他のPCを物色したところ、気になるPCはヤフオクでしか見つけられなかったんです。

保証期間はグッと短くなって1週間。

不安はあったものの失敗したPCの4割ぐらいの金額です。

価格差の分、気持ちも軽くなってエイヤッと人差し指がマウスをクリックしちゃったんですよね。

結果、正解でした。

すごく安定動作しているし、SSDに換装したこともあって超快適です。



ただ、実際の画像処理は天気の影響でなかなか出来ずにいたので、今年の正月に撮影したオリオン座中心部の画像を使ってテストしてみましたよ。

撮影機材は以下の通りです。
・レンズ:ミニボーグ60n+レデューサ0.85xDG
・カメラ:NEX-5N(自己改造)+LPS-D1(光害カットフィルター)
・赤道儀:スカイメモS
お安い構成でしょ?

撮影地は近所の海岸です。

年末&正月なのでいつもより光害の影響は少なかったと思います。

その時のブログ内容はこちらです。

処理に何分かかったとかの情報はありませんので、どのくらい短縮できるようになったかは不明です。

ダーク&フラット処理済みのDNGファイル162枚から129枚をDeepSkyStackerで処理したモノです。
Orion_isomix_2h9m_129f

ザックリですがDeepSkyStackerのパラメーターは、リザルト/インターセクション、スタッキングモード/エントロピーウェイテッドアベレージ、アライメント/オートで処理していますので、今まで使用していたCore-i5(今回買ったWSの1世代前のCPU)のノートPCでは相当時間が掛かったと思います。(寝落ちした記憶があります(^^;)

今回は20分弱でした。

いやぁ、ビックリしました!


続いてFlatAide Proによる補正を・・・。
Orion_isomix_2h9m_129f_sd_s

かぶり補正や青ハロ軽減処理など、それにStarNet++を使用してスターシャープなんかも掛けています。

最後にPhotoshop CS2にて少し体裁を整えました。(丁寧に処理していませんので突っ込まないでね)


※20191008追記
PhotoshopCS2にてRGB分解後、NikCollectionのSilverEfexPro2を使用して高コントラスト(弱)のレシピを各チャンネルに適用後、RGB統合してみました。
M42_test2_sd2_sh
同じ画像なのに随分変わってしまうのが興味深いです。
赤以外が無くなってしまったような・・・。
新作業用PCがなかなかに快適なので、もう少しいろいろな手法でこの画像を弄ってみようと思いますよ。

※20191010追記
違う手法で星雲協調気味に処理をしてみました。
M42test_2h9m_129fr_2r_sd2_s
星が暗すぎますか・・・だけど画像処理が殆どできなかった自分が少ないながらも「手法を変えて」なんて・・・成長したのかな?



これで自分が使う天体画像処理用のソフトウェアを一通り検証できたと思います。

StarNet++だけ「***.dll」が無いって怒られちゃったんですが、マイクロソフトから必要なソフトをダウンロードして事なきを得ました。

3.5万円ほどで自分にとって超快適な環境になりましたよ!

16GBのメモリ増設には9千円ぐらいかかっちゃうので、しばらく様子をみようかと思います。

あ、現状は8GBです。

2019年10月 2日 (水)

番外編 (猫の目に写ったモノは・・・)

或る日の朝、地域猫のお世話を終え「さて、帰ろうかな」と思った時。

いつも「手が空いたら俺を撫でろ」とばかりに目の前にドデンと横たわる黒猫が空の一点を見つめていました。

「なんだろな?」と思いながらもその横顔が凛々しかったので、おもむろにスマホを取り出し1枚撮っておいたのです。


ここのところPCネタばかりだったので「なんか他にないかなぁ」と考えていた時、そのことを思い出しました。

この写真です。
Cat_comet1

凛々しいでしょ?

ただ、パソコンでその写真を見た時に何か違和感が・・・。



その違和感に気が付いて驚愕しました((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

なんと、目の中に大流星が!!!
Cat_comet2

その明るさから推定するに「-5等級の大物」だと思われます!!!



ちょっとタイムリー感を逸した感じですが利用させていただきましたよ(^^;)

2019年9月 6日 (金)

今日の星空 (月と木星の大接近)

情報番組でやっていましたが、被災した際の身元確認は、断然、歯形が頼りになるみたいですね。

これって歯医者にお世話になっていない人は身元不明になっちゃうって事でしょ?

カルテなどの個人情報開示問題以前に、自分の場合、カルテそのものが存在しませんよ(^^;)

歯医者に行ったのは小学校に上がる前の検査みたいなのしかないんですから・・・。

その歯医者もとうの昔に廃業になっているし・・・。

ホントに大震災が起きて津波にさらわれてあの世行きになったら、運よく見つかったとしても身元不明者ですよ、自分。

大病もしたことないしね。

そうならずに人生を全うしたいものです。



さて、久しぶりに富士山がスッキリと見えた今日の夜空は、月と木星の大接近が見られました。

帰宅時に少し寄り道してマリーナの駐車場で撮影しました。
_dsc5388

露出を変えて撮影した2枚の写真から合成してトリミングしてあります。


月面Xを過ぎた月そのものもフィールドスコープを使用して撮影したんですが、REGISTAXがまた使えなくなっちゃいまして・・・。

枚数減らして処理しても、結局上手く処理できなかったので諦めました。

なんだかなぁ~・・・。


※追記
REGISTAXでのスタックには失敗しましたが、「Autostakkert2!」が使えましたのでスタックまではこちらを使いました。
ウェーブレット処理のみREGISTAXで行いました。
M_g4_ap10
50枚RAWで撮ってTIF変換後のファイルの50%をスタックしました。
ピント合わせ時モニターではそんなにユラユラしていないように感じたんですが、撮れた写真はいい状態ではなかったです。
お手軽にフィールドスコープを使って撮ったんでこんなもんなのかな・・・。

2019年8月13日 (火)

今日の星空 (月と土星の大接近)

ココログ、またトラブってるのかな?

今朝アップして、一度公開出来ていたネタが消えましたよ。

クロームはフラッシュ対応打ち切りになるし、インターポットとかどうすんのかな?

ブラウザを切り替えてまでやるようなモノでもないしね。



さて、再投稿します。

昨日はGPVの予報によると全天薄雲が覆っている感じでしたが、実際は北天は薄曇り、南天は星空が見えそうな感じでした。

何より月がスッキリ見えていたので、近所の造成地へ出掛けてみました。

現地に着くと北極星は薄い雲の向こうでしたが、肉眼でもなんとなく見えました。

なので、久しぶりにスカイメモSのセッティングを開始。

今日はテーマが3つあります。
・先日作ったアングルファインダーのテスト。
・調整し直した極軸望遠鏡で追尾能力確認。
・改良した三脚レベリングベースのテスト。
という内容です。

とりあえず、撮っておきたいのは表題の通り。

他は気分次第で・・・と考えていましたよ。


事前にステライメージでどの画角なら同時に月と土星が入るかは確認しましたが、丁度いい感じにするには500~600mmぐらいの焦点距離にしなければなりません。

車に乗せっ放しにしているのはミニボーグ50とVMC95Lなので、それぞれ212mm/1,050mm。

ボーグを組み替えるほどの気合は入っていないので、VMC95Lで別々に撮って合成、それがだめならミニボーグ50でと決めました。


VMC95Lを載せるとバランスウェイトが足りません。

なので自作ウェイトを使ってバランス取り。

普通に極軸をセット後、アングルファインダーを装着して覗き込んでみました。

等倍では全く問題ありません。

2倍ではピント調整に難がありました。

レチクルがハッキリ見えるようにすると星がボケる。

星がボケないようにするとレチクルが・・・。

まぁ、等倍なら問題ないので良しとしますか。



追尾モードを月にセットし撮影を始めました。
_dsc5306_3

目盛環を見ながら土星を導入します。

・・・ダメでした、月明かりが邪魔をしてモニターでは土星が見えません。

テスト撮影してもダメ。



サクッと諦めて、明るく輝いていた木星を目盛環で導入します。
_dsc5280

追尾モードは恒星に切り替えました。

こちらは鏡筒内に月明かりが入らないのでモニターでも確認できます。

だけど1,050mm(1,575mm相当)では全く木星らしくないですね。

拡大撮影しようかなとも思いましたが、ポタ赤だし、アルカスイスプレートの長さが足りなくてバランスが取れないので、これもアッサリ諦め。


ミニボーグ50に載せ替えて月と土星の大接近を撮影しました。
_dsc5255

やっぱ月が明る過ぎますね。

自分の腕では綺麗に撮ることは出来ませんでした(^^;)

ハーフNDとか使えばいいのかな?


この後、全天曇ってしまったので追尾能力やレベリングベースのテストは出来ませんでした。


それと、そこそこ空を見ながら作業していましたが、薄雲の影響かどうかわかりませんが流星群には1つも縁がありませんでした。

そっちメインで空を見ていたら気が付いたのかも知れません。

今日の夜はどうかな?

GPVではノーチャンスっぽいね。

2019年8月 8日 (木)

今日の星空 (月齢7.4の月(月面Xを過ぎてしまった月))

今年は「月面X」とのタイミングは悪い年とのことです。

ほぼ全てが昼間になってしまうみたいですよ。

12月4日は16時半ごろらしいので、仕事終わりにもしかしたら見られるかもしれませんね。

帰宅時、VIXENのVMC95LとNEX-5Nを使って19時ごろに固定撮影した月です。
_dsc5193_1

50枚JPEGで撮って「REGISTAX」で15枚を処理しました。

スタック後の月の位置が画角左に寄ってしまったので少しトリミングしました。

ピント合わせはデュアルスピードフォーカサーを付けたおかげで楽々でしたよ。

フォーカスアシストで9.5倍に拡大しても、余りユラユラしなかったのでシーイングも良かったのかな?

月面「V」は見えていますね。



※追記
画像を再処理しました。
_dsc5193_2

処理内容は同じですが、アラインポイント設定に使う画像を、月が画角中央付近にある画像にしました。

一番最初に設定する際に選んだ画像が基準になっているんですね、今更ながらに知りました(^^;)

なのでこちらはトリミング無しの画像です。

VMC95L+NEX-5Nの直焦点では、月がこのサイズで撮影できます。



撮影した50枚をGIFにしてみました。
_dsc5193

固定撮影なので、月はかなり移動してしまいます。

2019年6月17日 (月)

今日の星空 (月齢14.0の月)

サプリメントのCMって愛飲者のコメントとかで構成されているじゃないですか。

「かなり怪しいなぁこの人」って思うことが多いんですけど、まぁCMだからこんな感じでいいのかな なんて思いながら見ています。

だけどさ、ブログ書いてますとか言われちゃうとつい見てみたくなりませんか?

いつか見てみようかな?なんて思っていたんですけど、こういう事ってすぐ忘れちゃうんですよね(^^;)

先日ふと思い出して探してみました。

だけど見つからないのです。

その代わり、似たようなことを考えている人のブログにあたりました。

どうやら全くの出鱈目らしいです。

ただのエキストラって事ですね。

ただでさえ怪しいサプリのCMなのに出鱈目って・・・これはフィクションですぐらい小さく書いておいて欲しいですよね。

老眼気味の目では小さい文字は読めないからさ、書いておいても不都合は無いだろうし、その方がちゃんとしてるって後から気づいた時に思えるじゃん(^^;)

個人の感想ですとかってのは見掛けるけど、あれもエキストラでしょ?

本当に効果があるサプリならちゃんとしたCM作ればいいのにって思った一件でした。




というボヤキで始めてみましたが、昨日と同じ機材でストロベリームーンを撮ってみましたよ。

この呼び名、自分は去年か一昨年ぐらいに知りましたが、ネイティブアメリカンがイチゴの収穫時期が始まる目安にしていたって事らしいです。

苺のように赤く見える現象だとかって説明が当時はあったような気がします。

自分はその時いつもと変わんないじゃんってがっかりした記憶がありますよ(^^;)

静岡からだとホントの昇りたては見えません。

伊豆半島越しに昇ってきた満月になります。
_dsc3917_1

経緯台を使ってのVMC95Lによる直焦点撮影(カメラはAPS-C)です。

この後雲に隠れて再び顔を出しました。
_dsc3929

昇りたては大気の影響で結構歪みますね。

この2枚の写真を重ねてみましたよ。
_dsc3929_2


昨日はVMC95Lにバックラッシュは無かったって書きましたが、ほんの僅かにある事に気づきました。

でも、ジャンクで買った時から比べたら無いに等しいくらいのバックラッシュです。

温度順応が遅いのは玉に瑕だけど、コンパクトだし車に乗せっ放しにも出来るし、買って良かったですよ。


月が雲に隠れている間に、月からかなり離れてしまった木星も撮っておきましたよ。
_dsc3924

よ~く見ると衛星も写っていますよ。

このぐらいの焦点距離だと、明るい天体ならファインダーが無くても勘で簡単に導入できますね。

2019年5月26日 (日)

今日の星空 (アンタレス付近)

久し振りの天体写真撮影をしてきました。

玄関に出て空を見た感じ、本音ではやめようかなぁって思ったんですけど、セッティングやソフトウェアの使い方など覚えているかの確認も必要だなと思い直したのでした。

いつも南の空を撮る海岸ではなく、もっと家に近い海岸沿いに車が停められるようになったので、そのポイントの具合も試しがてらの撮影です。

GPVでは雲もなく好条件でしたが、実際の空は霞んでしまってそこに光害が当たるので、星はほとんど見えませんでした。

さそり座か白鳥座かどちらかの派手なところを狙うつもりでいましたよ。

現場に着くと、まず、北極星が見えませんでした。

そして、白鳥座に至ってはデネブすら見えません。

さそり座は何とかアンタレスが見えたので、その辺りを撮影してきましたよ。
Antares_iso32_60sx17_2
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50+レデューサ0.85xDG ISO3200 60secX17 LPS-D1 Skymemo-S)

光害マップのSQMは、いつもの海岸が20.48、このポイントが20.36と少しだけ明るいみたいですが、何より蚊が出なかったのが驚きでした。

ちょっと刺されることを覚悟していたんですけど・・・。


ちょっとだけ強調処理をしてみましたが・・・。
Antares_iso32_60sx17_2_1

霞んだ空でしたから、これだけ撮って引き上げました。

いいリハビリにはなりました(^^;)

2019年5月17日 (金)

今日の星空 (国際宇宙ステーションISS)

昨夜の就寝前に、ふとAmazonを覗いてみました。

欲しいものリストを開いてみると・・・なんと!欲しいなぁと思っていたTPU黒色フィラメントの価格が、リスト登録時より55%も下がっているじゃありませんか!

目が覚めちゃってカートに放り込んでいましたよ!

そのままでは送料が掛かってしまう金額に下がっていたので、あわせて残量が少なくなったPLAを補充すべく白色を買い増ししましたよ。

明日、TPUを含めたフィラメントが届きます。

これでヤフオクで手に入れた保護キャップなしの双眼鏡用に、キャップを作ることが出来ます。

まずは「nikon 9X35 7.3゜」と「NIKON Tropical 7x50 Water-Proof」にキャップを作りますよ。

果たして「X-SMART」はTPUでちゃんとプリントできるのでしょうか?

楽しみですよ。



さて、満月期ですが日没後の空に星が見える個所もあります。

そして今日はISSの通過が南東から東の空にかけて見られる日でもあります。

雲に遮られるかもしれませんが、一応、スタンバってみました。

幸いにして雲の影響はそれほどなく撮影が出来ましたよ。
20190517_iss

今回は流星?も写ったようです。人工衛星でした(^^;)


画角的には全周魚眼なら問題なく収まるのですが、対角魚眼でもなんとかなりそうな感じでもありました。

ただ、カメラはフルサイズではないのでちょっと見切れちゃうかな?って感じでした。

一か八かで対角魚眼レンズで撮影し、歪みを少し補正した関係でISSの航跡に影響が出ちゃいましたがご容赦ください。

※追記
こちらは歪み補正無しです。
20190517_iss_org


普段ならスマホのアプリを頼りにカメラの向きを決めるのですが、今回は先日作り直した目盛環を「AZ-Palm」にセットして、月の高度&方位から目盛環を読みながら、ISSの航跡中間にほぼ正確に向けることが出来ました。

スマホの方位アプリは少し不正確なのでいつも困っていたのですが、これからは正確にカメラを向けることが出来ますよ!

2019年4月 9日 (火)

今日の星空 (国際宇宙ステーション(ISS))

もう一時の騒ぎは収まっただろうからボヤいてもいいかな?

あの「令和」って字、下手じゃない?

いや、もちろん素人が書いたような下手さじゃないですよ。

書家が書いたって聞いたから「ホントにそうなの?」って思っちゃったんですよ。

令なんてバランスが悪くて寸詰まりみたいだしさ。

中学生当時の自分が書いた方がうまかったと思ったよ。

個人の感想なので突っ込みは勘弁してください(^^;)

だって、そう思っちゃったんだもん・・・。



今日はISSがほぼ天頂を通過するタイミングでした。

雲が湧いたり退いたり不安定な状況でしたが、なかなか訪れないタイミングだったのでダメモトでスタンバってみましたよ。

結果、撮れるには撮れましたがこんなんでした。
Iss20190409_1

まぁ、撮れたからいいとしましょうか・・・。

より以前の記事一覧

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ