« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月31日 (水)

番外編 (バードバスの肝パーツ その1)

バードバスを作り直しています。

7年前に作った時には3Dプリンターは持っていなかったので、2リットルのペットボトルを給水タンクにするために苦心しました。

今は3Dプリンターがありますから、パーツは自由に作り放題ですよ。

肝になるパーツはペットボトルから水を取り出すホースを取り付けるアダプター。
Petad1
適当なパッキンを買ってきて作りました。

ペットボトルをよく見てサイズを決めなかったのでちょっと失敗しましたが・・・。

こんな感じで取り付けました。
Petad2
もうちょっと小さいパッキンにすれば良かったです。

ペットボトルの表面が凸凹なのを忘れていました(^^;)

なるべく平面が多いペットボトルで平面を探して取り付けたんですが、サイズ的に凸凹を避けられませんでしたよ。

なので目論見とは違い多少の水漏れが・・・まぁそこはそれ、シーリングします。
Petad3

使ったのは、数年前に買ったシーリング材ですよ。
Petad4
100円ショップで少量タイプのモノを買うのもいいんですが、大容量でも200円しませんから(190円ぐらいだったと思う)こっちの方がお得。

押し出す機材は別料金、150円ぐらいだったと思います。


この保管には100円ショップで売っている”おゆまる”を使っています。
Petad5
ピッタリな蓋を簡単に作れます。

それでも時が経てばシーリングは固まります。
Petad6
先の部分にこんな感じで塊が出来ますが、簡単に取れますから使うには支障はありませんよ。

これで多分3~4年保管分。

ちなみに100円ショップだと30グラム?で110円だったと思いますが、多分この塊ぐらいの量じゃないのかな?もうちょっと入っているか・・・。


シーリングが固まるのを待って水漏れ試験をします。

問題なければ取り付けて完成です。

今にして思えば、ペットボトルの蓋そのものをビニールパイプ2本が取り付けられるように作ればよかったかな?

※20210401追記
早速パイプを取り付けられるキャップを作りました。
Bird_bath_adaptor2
Bird_bath_adaptor1
既にプリントも済み、水漏れ試験もしました。
パイプの経路にパッキンを入れたら完璧かと思いますが、このままでも使えます。
ただ圧力をかけると水が漏れてくるので、やはりパッキンを入れるべきかな?
シーリングしちゃえばこのまま使えますね。
ペットボトルのネジ規格にはコレというモノはありませんが、調べて記事にされている方がいらっしゃるのでそのサイトを参考にさせて頂きました。
FUSION360で描く際にはコイルコマンドで高さとピッチを指定して作りましたよ。


肝パーツはもう1つありますが、ネタが無いので次回に持ち越し(^^;)



オマケ。

是空さんからリクエストのあった黒白ブチの2年目に入る猫です。
Bwcat
元気ですよ。

この通り、ピンピンしています。

もらわれたと思う兄弟は丸顔だったんですが、この子はちょっと鼻~口のあたりが長いのでとんがった感じの印象に見えます。

可愛さなら丸顔と個人的には思いますが、この子は鼻筋が通った男前な猫だと思います。

2021年3月29日 (月)

番外編 (トレイルカメラの日除け 効果の検証 その2)

バードバスを7年ぶりに作り直そうとしています。

既に取り掛かっていますよ。

リンクを見て頂ければ構造については分かってもらえると思うんですが、基本路線は変えません。

固定方法を見直すぐらいです。

大分汚れが付着していることと、経年劣化で変形して来ていることが気になっていたんですよね。

前回は垂木用クランプを使って単管パイプに固定しましたが、今回はそこを単管パイプに置き換えます。

極力木材を減らそうとしているのです。

やっぱり痩せたりしてグラつくんですよね。

受け皿を陶器とか焼き物系にしようかと思ったんですが、地元のホームセンターとか回ってみたところイイ感じの皿がないんですよね。

とりあえず、変形を防ぐためによりしっかりしたプラスチック製の鉢皿を利用することにしました。

ちょっとした工作をしますよ。

楽しみ♪




さて、トレイルカメラの設定をタイムラプスモードに変えて、10分おきに撮影し温度変化の様子をみました。

今日はいい天気でかなり暑くなったので、具合をみるにはいい状況だったかと思われます。
(雲っちゃった時間帯もあったけどね)

最高温度は34℃でした。(気象庁の発表では最高気温24℃)
Max_temp
この10分後も同じ温度でした。

西日が当たるようになると最高温度になるようです。

これは仕方ないかな?

設置の仕方で西日を避けられるか考えてみますよ。

とりあえず太陽が南中する頃の温度上昇は抑えられているようなので良しとしましょう。


こちらはタイムラプス動画。

1フレーム1秒で動画化しました。

朝は湿度?が高かったのかなレンズが曇っていました。

夜半過ぎからの激しい雨に耐えられず、取り付けたクローズアップレンズに水が浸入したのかも知れませんね。

2021年3月26日 (金)

番外編 (トレイルカメラの日除け 効果の検証)

最近、木工の動画をよく見ますよ。

面白いねぇ、あれ。

木工をする人は治具とか道具とか全部木製でお手製でやりたいみたいで、そういったモノを作る動画が一杯あるんです。

金属加工をちょっとかじった人間からすると、えぇ~そこに木材使うの?と思っちゃうことがしばしばなんですが、まぁそこまで厳密に作る事もないんでしょうね。

こういう部屋があったら自分もやりたいなぁ・・・そこに溶接機があったらもう最高ですね♪

木工やっていたらボケる暇なんかなさそうですよ、アイデアの宝庫ですね。



さて、これから夏を迎えるにあたって、トレイルカメラの日除け対策に乗り出しました。

先日作成した日除け、今日は快晴でしたので効果のほどを確認しました。

13時ごろ。
Temp25
日差しがかなり強かった時間帯だと思いますが25℃で済みました。


センサーに反応があって撮れた画像の中で温度が一番高かったのは、西日が当たる時間帯でした。
Temp29
これ、自分が画像のチェックをしようとトレイルカメラを回収する時の画像です。

西日を避けようとすると撮影にも影響が出そうなので、これで納得ですよ。

これ以上を望むなら、センサーやレンズ以外を覆い隠すボックスみたいにするしかないでしょ。


一応確認の為に、天気のいい日を選んでセンサーに頼らないタイムラプスを撮りましょうかね。

そうすれば時間帯ごとに温度の変化が分かりますね。



オマケの猫写真です。

お気に入りの地域猫の怪我はほぼ完治。
Cat1_20210326194701
Cat2_20210326194701
後は被毛が生えてくれば完了ですね。

やっぱり噛まれたみたい。

カサブタと反対側にアザみたいになっている跡がありますね。

真ん中の黒いのは怪我には関係ないと思います。(ゴミかな)


2021年3月24日 (水)

番外編 (庭に来るスズメ達の最近の様子)

しばらくの間、バードバス&餌台にトレイルカメラを仕掛けておきましたが、特に変わったことは起きていません。

水浴びもしなければ、変わった野鳥が来る事もないです。

そんな様子をどうぞ。



これらの画像をチェックしていて心配事が増えましたよ。

トレイルカメラの背面塗装色が黒の影響か、既に35度を超えるようになりました。
Temp

これじゃぁ夏が来たらどうなるのか・・・直射日光を避けなければ。

ということでこんなフードを装着予定。
Fositan_hood_finalv1_20210324154601
ベルトで固定するためのスリットに差し込んで固定する目論見で、既に印刷を始めています。

サイズに間違いが無ければこれで様子を見てみましょう。

白いABSで作るのが理想なんですが、目立って鳥たちに警戒されても困るので黒のABSで。

フードが熱を帯びても本体との空間はあるし通気口もあるから大丈夫なんじゃないかと。

画像に記録される温度をまたチェックしてみれば効果のほどが分かります。

さて、どうなりますかね。




※20210325追記
こんな感じになりました。
Lightshieldingcover2

Lightshieldingcover1

背面の色が変なのはプリントの際にラフトではなくブリムを使ったからです。

サイズが大きくてラフトが使えなかったんです。

ブリムは造形物を直接ビルドシートに印刷しますが、その際に、剥がれ難くする為に周辺に縁を作ります。

ラフトなら一枚敷物を作ってその上に造形物を出力するので比較的綺麗なんですが、ブリムだとビルドシートの状態がそのまま造形物に反映されちゃうんですね。

このビルドシートは消耗していたので、以前紹介したプラサフを塗布してあります。

その状態でいくつかプリントしたので、プラサフが残っているところと少し剥がれたところの模様がそのまま出ている状態です。

今日は曇天なので効果は分かりません。

明日は晴れらしいので温度の上がり具合が確認できそうです。

効果があるといいなぁ。

2021年3月22日 (月)

番外編 (お気に入りの地域猫がケガしていた)

5日前、お気に入りの猫の怪我に気が付きました。

お世話の時に挨拶の尻尾が上がっていなかったんです。

あれ?機嫌が悪いのか?と思ったんですが、いつものように”にゃぁにゃぁ”鳴いてきます。

尻尾が力なくブラブラしている。

怪我?

と思って外傷を確認しようとしたら・・・”シャー”だって。

初めて怒られましたよ(^^;)

そんな事で怯むような繊細な神経を持ち合わせていない自分は、怒られながらもしつこく尻尾の様子を確認しました。

外傷はない・・・。

何だろう?

写真はありませんが、その時一緒に散歩をしたので動画があります。

いつもは尻尾をピンと上げて歩くんですが、ダラッっと垂れてしまっているのが分かりますよ。




翌日。

尻尾に葉っぱが貼り付いています。
Cat1_20210322193101

何だろう?と取り除いてみました。
Cat2_20210322193101

自分で患部を舐めて治療中のようです。

膿?が出ていましたよ。

喧嘩を仕掛けられて噛みつかれたかしたのかな?


その4日後、患部は乾いてカサブタが出来ていました。
Cat21

Cat22

4日後って今日の事なんですけど、今日は尻尾が上がっていましたよ。

まだ痛みがあるみたいですが、力は入るようになったみたいです。

何でしょうね?やっぱ噛まれたのかな?

いずれにせよもうすぐ完治ですね。


自己治癒能力の高い動物は何にしても治りが早いですねー。

2~3週間あれば骨折だって何事もなかったかのように歩いていたりするもんね。

2021年3月20日 (土)

物欲 (充電式ドリルドライバー WAKYME 21V仕様)

何を血迷ったのか突然コードレスのドリルが欲しくなってポチッとしちゃいました。

ソコソコ道具類は持っている自分ですが、実はコードレスというモノは一つも持っていないのです。

信用していないんですね。

使いたい時に使えないとか、バッテリーがすぐ駄目になるとか・・・etc.

だけど、階段の後付け手摺とかカーテンレールとかその他諸々、全てがコンセントの近くにあるわけじゃないんです。

延長タップが届く範囲はコード式のドリルなど使っていましたけど、それ以外は手動がメインです。

何よりのネックはその価格。

国産品や有名どころのそれは平気で5万とかいっちゃう。

そりゃぁモノが良いんでしょうよ。

だけどDIYでたまにしか使わないモノにそんな高いもの買えないよねぇ・・・。


工具のリサイクルショップに行くたびに中古も物色しますが、良さそうなのは3万とか越えちゃうんですよねぇ。

安いのは程度も悪い。

中古のバッテリーはさすがに持ちが悪いんじゃない?と新品のバッテリーを物色するとこれまた高い。


当然行き着くところはAmazonやAliExpressになるわけです。

共通のバッテリーでいろいろな工具が使えるのは魅力ですが、そういうメーカー品は超高い。

ドリルだけに割り切れば、ピンからキリのキリの商品は結構あります。

そんな中から選んだのがコレです。
Wakyme1
Wakyme2

耐久性が見込めるブラシレスモーターではありません。

こちとらプロじゃありませんから使用頻度もそんなに高い訳もなく、こういうので十分でしょ。

だってコード式の電動ドリルは、ホームセンターブランドの安いヤツでもう10年以上使えてますもの。

今時は36V仕様とかハイパワーのモノもありますが21Vだって結構なもんでしょ。


付属品はこんな感じです。
Set_contents
これで

6,783円。

まぁビットとかはどうでもいいんです。

持っていますから・・・。

バッテリーが2つというのが選んだ理由。


このバッテリーがダメになったらまるごと買い替えればいいんじゃないかな。

バッテリー単品で売ってなさそうですが、多分他社のが使えちゃうでしょ。

でもそういうのって1つ4,000円位するから、買い替えた方が何かとお得だと思ってます。

※20210325追記
同型と思われるバッテリーをAliExpressで見つけました。
Battery_20210325205601
微妙にバッテリーのサイズが違いますが測り方の問題と思われます。
配送料が無料のSHOPなら2,600円/個ぐらいから買えますね。
因みにドリル本体とのセットも販売されていますが、トルクの段数とか微妙に違います。
外観は全く同じですけどね。
Amazonで買った方が安く内容も充実していました。
良かったよAmazonで買っといて(^^;)


動作チェックをしました。

どちらのバッテリーも問題なく使え、階段の手すりのネジの増し締めも快適に出来ました。

LEDのライトの位置ですが、今時のヤツはバッテリーに近い位置にあって上向きに照らします。

対してこれは以前からある動作スイッチの上側。

ドリル本体があるので影になって見え辛いです。

使ってみた感じ悪いところはそのぐらいかな?

あ、スピード切り替えスイッチがありますが、スピードは同じように感じます(^^;)

低速側でも充分早いです。

もちろんスピードは指の力加減でどうにでもなりますけど。

もう一つあった。

基本の+-ビットのホルダーが後部の上部左右にありますが、ホルダーの固定力が髙すぎて指では取れません。

ルーターで突起を削っての調整が必要です。


国産品のバッテリー1つ以下の値段で買えるものですから過度な期待は出来ませんが、素人が家で使う分には十分すぎるものだと思いました。

満足です。

 

 

2021年3月15日 (月)

番外編 (バードバスに来た野鳥3種)

ここ数日のバードバスの様子です。

スズメ/シジュウカラ/ヒヨドリが来ていました。

まだ水浴びするような季節ではないのかな?

水だけ飲んで帰って行きましたよ。

Parusminor



向こうでスズメが餌を啄む音が入っています。

これはたぶん振動が単管パイプを伝わってきているのかな?

餌台のパイプ内に制振シートでも貼ろうかな?

2021年3月13日 (土)

番外編 (眠り猫の肉球を弄る)

なかなかの豪雨でしたよ、今日は。

雷も一緒だったから雷雨か。

そんなに長くはなかったけど、一番悪い時に買い出しに出た感じでした。

その後は普通の雨が夕方まで続き、日没頃には上がりました。

月曜日は先週受けたMRI検査の結果が分かりますよ。

心不全の原因が絞れるといいんですが。



先日撮っておいたお気に入りの猫の足の写真です。

お世話の後、眠りに入ったところですよ。

まぁ眠っていなくても肉球とか触り放題ですけどね。

何処を触っても嫌がらないですね。

こういう子は珍しいです。

普通は必ず嫌がるところがあるものなんですが。


猫は体が柔らかいですね。
4legs

人間ならこんな格好では眠れませんよね。

自分は体が柔らかいので腹さえ邪魔しなければ両手両足をこんな感じで揃えることは余裕なんですが、残念ながら今は腹が閊えるのでその姿勢を持続するのは大変です(^^;)

捻り系の動きは全然ダメになりましたよ。

何処かの筋が吊っちゃったりするのです。


足をアップで。
2legs

指を押すと爪が出ます。
Cat_nail
ここでは指の真ん中辺を押していますが、先の方を押すともっと爪が出てきますよ。


オマケの袋耳。
Hukuromimi
耳の付け根にある役割不明の袋耳。

ネコ目にはあるのかな?

役割が分かっていないらしいですよ。

2021年3月12日 (金)

番外編 (HINODE リードバイス75が届いたよ)

工具のリサイクルショップを久し振りに見に行きましたら木工旋盤の小さいのが置いてありました。

他のショップで見掛けたことがある旋盤と同じ物で、そっちでは10,000円、今回見掛けたのは20,000円。

違いはチャックがあるかどうかとジャンクか中古かの違い、他の付属品はありませんでした。

こういうのってあったらあったで便利だろうなぁと思いつつも、木工は木屑が散らかって大変だから専用部屋が無いと無理、との考えがあるので見送りです。

小さいものならやろうと思えば今持っている超ミニ旋盤(おもちゃ)で出来ない事もないもんね。

そう言えば、その超ミニ旋盤、以前質問いただいた方は無事使えるようになったのかなぁ?

ちょっと癖のあるおもちゃだけど、使い方を工夫すれば何とかなるとは思うんだけど。



さて、落札したリードバイスが届きました。
Lead_vice1

思っていたよりもいい状態ですよ。

ヤフオクの説明写真はちょっと色が出ていなかったのか塗装がかなり傷んでいるのかな?って感じでしたけどね。

元の色合いはこんなです。
Lead_vice
何年か使われたなりの劣化って感じでいい具合になっていると個人的に思います。

各部をチェックします。
Lead_vice2

グリスが付いていない。
Lead_vice3
メンテナンスされている方のブログを見た感じでは、ここにはべったりグリスが付いていると思っていたのに。

清掃してくれたのかな?

雌ネジの方も分解しようと思ったんですが、このネジが凄く硬くて・・・。
Lead_vice4
+ドライバーの大きいヤツが無いとネジ山をやっちゃいそうなので保留しました。

Lead_vice5
ネジも塗装されている。

デフォルトなのか?


雌ネジ内もグリスは無いみたい。
Lead_vice6

口金は外せるので、特殊な形状が必要になった時に口金を作って対処すればいいね。

この間上手く固定できなかった単管パイプは、そのままでガッチリ固定できる懐の深さがあります。

とりあえず和光ケミカルのメンテルーブを塗っておきました。

こういうところに使われそうな蛇腹のチューブに入ったグリスは持っていないんですよ。

確かそんなに高いものじゃなかったと思うんでホームセンターで1本買っておこうかな。

2021年3月10日 (水)

物欲 (リードバイス角胴型を落札しちゃった!)

あらら!?落札出来ちゃいましたよ(^^;)

幾つか札を入れておいたらことごとく高値更新されちゃって・・・。

ウォッチだけしていたバイスが終了近くになっても価格が上がっていかなかったので、それまでの予算にプラスアルファして札を入れました。

しばらくたって落札メールが来たって訳です。

こんなのね。
Hinode75_1

それまで4,000~4,500円ぐらいで設定しておいたのですが駄目でした。

どうせ駄目だろうと+500円で入札しておいたら、その後誰も入札しなかったんですね、落札です。

4,700円でした。


これは新品で11,000~20,000円ぐらいで売られています。

買うならやっぱ半値以下で買いたいじゃないですか。

欲を言えば1/3ぐらいで買いたい。

でもまぁまぁ良かったかな。



今回、この角胴型と丸胴型の両方に同じ予算で札を入れていたのですが、丸胴型はどんどん値段が上がって行っちゃう。

そんなに違いがあるのか?と調べてみると・・・丸胴型はガタが少なくスムースに動くらしいです。

ガタが少ないのは緩みに繋がるリスクが減るから精度が高いらしいんですよね。

そうなんだ、だから値段が上がって行っちゃうんすね。

でも、口が大きく開くのは角胴型の方らしいよ。


以前、リサイクルショップで角胴型の同じサイズのバイスを買おうかどうか迷っていたんです。

それは赤いヤツだったんですが、6,000円+税とちょっと高かったんですよね。

で迷っているうちに売れちゃって・・・そのバイスでも大したガタは無くていいなぁって思っていたんです。

家の作業台に付いているバイスは結構ガタがあるので、それよりもマシであればいいんです。

これはたぶん大丈夫なんじゃないかな?

重さも家のとは全然違うしね・・・届くのが楽しみです♪



こんなに早く手に入ると思っていなかったよ。

外の作業台も作り替えなきゃな。

せっかくしっかりしたバイスが手に入ったんだから、この間の単管パイプぐらい楽に切断作業が出来るような作業台にしたいよ。

番外編 (番外編 (トレイルカメラにクローズアップレンズを装着する 完結編))

水浴びの様子は録れなかったけど、水を飲む様子は録れていました。

いつもと違うへんなものがあるので、警戒してバードバスに近付かないみたいです。

勇気のある1羽が来てくれましたよ。
Sparrowdrinkingwater



奥の餌台とどちらもいい感じの距離で撮影できるようになったので、このシリーズ完結です。

しばらく設置しておいて、シジュウカラとか他の野鳥が来るのを待ってみようと思いますよ。

2021年3月 9日 (火)

番外編 (魚眼猫)

ヤフオクにて連戦連敗中です。

ギターもバイスもボーグのパーツも、一体どんだけ予算が低いんだってことですね。

でもなぁ、落札価格は確実に高過ぎだと思いますよ。

実物も触れない状態が確実に分からないモノにその値段出す?って思いますよ。

まぁ敗北者の戯言ですけどね(^^;)



バードバス側にトレイルカメラをセットし2日、そろそろなんか写っているだろうとPCで確認してみたら・・・水が干上がっていました(^^;)

セットした時にはあったはずなんだけどなぁ。

タンクにも1/3ぐらい残っていたので、タンクからの導水パイプが詰まり気味なんでしょう。

そろそろ給水タンクのペットボトルを作り替えて刷新しますかね。


ということで、ネタに詰まりました(^^;)

こんな時は地域猫に頼りますよ。

全周魚眼レンズのみで撮ってみましたよ。

Kuro2
Kuro3
Kuro4
Kijitora1
マイカーの全景が写っているのはこれが初めてかな。

キジトラのは露出を弄ったら不自然になっちゃた(^^;)

2021年3月 7日 (日)

番外編 (トレイルカメラにクローズアップレンズを装着する その4)

1mの単管パイプを4:6ぐらいで切りました。

こういうのを切断する道具は持っていないんですよね。

前からグラインダーがあったらいいかもな、とは思っていましたがなかなかね・・・。

エアツールのグラインダーセットを持っているんですがそれに使える切断砥石は無いんですよね。

ということで金ノコで切断ですよ。

しっかりした作業台が無いので苦労しました。

何とか切断して2ヵ所にトレイルカメラを固定できるようにしましたよ。


こんな感じで写りました。

今朝の様子です。
Sparrow030701 


Youtube、アップロード時にタグとか入れるところがなくなったと思ったら、折りたたまれていただけでした。

カメラはもう少し下向きがいいね。


次はバードバスの様子をウォッチしましょうかね。

前はよく来るシジュウカラがいたんですが、代が替わったのか見なくなりました、残念。

不在時に来ているのかも知れませんが。

2021年3月 6日 (土)

番外編 (トレイルカメラにクローズアップレンズを装着する その3)

庭のスズメ監視は、本来のトレイルカメラとは使い方が違うためかフレーム設定に苦労します。

ザックリ広い範囲を撮影する目的が想定されている為でしょうか、大体この辺って感じでしかフレームを決められないんですよね。

木とかにベルトで固定するとそんな感じでしか決められないからこれでいいんでしょう。

でも、今回の用途でクローズアップレンズを装着して出来るだけ近づけたい場合、どこにカメラが向いているのか、これが知りたいわけですよ。

モニターが付いていても、そのモニターを開くと撮影したい方向が見られるわけではなく関係ない方向しか見られない。

撮影して確認するしかないんでしょうが、暗証番号を入力しスタートさせる/蓋のロックを締める/センサーを反応させる/蓋のロックを開ける/暗証番号を入力する/メニューから再生を選ぶ、とこれだけのステップを踏まなきゃいけないので面倒なんですよね。

照準器でも作ってどこかに付ける?

まぁ勘でいいか・・・。



今朝の様子です。
Sparrow0306


動画の方は日付欄が邪魔気味ですね。


撮影している餌台とは反対側にバードバスもあります。

そっちにもカメラをセットできるようにしておこうと思いますよ。


買ってきた単管パイプ1mは少し余りが出るので、カットしてその余りをバードバスの方にカメラの足場用として固定します。

それとスズメが暴れる振動が単管パイプに伝わっているようなので、補助のステーを付けて振動を抑えたいかな。

そこまでしなくてもいいかな。

もうちょっとカメラの位置を考えてみようと思います。

もう少し上から見下ろす感じの方が逆光気味にならないだろうしね。



このトレイルカメラ用に作ったクローズアップレンズアダプター兼フードです。
Hood_closeuplens
レンズ周りの突起にピッタリとはまるので両面テープ無しに固定できました。

昨日の雨ぐらいではレンズに雨粒は付かなかったようです。

フードにケラレ無いように若干削ったんですが、右上にまだ影が見えていましたね(^^;)


2021年3月 5日 (金)

番外編 (トレイルカメラにクローズアップレンズを装着する その2)

クローズアップレンズを装着したトレイルカメラのテストです。

今朝のスズメ達の様子。
Sparrow
右上と左上、フードによりケラレていました(^^;)

まぁこれには気づいていたんですが、昨日の段階で修正する気力はありませんでした。

作り直すほどの気合は無いので、これから少し削って良しとしますよ。

あと、もう少しだけカメラを後退させた方が良いようです。

以前の襲撃の時、チョウゲンボウは屋根の上にとまったので、そこも写るようにしないとね。

キジバトも屋根にとまっていたし。


こちらは動画。



毎日違うところに怪しい箱があるので、スズメ達は恐る恐る様子をみながら寄って来ます。

位置が決まったらしばらく放置して、何日かに1度画像のチェックをしようと思いますよ。

2021年3月 4日 (木)

番外編 (トレイルカメラにクローズアップレンズを装着する その1)

天文ショップの中古品サイトにminiBORG50対物レンズがしばらくの間売れ残っていました。

これって”引き取ってやれ”って物欲の神に囁かれている?

”でもTriple鏡筒には出来ないしなぁ・・・迷っているうちに早く売れてくれぇ~”って思っていたら・・・。

昨日売れていました(^^;)

もう数日売れ残っていたら、ポチッと行っちゃったかもしれません、いやぁ~危なかった。

自分の使っている3Dプリンターでは、Twin鏡筒化が精一杯だったのが幸いでした。

もっと大きいサイズが作れたら行っちゃってたような気がするよ。



さて、27mmクローズアップレンズが届きました。

AliExpressで買わなくてよかった、届くのに3週間ぐらい掛かっちゃうもんね。

早速、効果をトレイルカメラでテストしました。

まずクローズアップレンズ無し。
Closeupno

距離はおよそ30cm。

手近なモノでスズメのサイズに近いモノは・・・と、目にとまったアルコールランプをモデルにしました。

フィギュアとか持っていればモデルに出来たんだけど、そういうの無いんですよね。

なにか、ポチッておこうかな?



クローズアップレンズを手に持ってトレイルカメラのレンズの前にあてがっています。
Closeup_yes

大丈夫ですね。


ではさっそくアダプター兼雨除けフードをサクッと設計。
Fositan_hood_finalv1
今印刷中です。

サイズ的に、フィルターは指では付けにくいと思うのでレンズオープナーを使いますよ。

トレイルカメラには両面テープでレンズ周りの窪みに貼り付け予定。


上手くいってたら、明日はスズメ達の写真がブログを飾るかと思います。

2021年3月 2日 (火)

番外編 (AliExpressで買ったNEX系互換バッテリー「NP-FW50」が届いたよ)

あいにくの悪天候。

この位降っていると地域猫達は出てこない事の方が多いです。

なので今日のお世話はお休み。

スズメ達は暴風雨でなければ大体食べに来るので用意してあげました。

セットし直したトレイルカメラはどうでしょうか?
Reset_fositan
ケラレていないと思ったんですが上に庇が入っていました(^^;)

でも、フードのお陰でレンズに雨は付着していませんでした。

赤外LEDは水玉が一面に付いていました。

ただ、画角的につまらないですね。

ピントもイマイチ。

こうなったらクローズアップレンズを使いますよ。

ググったら27mmのクローズアップレンズx3が、楽天市場で売っていましたので早速購入しましたよ。

レンズ周りの外形が25.7mmぐらい。

ちょっとギリギリかもしれないけれど、これに雨除けフードも一体化させて装着する計画。


その前にクローズアップレンズの効果を確認します。

手持ちのKENKOクローズアップレンズNo.4の有無で写真を撮ってみました。

クローズアップレンズ無し。
Only_fositan

クローズアップレンズ有り。
Fositan_cu4

30cmほどの距離でもピントが合っているようです。

これならトレイルカメラを寄せて大きく撮れそうですね。

さて、成功するでしょうか?





やっと本題(^^;)

2/9にネタにした互換バッテリー「NP-FW50」が届きました。

今回は追跡機能が役に立たず、発送されているのかどうかも分かりませんでした。

注文欄では発送されたとあるのですが、トラッキングが不能で???状態でしたよ。
Ali_tracking

これは以前にも経験済みなので、まぁその内に届くんじゃない?って思っていましたよ。

ハイ、来ました。
Npfw50_1

Npfw50_2
こんなのが貼ってあっても裏側だと見ないんでしょうね。

いつもの梱包ですが中の箱はつぶれていません。
Npfw50_3
Npfw50_4

確か到着予定が13-21日だったと思うのでちょうど21日目に届いたことになるのかな。

安いモノなのでそんなに心配していませんでしたが、高い買い物だとモヤモヤしっ放しになるでしょうね。

多分、届け先が確認できる面に”要追跡入力”が貼っていないと無視されるんだと思いますね。

以前こんな状態になった時も小さいものだったと思いますから・・・。


これでもう数年NEX達は使えますよ。

2021年3月 1日 (月)

番外編 (2年寝かせた熟成トレイルカメラを使ってみる その3)

設置し直したトレイルカメラ。

案の定、最初は警戒して近づいて来ませんでしたが、10分ほどで慣れたみたいです。


画像をチェックしてみました。
Dscf0113_20210301214301

惜しいなぁ、もうちょっとって感じ?

左隅のスズメには甘めに見てピントが来ている感じです。

ということで、単管パイプを少しずらして30センチぐらい後方へセットし直しました。

このカメラの小さいモニターでは細かいチェックは無理なので写真を撮ってパソコンで見ればいいんですが、どうせ暇ですから翌日来るスズメ達の実画像でピントが来ているかどうか確認しますよ(^^;)



それと雨除けフードを試作してみました。
Fositan_hood

レンズに一番近い平面を利用して両面テープで貼り付けました。

ケラレはありません。

ただ、夜間の赤外LED光は遮っちゃうね。

下面は暗くなるでしょう。


レンズ周りの円形の出っ張り部に付けようかと思ったんですが、ケラレを恐れてこの位置にしてみたんです。

まぁ、防犯目的じゃないのでこれで様子をみますよ。

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ