天体写真

2019年12月15日 (日)

今日の星空 (ふたご座流星群)

ふたご座流星群はどうでしたか?

天気に恵まれて楽しめたでしょうか?

それとも全くダメ?

こちらではそこそこ楽しめました♪

雲がちな夜空でダメかなぁって思っていました。

でも、23時過ぎには薄雲があるものの星空が見える天気となりましたので、いつもの海岸へ行ってきましたよ。




現場は強風です。

ポタ赤も出して2台体制にしようと考えていたんですが、全周魚眼レンズで固定撮影のみに切り替えました。

あまり人がいないだろうと思っていたら、かなりの車が停まっていたのでビックリしましたよ。

でも、流星群を見ようという人はいなかったかな?

大半がデートかなんかであと少数が夜釣りみたいでした。

車載の外気温計は13度。

体感は10℃は切っていたかなぁ、ダウンをベストとジャケットの重ね着にパッチを履いていたので余裕で肉眼での観望も可能な夜でした。

ただ、風で涙がチョチョ切れて見辛かったですよ(^^;)

時間的には23:30から25:20まで。

それ以降は雲が出て諦めました。


猫と戯れながら見ていた夜空で28個の流星が確認できました。

まずは比較明合成の写真。
Hutagoza_ryuseigun_20191215151001

後半雲が流れて見辛くなったので、そこを除いて半分ぐらいを比較明合成し直した写真です。

放射点から広がっている感じがなんとなく分かりますね。


こちらは全ての写真をタイムラプスにした動画です。


全周魚眼で小さく写っちゃうのが残念だけど、肉眼で楽しめましたので出掛けた甲斐がありましたよ。

2019年12月12日 (木)

今日の星空 (国際宇宙ステーションISS)

今日、このシーズン初めてウミアイサを見ました!

昨シーズンは1羽も見なかったのでなんだかうれしいですよ。

でもメスが2羽だけ。

来ているんだからきっと他にもいるはず、今シーズンは少しは賑やかな海になるのでしょうか?

シノリガモにも来て欲しいなぁ・・・。





今日の日暮れはいい天気でした。

ISSが新潟から千葉の上空を抜けていくコースを通過しますよ。

静岡からでも天頂に近いコースを6分41秒も輝いて通過する予定です。

いつもの海岸に行き、地域猫に邪魔されながら準備をします。

開始まであと7分の時点で準備完了。

今回は20秒前からシャッターを切りました。
Iss_20191212
概ね上が北、右が西です。(北が大分ズレていました(^^;))

北西から南東に抜けるコースを通過しました。

北東に見える灯りは満月です。


その満月をドリルシップ「ちきゅう」と共に。
_dsc4591


撮影の邪魔をしてくる地域猫3匹の内の1匹。
_dsc5244_1

ゴロンと寝転んで天頂付近を通過するISSを双眼鏡で見ている自分の顔を前足で触りまくって来るんですよ。

可愛いヤツ!

2019年12月10日 (火)

今日の星空 (国際宇宙ステーションISS)

紫外線写真ってどんな感じでしょう?

虫の目で捉える世界が見られるんでしょうか?

ローパスフィルター除去改造カメラで赤外写真は撮ったことがありますが、紫外線写真はフィルターもないしやったことがありません。

Aliexpressとか見ていると安っいフィルターがあるんですよね。

この間のセールの時に買っちゃおうかな?って思ったんですが、安いモノなので何時でもいいかなと思いとどまりました。

もうちょっとネットを徘徊して面白い!って思えたら手を出してみようと思います。





さて、今日は日没後に2度、ISSの通過が見られる日でした。

2回目は条件がかなり悪いようですが、最初の通過は富士山上空を通過するので撮りたいなって思っていましたよ。

ちょうどいい時間に辿り着けたので、そそくさと準備をして撮影してきました。
Iss_20191210_1
(横切った飛行機は成田空港発伊丹空港着の全日空NH2177便だと思います。)

全周魚眼レンズで半球に収めてきましたよ。

アプリの予報よりも若干早く始まったみたいで、最初の方が写っていない感じです。

これでも開始時刻より5秒早く撮影開始したんですけどね。

現在位置とか設定を変えたかな?

変えていないつもりだけど。



全周魚眼なんで当然下半分もあります。

そこには猫が入っていましたので、少し編集して猫を止めてみました。

「猫と富士山とISS」
Iss_20191210_2

カメラのセッティングをしていたら、うっかりレンズを触っちゃった。

レンズのクリーニングをこれからやりま~す。

2019年12月 4日 (水)

今日の星空 (月面「X」)

さらまにさんの双眼鏡用自作ハーネスを拝見しました。

リックヤングアウトドアーズのウルトラライトハーネスを参考にされているとのこと。

ググってみるとホビーズワールドやAmazonで扱いがあるようですね。

Amazonはかなり高い。

この商品、開発に5年の歳月をかけているそうで、いろんな使い方が出来るとのこと。

耐荷重は13キロとか。

細いショックコードで重量級の双眼鏡では食い込んでしまいそうですが、評判はかなりいいみたいなんでそんなことは無いんでしょうね。

長さの調整も簡単に出来て、ショルダータイプ2通り/ネックストラップタイプ/従来通りのハーネスタイプ2通りと幅広い使い方+仕舞っても邪魔にならないと良いことだらけ。

自分は幅広のベルトタイプのハーネスしか使ったことが無いので、一つ真似して作ってみようかなと思いましたよ。

オプションのコネクションラバーストラップは3Dプリンター+TPUで作れないかな?

材料探しに手芸店をうろついてみようと思います。





さて、今日は久し振りの日没後に月面Xが見られる日でした。

しばらく家に置きっぱなしになっていたミニボーグ71FLを持ち出していましたよ。


いつもの海岸で地域猫に邪魔されながらの撮影に行ってきましたよ。
Moon_x_1

月面X以外にVも見えてますね。

こちらの鏡筒はDXマイクロフォーカス接眼部仕様なのでピント合わせは超楽チンです。

温度順応を待ちながら何度かピント確認をしました。

モニター上の月はユラユラが収まりませんでしたが、フォーカスアシストを4.8倍にしておけばユラユラには惑わされずに済みます。

9.5倍だと判断に迷いますね。

画像はRAWでもJPEGでも動画でも撮りましたが、手間をかけずにJPEG40枚の50%をスタック&ウェーブレット処理しました。


こちらは”X”に赤丸印をつけてあります。
Moon_x_2


こちらはその2枚をGIFに。
Moon_x


動画編集ソフト「Davinci Resolve」を作業用PCにインストールしてみました。

前回の画像99枚を読み込むとそれだけで動画ファイルが出来ちゃうんですね。

傾きの調整も出来ましたが、それを切り出す方法が分かりませんでした(^^;)

まぁ、これからいろいろやってみようと思いますよ。

使わなきゃいつまでも理解できないですもんね。

2019年11月21日 (木)

今日の星空 (国際宇宙ステーションISS)

お気に入りの焦げ茶(黒?)の猫が居なくなっちゃいました(´・ω・`)

明日で1週間になります。

野性に目覚めて新天地へと旅立ったのか、誰かに貰われていったのか・・・。

お世話をしている人にはベタ慣れでも、そうではない人には恐れを抱く野良猫なので貰われたとは思えないなぁ。

未だにTNRされないほど臆病な猫だったから。

大人になって自分の縄張りを求めて旅立ったんだろうなぁ・・・寂しくなります。





さて、前回のリベンジでISSを撮影しに行ってきました。

今回は準備をしっかりしてその時間になるのを待ちましたよ。


待っている間に事件がありました。

職質を受けていたオヤジが何かをしたらしく警官2人に取り押さえられたんです。

応援も呼んでパトカーが5台とそりゃ騒々しくなりましたよ。

野次馬も次々と来る始末。



なんか、やたら楽しそうに職質をされていたんですよね。

自分はラジオを聞きながらだったのでやり取りの内容は聞こえませんでしたが、楽しそうな声は届いていました。

あぁいう反応はおかしいですよね。

クスリでもやってんのか?って思っちゃいましたよ。

飲酒で運転して来ていたのかも・・・すると急に荒々しい声に変わり、視線を向けると既に地べたに押さえつけられていました。

「今何を飲んだ!」と警官が叫んでいました。

何かを隠すために呑み込んじゃったみたいです。

何を持っていたんでしょうね?



おっと、そんなことに気を取られている場合じゃありません。

そろそろ時間です。

では、リベンジに成功したISSの航跡写真です。
20191121_iss

上が北、右が西です。

交差する人工衛星も見えました。

なんだろうな、ステラナビゲータで後で確認しようっと。
※分かりませんでした(^^;)もしかしたらSMOS36036ってヤツかな?


パトライトが写っているかな?と思いましたが、他の光害にかき消されたみたいです。

結局あのオヤジは連行され、あとにはそのオヤジが乗って来た車だけが残されていました。


※追記
別バージョンの画像も作りました。
20191121_iss_2
パトライトが写っていないのはマイカーの影になっていたからのようです。

元画像をピクセル等倍で見たらそんな感じに見えましたよ。

2019年11月12日 (火)

今日の星空 (月齢15.2の月)

港内の冬鳥たちが徐々に増えつつあります。

コガモのオスの換羽も始まっています。

今年はどのくらいの数が来るんでしょうか?

去年はものすごく少なかったんですよね。

どうなるかなぁ・・・。




今日は満月です。

昇りたてを撮りたかったんですが、ほんの少し間に合いませんでした。
_dsc4535

※自分のPCモニタではいい感じに見えていたんですがスマホでは暗すぎました。なので、レタッチして追加しておきます。
_dsc4535_3


先日、中古購入したミニボーグ50+自作レデューサ(ACクローズアップレンズNo.4)での撮影です。

画角はBORGのレデューサ0.85xDG(7885)とほぼ同じになるように調整してありますので、212mmぐらいの焦点距離(フルサイズ換算)になっています。

暫くすると雲が湧いてきて、あんなに快晴だった空はほぼ一面雲に覆われましたよ。


こちらはスマホで撮った「猫と満月」。
Fullmoon_cat

月を見ていたのか他に気になるものがあったのか・・・しばらくこの姿勢だったので地面にスマホを置いて、画面は覗き込めなかったけど適当にシャッターを切りました。

傾きを補正して16:9→3:2にトリミングしてありますよ。

ゴーストはフォトショのスタンプ機能でザクっと消しました。

猫の毛の一部が不自然に・・・。

2019年11月 6日 (水)

今日の星空 (月齢9.3の月)

今日は夕方以降も快晴になりましたよ。

新月の時にこうだったらいいのになぁ・・・。

こんなに快晴なのは何時以来なんだろ?思い出せないくらいですよ。

すごく綺麗な月に誘われて、双眼視したくなりました。

BLANCA-70ED+双眼装置+Moon Glass+12mmアイピースをセットしましたよ。

架台はカメラ三脚にAZ-Palmでフリーストップ。

ほぼ笠井さんの製品です。



双眼装置で見る月は・・・スゲェ!!!、チョー綺麗!!!

久し振りに双眼装置を使いましたけど、もっと使わなきゃって思いました。

片目で見るのとは断然違うね。

暫く見惚れていましたが、この感動を写真に残したくなっちゃいました。

見るだけのつもりだったんですけどね。

写真にすると大体ガッカリするんだよね~。



そのまま接眼部だけ取り替えてBORGのSD1X+30mmアイピース+NEX-5Nで撮影しましたよ。

JPEGで100枚撮り、Autostakkert!3で50%をスタック、REGISTAX6でウェーブレット処理しました。
121msdcf_lapl4_ap18_drizzle
(見える月に合わせて回転させています)

やっぱ、見たのとは違うなぁ~。

ほんと、双眼装置をもっと使わないと勿体無いね!

2019年11月 2日 (土)

今日の星空 (アンドロメダ銀河M31)

ミニボーグ50の中古(2本目)を買ったので、2本体制で撮影が出来るようにコツコツとパーツを集め始めました。

レデューサが欲しいのですが中古はなかなか手に入らず、新品を買うのは当貧乏ブログとしてはちょっとね・・・。

で、何度か自作しているクローズアップレンズを利用したレデューサに、またチャレンジしようとしていますよ。

出来るだけセンサーに近づけた方がいいらしいので、今回、今までよりもセンサーとの距離を詰める方法を試そうと思っています。

今日の夕方にはその中の主役級のパーツが届きます。

もちろん主役はクローズアップレンズですが、過去にACクローズアップレンズのNo.3とNo.2は手に入れてあります。

今回No.4を買い足しました。

No.2がどこにあるのか行方不明ですが、それら3種であれこれやってみようと思いますよ。

さて、どうなりますか、上手くいけば比較的早くに2本体制での撮影が出来るようになるかも?

失敗したら、レデューサの中古が出るのを気長に待ちますよ(^^;)




さて、本題です。

星相手に撮影が出来たのは5月の下旬以来でした。

その時も今回と同様霞んだ空で、撮影しに出掛けるかやめようか迷ったんです。

今回も肉眼では星はほとんど見えませんでしたが、無風だし雲は無いし久し振りの星空(あまり見えていないけど)なので、22時前になって思い切って出掛けました。

いつもの近所の海岸です。


駿河湾上だけ星が見えました。

まず、極軸を合わせ、カペラでピント合わせ、ほぼ天頂のアンドロメダ銀河をスカイメモSに付けた目盛環で導入します。

オリオン座中心部と迷ったんですけど、天頂方向の方が多少でもマシだろうとこちらを選びましたよ。

こんな感じに撮れました。
M31_median_iso32_50s41_30s1
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50+レデューサ0.85xDG ISO3200 Total:53min LPS-D1 SkymMemo-S)

午前零時を越えると途端に強風が吹き始めあえなく断念。

それまで双眼鏡で久し振りの星空を堪能しながらの撮影でしたが、風が吹くと体感温度がかなり下がり寒かったですよ。

フリースしか持っていなかったので風が突き刺さるようでした。

ダウンも持っていくんだった・・・。


でも、久しぶりに星空を堪能できたのでとても満足しましたよ♪

2019年10月31日 (木)

今日の星空 (月齢3.2の月)

最近こちらの新ブログの方がアクセス数が伸びています。

今までは旧ブログの方が倍以上のアクセス数があったんですが、今では新ブログが逆転していますね。

旋盤ネタがウケているみたいです。

ここのところ3Dプリンターに浮気しちゃっているのが心苦しいですね(^^;)

逆に旧ブログのメインネタだったスカイメモSは、発売から大分経ってしまったことで旬を遥かに過ぎてしまったのでしょう。

なんか寂しいような気もしますが、中古市場で価格が下がるようならバックアップ用に1台手に入れるチャンスが多くなるのかも知れませんね。




さて、先日中古で買ったミニボーグ50で月を撮影してみました。

なかなか星相手に撮影するチャンスが無いので、久しぶりに雲の少ない夜空になった日没後に狙ってみました。

しかし、今年はもう10月も終わろうとしているのに全然天気が安定しません。

どうなってんですかねぇ?


帰りがけに造成地に寄り道、山の端に隠れようとする細い月をギリギリで捉えました。
As3_lapl4_ap12_1

NEX-5N+ミニボーグ50+SD1X(20mmアイピース)で固定撮影です。

大気の影響が強かったのかな?色ずれと赤味が強すぎたのでモノクロで処理しました。

トリミング。
As3_lapl4_ap12_12

アイピースを変えたりする時間が無く、最初の構成で撮影し、その途中で山に隠れちゃいましたよ。

RAWで撮った30枚をTIFに現像し、AS!3で半分の15枚をスタック、REGISTAX6でウェーブレット処理をしてあります。

月は見た目に合わせて反転してあります。


とりあえず、普通に使える中古でしたので2本体制を夢見てコツコツ準備をしていこうと思います。

まずはお安く対物絞り用にステップダウンリングとアルカスイス互換プレート辺りを物色しておきましょうか。

他には鏡筒バンドを3Dプリンターで作って、固定方法及び微動機構についても考えておかなきゃね。

2019年10月 9日 (水)

今日の星空 (月齢10.6の月)

あぁ~あ、狙っていたメモリー、最高値更新されちゃったよorz

別途あたりを付けいていた新品の半値を予算に決めて入札しておいたんですが・・・。

16GBは諦めて、8GBの増設(合計16GB)にとどめておこうかな?

そっちなら結構出品されているんですよね。

さて、どうしようかなぁ・・・。




購入した中古ワークステーション。

まだ、「REGISTAX」や「AutoStakkert!3」を試していなかったので、スッキリとした夜空になった帰り路に、お月様を寄り道撮影してきました。

造成地に着いて車を降り、雲の無い夜空を見上げると・・・ISSじゃん!

今日はほぼ天頂を通過する日だったようです。

スマホのアプリは通知の機能があるのですが、天気が悪くて使用しない日が続くと通知してくれなくなっちゃうんですよね。

絶好の撮影チャンスだったみたいなのに残念です。

反射光が見えなくなるまでISSを眺めてから、月の撮影準備を始めました。



今日は、月の撮影では使ったことのない軽量な組み合わせを試してみましたよ。

ミニボーグ50+SD1X(12mmアイピース)です。

普段、星の撮影に使っている鏡筒にどの位延長筒を継ぎ足したら無限遠が出るのかなと?組み上げてから試してみましたよ。

パシュポのマクロエクステンションチューブの14mmと28mmの計42mmでOKでした。

どのくらいの画角になるのかな?とAZ-Palm経緯台に載せて月を導入しました。

ちょうどいい感じのサイズでしたよ。

シーイングは良くないのかな?

あと色ずれも結構出ちゃってますよ。

ミニボーグとアイピースとの相性も良くないのかな?

まぁ、ワークステーションでソフトの稼働テストをしたいだけですからそこは気にしません。

RAWで40枚撮影しTIFに変換→Autostakkert!3でスタック→REGISTAXでウェーブレット処理という流れをテストしました。
20191009_lapl4_ap1555_4
倒立像になっています。


問題なく快適に動作しました。

待ち時間も大幅に短縮されて大満足ですよ。

メモリ8GBでも大丈夫そうな・・・今までファイルサイズが大きすぎてPhtoshop CS2で開けなかったDeepSkyStackerのAutosaveファイルもサクッと開けるしね。

でも、16GBにはしたいなぁ・・・。

より以前の記事一覧

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ