日記・コラム・つぶやき

2020年11月25日 (水)

今日の星空 (月齢10.1の月)

Arduino関連の入門書ですが、期待していた本屋さんにはAmazonで扱っている本の全てがありました。

図書館で借りられる本と、動画でお勧めされている本。

見比べて相当違うようなら1冊買ってみるかって思っていたんですが、まぁ、大まかに言うとほとんど同じ。

他のも比べてみましたが大差ありません。

ArduinoのMEGAについては載っていませんでした。

MEGAって新しいのかな?

調べてみるとArduinoにはものすごく種類がありました。

因みにMEGAは2009年の発売、何だ新しくないじゃん、UNOとかが一般的なのかな?ほとんどそれを前提に書かれていました。

入門で使う機能はどれでも変わらないって事なんだろうな。

結局、教本として1冊買うのはやめました。

図書館で借りればいいや。

それよりもその先、応用とかそういった方面で欲しくなった時に、別の本を探そうと思いましたよ。



さて、今日の日没後、月が綺麗に見えました。

VMC95Lを取り出してサクッと撮影しました。
_dsc1724
JPEGで1枚モノです。

モニターで拡大してのピント合わせ時、ユラユラしていなかったので苦も無く追い込めました。

細かくユラユラではなく、大きくうねる感じだったのですよ。

一応、動画でも撮影しましたが、Registaxが相変わらず下手で、勘所が掴めません。
1125moon_pipp
不自然になっちゃうんですよー。

あまり使わないっていうのもあるけど、いつまで経ってもよく分かりません。

2020年11月21日 (土)

電子工作室 (Arduinoのケース作成を断念、心折られるorz...)

今朝、5時からこの作業をやっていました。

まぁ、こちらはプリント指示をするだけですけど。

2度の失敗に心を折られました。

2度とも磁石で固定されているビルドシートごとズレてしまうという現象。
Dscn8958
右が1度目、左は2度目。

1度目は、焦げているところが盛り上がっていて、そこにノズルが引っ掛かったのかな?と想像しました。

おそらくその層の始めの位置で、パラメーターとしては”Zシーム合わせ”という項目で”最短”がデフォルトだったのでそのままにしてありました。

ここに熱が集中してしまうようなので、このパラメーターを”ランダム”に変えて2度目の印刷に臨みましたよ。

2度目ではその点は改善されたようですが、今度は焦げがランダムに発生しコブとなっていました。

おそらくこれに引っ掛かったのか?

ズレる際の動きとか、注意深く観察して改善すればいいのでしょうが、その気にはなれません。

もう心が折れちゃったもんね。

透明でなくてもいいよ。

本家のケースみたいに、Arduinoの下側だけをカバーする台のような構造にすれば、透明である必要は無いしね。

透明にしたくなったらAmazonで買います(^^;)


機会があればまたチャレンジしてみようかと思いますが、今はお腹いっぱいです。

2020年11月20日 (金)

電子工作室 (Arduinoのケースを考えてみる)

何ということでしょう、Arduinoの教本を探して何軒か本屋さんを回ったのですが、1冊も見つけられませんでした。

市役所の近くの本屋さんへ行かないと無いのかなぁ?

あそこは繁華街で駐車場が無いので有料駐車場を使わないといけない。

駐車場に入れて、本屋さんに行ったら目当ての本が無かった・・・となったら最悪。

地元の区では一番大きかった本屋さんが店を閉めちゃったんですよね。

で、今一番本が多いと言われる書店に行ったんですけど、電子工作の本は1冊も無かったんですよ。

家の近くの商業施設内の本屋さんには、トランジスタ技術が1冊のみありましたが、それだけなんですよ。

あぁビックリ。

ニッチな世界へ入り込んじゃったんだなぁ・・・天文ガイド&星ナビはどこでも置いてあって数冊本棚にあるのにね。

天文関連よりも更にニッチ。


とりあえず、隣り街だけど、繁華街に本店がある本屋さんの支店(郊外にあり駐車場有)に行ってみますか。

そこは専門書が多くて、座ってじっくり読めるお店だから期待が持てます。

Amazonで見るといくつか種類があるので自分に合う本を見比べて決めたいんですよね。

レビューは参考にはなるけれど決め手にはなりませんから、自分の目で確認したいんだよね。




さて、これまでにクリアーフィラメントで透明に出来そうな感触は掴めました。

そこでArduinoのケースを試作してみようとFUSION360 で書いてみましたよ。
Arduino_casev5
上下で挟む感じ。

折れちゃいそうなところがありますが、試作ですから・・・。

Arduinoの本家に付属しているケースは、下面だけになっていますね。

その方が良いのかな?

ま、作ってみて様子をみましょ。



ここ数日、暑いぐらいの気候になっていますが、間違いなく冬はすぐそこに。

一番小さな茶虎は・・・スクスク大きくなっています。
Red_tabby_cat_20201120232201
クシャミもしなくなりました。

涙目も治りつつあるようです。

何より春先に産まれたと思われるハチワレと遜色ないぐらいに大きくなってきましたよ。

これなら冬は越せるかな?

2020年11月18日 (水)

番外編 (クリアーなABSフィラメントでホントにクリアになるのか?)

今日は天頂方向をISSが通過する予定でした。

再活用を図った”Nano.tracker”をセットし極軸を合わせてスタンバってみましたよ。

でもね、ほぼ全面に雲が湧いては消えを繰り返すんですよ。

タイミングが良ければ撮れるし、そうでなかったら没。

個人の運が試される時。



持ってねぇ~(^^;)

雲っちゃいましたorz...

一応撮ったので比較明合成してみましたよ。
Iss_comp
右下あたりから少しだけなんですが見えています。

比較明合成だと雲の明るさに負けちゃって埋もれちゃうんですね。

こっちは雲間のISS。
Iss
ボツにしようと思ったけどオマケで載せちゃいました。





本題です。

先日、ネットを彷徨っていたら表題の情報を見掛けたんですよ。

そこではレンズとか作った例が載っていました。

な~に~!そんなことが出来るの?って喰いついちゃいましたよ。

気になった人は「クリアーフィラメント 透明に出来る」で検索、トップのサイトを見てください。


「フィラメントはどのメーカーでも出来るはず」っていうことなので、自分のプリンターで安定出力できている”Pxmalion”の透明色を買っちゃいましたよ。

外国の方がパラメーターの設定を載せてくれているのでチャレンジしてみましたよ。

大物を印刷して失敗するのはショックが大きいので、以前に黒のABSで作ったリモコンの電池蓋を透明にしてみます。


一度目は失敗しました(^^;)

ラフトを使ったらラフトから剥がれなかったんです。

で、いつものビルドシートを使わず、3Mのプラットフォームシートを使い直に印刷してみました。

コレです。
Clear_abs_1
いつものビルドシートの裏に3Mのシートを貼りました。

アップ。
Clear_abs_2
ちょっと焦げ目が・・・。

でも、パラメーターを詰めていけば出来そうじゃないですか?

透明にするにはペーパー掛けをするみたいなんですが、フィラメントメーカーがサンプルに撮った写真とは全然違って、そのままでも透明に近く出来上がりました。

因みにメーカーさんのサンプル写真はこういう感じ。
51iwltampl_sl1000_
各層に気泡?か積層跡に光が乱反射して透明ではなく白になっています。

ね、パラメーターの設定で全然違う!


ペーパー掛けはせずに電池蓋をセットしてみましたよ。
Clear_abs_3

直に印刷しているのでシートへの接着の為に、1層目から何層かが溶けて肥大していますから修正は必須です。

剥がれが起きないのなら、その辺りのパラメーターを探って最適解に当たれば更に良くなるはず。

あと、印刷温度は245度(このフィラメントメーカーのお勧め範囲の最大値)にしたんですが、もうちょっと下げてもよさそう。


レンズを作る気はありませんが、Arduino用の透明なケースを作りたいので、もう少しパラメーターを探ってみようと思います。

2020年11月16日 (月)

番外編 (ドッキング前のISS)

どうも自分の感覚は天気予報の表現とはかけ離れているみたいです。

昼のニュースの天気予報のコーナー、今の空の状況を写しながら「スッキリと晴れたいい天気になっています」と言ったんですよ。

その映像を見ておもわず「薄雲が掛かってスッキリしてねーじゃん」ってテレビに対して突っ込んじゃいました(^^;)

スッキリ晴れるって気象予報の世界ではどういう基準なんですかね。

てっきり雲の無い青空が広がっていることを言うんだと思っていましたよ。

写真を撮る人の基準が高すぎるんですかねー。

自分、ズレてる?って考えさせられました。



クルードラゴンの打ち上げに成功したとのニュースがありましたね。

今日はISSが久し振りに夕方通過するタイミングです。

低空で条件も良くないみたいです。

明日の方が条件が良くなるみたいですが、天気が相手なんで明日撮れるとも限りません。

上手くいったらドッキング前と後でまとめてネタにしようと思ったんですが、カメラレンズで撮ったって航跡が写るだけですから、どっちも同じように写るだけで違いはありません。

明日も低空だから望遠鏡で狙ったって期待は出来ないですよね。

そんなことを考えながら、近所の海岸へ寄り道してみましたよ。


霞んだ空で低空には星も何も見えません。

アプリを頼りにこの辺かな?と100mmレンズを向けて見ましたよ。

ISS見えるかな?と思いながらアプリを見てみると航跡が見え始める16秒前。

目を凝らして待ちます。

あれ?アプリの5秒前のカウントが始まらない?ISSも全く見えない!

焦りながらとりあえずシャッターを切ってみたら・・・。
_dsc1659
写っていましたよ!

ケーブルレリーズを付けてシャッター押しっ放しにする予定でしたが、思惑と違って焦ったのでコレ1枚きりです。


いつも天体写真カテゴリーとしてアップするんですけど、今日はそんな訳で番外編としてお送りしました(^^;)


2020年11月13日 (金)

物欲 (電子工作始めます とオマケ)

またまた買っちゃいました(^^;)

小物ばかりで恐縮ですが、自分にとっては大きな第一歩にあたる買い物です。

昔からやってみたかったけど、ハードルが高そうだなと思っていて優先順位が低かったこの分野。

最近、ブログでお目にかかるnekomeshiさんやi*matさんをはじめ、天リフで拝見する数々の工作ブログに触発されて決心しました。

電子工作を始めてみようと!!!


これってさぁ、習得出来たら楽しい老後を更に楽しく出来そうじゃない?

頭を使うことや、細かい作業が辛くなってきているこの歳で始める事じゃないかも知れないんだけどね。


と言っても、何から始めていいのかサッパリ分かりません。

ネットを彷徨ったら、主流としては”Raspberry Pi”と”Arduino”というマイコンを使うのがポピュラーみたい。

前者はLinuxを使ったマイコンというよりは小さなパソコンを使う高機能な、どちらかと言えば入門とは言えない感じだし、後者に比べて高額です。

後者はどのサイトでもこちらから始める方が挫折しませんよ的なお勧めのマイコンで、スターターキットを買えば即始められるみたいです。


で、Amazon内で物色してArduinoのどれが良いのかなぁ?って候補選びに掛かりました。

当然、何も分かりません。

金額的に2,000円前後~6,000円前後のキットがありました。

2000円前後のは同梱品(ステッピングモーターとかLCDとかの周辺機器)の違いで並品(2,000円~)と特上(~4,000円)に分かれている感じ。

6000円前後のも同じです。

価格帯の違いはArduinoの性能差(パソコンで言うCPUorCHIPSETみたいな事か?)の違いのようです。


思っていたよりも安価だったので、どうせなら性能が上のヤツで並か上かで迷ってみるか、と、欲しいものリストに入れておいたら・・・。

なんと、タイミングよく上の商品が数量限定タイムセールで並よりも安く販売され始めましたよ。

その通知を見て、フラフラ~っと欲しいものリストからカートへと放り込んでいました(^^;)

明日届きます。



こんなのですよ。
(と、書いていたら今発送通知が来ました)
Kit1
ケース付きなのはいいですね。

中身。
Kit2
これで全部かどうか分かりませんが一覧。
Kit3

付属のCDにチュートリアルがあって順序良く習得できるらしいです。

最新の内容はweb上にあるらしいので、CDからではなくダウンロードした方が良いらしいです。

問題は、どう自分のいいように応用できるかですね。

無駄にしないよう、楽しく学んでいこうと思いますよ♪




オマケです。

ニャンコステレオ写真。

平行法。
Cat1_p

Cat2_p


交差法。
Cat1_x

Cat2_x

臨場感あります?

2020年11月11日 (水)

物欲 (独身の日セールを利用)

始まりました、このセール。

AliExpressでチェックしてあった小物達を一気にゲットです。

願望リスト内全部を買ったわけじゃないですけどね。

総じて2/3ぐらいの値段になるので、リストの中から3種類に絞ってポチポチッとな!

中には半額の物もありましたよ。


買ったモノその1。
Back_sheets_1

この背景にあるシートですよ。

手芸店も見てきたんですが、欲しいモノは見つかりませんでした。

これならいいかも?っていう生地はメートル単位で2,700円と高額でした。

まぁこれでもいいかな?ってのでも1,400円。


AliExpressでチェックしていた背景シートの方が断然良さそうだったんですよ。

で、その中からNo.02とNo.13を買いました。
Back_sheets

サイズは57cm×87cmです。

撮影ボックスでは40cm×80cmが欲しいので、これをカットすればOKですね。

裏表で色違いになっています。

セール利用で1枚500円しないのですが、念のために600円するボール紙の円筒を購入しました。

そのまま送ることも出来るけど、出来たらこの円筒を買ってね(補償付き)的な説明があり、まぁ折れたのが届くよりもいいなと選択したのです。




その2。
Sunshade
いつぞやにゃあさんが紹介していたボーグにも使える?スコープ用のパーツと同じ物だと思うんですが、違っているかもしれません。

半額になっていたので2本買っちゃいました。

まぁ失敗したらそれはそれで変換アダプターを作って使っちゃいますよ(^^;)





その3。
Pictest
このアームが欲しかったんです。

今は旧式のマグネットベースを使っています。

2つ持っていますが、これはそれよりもセッティングが楽でワンアクションで固定が出来るらしいです。

てこ式ダイヤルゲージはついでに買っちゃいました。

セットで約2,000円ですから、安っすい!



デュアルスピードフォーカサーがあれば欲しかったんですが、結構長い間扱われていません。

電動フォーカサーに移行しちゃったのかなぁ?

また、扱いが始まってくれればいいのに・・・。

ほかの願望リストの製品は、欲しい度が高まったら考えますかね。

2020年11月 9日 (月)

番外編 (気になる小物を買ってみた)

最近、バ〇セルって買い取り屋さんのCMで「逆に」ってフレーズを使っています。

このCM、多分全国向けでしょ?

ローカルってことはないよね。

で、このフレーズが自分には引っ掛かるんですよ。

というのは、昔の知人にコレを連発する人が二人いるんです。

同じ部署の人で、二人が話し始めると、知人A「逆に~」、知人B「いや逆に」、これを繰り返すので聞いていると訳が分からなくなってくる。

「何回ひっくり返すんだよ」って突っ込まれたりすることもしばしば。

こっちは話の中身より「何回言うかな?」って気になっちゃって・・・。

だけどこの口癖は直らないんですよね。

そんなことがあったので、このCMを見るたびに、この二人の事を思いだします(^^;)




さて、表題の件ですが、大物は買えないので小物のネタです。

最近、Amazonで買った小物達。

まず、コレ。
Komono1
用途は見たままのギターを立て掛けておくためのモノです。

普通、店で買うと1個800円ぐらいかな?

スタンド形式のは持っていますが、壁掛けタイプは持っていません。

3Dプリンターで作ってもいいし、なんて思っていたんですが、この価格が衝撃的。

12個で1,299円なんですよ。

1個百円かい!

いや、12個なんて要らないんですけどね(^^;)

でも、全く同じ物と思われるものが4個で1,200円前後なんです。

それなら、いつか何かに使うかもしれないと思って12個を買うでしょ?

まだ、届いていないんですが、早速、車に置きっぱなしのギタレレの為に、ヘッドレストに引っ掛ける為のアダプターの図面を書いています。




その2。
Komono3
撮影ボックスです。

今までは自作の撮影ボックスを使っていましたが、照明を改善したくてLEDのバー(テープ)ライトで調光タイプの物を探していたんです。

これだ!っていうモノは見つからないんですが、大体、2,000~5,000円ぐらいするのかな?

そんな中、これは40cm四方のボックスとセットで2,000円でした。

LEDは70灯(3色10段階調光)が2本付き。

レビューは星1~5までほぼ均等に分かれています。

星3以下の低評価の方が多いんです。

まぁ、自分が欲しいのはLEDのライトですから、ボックスが使えなくても元は取れると踏んだわけですよ。


ここ最近の物撮りはコレを使っています。

つまり問題なく使える訳です。

2,000円って凄くないっすか?

ただ背景シートはチープ感満載です。

背景シートは何とかしたいなぁ。

AliExpressで物色していますが、暇を見て手芸店も徘徊してみようと思っています。




最後。
Komono2

ノートPC用のスピーカーを10年以上ぶりぐらいに更新しました。

今まではUSB接続&給電のスピーカーを使っていたんですが、アンプ無しなので余り音が大きくならないんです。

加えてオンボードのオーディオ機能なので音が貧弱で・・・。

他の用途もあってオーディオインターフェースとかも考えたんですが、欲しいI/O端子のある機種は高くて。

じゃぁ一番安いので評判のいいモノにするかとコレを選びました。

これは3.5mmイヤホンジャック接続で電源はUSB給電。

古くから持っていたACアダプターのイヤホンジャック接続のスピーカーとたいして変わらないかな?とも思ったんですが、あまりに評判がいいので、2,000円でおつりも来るから買っちゃいました。


結果ですが、しょせん貧弱なオーディオ機能ではそのようにしか鳴りません。

低音と高音のバランスは悪いし、その音量を上げてもうるさいだけ。


パソコンは、W600×D350のキャスター付き3段スチールラックに、ノートPCを一番上に、画像処理用のワークステーションを2段目に置いて使っています。

スピーカーの置き場所が無いので2段目のワークステーションの上に置いたら、さらに籠ったような感じの音で超ガッカリ。


そこで、フリーのイコライザーソフトをインストールして調整してみたら・・・いい感じの方向性が見えてきました。

更にスピーカーの置き場所を・・・
Speaker_standv2
こんなスタンドを作ってスチールラックの上面サイドに変えました。

これで、音の定位もハッキリして劇的に音質が良くなりましたよ。

と言ってもそこまでいいモノじゃありませんが、普通に音楽やラジオを聴いたりするには、まぁ満足の出来るレベルです。

イコライザーでは、低音抑え気味に、中音は少し持ち上げて、高音を下げました。

元の音は、低音と高音が強調され過ぎている感じの音でした。

これで、けむけむさんのゲーム動画も迫力が出るぞ!と思っているんですが、もう「PUBG LITE」飽きちゃったみたいですね(^^;)


以上、小物3点の紹介でした。


2020年11月 8日 (日)

今日の港 (クルーズ客船「にっぽん丸」)

先日の「飛鳥Ⅱ」に続いて「にっぽん丸」が寄港しました。
_dsc4593

ついでに港内でステレオ写真の題材を探してみましたよ。

平行法。
_dsc6286_p

_dsc6292_p

_dsc6284_p


交差法。
_dsc6286_x

_dsc6292_x

_dsc6284_x

野鳥をもう少し近くで撮ってみたいけど、ピント合わせがまず無理。

固定ピントで呼び込むしかないかな。

それにしても水鳥たちが少なすぎる・・・。

2020年11月 4日 (水)

今日の港 (久し振りのクルーズ客船「飛鳥Ⅱ」とオマケ)

コロナウィルスの猛威により全ての予定がキャンセルされていた客船の寄港ですが、国内客船のみスケジュールが組まれました。

飛鳥Ⅱの寄港を皮切りに、日本丸・ぱしふぃっくびいなすが年内の寄港を予定しています。

年が変わると、ダイヤモンドプリンセス等一部の外国客船も予定されています。

また、以前のように様々な客船が来れるようになるといいですね。

その頃には安全なワクチンも供給されるようになっているのかな?

そうであれば、オリンピックも出来るかも知れないね。



さて、その飛鳥Ⅱの出港時を撮影しました。

撮影としては失敗しちゃいましたよ。

ソニー純正の標準レンズを使ったんですが暗すぎました。

明るいレンズに替えればよかったなぁ・・・。

かなりノイジーですが祝!寄港再開アゲ。
Asuka2_1

Asuka2_2


オマケはTWIN鏡筒によるニャンコステレオ写真です。

平行法。
Sleeping_cat_p

交差法。
Sleeping_cat_x

ナイスな距離感を模索しようと思います。

より以前の記事一覧

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ