« 今日の港 (コンテナ船「なとり」) | トップページ | 番外編 (AliExpressの独身の日セール品 その1) »

2020年11月25日 (水)

今日の星空 (月齢10.1の月)

Arduino関連の入門書ですが、期待していた本屋さんにはAmazonで扱っている本の全てがありました。

図書館で借りられる本と、動画でお勧めされている本。

見比べて相当違うようなら1冊買ってみるかって思っていたんですが、まぁ、大まかに言うとほとんど同じ。

他のも比べてみましたが大差ありません。

ArduinoのMEGAについては載っていませんでした。

MEGAって新しいのかな?

調べてみるとArduinoにはものすごく種類がありました。

因みにMEGAは2009年の発売、何だ新しくないじゃん、UNOとかが一般的なのかな?ほとんどそれを前提に書かれていました。

入門で使う機能はどれでも変わらないって事なんだろうな。

結局、教本として1冊買うのはやめました。

図書館で借りればいいや。

それよりもその先、応用とかそういった方面で欲しくなった時に、別の本を探そうと思いましたよ。



さて、今日の日没後、月が綺麗に見えました。

VMC95Lを取り出してサクッと撮影しました。
_dsc1724
JPEGで1枚モノです。

モニターで拡大してのピント合わせ時、ユラユラしていなかったので苦も無く追い込めました。

細かくユラユラではなく、大きくうねる感じだったのですよ。

一応、動画でも撮影しましたが、Registaxが相変わらず下手で、勘所が掴めません。
1125moon_pipp
不自然になっちゃうんですよー。

あまり使わないっていうのもあるけど、いつまで経ってもよく分かりません。

« 今日の港 (コンテナ船「なとり」) | トップページ | 番外編 (AliExpressの独身の日セール品 その1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

VMC95L関連」カテゴリの記事

コメント

1枚ものよりもスタックした方が、クレーターのゴツゴツ感が出ていていいんだけどね。
おしいっ。^^;ファイト

各レイヤーごとに調整を試して、どのレイヤーが効果があるのか探るんですが、ホントに加減が難しい。
なんか、このソフトとは気が合わなくて・・・。

Arduinoに限らず、OSや言語処理系の入門書って、内容が似通ったのが多いですね。インストールして、HelloWorld!っとか。ネットの入門サイトもそんなパターンが多い。多様性が感じられないですね。
所でDeepSkyStackerの書籍って見掛けないですね。特殊すぎるのかな?
色々試行錯誤やってみるのがタノシイってことですかねえ。

DeepSkyStackerもそうですが、Registaxも無いですよね。
知らないだけ?
Registaxは月の撮影方法だったかな?本の中で簡単に説明がありましたが、ちゃんとした解説は無いですね。
Starry~なんとかのブログが一番詳しく解説されていて、これを参考にさせてもらっています。
DSSはユーザーズマニュアルが英語だけどちゃんと説明されているので、google先生に翻訳してもらって覚えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の港 (コンテナ船「なとり」) | トップページ | 番外編 (AliExpressの独身の日セール品 その1) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ