« 番外編 (猫と散歩&小物を物欲する) | トップページ | 番外編 (キジトラの腹毛) »

2021年2月11日 (木)

番外編 (新しいカメラベルトホルダーが届いたので・・・)

FUSION360のファイル制限が始まりましたね。

ウィンドウ右上に編集可能なファイル数が表示されるようになっていました。

これって監視フォルダーから編集し終わったファイルを別フォルダーへ移動させちゃえばいいんでしょ?

そんな風に解釈したんですが間違っているのかな?

自分の場合、ワンオフ物が多いのでそれでも特に問題にはなりませんけどね。

「毎回同じファイルを開いてパーツを作ったらSTL出力して終わり」って感じでもいいしね。




そのFUSION360でカメラベルトホルダーの無くなってしまったパーツを書いてみましたよ。

新しいカメラベルトホルダーが届いたので、パーツの共通性があるのかどうか調べてみました。

新しいホルダー。
New_holder
今度のは表面がツルツル仕様です。

一度も使っていないのにバラすのは気が引けますが・・・。
Stopper_check

古いカメラベルトホルダーに付けてみます。
Parts_check

問題なく使えるみたい。
Parts_check2
これは古い方のホルダーです。

マット仕様でしょ?



それなら、このパーツをスキャナで読み込んでモデリングすればいいって事です。
Scan_20210211202101 

こんな感じになりました。
Print_data
一部形状を変えてあります。


そしてプリント。
After_print

組んでみました。
Asemble

バッチリです。

若干、ストッパーの突起部の出方が少ないような気がしますが、金具を付けて確認したところ役割は果たしています。

次に印刷する必要が出た場合、データの方を少し手直ししてから印刷ですね。

これで、ベルトにカメラを2台ぶら下げられます。

西部劇(古い!)のガンマン状態。

まぁ、そんなことはしないですね(^^;)

« 番外編 (猫と散歩&小物を物欲する) | トップページ | 番外編 (キジトラの腹毛) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

工作関連」カテゴリの記事

機材メンテナンス」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにFusion 360でモデルをWindowsでプリントアウトしようと思ったら、STLで出力できなくなっていました。PCを変えたせいなんでしょうか。MacにFusionをインストールしたらだいじょうぶそうです。トホホです。

あれ?なんか制限掛かってました?
と、サイトを見てみるとSTL出力に関しては制限はかかっていなかった。
別の現象って事ですか・・・面倒ですね。
久し振りに使うと求められるセキュリティコードの事?
でもないか・・・。

ファイルメニューからエクスポートでSTL出力する際に何かあるのかと思って試してみたら問題なく出来たし。
しかし、この手順でSTL出力すると超遅いね、びっくりしたよ。
ボディを右クリックしてSTL出力すればほんの一瞬で終わるのに、何分もかかるんだもん。
何この差?クラウドを介して何かやってんのかな?

これまで、教えていただいたとおりに、ボディを右クリックしてSTL出力していたんですが、何が原因かわからないですけど、STL出力のメニューがグレーアウトして選択できなくなっていたんですよね。Macでは機能していたので、PCの買い替えで何かを引き起こした感じです。

制限事項じゃないっすね。
なんでしょう?

^^ナンデモ ブンカイスルヒトダナ

何でも分解するんです。
これは子供の頃からの性癖です(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (猫と散歩&小物を物欲する) | トップページ | 番外編 (キジトラの腹毛) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ