« 番外編 (2年寝かせた熟成トレイルカメラを使ってみる その1) | トップページ | 番外編 (3Dプリンターの消耗品を再利用) »

2021年2月27日 (土)

番外編 (2年寝かせた熟成トレイルカメラを使ってみる その2)

週一の買い出しからの帰路、右折禁止の交差点を右折しようとしている車がありました。

リヤウィンドウには”録画中”のステッカー。

クラクション鳴らすと”煽られていると勘違いするタイプの人かな?”と思いながらも、親切心でクラクションを鳴らしまくってあげましたよ。

”よく右折禁止の取り締まりをやっているところだから危ないよ”の意味を込めて。

すると一旦前に進みます。

”お、気が付いたか”と思ったら、後続車の邪魔になると思ったのかな?対向車が来ているのに、対向車線にはみ出して右折の態勢に入り強引に突っ切っていきました。

これって自分が煽って怖くなって逃げた的な事になってません?

いやいや、誰がどう見ても右折禁止って分かるように道路にも直進矢印があるし、標識も見えやすい所に出てるじゃん。

こんな基本ルールも分からない人が取れる免許制度って何なの?

それとも確信犯か。

注意されて逆切れってヤツ?

変な人が多いねぇ・・・。




さて、少し遠めにトレイルカメラを設置し直した画像です。
Dscf0099
やっぱり小さいなぁ・・・。

キジバトも来ていたか。


単管パイプを買ってきて、1mぐらいのところに設置できるようにするのが一番簡単かな?

1mのパイプを直交クランプで横に伸ばしてそこへトレイルカメラを設置。

警戒してしばらくはスズメが寄って来ないかもしれないけどね。


それはそうと、今朝3時ごろ、この道路をウロウロする怪しい人物が写っていました。

左側にぼやかしてある家の様子を何度も行き来しながら覗き込んでいた。

何者?

我が家の前には来なかったけど・・・。

« 番外編 (2年寝かせた熟成トレイルカメラを使ってみる その1) | トップページ | 番外編 (3Dプリンターの消耗品を再利用) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いろいろな運転手がいるからね。
ニュースとか見てると、免許を与えてはいけない人と思う人がいっぱい。

その動画ファイル、しばらく保存していた方がいいと思う。
何かと物騒な世の中だからね。

自分はドラレコ付けていないんですよ(^^;)
何かあったら保険屋さんにお任せします。
高い金払って保険に入っているので、その分は保険屋にキッチリ働いてもらいます。
あれば事故った時に便利(一番便利に感じるのは保険屋でしょ)かもしれませんが、自責が100%ないなんてことはあり得ないので無駄だと考えているんですよ。
不意に降ってくる大火球とかには良いかもとも思いますが、やっぱいらないかな。
ドラレコ付きの保険も勧められますけど、機器代がただなら付けるよって断ってます。

代わりに事故った時に自動通報する機器を付けてあげましたよ。(月50円ぐらいかかるけど)
ドライブ診断機能があって判定結果により翌年から数%安くなるというので。
大体の人が安くなるらしいんですが、すこし強めのブレーキや四駆らしいトラクションの利いた発進をすると急ブレーキ急加速と判断されるので来る通知が殆どC判定です。
付けなきゃよかったです。

昨今のニュースを見ていると、相手が悪いのに自分が加害者になってしまうケースもある。
世の中、常識の範疇を超えてることが常に起きているから、つけておいて損はないと思ってる。

ですよねー。
若い頃には真っ先に飛び付いたと思うんですが、今では流行ってくると抵抗を感じる偏屈者になりましたよ(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (2年寝かせた熟成トレイルカメラを使ってみる その1) | トップページ | 番外編 (3Dプリンターの消耗品を再利用) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ