日記・コラム・つぶやき

2020年7月 4日 (土)

業務連絡(にゃあさんへ FUSION360の操作について)

お節介しちゃいますよ。

あんまりやっちゃうのも楽しみを奪いそうなのでほどほどにしておきます(^^;)

にゃあさんが見つけた鏡筒バンドがどれなのか分からなかったので、手持ちのデータを使います。

分かりにくいかもですが・・・。


まず前提ですが、チュートリアルビデオをオートデスクさんが用意してくれていると思いますので、遠回りと思わず基本的なモノだけ覚えるのが一番早いと思います。

そんな長い内容じゃなかったと思いますので是非ご覧ください。



早速、ミラーの操作です。

データを開きます。
Mirror1

どういう感じで構成されているのか分からないので左のツリーを開きます。
Mirror2
ボディがそれぞれのパーツ。

図形をポイントするとそれがどのボディなのか分かりますよ。
Mirror3
反転したいボディを選択しておいて・・・。

作成メニューからミラーを選びます。
Mirror4

そしてどの面を基準に反転させるかの指定をします。
Mirror5

結果が確認できますので良ければOKします。
Mirror6

反転したボディが作成されました。
Mirror7

左のツリーの目のマークを消すとそのボディが表示されなくなります。
Mirror8

こんな感じ。
Mirror9

3DプリンターがあればこのボディをSTL形式で出力し、そのファイルをスライスソフトで開いてG-CODEに変換します。

それを印刷するという運びになりますよ。




※追記
スライスソフトで反転する例です。

反転前。
Before_20200704152901

反転後。
After

2020年7月 3日 (金)

番外編 (塗装ブースを考えてみる その1)

先日、アストロプロダクツさんに寄ってみましたよ。

何かお買い得品がないかなぁって。

アストロプロダクツさんは定期的にセールをやっているんですよ。

毎回対象品は違うので行くのが楽しみなんです。

大体いつも2ヶ月くらい先までのセール内容が入ったチラシをくれるんですが、今回は無かったなぁ・・・コロナ過で体制が変わったのかな?


あれこれ物色していると模型用と見られるエアブラシキットがありました。

1,980円だって。(今セール中で1,320円です)

模型用ではない普通のエアコンプレッサーからの変換アダプターが付いていてそのまま使えるみたいです。


店員さんに聞いてみました。

自分の用途ではサブタンクを使いたいのでレギュレーター(サブタンクに付いていない為)が必要になるらしい。

出来たら別途ウォーターセパレーターも欲しいと。

どちらも1,000円しません。

合計で4,000円足らずでエアブラシが使えるようになりそうです。


過去にタミヤさんとかのエアブラシキットを考えたことがありますが、たまにしか使わないモノにそこまで投資は・・・と躊躇するような金額になります。

このぐらいなら持っていたら便利だなって思っちゃいました。


さて、そうなるとどこで塗装をするか・・・今までは段ボール箱を塗装ブースにしていましたが、もうちょっと何とかならないのか?と。

じゃぁ自作してみれば?って事なんですよ。

早速、デスク上で使えそうなサイズのモノを3DCADで描いてみました。
Paint_booth

サイズは400×300×300(W/D/H)mm。

底にフェルトとか段ボールの断面を貼り合わせたものとかで吸収材を敷いて、背面にはダクトを設けてフィルターを付けて掃除機に繋ごうかな?

無いパーツは3Dプリンターで作ればいいし。

以前、撮影ボックスを自作した際のプラダンがまだ余っているので、それを図のように切り出して畳めるように作ればいいんじゃないかと目論んでいます。


あとはセール利用でエアブラシキットを買っちゃうかどうかだな。

2020年7月 2日 (木)

今日の星空 (月齢11.1の月)

工具のリサイクルショップに寄ってみたら珍しくエンドミルがありました。

この店では初めて見ますよ。

というか、エンドミルなんて特殊なモノはまず見ることはありません。

ホームセンターでも工具のプロショップでも置いてあるところは皆無です。

専門の業者さんとかにはあると思うんですが、趣味でなんちゃってフライス盤を使うような人にはそれを入手できるルートはネットしかないんですよ。

新品で買うのはAmazonかモノタロウの安い中華製のエンドミル。

ヤフオクでまとめていくら的な出品をされる場合は結構国産のモノが手に入ったりします。

そんな工具なので自分が使うサイズのモノは全て買っちゃいました。

素性は分かりませんが1本60円なので安いもんです。
Osg1
ついでにスパイラルタップも買っておきましたよ。

触った感じ刃は欠けていないみたいだし使えそうな感じでした。

ケースに入っていない時点でかなり怪しいですけどね(^^;)

サイズが書いてあるところにラベルを貼られちゃうのでサイズが分からないモノもありましたが、値段が値段ですから。

スパイラルタップのサイズを確認しました。
Osg2

エンドミルは5mm×2本、3mm×1本共に2枚刃。

スパイラルタップはM4×0.7が1本、M3×0.5が4本。

全部で8本です。

ルーペで状態を見てみましたが使えそうですね。

こういう中古は有難いですねぇ。

しかも全部国産品(OSG製)、新品で買ったら結構いい値段しますよ。

ラベルを剥がして無水エタノールで掃除。
Osg3

そう言えば無水エタノールとかアルコール燃料とかずーっと高値になっていましたが、今でもその状態が続いているんですね。

自分は高騰する前にタイミングよくどちらも補充しましたのでラッキーでした。




さて、本題の月です。

大雨が上がって、夕方、比較的綺麗な青空の中に月齢11.1の月が浮かんでいたので撮影してみましたよ。

前回同様ケンコーミラーレンズ800mmとNEX-5Tの組み合わせです。

雨上がりでシーイングが良いことを期待したんですがユラユラでした。

前回は凄く条件が良かったんだな・・・あんなにビシッとピントが分かったのはそういう事だったんですね。

今回はピントが合っているのか確信が得られないまま撮影しましたよ。

まずはJPEG1枚物の撮って出し。
_dsc1344

次は50秒の動画から。
Moon0702_1_reg
ちょっと弄り過ぎかな?


そうそう、AutoStakkert!でモノクロになっちゃう件。

メニューの”COLOR”がベイヤーになっていました。

デフォルトでは”AUTO”だと思うので、何かで替えてそのままになっていたみたい。

2020年7月 1日 (水)

番外編 (3DCAD「DesignSparkMechanical」がVer.UPしてた)

納車が待ち遠しいですねぇ、その間代車に乗っていますがFFなんですよ。

FFは癖が強い!

マイカーでFFに乗るのはCR-X以来なので30年ぐらい前の事になります。

FFだと気が抜けませんね、いや、運転中に気を抜いてちゃいけませんが、他の駆動方式よりも確実に面倒ですよ。

例えば曲がり角を曲がって直線に入った時。

他の方式の車では(お勧めは出来ませんが)手を離せばハンドルが戻っていきます。

アクセルを踏んでハンドルを持つ手を緩めれば自然に道なりに真っすぐ進んでいきます。

ところがFFではハンドルを戻さなきゃならないんですよね。

これって地味にめんどくさい。

直進中に路面の凸凹を避けようとアクセルを抜いて少し右にハンドルを切る、避けてからアクセルを踏むとそのまま右に走っていく。

FRや4WDでは考えられないめんどくささです。

久し振りのFFで戸惑っていますよ(^^;)

まぁ、それもあと少しのガマン。

その間、FFの運転を楽しもうと思います。




さて、天気が悪くてなぁ~んにもネタが出来ません。

ヤフオクでは負け続けてなぁ~んにもネタが出来ません。

そんな中、たまたま標記のソフトのサイトに立ち寄ったらバージョンアップしていました。

今まで2.0を使っていたのですが去年の10月に4.0になっていたようです。

最近はFUSION360ばかり使っていたのでこちらはチェックしていませんでした。

無料なのでインストールしてみましたよ。


ダウンロードしてインストールを始めると、ステップが2つに分かれています。

ダイアログボックスが出てきてステップ1とステップ2のボタンがあります。

その下には両方通しで出来るようなボタンもあります。

よく分からないのでステップ1から始めましたよ。

ステップ2を完了するまで再起動するなとの説明がありますが、ステップ1が終わると再起動を求めてきます。

ん?と思いながらキャンセルしてステップ2をポチッとな。

両方完了してから再起動し、ソフトを起動しました。


スタート画面。
1st

そんなに変わっていない様な気がします。

パッと見、編集メニューの”フィル”の横に”ブレンド”というアイコンが出来ていますね。

何に使うのかは知りません。


先日落札したゴニオステージのメーカーさんが用意してくれている3DCADデータを読み込んでみます。
2nd

ついでに底面に嵌めて使える台座を設計してみます。
3rd

あぁ~やっぱ直感的に使えて良いですね。

ネジが簡単に出来るコマンドとか追加されていないかなぁと探してみましたが・・・無いみたいです。

ネジを頻繁に使うならやっぱりFUSION360かぁ・・・。


設計そのものはこっちの方が覚えやすそうに思いますが・・・。

あ、それと32ビットOSでも使えるのが良い所かな。


設計&画像処理用PCにはFUSION360をインストールしていますが、非力なノートPCでお絵かき的に作図するならこれを使えばいいかな?

こっちの方が処理が軽いみたいなんで。

2020年6月25日 (木)

物欲 (スバル フォレスター クロススポーツ2.0T)

決めちゃいました、白いフォレスターに。

人生で初めて白い車のオーナーになります。

過去に知人の方たちには「絶対に白には乗らない」って豪語してきたのに・・・もう古い車なので色を選べるほどの台数が市場に無いのです。


因みにこんな形状の車です。
Forester_tasg5
これの白、正確にはピュアホワイトって言うみたいです。

マニュアル車でもいいなって思いましたが、AT車です。


この頃のスバル車は既にアイサイトVer1.0(2もあったかも?)が搭載されていました。


今自分が乗っているレガシーはSIクルーズという機能があって、前車を追従してくれるクルーズコントロールなどの便利機能がありました。

コレがアイサイトに繋がっていくわけですが、自分は最近の運転に干渉してくる機能がたまらなく嫌なのです。

オートクルーズは便利だと思いますが、ハンドルまでコンピュータに握られるのは勘弁して欲しいと思う訳です。

代車でそんな機能が付いた車にも乗りましたが、あちこち弄って機能オフにして乗ったくらいですから。


今回購入した車はアイサイトの無いモデルです。

好きな運転をするのに、何にも干渉などされたくはありませんから。

保険的には不利ですね(^^;)

でも仕方がありませんね、そういう選択をしたわけですから。


STIバージョン車の値段がもっと落ちてきたら、次に買い替える時にはMT6速のSTI車も視野に入れようと思います。
(その頃にはもう中古市場に無いかもしれませんが・・・。)

多分、もっとシンプルな車に乗りたくなっているに違いありませんからね。


さて、納車まで代車が用意されますのでエアコンの壊れたレガシーともこれでおさらばです。

問題の多い車でしたが好きな車です。

フォレスターとどっちが?と聞かれたらフォレスターと即答します。

そうでなけりゃわざわざこんな古い車に乗り換えません。

初代フォレスター→2代目フォレスター(前期型)→2代目フォレスター(後期型)と3台目のフォレスターになりますよ。

納車が楽しみだなぁ!!!

2020年6月23日 (火)

番外編 (車見つけた)

先日のニュースでチョウゲンボウの若鳥が採り上げられていましたよ。

巣から旅立ったか旅立ち前に落ちたか分かりませんが、植え込みで動けなくなっているのが見つかったとか。

猛禽とは言え目が可愛いですね。

ニュースではそれをフクロウみたいと宣う。

フクロウを見たことないのか?

全然違うじゃんって思わず食べていたモノを吹き出しちゃうところでした。

うーん、例え方がおかしいね。

チョウゲンボウ自体が一般的じゃないから仕方がないのかな?
(見る気があれば割と見られる鳥です)

でもねぇ・・・。





さて、ネットを中心に情報を漁って近場で1台見つけました。

なんせ探しているのがかなり古い車なので、ディーラー認定中古車では見つからないのです。

その他で探すしかないんですよね。

近くを通ったついでに見てきました。

年式の割には悪くないなという印象。

試乗も出来たので少し走ってみましたよ。

サスペンションやエンジンの具合等良好でした。

ワンオーナーで70代の方が乗っていたとのことで無理な乗り方はしていなかったんでしょうね。


その車は昔自分が乗っていた車種の最終バージョン。
(この後から全然違うデザインになっちゃって興味を失いました)

フォレスターのクロススポーツという5ドアハッチバックの車。

これね、凄く自分には合っていたんです。

ターボ車だけど低速からトルクがそこそこあって街中でも乗りやすい車。

今乗っているレガシーよりも力があって楽チンです。

エンジン出力の方向性が違うんですね。

レガシーが高回転高出力なのに対して回転と出力は少し押さえて低速側を重視しているんです。

フォレスターの中ではスポーツ系に振っていて車高も低めとは言え、レガシーから乗り換えるとあれ?こんなに目線が高かったっけ?って感じでした。

まぁ、今のレガシーはローダウンしていないんだけどもともと低めですから、ちょっとしたことで腹を擦ったりするんですよね。

フォレスターに乗っていた時にはそんな記憶は無いのでこんなもんなんだろうな。

だけどスポーツに振っているだけあって乗り心地は固めで変なロールはしません。

昔乗っていたフォレスターよりタイヤサイズが大きくなっていました。

前は225/45/R17だったんですが215/55/R17になっていました。

扁平率45のタイヤを履くとなると18インチのホイールになっちゃうんですね。

今持っているヤツが使えないじゃん・・・。


それはさておき、試乗している間に昔の感覚が蘇って違和感もなくなりました。

やっぱり乗りやすい!

車両感覚も凄く掴みやすい!

控えめだけど力強く響くボクサーエンジンの低音のノイズも心地が良い!

中古車だから残念な部分もあるけれど、それは後で手を入れれば済むことだしね。

ただ一つ、色がパールホワイトなんですよorz...

白が好きな人には申し訳ありませんが、自分は白は好きじゃないんですよね。

社用車みたいでどうしても好きになれません。

だけど車種的にその辺りは選択肢が殆ど無いんですよ。

初めての白に乗っちゃうか~!

夏には一番いい色ですもんね・・・。

どうする~?

買っちゃう?

どうするの?自分。

2020年6月20日 (土)

番外編 (レガシーツーリングワゴンの罠)

20万キロを超えてあちこちガタが来た我が愛車。

先週末から運転席側のエアコンが効かなくなって参っています。

昨日、ディーラーに預けて見積依頼をしていた車が返ってきました。

エアコンや経年劣化での足回り、その他の修理と車検込みで37万円超の見積もりですorz...

タイミングベルトもやらなければならない時期。

本気で行くなら50万円超!!!

買い替えますよ、こうなりゃ!!!


だけど、いつかもぼやきましたが電気自動車は欲しくないのです。

静かで効率よくただ乗るだけの車ならいらないのです。

中古車市場を彷徨いますよ(^^;)




さて、そんな我が愛車ですが、かねてからリヤワイパーが動かなくなったり、バックランプが点かなくなったり断線が疑われていました。

今回はサービスマンが写真を撮ってくれましたよ。

見てビックリ!!!

断線ってケーブル内で線が千切れているのかと思っていたら、ホントに切れていました。

そりゃ動かなくなるよ・・・。


そんな状態なら遠慮はいりません。

思い切り半田付けなりなんなりをすればいいのです。

覚悟を決めてリヤハッチの内張を剥がしましたよ。

そして電線のブーツもぶった切りました。

で、改めて断線具合を撮りました。

左側。
Rear_left

右側。
Rear_right

ほんの数本しか繋がっていませんよ。

こんなの初めてです。

このタイプのレガシーには多い現象との事。

それって設計ミスなんじゃないの?

ってなことを今更言ったところでどうにもなりませんから、黙々と作業を進めるだけ。

半田付けしようかと数本やってみましたが、やりにくいのでスリーブでカシメる作戦に換えました。

週一の買い出しのついでにこんなのを買ってきましたよ。
Parts

そしてやり難かったけど何とか接続完了。
Repear_left
Repear_right

断線箇所がほぼ同じところなのでスリーブの分太くなっちゃいました。

切ったゴムブーツを被せて・・・さてリヤハッチは閉まるのでしょうか?



閉まりました。

だけど防水は出来ていません。

まぁ、しばらく乗れればいいですよ。

で、バックランプやその他の機能は復活したのか・・・。



ハッチのロックのみ復活したみたいです。

ワイパーもバックランプもダメです。

他の個所でも断線しているのかな?

なかなかな罠が仕掛けられている車ですよ、このタイプのレガシーは。

今まで乗ってきたスバル車の中で一番作り込みが甘い感じです。

リコールも多かったしね。


さて、それでもスバル車の中古を探してネットや店舗を彷徨います。

好きなんですよ、スバル車が(^^;)

2020年6月16日 (火)

番外編 (ヤフオクでゲットしたモノ「ゴニオステージ」)

見分けがつかなかった地域猫の黒猫たち。

今ではすっかり懐いてしまいました。

慎重派だった胸とお腹にちょっとだけ白い毛がある方は、足元でくつろぐようになりましたよ。

20200616_21
居なくなった焦げ茶の猫を思い出してしまいました。

あの子は可愛かったなぁ・・・この子もそんな感じの子になるかなぁ・・・性格は良さそうなのでちょっと楽しみです。




スカイメモSで使用している微動雲台の構成パーツであるゴニオステージ。

ちょっと傷みがあって誰も入札しない物件がありました。

常々バックアップ用にもう一組手に入れておきたいと思っていたのでしばらく様子をみていましたよ。

どんどん値下げ出品を繰り返し3,000円になったところで落札しましたよ。

説明では”動きは問題なし”とありましたので、見た目なんかはどうでもいいから安くなれ~って念を送り続けていた事が報われました(^^;)


先程届きました。
Gonio

微動雲台の高度調整を担うパーツです。

確かに動きはスムーズでしたが、若干、アリ溝にガタつきがありました。

分解して原因を探ります。
20200616_4

どうやらウォームギアを回すローレットの取り付けがおかしいようでした。

イモネジを緩めてもう少し押し込んでから締め直すとガタつきは無くなり、微動雲台のパーツとしての要件を満たすレベルになりましたよ。


もう一つ説明にあったストッパーネジの欠品。
20200616_14

在庫のハイピックで代用し解決です。
20200616_5

多分、今使っているゴニオステージの後継機種かな?

程度はこっちの方が良くないけど3,000円で手に入るなら文句はありません。

バックアップ用に寝かせておくのも勿体ないので、何か用途を見つけて使おうと思いますよ。


撮影用の回転ステージと組み合わせてもいいかもしれないな・・・。


2020年6月 7日 (日)

番外編 (ミラーレスでレンズ遊びをされる方へ)

ネットを徘徊していて気が付きました。

モアブルーさんがマウントアダプターの在庫一掃セールをされています。

千円均一(送料別)ですよ。

今持っていないマウントのアダプターを買っちゃいました。

在庫限りですから、欲しい方はお早めに・・・。

2020年6月 5日 (金)

番外編 (3Dプリンターのノズル用テフロンチューブ)

ここのところネットを徘徊して小物をポチポチしています。

例えば「マクロエクステンションチューブforNEX」は2セット買っちゃったし・・・。

まぁホントに小物ばかりですけど、今日は、その中の一つを取り上げてみました。

自分が使っている3Dプリンターのノズルに使うテフロンチューブです。


こういうのってあまり情報が無いんですよね。

ググってみたけど純正品の交換ネタしか見つからない。

ノズル自体は1.75mmフィラメント用の穴が0.4mmでネジはM7のMK10というタイプです。

使用するテフロンチューブは外径4mmで内径2mmのタイプ。

純正品では面白味が無いのでAmazonで探しました。

ノズルは今回買わずに欲しいものリストに追加しただけ。

テフロンチューブだけ取り寄せてみましたよ。


モノは「WPERSUVV PTFEテフロンチューブ8M / 26.2ft- 2mm ID X 4mm外径1.75フィラメントBowden 3Dプリンター - アレンテックPTFEテフロンチューブ+ PTFEテフロンチューブカッター」という長い名前のテフロンチューブ8mとそのカッターがセットになっています。
20200605_191449
探せば他にもありますけど、Amazonが発送する商品だけに絞って候補としました。

カッターは無くてもいいかと思ったんですが、たいして値段が変わらなかったので専用のカッターとは何ぞやと興味が湧いてコレを選んでみたんです。

結果、カッターはあると超便利です。

洗濯バサミみたいになっていて好きな長さのところを挟むとバネの強さで勝手に切れます。

置き方の問題かな?切れない事もあるんですが、少し手で押さえてあげるだけでスパッと切れます。

カッター用の下敷きも要らないし、ハサミのようにチューブを潰すこともない。

買って良かったです。



で、先日クリーニングしたノズルのチューブと交換しました。
20200605_191920
金属はそんなに消耗することは無いと思いますが、チューブは熱による伸縮を繰り返してノズルに接しているところは径が変わっています。

ユルユルなんです。

これは替えておいた方が良いでしょ?


しかし、8mって使い切れるんだろうか・・・って感じです(^^;)

ま、実際にプリントするのはまだ先なんでモノが良いのかそうでないのかは分かりませんけどね。



オマケ

お世話している地域猫のキジトラ♀
20200604_082456
食べ終わると必ず撫でてもらいに目の前に来て座ります。

抱っこはあまり好きじゃないみたいで、撫でまわしてもらうのが好きなんです。

この時期は抜け毛が多いのでこっちも毛だらけになっちゃいますが、気持ちよさそうな顔をするのでついつい手が出ます(^^;)

より以前の記事一覧

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ