日記・コラム・つぶやき

2020年4月 6日 (月)

工作室 (ケンコー「ミラーレンズ800mm F8 DX」用にフードを作って心折られる)

長年愛用してきたレーダー探知機、壊れちゃいました。

GPSを受信しなくなっちゃったんです。

2011年9月購入ですから8年半愛用しました。

以前のように飛ばしたりあちこち走り回らなくなったので、レーダー探知機としての機能はあまり必要なく、OBDⅡ経由で車両の情報取得やフルマップ表示の現在地の確認(ナビよりもコレを見ることが多かった)の為に使っていた感じです。

もう無くてもいいかな?とも思いましたが、なんとなく視界の隅がもの寂しいので買っちゃいました。

型落ちですが新品です。

最新のレーザー式のヤツは受信できませんが、それが登録されていればGPSで警告してくれますので心配はしていません。

なにより自分が走る道にはありませんから・・・それに、↑に書いたようにフルマップ表示と車両情報の表示をさせたいというのが主たる目的ですから。

また、あちこち走り回るようになったらレーザー式に対応したヤツを型落ちで買いますよ(^^;)



さて、週末に標記のフードをプリントしていました。

フードの1段目だけで14時間超です。

しかもサイズ的にラフトが使えず、プラットフォームとの接触面の修正に手間が掛かりました。

とにかく、プリント時間が長い事に心折られました・・・。

3段目迄印刷するつもりでいましたが、もうこれでいいかな?って気になっちゃいました(^^;)
Dscn8300
フードの長さは4センチです。

フード内には反射光防止のためにタミヤの塗料を塗っておきました。
Dscn8299

また、気が向いたら2段目3段目を印刷しますよ・・・。

とりあえず筒先にこれがあればレンズ面を守れるでしょ。


レンズに装着。
Dscn8297
レンズキャップは元からあるヤツがそのまま付きます。

Dscn8298

印刷時間が長くなるだろうとは思っていましたが、14時間以上とは・・・長すぎ!


溜まったストレスを猫に癒してもらいました。
20200406_174322

2020年4月 3日 (金)

今日の星空 (金星と昴)

どーでもいい話を一つ。

食器を洗う時何を使われますか?

自分は普通にスポンジを使いますが、大抵の場合、ゴワゴワの素材とスポンジが張り合わされた製品を使うのが一般的かと思います。

70円ぐらいで5個入りとコスパも最強ではないかと・・・。

この話は、半年ぐらい前に何かのテレビ番組で知ったことなんですが、自分はこのスポンジの使い方を間違えていました。

普通はスポンジ面を使い、焦げ付きや酷い汚れにゴワゴワの面を使うと思っていたんですよ。

これは間違いで、スポンジ面はあくまで泡立ての為、ゴワゴワの面で洗うのがホントの使い方なんですよ。

まぁ、傷つきやすい素材を洗う場合はこの限りではありません。


これを知ってから何が変わったって・・・スポンジの消費量です。

今まではスポンジ面がすぐにボロボロになってしまっていたんですが、正式な使い方だとスポンジ面は痛まないので長持ちするんです。

衛生面でのことは置いといて、その気であれば一つのスポンジで1月は余裕で使えます。

先にゴワゴワの接着面が剥がれ始めてしまいますが、薄ーくゴワゴワの面が残るので使い続けることが出来るんですよ。

今時は洗剤に除菌機能がありますので、衛生面もある程度はイケているんじゃないかと。

今まで無駄にスポンジを消費していましたよ・・・。




さて、本題です。

光害のある街では気が付きませんが、今、金星と昴(プレアデス星団/M45)が大接近しています。

金星は大都市でもある程度見えるんじゃないでしょうか?

昴は自分の街でもほとんど見えませんが、双眼鏡などを使えば簡単に見える対象です。

ニュースでもこの話を扱っていましたので、今日の帰り道にケンコーのミラーレンズを使って撮ってみましたよ。

題して、「今だけ昴七連星!」
_dsc0658_20200403_193245

存在感が違い過ぎて七連星は無理がありますか(^^;)


雲が全面にあって北極星も見えないし、お気楽撮影なのでケンコーのカーウィンドウマウントを使って固定撮影です。

目一杯ですが何とか画角に収まりました。

流石に固定撮影では流れてしまっていますが雰囲気は分かるのでOKです。


2020年4月 2日 (木)

今日の星空 (月齢9.0の月)

志村けんさんが逝っちゃいましたか・・・。

歳をとられてからはいい感じになって嫌いじゃありませんでした。

ドリフに出てきたころには、子供心に「目立ちたがりが前面に出ていて嫌だなぁ」って思って見ていましたよ。

若い頃のギラギラ感がだんだん丸くなっていったのかな?

ご冥福をお祈りいたします。




久しぶりに月を見ました。

もうだいぶ太ってきているんですね。

この月をターゲットにケンコーのミラーレンズを使ってみましたよ。

ピント合わせはボーグのヘリコイドを使っています。

本体のヘリコイドではほんの少し動いただけでピントが大きく変わってしまいますが、ボーグのヘリコイドならピントが合っていると思われる範囲がそこそこあるのですごく使いやすいです。

ただ、像がキリッとしないのでピントの山は掴めません。

NEX-5のフォーカスアシスト頼りでピントを合わせました。
26000402_lapl4_ap6787

JPEGで50枚撮ってAS!3で25%をスタック、REGISTAX6でウェーブレット処理をしました。

あまりシャープには撮れなかったようです。

ユラユラしていたし薄雲というか霞みたいなモノが常に流れていたのでその影響なのかな?

いい条件の時に撮ってみたいですね。

2020年3月29日 (日)

番外編 (ケンコー「ミラーレンズ800mm F8 DX」用にフードを考える その2)

あぁ~あ、つまんない天気が続きますねー。

3DCADで書いていても何か気が乗らないというかなんというか・・・。

とりあえず表題の件書けましたけど、ちょっと細部に気が回らなかったというか集中力が足りずに、折角分割式にしているのに収納に難がありました。

まぁネタも無いのでアップしちゃいます。
Kenko_mirror_800dx_hood1
ラッパ型はやめました。

ちょっとカッコ悪いかなって・・・。

今回は3段で12センチの長さになります。
Kenko_mirror_800dx_hood3
Kenko_mirror_800dx_hood2
一番前の外径が少しだけ小さくて、収納時2段目と干渉してしまいました。

形状とかもろもろ、もうちょっと考えてみます。

2020年3月24日 (火)

番外編 (ケンコー「ミラーレンズ800mm F8 DX」用にフードを考える)

このレンズのピントリングはスゴク使い辛いんですよ。

それは前にも書きましたけど、何か補助器具を作るか、別のモノでピントを合わせるかしないとどうにもならない感じです。

で、ボーグのヘリコイドを付けてみました。

前にジャンクで手に入れた3,000円のヤツね。

すごく良い感じです。

調整の幅が凄く広がりました。

でも残念ながらモニターで見る像がキリッとしていないために、ここがジャスピン!というポイントが掴めない事には変わりがありません。

キリッとしないのが光軸のズレによるものなのか、迷光などが邪魔をするのか・・・。

光軸の方はどうしようもないので、フードを作ってみようと考えています。

試しに何か巻き付けてみればいいじゃんって言われればそれまでなんですが、折角ですからいろいろ考えて楽しもうという訳です。


メーカーさんからはフードが販売されていたようなんですが、もともとそんなに売れると考えていなかったのか扱っているところはどこにもないようです。

サイズとかも分かりません。

写真で見る限り長さが10センチかそれよりも少し長いくらいかなぁ。

望遠鏡のフードの長さについて解説されているサイトとか見ると、屈折の場合しか書いていないんですよね。

そのまま計算してみるととんでもない長さになっちゃう。

ということで、メーカーさんの製品を基準に10~15センチぐらいで作ってみようかなぁって思っています。

収納を考えると分割式に、先端にはバーティノフマスクとか付けるようにネジも切って・・・。

ということを前提にチャチャっと設計してみました。
Kenko_mirror_800dx_hood-1
植毛紙とか貼るのは面倒なので遮光環を適当に付けてみました。
Kenko_mirror_800dx_hood-2
それぞれは中に収納できますので一つにまとめられます。

2段目までしか書いていませんが、4段にすると12センチの長さになるつもりで書いています。

ある程度以上の大きさになるとFUSION360では、ネジのプロファイルが5mm刻みでしかないんですよ。

このレンズの対物側のネジサイズは105mmP1.0で、このプロファイルもなかったのでそれだけは作りました。

他のは存在するプロファイルを利用するのが手っ取り早いので、これらを踏まえてサイズを見直します。
(円の大きさを5mm刻みに揃えるということです)


さて、どうなりますかね~。

作る過程が面白いんですよね。

出来上がって使ってみたら効果が無いってオチになる確率はすんごく高いと思いますが、趣味なのでそれは無駄ではありません(`・ω・´)
(先に負け惜しみを書いておく(^^;))

2020年3月22日 (日)

番外編 (ケンコー「ミラーレンズ800mm F8 DX」用鏡筒バンドの効果を確認)

昨夜は星が見えませんでした。

そこで、いつもの海岸で地域猫に邪魔されながら遠景で効果の確認をしましたよ。

まずは鏡筒バンド無しの写真。
_dsc0161_20200322095501

これでもNEX-5にはL型ブラケットマウントを使って安定させようとしています。

しかもシャッターはバルブにし、手動でレンズ前に離して置いた覆いを上げ下げしてシャッター代わりとしてブレないように気を使ったんです。

ほとんど体感では分からない微風にヤラレたと思います。


そして、鏡筒バンドを装着しタイマーを使った撮影。
_dsc0204

ブレは排除できました。

前回よりも体感の出来る強い風が吹いている中での撮影でした。

オマケに足元には地域猫が邪魔しに来ていました(^^;)


どちらも海を挟んで14~5キロ先の夜景です。
_dsc0204comp

光源が少し歪んでいるのは光軸のズレによるものでしょうか?

今のところ光軸の修正方法が思いつきませんので、もう少しピントを追い込むことを考えていきたいと思います。

このレンズのヘリコイドでは、ピントが薄い紙よりもさらに薄い感じで合わせられません。

しかもモニターで拡大してもボヤけた感じで見えているのでピントの山が分からない。


ボーグパーツで組み合わせをいろいろ試してみようと思います。

2020年3月16日 (月)

業務連絡 (にゃあさんへ)

「ミラーレンズ800mm F8 DX」の光軸を確認してみました。

金星を相手にトライバーティノフマスクを使った結果です。
_dsc0150

トリミング。
_dsc0150t

やっぱりズレてますね。

星の追尾撮影は固定方法を考えないと出来ないのでそれについては未確認です。

夜景で確認してみました。

光軸のズレが原因かどうかは分かりませんが、どう頑張っても光源が2重に写ります。
_dsc0161

電子先膜シャッターを使ってもブレたように写ります。

↑の写真はバルブ撮影で、レンズ前に遮蔽物を置いてシャッター代わりに撮ったものです。

シャッターショックに起因するブレは絶対にない筈。


とりあえず、光軸に関して個人で弄れるものかどうか確認してみたいと考えていますが、やっちゃってもいいですか?

ちょっと無理って判断したら撤退しますけど・・・。

2020年3月12日 (木)

今日の港 (東京湾フェリー「しらはま丸」チーバくん仕様)

新コロナウィルスの影響が拡大し、今一番困るなぁと思うのはデイサービスにその影響が及ぶことです。

母親がお世話になっているのですが、事前連絡で最悪の場合サービスの休止もあり得るとの連絡をもらっています。

そうなった場合、それは仕方が無い事なんですが、いざ、そうなったらやっぱ困るなぁ・・・。

ウィルスのこれ以上の拡大は、何とか踏みとどまって欲しいモノです。

ところでこのウィルス、2019-nCoVって名前が付いたと思ったんですが、あれは暫定的な名前だったんですね。

SARS-CoV-2が正式名称なのかな?



さて、本日、地域猫のお世話を終えた頃に「しらはま丸」が出港していきました。
_dsc0108

あれ?ついこの間点検の為にドック入りしたばかりじゃなかったっけ?

記事一覧を振り返ってみると2019年11月に書いていました。

点検の間隔ってこんなに短いの?

それとも何か事故った?とHPを見ると機関点検となっていました。

エンジンの不調なのかな?

何にしてもこれで万全でしょうから安心ですね。

最近はウィルスの影響でクルーズ船の寄港はすべてキャンセルとなっていたので、船舶マップもチェックしていませんでした。

しらはま丸が来ていたことも全く知りませんでしたよ(^^;)


富士山バックで。
_dsc0112

ボン・ヴォヤージュ!!!


2020年3月 2日 (月)

今日の星空 (月齢7.8の月)

買い出しから2日経ちましたが、未だトイレットペーパーは手に入りません。

在庫は十分との説明がありますが、店頭では入荷の目途が立たないという。

どうなってんのかな?

我が家のトイレットペーパー在庫が尽きるまで、今使用分を除いてあと1ロール・・・。




雲間から月が見えていました。

光軸の確認を終えた「PICO-6」と、買ってからほとんど使っていない「NEX-5T」の組み合わせでお気楽撮影してみました。
24500302_lapl4_ap20

モニターの拡大画面で見ていたよりも写りはパッとしなかった。

なんかボヤけた感じ。

電子先膜シャッター使い忘れた?と設定を確認してみたけどちゃんと設定されていた。

シャッターショックではないみたい。

REGISTAXのウェーブレット処理を強めに掛けたらノイジーになっちゃいましたが、まぁ良しとします。

お気楽撮影ですから(^^;)


2020年2月13日 (木)

物欲 (NEX-5Tをヤフオクで・・・)

今日は季節が狂ったような暖かいというより暑い一日となりました。

でもその始まりは雨。

地域猫のお世話をしているうちに、天気が急速に回復していきました。
_dsc4360
虹も出ましたよ。




さて、本題です。

買っちゃいました(^^;)
Dscn8229

Dscn8230

カメラを買うのは2年半ぶりぐらいでしょうか?

前回書いたようにNEX-5シリーズ最後のTモデルも、気軽に手を出せる価格帯になってきました。

マウント上部に何かに擦れたような傷跡があります。

今回部品取り機に格下げとなったNEX-5Nは、三脚に固定したまま担いで移動中、締め込みが甘かったのか落下事故を起こして同じ箇所に傷を作りました。

その傷は凹みを伴ったモノですが、これはそういった感じのキズではないです。


とにかく、届いてすぐに動作確認をし、説明通りに問題が無いことを確認して受け取り連絡を済ませました。


5Nと5Tは、基本的なところは大きな違いはありません。

ボタン配置や機能の割り当てが変わっているので、それは慣れるしかありませんね。


違いの中で気に入っているところは・・・。
Dscn8233
この電子水準器です。

これ、有ると非常に便利ですよね。

一眼レフだと、かなり前から大体の機種が標準装備ですが、ミラーレスの5Nには無かったのでソコソコ不便でした。


それと液晶モニタのチルトの角度。
Dscn8232
180度開くんです。

別に自撮りはしませんが、カメラを真上に向けた時にモニターの確認姿勢がかなり自由になりますね。


あとはアプリとしてスマートリモコンが追加でき、スマホからのコントロールが出来るんですが、これは期待外れでした。

バルブが無かったんです。

将来的に星撮り機になった時に活かせる機能なのかな?って思っていたんですが・・・。

でも、庭でバードフィーダーに集まる鳥をカーテンを閉めたままスマホを見ながら撮影できそうなので、一度試してみたいなぁと思っています。

しばらく弄り回して遊んでやります。

早く操作に慣れたいですね。

より以前の記事一覧

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ