日記・コラム・つぶやき

2019年8月17日 (土)

番外編 (3Dプリンターにて猫用自動給水器を考える)

天文リフレクションズさんで前回ネタがピックアップされました。

正直驚きましたよ。

関連ショップから見たら迷惑な情報ですから、代替品ネタが取り上げられたことにビックリしました。

まぁ、かなりの小道具なのでそんな迷惑なネタじゃないのかな?

このネタ自体はボーグを使っている人なら多くの方が既知の事でしょうから、そこにソニーeマウントが加わったぐらい大したことないか(^^;)



さて、500mlペットボトルを使った自動給水器を考えています。

今までは2リットルペットボトル2本を使って作っていましたが、汚れちゃうと洗浄が結構面倒で・・・。
(因みに縦型/横型両方作りました)


せっかく3Dプリンターユーザーになったのだから、これを使って好きに作ったらいいじゃないかと。

作成可能なサイズがそれほど大きなプリンターではないので500mlぐらいがバランス的にいいのかなと思いましたよ。

そこでペットボトルの蓋の形状について、ちょっとネットを彷徨って調べてみました。


いろんな方がペットボトルを利用するものを作られていたので、すぐに情報が得られました。


まず、第1案。
1_20190817195901

受け皿はΦ110ミリぐらいです。

ペットボトルをねじ込むと水が溜まる部分は3センチ幅のドーナツ状になります。

水深は1センチ。

猫が顔を突っ込むのにこのサイズはどうかなぁ?

作成可能な最大サイズは150mm、そのぐらいまで大きくした方が良いかな?



まぁ、とにかく、これなら汚れたらサッと拭けるし、ペットボトルが汚れたら替えれば済むことだし、今までよりはいろいろカンタン。

転倒防止に重りを仕込んだ方が良いかな?

何か安くていいオモリになるモノをホームセンターか100円ショップで探してから、また、デザインを考えた方が良いかもね。

明日、ホームセンターを徘徊してこようかな?


3Dプリンター、面白いですよ!

お一つ如何?

2019年8月 3日 (土)

番外編 (PC-FANで扇風機を作ろうか?)

暑いですね~。

快晴じゃないのに暑いです。

GPVでは雲が無いみたいだけど、実際の夜空はいつも曇っています。


毎日の地域猫のお世話も汗だくでやっていますよ。

日にもよりますが、今の時期、あそこの場所は風裏になる事の方が多いのです。

猫達も食欲は落ちグッタリモード。

少しでも風が吹いていればまだ我慢できるんですが、全くの無風では・・・。



そこで閃いたのが表題のモバイル扇風機。

使っていないPC-FANはいくつかありますし、今は3Dプリンターもある。

扇風機の筐体は思うが儘に作成できるはずなので、モバイルバッテリーを利用して作ってみようかな?なんて思いましたよ。

猫用ではなく自分用の扇風機ですよ(^^;)

因みに今は扇子を煽りまくって凌いでいます。



PC-FANは12V、モバイルバッテリーは5V、さてどうしましょうかとAmazonを彷徨ってみると・・・おや?4年前に昇圧モジュール(297円)を買っていますよ。

なんに使うつもりだったのかな?

ナノ・トラッカーのモバイル電源化かな?

確かそんなことを考えていた時期があったような・・・結局作らなかったんだから何処かに仕舞い込んでいるって事か。


と、同時に首掛け式の充電式扇風機が安いモノは1,000円もしないことも分かりました。

う~ん、これは微妙だ。

ちょっと何かを買ってしまったら1,000円なんてすぐに突破しちゃうぞ。

USBコネクタとか配線用の材料なんかも買ったような気がしてきた・・・先ずはそれらを探してみて、1,000円を予算上限として考えてみますか。

DCモーターのスピードコントローラー(400円)なんてのも買ったまま使っていないやつがある。

風量の調節まで出来ちゃうかも?


暫くはこのネタで遊べそうですよ、へへへ!

2019年7月 8日 (月)

番外編 (再びアングルファインダーの活用について考えてみる)

このネタ、以前に一度検討してみたことがあります。

風が強い日等、車の影に三脚を低くしてポタ赤を設置したい時があるんですよね。

そんな時にネックとなるのが極軸望遠鏡を覗けなく、いや、覗き難くなる事。

ジャンク品300円で手に入れた古いニコンのアングルファインダーを活用してみようかと検討したんです。

その時は検討し始めて、正立像ではない事や等倍以下で小さく見えてしまう事が分かり、やる気をなくしました。


天候不順で何もやることが無い今、また考えてみようかなって思い立ったんですよ。

以前手に入れたアングルファインダーをとりあえずテストで使ってみようかな?って探してみましたが、どこに仕舞ったのか・・・探してみましたが見つかりません。

それなら2倍に拡大できるアングルファインダーを手に入れようかとAmazonやヤフオクを彷徨ってみましたよ。

Amazonだとパチモンが新品で3,600円送料込みぐらい、ヤフオクだとミノルタの古いのが900円+送料1,400円、同じくヤフオクでミノルタのジャンク品が今のところ500円+送料840円。

いずれも正立像らしい。

パチモンは2.5倍に拡大できるみたい。

ジャンクを除けば送料込みだと1,300円の差かぁ・・・2.5倍って極望のスケール全部が見えるのかな?

KYOEIさんには2.5倍に拡大できるアングルファインダーの取り扱いがあるから大丈夫っぽいね。

どれにしようかなぁ?

ジャンクは2倍のレンズに曇りがあるらしい、それをメンテナンスする楽しみもあるなぁ・・・。


ところで、取付は3Dプリンターもあるし、全く心配していません。

どうにでも出来るでしょ。


今回は画像もなしのボヤキネタです。

なのでカテゴリーも「日記・コラム・つぶやき」にしておきました。


このネタ、結構やってみようという気になっていますよ。

というのも、スカイメモSの極望って少し覗き方が変わっただけでスケール上の北極星の位置が変わっちゃうでしょ?

高さを変えられる椅子に座って見上げる格好でセッティングしていますが、それが気になるんですよね。

もっと安定した覗き方が出来ないものかってね。

上から見下ろした方が絶対安定するだろうなぁって思う訳です。

なので、今回こそやってみようと思っています。

どうせ秋が過ぎるまで、まともに星空なんて拝めないでしょうから、時間はたっぷりあるはず・・・。

2019年3月29日 (金)

番外編 (この本いいよ!)

先日、朝の情報番組を見ていたら、ある街で「食べ歩き」の問題が起きているとの話題を取り上げていました。

その中の食べ歩きって意味が違っていて、歩き食いなんです。

おいおい、それは食べ歩きじゃないだろって思っていたら、コメンテーターもそれは食べ歩きじゃないって言ってましたね。

テレビ局がそもそもの意味を取り違えて平気で放映するっておかしいですよね。

日本人も変わりましたね。

歩き食いなんてはしたないことを観光地ならやるんでしょうか?旅の恥は掻き捨てってヤツ?

電話もそうだけど、どこでも電話で話しているヤツ、何アレ、個人情報は駄々洩れだし、第一あんたのプライベートなんてこっちは聞きたくないよ!

何でも便利になるのは悪くないけれど、最低限のマナーってあるでしょうに!!!





ミニ旋盤のバイブルが手元に来ましたよ。
Dscn7145

右の本がプレミアムがついている本です。

左は自分にとって旋盤の教本です。

左は今でも販売しています。

右はもう手に入りません。


右の本にはこれに続く応用編があります。

だけど、旋盤をこれから始めるっていう場合、左の本だけがあれば十分に知識が得られます。


内容的には似ているけれど、どちらも読んでみるとそれぞれに参考になることが多く記載されています。

右の本はまだ読み始めたばかりだけど、なるほど、バイブルと呼ばれるだけのことはあるなぁと思いましたよ。

是非、応用編も読んでみたい!


図書館でいろんな入門書を読みましたが、それらはホントに簡単な事だけで参考になることは殆どありませんでした。

対して、これらの本は準備から実際の作業まで本当に役立ちます。



これから旋盤に手を出してみようかな?って考えている方にはぜひ一度読んでいただきたいなぁと思ったので紹介させていただきました。

まぁ、自分が使っているのはおもちゃの旋盤ですけどね。

だけどこの本に出会わなかったら、そんなおもちゃの旋盤でさえ全く使いこなせずにいたでしょうね、それだけは間違いありません。

2019年3月27日 (水)

今日の港 (クルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」(Pacific Venus)とオマケ)

先日冒頭で触れた中古の回転ステージ、売れちゃいました(^^;)

売れちゃえば諦めがつくので、売れて欲しいと実は願っていたのです。

あぁ~スッキリした。



さて、今日入港したクルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」はタイミングが合わなかったので、接岸している後ろ姿しか撮れませんでした。

その1枚しかないのでオマケに猫の写真も・・・まぁ、賑やかしです。


「ぱしふぃっくびいなす」の後ろ姿。
_igp6548

何ていうかな?あまりクルーズ客船らしくないと思うんですよね。

なんとなくフェリーみたいだと、常々思っています。




お世話をしている野良猫3兄弟。

唯一TNR済みの白黒。
20190311_105448

ベタ慣れのこげ茶。
20190311_105459

親猫とそっくりな性格の黒白。
20190311_105424

この子は他の子と違って近くには来ません。

少し距離を取るのです。

この3枚、スマホで同じように撮っていますので距離感が分かるでしょうか。

今は他所の猫と喧嘩をしたようで両足をかじられており、痛そうにしています。

そろそろ3兄弟での暮らしにもピリオドが訪れますかね。

夏ぐらいまで続くかな?春が過ぎたら終わりかな?


怪我中の猫を除いた2匹で遊んでいる所のGIFです。
20190327_171851_001_1

それぞれに個性があって面白いですよ。

2019年3月21日 (木)

番外編 (ココログ新エディタでのコピペについて ついでに、壊れたジンバル雲台の修理について考える 修正編3)

ココログ、マイページから参加カテゴリの新着状況が表示されなくなって不便ですね。

これって一時的なモノですか?

3/4のお知らせメールでは、「ココログtopのカテゴリー別新着記事の終了」であってマイページではないはずなんですが・・・。
※ブログ広場は終了しましたとのお知らせがありました。新サービスで似たような機能が追加されない限りココログ内でのカテゴリでブログを流し読みするみたいなことは不可能みたいです。なんだか魅力ないですね。同じ趣味の方のブログを見るのって楽しいのに・・・。

そのトップ画面で新着をパラパラ見ていると、記事内容にコピペが出来ないといった内容が散見できます。
※ココログトップから新着すら無くなっちゃいました。日付の並びがおかしかったから消しちゃったのかな?なんだか随分お粗末な移行ですね。もうちょっと煮詰めてから移行できなかったのかな?

これについてはもう気付いておられるかもしれませんが出来ますよ。

新しい記事投稿画面は・・・。
・通常エディタ
・リッチテキスト
の2モードがあります。

通常エディタでは今まで通りコピペが出来ます。

リッチテキストではマウスのショートカットに別の機能が割り当てられているのでキーボードのショートカットを使います。

これはブラウザなどによって割り当てられる機能が違うかもしれませんが、基本的なコピペは出来るはずです。

確認するには通常エディタ上でマウスを右クリックして表示されるショートカットメニューを見ればわかります。

コピーは「Ctrl+C」、ペーストは「Ctrl+V」がWindowsでは割り当てられているはずです。

ブラウザによっては「プレーンテキストとして貼り付ける Ctrl+shift+V」が出来ますので、書式の影響のないテキストがペーストできます。

自分は「Google Chorome」を使っていますが、他のブラウザではどうなるのか分かりませんので、もしかしたら出来ない方もいるのかも・・・でもコピー&ペーストは基本的な機能のはずなので、たぶんどなたでも使えると思いますよ。





さて、これまでに壊れたジンバル雲台の修正案を考えてきましたが、パン軸のストッパーを再び考え直してみました。

ストッパーネジの前に小さな部品を入れそれを押す方式です。

全体像。
4_1

まず、基台に半月型のパーツを組みます。
2
それをアーム部に入れ、ストッパーネジ穴から小さなパーツを入れます。
3

これをΦ2.6mmネジで半月上のパーツに固定します。

ストッパーネジ穴からベッセルの精密ドライバーP.00-75などのドライバーを使えば固定できます。

これでフレーミングがズレずに上手く固定できると思うんだけどなぁ・・・。

さて、上手くいきますでしょうか(^^;)

2019年2月24日 (日)

番外編 (温水便座の交換)

ネタが無いのも困ったもので・・・ついにこんなネタを上げちゃいました(^^;)

去年から我が家の家電は次々に限界を迎えているような気配を見せています。

エアコンに続いて温水便座が故障です。

エアコンも困りますが、これもまたクリティカルヒットですよ。

下品な話ですが、これがないと綺麗になった気がしない!


木曜の夜に壊れたみたいで、金曜の朝、用を足そうと便座に座ったら・・・「ウヒャ~ッ!」って声を上げちゃいましたよ。

台風被害による停電以来の事件です。

「なんで?」と思って確かめてみると・・・コンセントが抜けてんじゃんorz

「お袋~、何てことしてくれてんだ!」とコンセントを刺し直すと”ガー・ガー”という異音。

「なるほど、壊れたんだな」と納得しました。

しかし、よく持ちましたよ。

いつ買ったのかも、もう分りません。

おそらく20年前後は使っていたんじゃないでしょうか?

なんせ、ナショナルブランドですよ。

前回、停電にてリモコンでのリセット作業に苦労した時にも、リモコンをヤフオクで探してみましたが型番では見つかりませんでした。

もう誰も使っていないんじゃないですかね?


トイレのリフォームという選択肢もありますが、そうなると、エアコンを買う以上の覚悟が要りますし、納期もかかります。

ここはサクッと便座の交換で済ませました(^^;)

元が古い機種なので、機能的には・温水シャワー・温便座・脱臭・乾燥の機能しかありませんでした。

温水シャワーも前後(ムーブ)もないシンプルなものです。

・脱臭・乾燥は使っていなかったので、最低限の機能で脱臭もあったらいいなぐらいの気持ちで金曜日の空き時間に機種を探っていましたよ。


そこで絞った機種がパナソニックと東芝の普及型機種。

Amazonレビューも参考にしながら、帰宅時に買うつもりで近所の量販店に行きました。

こういう買い物は、通販で届くのを待っている訳には行きませんよ。

帰宅してから夜のDIY工事は、何かあっても頼るところの選択肢が無いのでやる気にはなりませんが、翌土曜日の午前中にはやってしまいたいとの目論見です。

機種としてはパナソニックも東芝も置いてありました。

どちらも絞った機種の中で下位機種のみ、他は高機能機種しかなかったので、パナソニックの脱臭は諦めて2社の便座をじっくりと見ましたよ。

結局、パナソニックの「DL-EMX10-CP」に決めて持ち帰りましたよ。
101
便座の形状が決め手です。

東芝は平坦な便座で座り心地が悪そうに見えたのです。

それと、一年を過ぎた頃に流量ポンプの故障が多いというレビューも気になりました。


さて、交換作業ですが・・・施工説明書通りに進めて行けば何ら問題はありません。

説明書をよく見ながらやってみましたが40~50分で問題なく完了しました。

事前によく頭に入れて作業に臨めば20~30分ぐらいで出来る内容だと思います。


昨日今日と使用しましたが、前機種との違和感もなく満足しました。

出先でいろんなメーカーの洗浄便座を使うことがありますが、自分にはパナソニックのあの水流が合っているのです。

慣れているからなのかな?他メーカーの細すぎる水流はただ痛いだけで不快なんですよね。

パナソニックの水流は太目だけど広がらず、絶妙の水圧なんですよ。

慣れの問題の方が大きいかもしれないですけど。

後は耐久性だな、これは中国製なんですよね。

10年は持って欲しいな。


最後にレビューで見かける悪い評価のフォローと交換の事前確認について触れておきます。

悪い評価の着座検知機能ですが、パナソニックのこの便座は赤外感知ではありません。

本体のヒンジ部のどこかに圧力感知のスイッチがあるみたいです。

施工時の動作テストの説明には、左側奥を上から押すと検知ランプが付くとありました。

そして便座の前足が、確実に検知するためにわざと左右で高さを変えてあります。
103

これにより、人によっては座るときに違和感を感じるようです。

今まで使っていた古い機種は、前足の右側に感圧スイッチが付いていて少し浮いていたために自分には違和感はありませんでした。

気になる人は座り直したりしてグラつくって感じるみたいですが、この仕組みを理解していないようです。

一度座ってしまえばグラつくことは皆無で、その形状の良さからとても座り心地が良いと自分は感じます。

これは想像ですが、赤外感知での誤動作を避ける為なんじゃないでしょうか?


次は施工にあたっての確認事項。

交換時に必要なパーツはすべて揃っています。

ただ、当然ですが前提条件があります。
102
給水管の長さが合わない場合は別のパーツが必要になりますのでご注意を。

このフレキシブルパイプですが中を流れる流水音が少し大きいです。

他メーカーも同じようなフレキシブルパイプを使うようですのでそこに差は生じないと思うのですが、今までの配管が金属管を絶妙なカーブで繋いでくれていたため流水音は低かったんですよね。

そこだけが気になりました。

こういうところが気になる方は、業者さんに別の配管をお願いすれば綺麗にやってくれると思いますよ。

2019年1月25日 (金)

番外編 (今年もバードフィーダーを出しました)

今年に入ってから急に寒くなりましたよね。

この寒さに昨年遅くに産まれた猫達の一部は対応できなかったようです。

春先に産まれた子たちは、親猫がシッカリ育て冬を乗り越えるだけの体力を身に着けたようですが、夏を過ぎてから生まれた子たちは体も大きくならず風邪が流行ったこともあってか、今月に入ってから相次いで3匹の行方が分からなくなりました。

おそらくは・・・。






本題です。

正月中にバードフィーダーを設置しました。

今年は少し修正を施しましたよ。

ヒヨドリ対策です。

ヒヨドリの大きさも個体差があって、体の小さい子には食べてもらっても構わないのですが、大きいヒヨドリはなるべく食べられないようにしたいと思っていました。

食べる量がハンパ無いんですよ。

食べ難くする為の修正です。


従来のバードフィーダーはこんな感じでした。

楽な態勢で食べられないように・・・。
_dsc3249

カップを支えるアルミの針金を短くしました。
_dsc3249_2

赤矢印が今までの長さ、今年は黄矢印のところまで短くし、パイプに簡単に停まれないようにしてみましたよ。

スズメやシジュウカラ・メジロが食べるには全く支障が無く、小さいヒヨドリにも問題が出ないように暫定的な長さです。


ですが、敵も慣れたもの・・・。
_dsc3241

あっという間に対応してきました。

まぁ、食べ難さは確実にあるみたいで長居はせずに飛び去ります。

もう少し様子をみて長さを調整し直すつもりです。

2019年1月12日 (土)

車の事 (パンク修理キットでパンクの修理をしてみた)

少し前、ニュースになっていた前〇社長による100万円のお年玉。

自分は天邪鬼だから、「何でこんなことするんだろう?気持ち悪っ!」って思っていたんですよ。

更に「当たったとして気持ちよく100万円もらえるのか?俺なら嫌だな・・・。」って。(当然、応募はしていません)

どこかの企業のコンテストとかでの話ならまた別の考えにもなるんですが、一個人のお年玉なんでしょ?

細かいところまではニュースでは分かりませんでしたが、使い方の審査があったみたいで、意味もなく100万円をプレゼントって事じゃなかったようですが、その事後のニュースが流れるまでホントに気持ち悪いと思っていましたよ。

ラジオの深夜放送を聞いていたら、爆笑問題の太田さんが自分と似た考えだったみたいで、「そうだよな、そう考える人は絶対いるよな」と共感出来ました。

ホントに感覚がちょっと変だと思いますよ。

そういう人だから成功したのかな?




さて、前回ブログの冒頭で書いたことですけど、パンクの修理をしてみました。

今回買ったのは・・・LouisSonderの「パンク修理キット」です。

Amazonとかで売っているヤツ。

今までは車のアクセサリーとかを扱っている会社のゴム製のパッチを埋め込むタイプを使っていました。(これのスペアもついでに買いました)

今回のモノはそれとは違って、ゴムを巻いた釘状の金属棒を打ち込むというモノ。

接着剤とかは不要です。

セット内容も・・・。
_dsc3355

これだけ。

12本入りで1,500円ぐらい、接着剤とかも無いので保管にも気を使わなくてもいいし、コスパは良いと思います。

簡単に言えば、刺さったものを釘抜兼金槌で抜いて、代わりに付属の駒を打ち込んで終わり。

あとは空気を補充すればOKです。

簡単でしょ?


では、実際の作業です。

まず、パンクの個所を特定します。
_dsc3352

トレッド面を確認し刺さっているモノが見つかったら、ホントにそこから空気が漏れているのかを確認します。

なんでもいいので洗剤を混ぜた液体をかけてみるのが分かりやすいと思います。
_dsc3357

このように空気漏れがあれば泡が立ちますので一目瞭然。

このビスがパンクの原因だと特定できました。

では、このビスを抜きます。
(その前に、不慣れな人はマーキングしておくといいでしょう、テープを貼っておくとかチョークで印をつけるとか・・・)
_dsc3360

抜いたモノの替りに駒を差し込みます。

抜いたモノの角度に合わせて軽く打ち込みます。
_dsc3364

無理なく入るようでしたら、目一杯、駒を打ち込みます。
_dsc3366

これ以上入りませんでした。

Amazonの説明にも3~5mmぐらい頭が残るとありましたので、これで作業は終了です。

念のために空気漏れがないか、洗剤を掛けて再確認します。
_dsc3370

大丈夫ですね。

これが刺さっていたビスです。
_dsc3369


空気を規定値まで入れ少し走行すると、残っていた駒の頭はこうなります。
_dsc3372

その内にどこがパンク箇所だったのか分からなくなるでしょう。



これ、今までの他の製品よりも作業が楽です。

タイヤを外す必要もありません。

結構、優れモノだと思いますよ。

2018年12月11日 (火)

番外編 (サイバーマンデー)

急に寒くなるのきついですねー。

だけどまた暖かくなるって言ってますね。

20度を超えるんだとか。

安定してほしいなぁ、でないといい夜空にはならないんじゃないかなぁ。


今日のネタは、先日のサイバーマンデーにてゲットしたモノです。
20181211_121505

欲しいものリストに入れてあったものでサイバーマンデーの対象になったモノはありませんでしたよ。

改めて何かないかなーって探して上のモノを購入しました。

①はカメラのバッテリーの替りにモバイルバッテリーから給電出来るDCカプラ。(欲しいものリストに入れてあった)

②は1ポート3.1A出力が可能な20,000mAhのモバイルバッテリー。

③はレンズヒーター。


①はどうしても欲しくてセール対象ではなかったけどカートに。
②はいろいろなバッテリーの中から安くて高Aが出力可能なコレを5%値引きクーポンを使用してカートへ。
③はセール対象品の中から見つけたモノで一緒に買っとくか、と、勢いでカートへ。
って感じで選びましたよ。

カメラのバッテリーをそろそろ新調しなきゃならないかなって思っていたんですが、それは、天体撮影時に特に感じることなので、いっそのことDCカプラなら長時間撮影にはもってこいじゃんって訳。

USB端子が1本のモノと2本のモノが200円違いでありました。

ソニーの新しい機種は2本のモノでないと安定しないらしいので、現状では自分には関係ないけど、将来的にα7とか買った時の為にと2本の方を選びました。

レンズヒーターは自作品しか持っていないので、この際、ちゃんとしたヤツも持っておくかと温度調整なしの方を買いました。

モバイルバッテリーからカメラに給電していても1ポート開いているので、もしもの時はそのポートにレンズヒーターを割り当てればOK。

このモバイルバッテリーは、2ポート合計3.4A出力が可能で余裕があります。


DCカプラでカメラがちゃんと起動するかテストしてみましたよ。

バッテリーの替りにカプラを入れて・・・。
20181211_121750

ケーブル用のノッチを開きます。
20181211_121816

ちょっとケーブルが硬いですね。

寒い時にこの硬さがネックにならないといいのですが・・・。

電源ON!
20181211_122025

うん、問題ありません。

モバイルバッテリーが届いた状態で半分くらいの充電残量があるようでしたが、その状態で93%と表示されています。

冷えた夜間にタイムラプスとかしても多分大丈夫なんじゃないかなぁ。

レンズヒーターが10,000mAhで6~10時間イケるみたいだし、カメラはよくわからないけど新品のバッテリー1つで1,020mAhなので、一晩に2つのバッテリーが必要だとしても合わせて12,000mAhぐらいとすれば、公称値の20,000mAhの容量は無いとしても大丈夫だと踏んでいます。

一応、断熱できる袋ぐらいは持っていた方が良いかな?

さて、後は良い夜空になるのを待つだけです、へへへ・・・。

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ