« 番外編 (今年もやって来ましたこの季節) | トップページ | 番外編 (2年寝かせた熟成トレイルカメラを使ってみる その1) »

2021年2月23日 (火)

番外編 (3Dプリンターでトイレの洗浄剤用ケース(吊り下げ型)を作る)

トイレのタンク上に手を洗えるようにちょっとしたボウルがありますよね。

別途、手洗い場があればそういうタイプじゃないのもありますが、家のはボウルがあるタイプなんですよ。

トイレの洗浄剤にはいろいろ種類がありますが、その中の”置くだけセ〇ン”みたいなそのボウルにケースを置くヤツを使いたいんですよね。


家はちょっと変わった事情があってそれが一番いいんじゃないかと思っているんです。

便器にスタンプするヤツは直ぐ剥がされちゃうんです。

タンク内に投入するのもいいんですが、ケースに入れておくだけのヤツが詰め替え用もあって一番安い。

タンク内に投入するのと同じようなものだと思うんだけど何故か安い。


だけどこれを使おうとするとケースが少し邪魔なのかケースごと捨てられてしまう。

ゴミ箱にそのケースがあればまた元に戻して使えるんですが、これが不思議な事に何処かに無くなっちゃうんです。

ボケ老人にはホントに困らされます(´;ω;`)


じゃぁそのボウルの下に吊り下げられるようにすればいいんじゃない?ってのが今回のネタ。

ボウルの水が落ちる穴の径と深さ(厚み)を手びねりプラスチックを使って型を取り測ります。

そのままではちょっと測りづらい処とかにはこういうのがホントに便利。


で、FUSION360で考えてみましたよ。
Blue_water_case_1

ケース内はこんな感じ。
Blue_water_case_2
この中に洗浄剤を入れてボウルの穴に吊り下げれば、邪魔にならないし捨てられないだろうと目論んでいる訳です。

さて、どうなりますか・・・今、出力中なので1週間ぐらい様子をみれば効果のほどが分かります。

今度は捨てられたりはしないでしょ・・・。

« 番外編 (今年もやって来ましたこの季節) | トップページ | 番外編 (2年寝かせた熟成トレイルカメラを使ってみる その1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

うちもボウルの上に置くタイプ。
置くだけタイプは、寿命が使用回数に比例する(と思ってる)のいい。
タンク投入型は無駄に溶けちゃいそうなのがちょっとね。
まぁ、気分的な問題なんだけどさ。
便器にスタンプするヤツって知らんなぁ。^^←フルイタイプノニンゲン?

スタンプ型のは効き目があるのか見た目にはわからないのもマイナスポイントなんです。
ブルーとかの水が流れた方が実感が沸くというものです。
今のところ良い感じですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (今年もやって来ましたこの季節) | トップページ | 番外編 (2年寝かせた熟成トレイルカメラを使ってみる その1) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ