« 番外編 (新 巣箱の様子 その3) | トップページ | 番外編 (新 巣箱の様子 その4) »

2021年5月31日 (月)

番外編 (NEWポラリス赤道儀のマウント改造について)

天リフでそんな話題を見掛けましたので、当時、ホームセンターで手に入った部材で加工したモノをアップしました。

もう外注することに決めたようなので今更ですけど、今ならもうちょっといい部材を使って簡単にDIY加工が出来ると思いますよ。

金属類は部材屋さんでカットしてもらえれば済むと思いますから。

素人加工で一番の難関は金属の切断ですから、そこさえ何とかなれば穴あけなんて何でもないです。

5mm厚のアルミぐらいの切断は金ノコでなんとかなりますけど、10mmとかは心が折れますよ、ホントに。

ホームセンターで材料が揃うようなら、ホームセンターの加工室でカットから穴あけ迄やってしまうのが一番お手軽です。

そこで買った材料の加工は無料で加工室が借りられるところが殆どでしょ。

 

穴空けとタップだけなら、ホームセンターのプライベートブランドの安い電動ドリルがあれば家でも出来ちゃいます。

5mmもあるネジ/ボルトならタップが折れることは殆どありませんから素人加工でも問題ないですよ。

厚い部材に細いネジ/ボルトのタップはちょっとハードルが高いです。

 

久し振りにこの赤道儀を引っ張り出しました。
Np_mount_1

組み付けてある状態からバラしていきます。

 

↑の裏側。
Np_mount_2

元のネジストッパーの凹みにバカ穴を開けてあります。
Np_mount_3

アタッチメント プレートホルダーSXは30mm幅と40mm幅の5mm厚アルミ板を組み合わせて取り付けました。
Np_mount_4

 

40mm幅のアルミ板に30mm幅のアルミ板を履かせてボルトの頭が赤道儀に当たらないようにしてあります。
Np_mount_5

もっと厚みのある板ならプレート取付ボルトの頭は座繰って埋めてしまえばいいですね。

 


Np_mount_6

Np_mount_7

 

バラスとこんな感じです。
Np_mount_8

自分でやるやらないはともかく、イメージが出来れば外注するにもいいだろうと思いましてお節介いたしました。

参考になれば幸いです。

 

※自分の場合ガイド撮影はしませんので、これでも強度的に困ったことはありません。
撓んでしまって困る、なんていうことにも気が付きませんでした(^^;)

« 番外編 (新 巣箱の様子 その3) | トップページ | 番外編 (新 巣箱の様子 その4) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

工作関連」カテゴリの記事

コメント

自作するのも良し、外注して天体経済に貢献するのもまた良し。
天リフさんの場合、後者の事も考えてるだろうし、ほかに時間を使いたいというのあると思うな。
たぶんだけど・・・^^

どちらを選ぶも全くの自由ですからね。
自作だと他の道も開けちゃうから危険といえば危険な道。

あっ、ごめん。
天リフ編集長のことかと思ったら、sanpojinさんという人の話なのね。^^;シツレイシマシタ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (新 巣箱の様子 その3) | トップページ | 番外編 (新 巣箱の様子 その4) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ