ジャンクレンズ

2020年2月24日 (月)

今日の星空 (改造したNEX-5Nのテスト)

あぁ~あ、レデューサの入手に失敗しました。

入札終了5分前にお大臣様がおいでになりました。

それまでの競合の二人は3日前までに諦めてくれたのですが・・・。

終了間際の攻防に不安を感じて予算上限を+2,000円増額し、そこまでの入札価格より4,000円近くの余裕を持たせていたんだけどなぁ。

自分的には、その上限価格でもホントのところ買う気の失せる金額ですが、そこまで来る人もいないだろうなって考えたんですよ。

そんな価格設定もお大臣様には通用しませんでした(^^;)

あっという間に入札価格は上昇し敗退いたしましたorz

またの機会を待つことにします。




失意の気分を一掃し、テスト撮影に出掛けようと気持ちを切り替えるのに少し時間が掛かり過ぎました。

現場に着いた時には、狙っていた対象はもう山の端に隠れようとしていたのです。

こっちも失敗だぁ・・・。

「まぁ、テストなんだから何でもいいか」と思い直し、久しぶりにポタ赤のセッティングを始めました。

「折角、街の北側に来たんだから北天の何かを撮ろう」と空を見渡して、これまた沈みかけているぎょしゃ座に狙いを付けました。

星雲もあって星もきれいな領域はこのぐらいしか思い当たりませんでした。
Testiso1690sx15_1_sd_sh
(SONY NEX-5N(改) FUJINON-100mm F2.8 ISO1600 90secX15 LPS-D1 SkymMemo-S)

レンズは「EBC FUJINON・T 1:2.8/100」で、普段は使わない絞り解放の2.8を使ってみました。

写りはソフトになるんですがちゃんと芯のある写りになるはずなんです。

ただ、いつもは1段絞って使っています。

ちょっとソフト過ぎたのでスターシャープを掛けました。

それと街の光害の影響が強かったみたいで左下2/5ぐらいはヤラレてしまい、そのほかは全体が赤味が強くなっていました。

まともそうだったのは右上1/5ぐらい。

街の北側に来れば比較的光害の影響は避けられると思ったんですが、低空はやはりダメみたい。

まぁね、テストなんだから写りはいいんです。

センサーに変なゴミとかは無いみたいだし、バルブのコントロールにも問題は皆無だったし、この個体に施したオペは成功でした。


ついでにこの場所から見た星空を全周魚眼で撮っておきました。
Test_fisheye
(SONY NEX-5N(改) YASUHARA MADOKA180 F4.0 ISO1600 90secX10 LPS-D1 SkymMemo-S)

上が北、右が西です。

こちらはDeepSkyStackerよりもSequatorの方がいい感じに仕上がりました。


こうしてみるとぎょしゃ座が沈む方向は街灯りの影響がありました。

肉眼では気が付かなかったんですよね。

街灯りを背にしているとは言え、ある程度の高度を確保しないとダメですね。

もうちょっと山奥へ行けばいいのかな?


ちょっと霞んだ感じの夜空でしたが、久しぶりのポタ赤による星空撮影を短い時間でしたが堪能できましたよ。

2020年1月19日 (日)

工作室 (引き伸ばしレンズ「FUJINON-ES 1:4/50」用レンズキャップ)

ちょいネタです。

ネタにするつもりは別になかったんですけど、出来上がったらジャストサイズで、その使用感がとても良かったので気分が上がってしまいました。

で、ネタにしちゃった訳(^^;)


FUJINON-ESはいつ買ったのか分かりませんが、コツコツ買い集めて2018年9月に記事にしました。

ケース付き300円で購入しています。

だけど引き伸ばし用途ではないカメラレンズとして使う場合、キャップは無かったんですよ。


今までは何かのキャップが丁度ハマったのでそれを被せていました。

ただそのキャップは透明だったんです。


先日、金星と景色の写真を撮った際に、意外と使えるんじゃない?と感じました。

じゃぁ星撮りにも使ってみようかと思ったんですよ。

その為にはダークも撮りたいじゃないですか。

で、黒いキャップを作ったという流れです。

当然、この後フラット用にも何か考えなきゃという流れになるわけですが、まずは星を撮ってみてから考えます。


レンズ先端は、フィルターネジもなければ引っ掛けるような構造にもなっていません。

とりあえず、こんな感じで図面を書いてみましたよ。
Cap_fujinon
レンズには絞りを変える際に滑らないようにゴムベルトが巻かれています。

そこが少しくぼんで段差になっています。

3つの足がその窪みに引っ掛かるようにしてみました。

それに加えてキャップの内側は、奥側が少しきつくなる様に徐々に狭めてあります。


一度テストプリントして出来上がりのサイズ感を確認し、拡大縮小率を探ります。

その上で本プリント。

その出来上がりは・・・。
Dscn8165

Dscn8168

ジャストフィット!!!

絶妙なサイズ感!!!

キャップをする際に「カチッ」っと音がして固定されます。

厚み2.5mm/ABS樹脂の密度90%としてありますから、光は透けないし強度もあります。


このカチッという音がなんとも気持ちがいいです。

これでこのレンズは普段使いもOKとなりましたよ。

2020年1月 5日 (日)

今日の星空(しぶんぎ座流星群は撃沈)

箱根駅伝は大会新記録で青山学院が総合優勝しましたね。

やっぱ駅伝はなんだか見ちゃうね。

いつも見ていて不思議に思うんですが、大会新が出過ぎじゃない?

トラック競技だと新記録ってなかなか出ないイメージなんだけど、箱根駅伝は毎年新記録のイメージです。

これって、走法が確立されていないって事なんでしょうか?

世界陸上とか見ていて日本人はダメだなぁって思い知らされるんですが、まだまだ発展途上なんですかね?

それともシューズが凄く発達している証なんでしょうか?

去年だっけ?一昨年か?みんなピンクのシューズを履いていたんで、「あのシューズは記録が出る」とみんなが好んで履くシューズなのかな?って思いながら見ていました。

有名校だとシューズメーカーから履いてくれって提供されるのかも知れないですが・・・。




さて、昼間はそんな感じでゴロゴロ過ごしてきた正月、折角のイベントがあるんだから期待できなくても見に行くぞ!と決めていました。

まぁ天気次第なんですけどね。


今日の1時過ぎに空を見上げてみると、玄関上空でオリオン座が燦燦と輝いていました。

北の空は状況が分かりませんが、近所の海岸へ出掛けましたよ。

1時50分~3時10分頃まで固定撮影してきました。

もともと期待できないとの評判の流星群であることと、光害の影響を避けられない方向なのでポタ赤を出すほどの気合はありません。

風が無ければ外で見ていても余裕の気温です。

風が吹くとさすがに寒いので、車に逃げて窓を開けて見ていました。

これがその結果です。
Quadrantids

一つも流れませんでしたorz

今回は28mm(換算42mm)、出来るだけ照明が入らず広範囲を撮影できるようにしてみましたが、撃沈です。

照明が入ってもいいから全周魚眼にすれば一つぐらいは写ったのかなぁ?

肉眼でも一つも確認できませんでした。

夜通し見ていたら明け方近くには流れたのかも知れませんね。

昼間に影響があまり出ないように3時ぐらいで切り上げると決めてのチャレンジでしたから、結果には納得しています。


撮影範囲は放射点の動きを考えながら勘で決めました。
_dsc4690

この写真をAstrometryで調べた画像。
Frame

赤丸付近(赤丸はこちらで入れました)が放射点です。


一つも写らなかったのは残念ですが、寝正月に終わらせなかった自分を褒めてあげたいです(^^;)

2019年12月28日 (土)

今日の星空 (オリオン座とその周辺&オマケのカノープス)

正月分の買い出しやお墓の掃除、お寺関係の用事を済ませたりしていたら16時を過ぎちゃいました。

庭木の手入れを今日は手がけておきたかったんだけど諦めましたよ。

明日、チャチャっと済ませて最後のゴミ出しに間に合わせなくっちゃ!


昨夜、標記のあたりをNEX-5Nとジャンクレンズで撮影してきた分を処理してみました。
Orion_10a_sdf_sh3
(SONY NEX-5N(改) Nikkor 28mm 1:2 F4.0 ISO1600 60secX56 LPS-D1 SkymMemo-S)

あれこれやっているうちに何がしたいのか分からなくなっちゃって諦めた画像です。

大体いつもそんな状態で諦めて終わりますよ(^^;)

でも、自分的には良い出来だと思っていますよ。

なんせ近所の海岸で撮っている訳ですから、これだけ写ったら満足です。

左右と右下左下は光害の影響(だと思う)で色被りがありましたが、まぁまぁ何とかなったんじゃないかな。

一年後・数年後の自分が見た時に、この頃は下手だったなぁって思えるように進歩していたいですね(^^;)




帰ろうとしたときにカノープスが見えてきましたので撮りました。

1枚モノです。
_dsc5842
↑と同じレンズで撮りましたが、余分なところが写っているのでトリミングしてあります。

----------------------------------------------------------
もうちょっと補正してみました。
Orion_10a_sdf_sh3_sd_sd

やりすぎですか(^^;)

2018年12月20日 (木)

ジャンク部屋 (NIKKOR-Q Auto 1:3.5 f=13.5cm)

マイカーのバックランプ?バックライト?が切れました。

玉切れかな?と外してみると切れているようには見えません。

試しにウィンカーのソケットに刺してウィンカーを付けてみると・・・ちゃんと点くじゃん。

じゃぁヒューズか・・・とヒューズボックスを開けてどこが該当するのか探ってみましたが分かりません。

それらしいところを予備のヒューズと交換してみても改善しません。


なので、ディーラーに行って聞いてみたら・・・どうやら、配線の問題らしいです。

レガシーのツーリングワゴンなのでリアゲートの開閉の為に配線が蝶番部にまとめられているのですが、そこが開け閉めによる経年劣化で断線することがあるらしいのです。

もう年末なので、年明けに診てもらうことにしましたが、これ、地味に困るんですよね。

帰宅時、バックで駐車スペースに入れるのですが、真っ暗で見えないんです。

なので、ブレーキペダルをちょこっとだけ踏んでそのライトを頼りにバックします。


正月中に配線を弄ってみるかな?

サービスマンによると「どこが断線しているかわかりませんよ」とのこと。

蝶番のところならそこだけ切って、新しい線を繋いでやればと考えましたが、そう単純にはいかないかもしれません。

それに、他の配線にもいずれ症状が出るのかと思うと・・・。




気分を変えて本題に・・・。

久し振りにジャンクレンズを買いました。
Dscn7119

Dscn7120

1,000円です。

対物レンズの内側に曇りがありますが、そんなに悪くなさそうだったので買っちゃいました。

写りは悪くないです。

解放から歪みもなく使えそうな感じです。

まぁ、F値が3.5なのでそんなものなのかもしれないです。

既に「NIKKOR-Q.C Auto 1:2.8 f=135mm」があるので、買わなくてもいいかな?との思いもありましたが、落下事故を起こしたことでヘリコイドのスムーズさが失われてしまった感じなんですよね。

コーティングも「NIKKOR-Q.C Auto 1:2.8 f=135mm」の方が良いし、口径も大きいし、使えないわけではないので予備って感じかな?

早速、分解清掃に取り掛かりましたよ。

前玉側から・・・。
Dscn7121

銘板をオープナーで外そうとしたら、前玉群がごっそりと取れました。


銘板は接着されていたみたいです。

オープナーで包む感じで力をかけると外れました。
Dscn7122

しかし、前玉以外は全部貼り合わせになっていました。
Dscn7123

曇りは2番目のレンズ内側にあるみたいなのでお手上げです。

バルサム切れの一歩手前なのかな?


あと、絞りが粘っこい感じで指でレバーを押してあげないと絞れない状態だったので、後ろ玉側から分解に掛かりましたが・・・マウントが内側の側面にネジがあって外せませんでした。

特殊な工具が必要なのかな?

なので、前玉側からパーツクリーナーを塗ってあげて、絞りの開閉が軽くなるまで繰り返し開閉し何とかなりました。

曇りは写りに影響しているようには感じなかったので、とりあえず、これまでで良しとします。

普通に使えるようになりましたが・・・2軍決定ですね。

しばらくの間、どんなレンズか試したいので使ってみますが、やっぱ一軍は「NIKKOR-Q.C Auto 1:2.8 f=135mm」ですね。

2018年9月12日 (水)

ジャンク部屋 (引き伸ばしレンズ「FUJINON-ES 1:4.5/90」)

また見つけちゃいました、引き伸ばしレンズ。

自分のジャンクレンズ予算上限の1,000円でした。

90mmって必要なさそうだなぁって思いましたが、光条が綺麗なFUJINON-ESだったので、あの時に買っておけば・・・なんて思いをしなくてもいいように買っちゃいました。

無限遠が出るのか若干の不安はありましたが、エクステンションチューブもM42ヘリコイドもいくつかあるので大丈夫でしょ?

先ずはブツ撮り。
Dscn7055

ジャンクでもケースが付いていることの方が多いですね。

自分が買った引き伸ばしレンズでケースが無かったのは、E-LUCKYだけです。

カメラレンズと違って焦点距離が違ってもボディの大きさは変わらないんですね。
Dscn7058

ジャンクの割に状態は良く、何もメンテナンスはしていません。

無限遠は以下の組み合わせでギリ出ました。
Dscn7061

以前の組み合わせにM42のエクステンションチューブのNo.3とNo.1を足してあります。

ライカLマウント-M42変換ステップリングが根元まで入らなければ、No.1のチューブを外せば確実に無限遠が出ます。


だけど、見た目がカッコ悪いですね。

ボーグのパーツとかで構成したら見た目は改善されるかも知れませんが、高額になっちゃうので見た目は無視。

さて、使い道はあるのでしょうか?

2018年9月 6日 (木)

ジャンク部屋 (引き伸ばしレンズ 3種)

ここのところ災害が続きますね。

それも甚大な被害を被ったものばかり。

地球が悲鳴を上げているのでしょうか?

北海道で震度7!

来る来ると言われ続けて数十年の南海トラフでの大地震は一体いつ来るのでしょうか?

出来たら自分が生きている間は来ないで欲しいなぁ。

被災地の出来得る限り最短での復興を願うばかりです。


さて、今更の引き伸ばしレンズ遊びです。

フランジバックの短いミラーレス機が出て拡がったこの遊び、今更ながらに始めてみました。

コツコツとジャンク品を買い集めて50mmのみ3本集まったところでマウントアダプターを買ってみました。

その3本。
Dscn7044

左から
・E-Lucky Anastigmat 1:3.5 F=50mm
・FUJINAR-E 1:4.5 f=5cm
・FUJINON-ES 1:4/50

FUJINARだけ500円で他は300円でした。

75mmとかも見つけてはいたのですが、守備範囲外の価格だったので手が出ませんでした。

具体的にこれはいい!!って思うようになったら守備範囲を広げてもいいとは思いますが、自分の中で利用方法が定まっていない現状では500円ぐらいが上限です。

カメラにセット。
Dscn7049

Dscn7052

Dscn7051

オーバーインフですが無限遠から最短は30cmぐらいまでカバーします。

エクステンションチューブも手に入れてあるので、更に近接撮影も可能にはなっていますが果たして用途はあるのかな?

マウントアダプターはPIXCOのM42-M42の17-31mmヘリコイドとM42-NEXのマウントアダプターにライカLマウント-M42変換ステップリングを組み合わせています。


ただ、この組み合わせには相性が発生し、そのままではFUJINON-ESでは無限遠が出ませんでした。

引き伸ばしレンズはライカL39マウントなので、変換リングをレンズにつけてM42ヘリコイドにねじ込むのですが、ヘリコイドのネジ溝に余裕が無く変換リングが3/4回転弱しかねじ込めなかったのです。

変換リングは、他のM42マウントアダプターには問題なく使えるモノでしたので、M42ヘリコイド側の問題です。



おもちゃの旋盤は所有していますが、ネジ切りは出来ない旋盤なので工具に頼ることは出来ません。

でも、ねじ切りバイトは持っているので手バイトとして使用し、ネジ溝をハンドでなぞって拡げる・・・なんて地味な作業をした結果無限遠が出るようになりました。

いろんな工具を持っていて良かった~!

M42ヘリコイド、無駄物買いになるところでした(^^;)


さて、どんな用途に使うのがいいんでしょうかねー。

しばらくの間、NEXに着けっ放しにして考えてみようと思います。




※20180907追記
解放から1段絞った時のそれぞれの光条の比較です。
Striation

個人的に綺麗に感じるのはFUJINON-ESだけどちょっとうるさいかな?

AnastigmatぐらいでFUJINON-ESみたいにハッキリ出るとGood!

FUJINAR-Eはちょっと汚く感じます。

2018年6月 6日 (水)

物欲?ジャンク部屋? (BORG 76対物レンズ【2076】)

一応ジャンク扱いではなかったのですが、程度が良い物ではないので物欲と題するかジャンク部屋と題するか迷いました。

ヤフオクでゲットしましたよ。

程度が良いと予算オーバーとなって敗退してしまうのですが、今回のモノは誰も入札しませんでしたのでスタート値で落札となりました。

7千円もしませんでしたよ。

懐にやさしいですね。

こんなモノです。
Dscn6850

この頃のボーグはプラスチック鏡筒だったんですね。

日焼けしています。

フードの中に対物レンズが収まっています。

フードは前後のゴム環で止めてあるだけなので、簡単に対物レンズを取り出せます。
Dscn6851

焦点距離は500mm、口径は76mm、なので口径比は6.6となります。

明るくはありませんが、もう少し長めな焦点距離のシステムを軽量に作り上げたいなと以前から考えていたので、ヤフオクでチェックしていたんですよ。

いま話題の惑星撮影に「スカイメモSでどこまで迫れるのか」を試して(遊んで)みたいと考えています。

テレコン使って1.4倍の700mm。

やっぱ拡大撮影かな?

いずれにしても天気が良くなければ遊べませんけど・・・。



対物レンズは埃&汚れの付着とどこかに薄い曇りがあります。
Dscn6854

コントラストの向上目的でしょうか、フード&対物レンズセル内側に植毛紙が貼られていますが、そこへの埃の付着がハンパありません。

なので、早速クリーニングを施しました。

出品者の方の説明通り拭き傷なのかヘアラインが少しありますが目立ちません。

それより、薄曇りは貼り合わせ面の曇りだったようで綺麗にはなりませんでしたが、明かりに透かさない限り目立つものではありません。

経年なりの劣化ということでしょう。

アクロマートレンズなので過度な期待は出来ませんが、ボーグで一番販売実績のあるレンズらしいし、フォトビジュアルと銘打たれているレンズなので結構期待できると思いますよ。

miniBORG50も所有していますが、アクロマートとしては優秀なレンズですしね。
(因みに↓の「ちきゅう」はminiBORG50で撮影してます)

BORG71FLの組み合わせで対物だけを交換して使うつもりですが合焦するかな?

延長筒もあるし、何とかなるでしょ。

早く使ってみたいなぁ・・・。

2018年4月19日 (木)

番外編 (「OLYMPUS OM-SYSTEM AUTO-T E.ZUIKO 1:2.8 f=135mm」の分解清掃)

花粉による影響がかなり軽減されてきました。

そろそろ終わりでしょうか?

1~2時間おきに鼻が詰まって起きていたのが、一晩に1回起きるぐらいになってきましたよ。


先日購入しました表題のレンズを分解清掃してみました。

よくよく考えてみたらこのシリーズのレンズは既に2本持っていました。

200mmに加えて300mmもあったんだっけ。

忘れていました。

300mmは分解清掃に取り掛かったものの、前玉がどうしても外せなくて断念したままで忘れ去っていました(^^;)

同じ望遠レンズだから分解の要領は同じかなと思って始めましたが、やはり、違いましたよ。

先ずは前玉の銘板から外します。
Dscn6758

するとカニ目レンチが使えるようになります。
Dscn6759

更に外すと・・・。
Dscn6760

鏡筒とレンズ群の隙間の奥にカニ目レンチを入れなければならない箇所が出てきました。

ここでお手上げです。

自分の持っているカニ目レンチたちでは隙間に入りません。

200mmや300mmではフードが外せてそこに隠れているイモネジを緩めると前玉レンズ群がゴソッと外せるのですが、こちらは地道にレンズを外していくみたいですよ。

イモネジとかもしくは鏡筒自体がねじ込まれているんじゃないかと格闘してみましたがどうにもなりませんでした。


前玉はここまでにして、後は、後ろ玉からアクセスしてみます。

ヘリコイドのゴムバンドが汚れていたのでついでに外して洗浄します。
Dscn6761

ここのネジ類は前玉とは関係ないみたい。

前回の写真を見てもらうと分かるのですが、前オーナーがフードを固定するためか接着剤が塗られていました。

フードを外して清掃しようとしたのですがその外し方が分かりませんでした。

なので、外さずに接着剤をカッターナイフの刃をうまく使ってこそぎ落としましたよ。

後ろ玉は・・・。
Dscn6762

黒いカバーを外してからマウントのネジを外していくと外せますよ。
Dscn6764

後ろ玉は上の写真で言うと左下2番目のものだけですが、レンズに到達する前に遮光環があり、それが外せなかったのでこの状態のまま清掃しました。

前玉の外せなかったレンズはこの状態で前と後ろからアクセスできますので清掃自体は出来ました。


コンディションで言うと一番前のレンズだけがいい状態で、そのほかのレンズは全てカビにやられていました。

前玉のカビは清掃で綺麗になりましたが、後ろ玉のカビはコーティング自体も蝕んでいたようで、一晩カビキラーに漬けておきましたが落とせませんでした(´Д⊂グスン
Dscn6770

後ろ玉は写りに影響が出るって言いますね。

どんなもんでしょうねぇ・・・。

昼間に使う分にはあまり分かりませんが、バルブで星を撮った時には影響があるかも。

撮ってみないと分かりませんね。

ちなみに、猫を意識させない距離から画角一杯に撮るにはいい焦点距離かも知れません。
_dsc1987

この子は、去年、車で尻尾を轢いちゃった子。

今ではすっかり良くなって、影響は全くないみたいです。


いずれもジャンク品ですが、135mmレンズたちを並べてみました。
Dscn6766

NIKKORレンズは別格の大きさです。

NEW FDもコンパクトなんですね。

どれも口径比は2.8です。

この3つは歪みが少なく一段絞ればまぁまぁ使えます。

ただ、NIKKORは奇数枚絞りなので光条が綺麗なんですよね。

やっぱNIKKORがいいなぁ・・・。

2018年4月17日 (火)

ジャンク部屋 (OLYMPUS OM-SYSTEM AUTO-T E.ZUIKO 1:2.8 f=135mm)

モノタロウの策略にやられました。

ここのところ、モノタロウやヤフオク・Amazonなどでいろいろチェックしていたのですが、気になったモノを都度、お気に入りに入れていたら・・・・・本日限り全品10%OFFというクーポンがモノタロウから来たのです。

買っちゃいましたよ(^^;)

消耗品がほとんどですけど・・・固定冶具も一つだけ。

う~ん、上手いね。

すぐに欲しかったわけじゃないけど、近いうちに手に入れようとは考えていたんだよね。

欲しいものリストは危険だね。


さて、久しぶりにジャンクレンズネタです。

手に入れた段階ですので、清掃はこれからです。

このシリーズのレンズは200mmを持っているのですがなかなかいいレンズなんですよ。

いつだったか、135mmでは主力だったNIKKORのレンズの落下事故以来、一部動きが渋くなっちゃって何とかしなきゃって思っていたんです。

そんなタイミングで出会ってしまったこのレンズ。

ネットでの評判はまずまずです。

とにかくコンパクトで135mmとは思えないレンズです。

こんなの。
Dscn6746

保護フィルターが付いていたので、対物レンズには傷はありません。

フードは内蔵式。
Dscn6747

最短撮影距離は1.5m、まぁこんなもんでしょ。
Dscn6748

外観も結構汚いし、レンズ内部も結構なカビとなっています。
Dscn6757

Dscn6755

だけど、絞りやヘリコイドなどレンズとしての機能はスムーズそのもので問題はありません。

500円でしたから、遠慮なく清掃させていただきますよ。

とりあえず、どんな写りか確認してからでもいいかな?

コイツでしばらくは楽しめそうですよ(^^;)

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ