天体写真

2020年10月21日 (水)

工作室 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンド 試作完了)

ジョウビタキのメスをこのシーズン始めて見ました。

探しに行けばもっと早くに見掛けているとは思いますが、バードウォッチングにはここ数年出掛けていないんですよね。

去年のブログでは10/23が初見のようなので、こんなもんなんでしょうね。

けむけむさんが熱中しているイソヒヨと大きさは大分違うけど、フォルムはよく似ています。

この鳥も可愛いんですよね。

地域猫のお世話をする東屋におこぼれを食べにくるオスが、今年も来るといいなぁ。




さて、MiniBORG50のTWIN鏡筒化、完結した感じですよ。
Twin_borg_r
Twin_borg_l

中央の補強プレートにスポットファインダーでも付けられるようにカメラネジを用意しておいたんですが、今の鏡筒の組み方ではプレート固定ネジと干渉してしまうために使えません。

まぁ、そんなに使う事もないと思うのでそれはいいかなぁ。

どうしても使う必要があればまた考えます。

ということで、試作品=本番用ということで完結です。

後は活用ですね。


写野調整の機構はスムーズ且つしっかりとしており、期待以上の出来となりました。

地球深部探査船「ちきゅう」に写野を合わせてステレオ写真を作ってみましたよ。

交差法平行法です。
Chikyu_20201021211501

※ステレオ写真の作り方を忘れてしまいました。
↑の写真は左のカメラで撮った写真を左に置いて作りました。
なので、↓は左のカメラで撮った写真を右に置いて作りました。
都合のいい方で見てください(^^;)

こっちが交差法。

Chikyu2

あとはバルブ撮影の制御を2台分しなきゃいけないんで、今の仕組みを少し変更します。

今はスマホのアプリでスケジュールを組んで、赤外光をオーディオ用の光デジタルケーブルを使ってNEX-5Nの受光部へ導いてコントロールをしています。

これを途中で分岐して一台のスマホで2台のNEXをコントロールするつもり。

同じスマホを2台持っているので、別々にやってもいいんですが、まとめられるモノはまとめたいですから。

大昔に買った分岐アダプターが、何処かに眠っているハズなので掘り起こしてテストしてみますよ。



ちきゅうの写真を撮った後に、木星と火星にチャレンジしてみました。

今日も強風です。

車の陰に隠れて固定撮影してみましたが、撃沈しました。

一応、動画で撮ったモノから処理してみましたよ。
Jupiter_pipp
Mars_pipp
やっぱり、VMC95L+NEXでは模様迄捉えるのは無理かなぁ・・・。

2020年10月 5日 (月)

番外編 (ほぼ完璧?TASCO 132Tのジフラクションリング、でも課題が・・・)

いよいよ終わりが見えてきた「TASCO 132T」のメンテナンス。

試行錯誤を繰り返して、いいレベルになって来ましたよ。

先程、ジフラクションリングを確認してきました。


その前に、普段使いのスタイルはこんな感じです。
Tanzutsu1005
カウンターウェイトはカメラを使うなら欲しいかな?

眼視だけなら不要ですね。

架台に以前使った目盛環を付ければ、方位&高度で見えない&見にくい方向の天体もある程度導入可能ですよ。


木星が見えるようになってきたので、カメラアダプターを付けて、スポットファインダーで導入します。
Jupiter_20201005203601

さて、ジフラクションリングは・・・。
D_ring
リングはハッキリしませんね。

でも、その輪はほぼ円形になり、太さはほぼ均等になりました。

今までは歪んでいたんですよ。

良いんじゃないですかね。


でも課題があります。

見ての通り接眼筒が遮蔽してしまうんです。

カメラアダプターを使うと、接眼筒を繰り出さずに一番短い位置でほぼ無限遠になります。

その為、焦点内像の方はあまりぼかせません。

ピント合わせはほんの少し繰り出すだけで出来るので、長く伸ばすよりは撓みが無く安定するのかも知れません。

だけど、口径の小さいこの望遠鏡で更に遮蔽されては暗くなる一方なのでは?


そこで、Tリングに手を加えます。

カメラアダプターはこんなの。
Tring1

これにカメラマウントに合わせてTリングを使い分けます。

自分はEマウントなのでこうなります。
Tring2
全長105mmほど。

このTマウントアダプターでは弄りようがありませんが、ケンコーのなら・・・。
Tring3
リングを変えちゃえば光路を短く出来、その分接眼部を繰り出せますね。

ジャンクで100円で買っておいたNIKON用のTリングからパーツを取って組み合わせますよ。
Tring4

Tring5
これで全長は83mmほど、22ミリぐらい稼げました。


まぁ、そんなにカメラを使うことはないと思うんですが、備えておけば万全ですもんね。


今日は木星/土星/火星を眼視で堪能しましたよ。

木星の模様は心眼で見れば見えたような気がしました(^^;)

口径の小さい望遠鏡ですから、納得ですよ。

2020年10月 1日 (木)

今日の星空 (月齢13.9の月(中秋の名月)とオマケ)

いつも行く海岸への途中にラーメン屋さんがオープンしました。

元々は蕎麦屋さんだったんですが、閉店してから1年ぐらい?もっと経ったかな?そこに入ったのがそのラーメン屋さん。

豚骨ラーメンと看板を出しています。

開店して1週間ぐらいかな?開店当初の混雑は終わったようなので行ってきましたよ。

家系と博多ラーメンの2本立てでやっていました。

家系をメニューに書くぐらいだからそっちが主なんでしょ?多分。

博多ラーメンに拘るなら家系はやらないよね、きっと。

ということで家系ラーメンをノーマルで頼みましたよ。

美味しかったです。

まぁ不味い家系って食べたことないですけど・・・みんな似た味でこの店が特別うまい!っていうのは家系では知りません。

多分自分には分からない味なのかもしれないです。

醤油ラーメンだと美味い不味い(というか好み)がハッキリするんですけどね。

家系ラーメンが730円で博多ラーメンが630円だったかな。

次は博多ラーメンを食べてみようと思います。



さて、その先の海岸で中秋の名月をTANZUTSUで撮影してきました。

昇った直後のハッキリしない月も撮ったんですが、画像設定を間違えていましてJPEGのSTANDARDになっていたので没。

それ以外をアニメーションにしました。
100101
トリミングしてあります。


こちらはノートリ、APS-Cなので換算900mm相当です。
No_tri


ついでに木星と土星を撮ってみましたが、米粒のようです。

木星。
Jupiter

土星。
Saturn2

これらを撮るなら自分の機材の中では一番しっかりした接眼部を持つVMC95Lで拡大撮影ですね。

ポタ赤では荷が重いので、固定撮影&動画で録るのが、経験上、一番手軽で確実です。

2020年9月24日 (木)

番外編 (「TASCO 132T」にデュアルスピードフォーカサーを付けたい)

お世話をしている地域猫の中に、かつて、この地域のオス達を束ねていたボス猫がいます。

今では以前の雄姿の面影は無くなっちゃいました。

もうおじいちゃんなんですよ。

一昨年ぐらいにボスの座から陥落したと記憶しています。

最近では痩せぎすになっちゃって・・・原因は歯が無いからだと勝手に推測していますが(手前の歯は無く奥の方は分からない)、カリカリが上手く食べられないんですよ。

暫く姿を見なかったのですが、最近、また姿を見せるようになって、そんな見た目に驚きましたよ。

今年の冬が越せるかな?

もう、他の雄猫から喧嘩を仕掛けられることも無くなったようで、去年みたいに怪我だらけにはなっていませんね。

お世話の時間に姿を見せる時には、カリカリを水に浸けてふやかしてから与えています。

夢中に食べていますよ。

毎日、姿を見せるなら多少は体力が付くように考えてあげようかな?




さて、表題の件、早速こんな感じに考えてみました。
Tanzutsu_2speedfocuser_ad2_20200924213801
Tanzutsu_2speedfocuser_ad1_20200924213801
上部の丸いアダプターは現状のピントノブに装着します。

多分、絶妙に嵌って、固定具は無いけれど簡単には外れないと勝手に思っています。

そのアダプターの中心軸に六角ボルトから削り出した軸を嵌めておきます。

その軸を下部のアダプターに固定するデュアルスピードフォーカサーが掴みます。

そしてそのアダプターはピニオンギアを押さえているネジを使って本体に固定します。


で、デュアルスピードフォーカサーはコレから外して流用しますよ。

簡単に取り外し出来ますから。


今日、月を見てみました。

雲が多くて、待ち時間の方が長かったですけど。

20mmぐらいだとデュアルスピードフォーカサーが無くてもピント合わせには困らない感じかな。

12.5mmだとピント合わせが難しくなってきて、6mmではもう剃刀、上手く合わせられません。

12.5mmで見た月。
Tanzutsu_moon
手持ちスマホでコリメートなので写りの方はイマイチですかね。


さて、デュアルスピードフォーカサーはうまく装着できますでしょうか・・・先ずは試作をしてみますかね♪

2020年9月 2日 (水)

今日の星空 (月齢14.4の月(ハーベストムーン))

改良を加えたカーナビリモコンホルダーは思った通りの出来となりました。

Amazonとかでは中華製のステアリングリモコンが1500円前後で売っていますが、学習リモコンなので元のリモコンが無い事には使えません。

また、ステアリングからは赤外光がカーナビの受光部に届かない為、リモコンリピーターなる中継器も合わせて購入しなければならず、そこまでしてステアリングにリモコンを付けたいとも思いません。

オジサンになった今はそれ程ソースを切り替えることもしないし、使い方もだいぶ変わりましたからね。

今回のホルダーにリモコンを置いておくぐらいで十分かな。




さて、今日は天赦日と重なる満月で開運日だそうですよ。

有難い満月ならば撮っておかねばということで、近所の造成地へ寄り道です。

最近は、昼間が快晴の時は日が落ちると曇りますね。

午後からは雲一つないと言えるぐらいの快晴だったのに全天曇りとなりました。

東の低空は少し雲の無い空間があったので、昇りたての満月を収めてきました。
Full_moon
アニメーションになっていますので、昇ってくる満月の様子が分かります。


昇った満月をケンコーのミラーレンズで撮ろうとしましたが・・・。
_dsc1442
レンズをセットし直した時には上の雲に隠れてしまいました(^^;)

2020年8月27日 (木)

番外編 (死蔵しているナノ・トラッカーの再活用を考える その5 実写確認)

なかなか晴れませんねぇ。

昼間は晴れていても夕方には雲が湧いてきて、星が見えるころにはほぼ全天雲に覆われてしまいます。

それでも今日は雲間がありました。

北極星も雲間から見えたし・・・。

で、気合は入っていないけどテストをしてみましたよ。


セッティングは簡単ですね。

極軸合わせもレチクルの真ん中に北極星を入れるだけだから超簡単。

NEX-5TとキットレンズのPZ 16-50mmのテレ端50mmで最長の30秒(これ以上はバルブ)ISO800/F5.6(テレ端の解放)にて撮影しました。
_dsc1392

ホントは、広角で富士山の右側(これよりもっと右)に見えるかもしれないM31まで入れて、どのくらいの秒数イケるかテストしたかったんですよ。

天頂より北西の空が開けていたので、その辺りを適当に撮影しましたよ。
_dsc1399dss2_sd

1枚モノですが、DSSの4.2.5で現像&レタッチしFlatAideProでフラット補正、PS CS2でリサイズしてあります。

APS-C+50mmなのでポタ赤ナシでも7秒弱は星が流れずに撮れると思いますが、当然ながらこの設定でも30秒は楽勝です。

この写真の中央&周辺像。
_dsc1399dss2_qc

いい星空の下でちゃんとテストをしたいですね。

2020年8月16日 (日)

今日の星空 (アンドロメダ銀河 M31)

最近、信号待ちでウィンカーを出さない人ってすごく増えたと思いませんか?

電気自動車化が進んで電気が勿体無いって考えるのかな?

青になる直前に右折のウィンカーとかホント止めて欲しい。

しかも右折の気配を出さないんですよね。

右に寄っているとかすれば「さては右折だな」と考えて左の車線に移ってるっつーの!

車線の真ん中よりも左に寄っているくせに右折とか免許持ってんのかと?と問いたい。

あとスーパーとかの駐車場で「前向き駐車お願いします」って書いてあるのに平気でバックで止めるとかも漢字読めないのか?と。

電気自動車だから排ガス出さないとか、そういう事なんでしょうか?

そこに住んでいる人から見たらそんなの関係ないしね。

バックで止められたらイメージ悪いでしょ。

そういう人ってなんだか知らないけど煽られたりしてるんじゃないかな?

自分は悪いことしていないのに煽られるって思うんだろうなぁ。




相変わらずスッキリしない夜空ですが、今日は雲が無いようでしたので近くの造成地へ22時過ぎに出掛けてみました。

こんな感じの夜空。
Andromeda
上が北、右が西です。

の先がM31。

ホントはローパス除去のNEXで撮りたかったんですが、カメラバッグに入っていなかった(^^;)

なのでノーマル機です。



先日の流星群の際にカシオペアを見ながら、「M31のシーズンが来ているんだなぁ」って思いながら流星待ちをしていました。

なので空の条件は良くないけど、撮ってみたかったんですよ。

霞んだ空なので近くの造成地で済ませました。
M31_iso16_60sx16_2_sd
(SONY NEX-5N(改) miniBORG60n+レデューサ0.85xDG ISO1600 60秒×16枚 LPS-D1 Skymemo-S)

気合は入っていないとは言え、折角の撮影ですからライトフレーム20枚/ダーク&フラット10枚づつ、1時間ちょっとで帰ってきました。

結構明るくゆっくりと流れた流星も見られましたので、短い時間でしたが堪能できましたよ。

流星群の夜よりも少しだけ暑さは控えめだったように思います。

でも、タップリ汗は掻きました。

2020年8月13日 (木)

今日の星空 (ようやくネオワイズ彗星(C/2020 F3))

霞んだ夜空となりましたが、雲は殆ど無かったようなので、近くの造成地に出掛けてみました。

プランは21時ごろまでにネオワイズ彗星を撮り終えて、その後夜空を堪能しながらペルセウス座流星群を待つ、という感じです。

誤算はJリーグの試合があった事。

ライトが眩しい!

まぁ22時ぐらいまでには消えるんじゃないかなと期待してネオワイズ彗星の撮影に入りました。

双眼鏡でも見えませんね。

隣り街の光害の中に埋もれている感じかな。

久し振りのポタ赤のセッティングでしたが、それほど戸惑う事もなく、彗星の導入もスムーズに一発導入でした。

ですが、撮影自体は超久し振り。

タイマーアプリを使うスマホの充電は空でした。

何度か満充電にしておいたんだけど、肝心の時には空なんだな(^^;)

モバイルバッテリーから給電しながらの撮影でした。

オマケにセンサーにはゴミが一杯。
※センサーじゃなくレンズやフィルターのゴミみたいでした

最近撮影したことが無かったんで、彗星を炙り出すまで全く気が付きませんでした。

こんな感じですが、話題だった彗星の初撮影です。
Neowize_iso800_16m40s_40fr_
フラットも撮らなかったので、光害に埋もれて上手く補正できませんでした。
(そこまで気合が入っていなかった)

でも、遅ればせながら証拠写真は撮れたので満足です。



ペルセウス座流星群の方は途中雲が出てきちゃって条件は悪かったんですが、明るい流星が2本流れて見ることが出来たので良しとします。

撮影は諦めていたので、動画でテスト的に撮影をしていました。

ぶっつけ本番でしたから上手く録れなかったようです。

明日にでも詳しく見てみますが、まぁ没ですね。


2020年8月 3日 (月)

工作室 (ソーラーファインダーを試作 効果の確認)

ようやくこの国のトップが普通のマスクを掛けましたね。

あぁ~恥ずかしかったよ、今まで。

意地になってあんな小っちゃいマスクを掛け続けてさ。

あれで感染してたらホント洒落にもならない。

いや、待てよ。

もしかして、ちゃんとしたのに掛け直した途端感染して、如何にあのマスクが有効だったか示そうと・・・してるわけないよね~(^^;)





昼、太陽が燦燦と照り付けていました。

最近は昼だけこんな感じかな。

午後に入ると曇って来てそして雨が降るって感じです。


その貴重な太陽を相手に試作したソーラーファインダーのテストをしました。

まず、望遠鏡とファインダーの照準合わせから。

Φ2の通し穴なので見易くはないです。

だけど照準合わせは難しくないです。


そしていよいよ太陽の導入。

車を替えてから機材の積み込みを完了していないので貧弱な三脚しかなかったことを忘れていました。

せめて経緯台だけでも積んでおけばよかったなぁ。

ってな訳でイライラしながら導入作業をしていました(^^;)


こんな感じです。

導入前。
N_int

導入自体は太陽の方向を見ることが無いので、眩しくないし暑くないし姿勢も楽だし良い事尽くめでした。

ピンホールを通じてみる太陽光もハッキリ見えるし、なかなか良いんじゃないでしょうか。


そして導入。
Int

その時の太陽です。
_dsc7827

貧弱な架台にピント合わせが全然できず、脂汗を流しながらの作業になっちゃいましたよorz...

太陽を見つけるのはファインダー見ながら簡単に出来るんですが、カメラのモニター内に固定することがこの架台ではチョー難しかった。

なので、ピント合わせには拘りませんでしたよ。

軽い望遠鏡とは言えこの三脚には荷が重かったんですね。

必要な機材の積み込みを早く完了させなきゃなぁ・・・ちょっと三脚の積み込み方を工夫して木材でパーツを作ろうと思っているんですよ。

幸い天気も良くないからゆっくりやればいいやってね。


あ、因みに太陽に見える黒い影はセンサーのゴミみたいです。



で、結論。

無くてもそんなに困りはしないけど、あればチョー便利!

2020年7月 2日 (木)

今日の星空 (月齢11.1の月)

工具のリサイクルショップに寄ってみたら珍しくエンドミルがありました。

この店では初めて見ますよ。

というか、エンドミルなんて特殊なモノはまず見ることはありません。

ホームセンターでも工具のプロショップでも置いてあるところは皆無です。

専門の業者さんとかにはあると思うんですが、趣味でなんちゃってフライス盤を使うような人にはそれを入手できるルートはネットしかないんですよ。

新品で買うのはAmazonかモノタロウの安い中華製のエンドミル。

ヤフオクでまとめていくら的な出品をされる場合は結構国産のモノが手に入ったりします。

そんな工具なので自分が使うサイズのモノは全て買っちゃいました。

素性は分かりませんが1本60円なので安いもんです。
Osg1
ついでにスパイラルタップも買っておきましたよ。

触った感じ刃は欠けていないみたいだし使えそうな感じでした。

ケースに入っていない時点でかなり怪しいですけどね(^^;)

サイズが書いてあるところにラベルを貼られちゃうのでサイズが分からないモノもありましたが、値段が値段ですから。

スパイラルタップのサイズを確認しました。
Osg2

エンドミルは5mm×2本、3mm×1本共に2枚刃。

スパイラルタップはM4×0.7が1本、M3×0.5が4本。

全部で8本です。

ルーペで状態を見てみましたが使えそうですね。

こういう中古は有難いですねぇ。

しかも全部国産品(OSG製)、新品で買ったら結構いい値段しますよ。

ラベルを剥がして無水エタノールで掃除。
Osg3

そう言えば無水エタノールとかアルコール燃料とかずーっと高値になっていましたが、今でもその状態が続いているんですね。

自分は高騰する前にタイミングよくどちらも補充しましたのでラッキーでした。




さて、本題の月です。

大雨が上がって、夕方、比較的綺麗な青空の中に月齢11.1の月が浮かんでいたので撮影してみましたよ。

前回同様ケンコーミラーレンズ800mmとNEX-5Tの組み合わせです。

雨上がりでシーイングが良いことを期待したんですがユラユラでした。

前回は凄く条件が良かったんだな・・・あんなにビシッとピントが分かったのはそういう事だったんですね。

今回はピントが合っているのか確信が得られないまま撮影しましたよ。

まずはJPEG1枚物の撮って出し。
_dsc1344

次は50秒の動画から。
Moon0702_1_reg
ちょっと弄り過ぎかな?


そうそう、AutoStakkert!でモノクロになっちゃう件。

メニューの”COLOR”がベイヤーになっていました。

デフォルトでは”AUTO”だと思うので、何かで替えてそのままになっていたみたい。

より以前の記事一覧

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ