« 電子工作室 (Arduinoのケースを考えてみる) | トップページ | 電子工作室 (Arduino用の底面カバーを作る) »

2020年11月21日 (土)

電子工作室 (Arduinoのケース作成を断念、心折られるorz...)

今朝、5時からこの作業をやっていました。

まぁ、こちらはプリント指示をするだけですけど。

2度の失敗に心を折られました。

2度とも磁石で固定されているビルドシートごとズレてしまうという現象。
Dscn8958
右が1度目、左は2度目。

1度目は、焦げているところが盛り上がっていて、そこにノズルが引っ掛かったのかな?と想像しました。

おそらくその層の始めの位置で、パラメーターとしては”Zシーム合わせ”という項目で”最短”がデフォルトだったのでそのままにしてありました。

ここに熱が集中してしまうようなので、このパラメーターを”ランダム”に変えて2度目の印刷に臨みましたよ。

2度目ではその点は改善されたようですが、今度は焦げがランダムに発生しコブとなっていました。

おそらくこれに引っ掛かったのか?

ズレる際の動きとか、注意深く観察して改善すればいいのでしょうが、その気にはなれません。

もう心が折れちゃったもんね。

透明でなくてもいいよ。

本家のケースみたいに、Arduinoの下側だけをカバーする台のような構造にすれば、透明である必要は無いしね。

透明にしたくなったらAmazonで買います(^^;)


機会があればまたチャレンジしてみようかと思いますが、今はお腹いっぱいです。

« 電子工作室 (Arduinoのケースを考えてみる) | トップページ | 電子工作室 (Arduino用の底面カバーを作る) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

電子工作室」カテゴリの記事

Arduino関連」カテゴリの記事

コメント

ビルドシートごとずれたり、焦げたりするってことがあるんですね。しかし、なんだか、3Dプリンタの比較明合成みたいで、滅多にみられない光景に出会えたと前向きに....なれないか...ちょっと無理がありますね。スミマセン...orz...

自分も初めての事です。
これで半日以上を無駄にしました(`Δ´)
多分、サイズが大きすぎての失敗かと。
前の層が固まる前に次の層を押し込んで隙間をなくすという事が出来なかったんだと思います。

まぁ、こういうこともあるさ。^^タニンゴト
”透明”というだけで、いろんな問題点が出るもんなんだね。
深い。^^

透明は光造形で作りなさいよ・・・って事でしょうか(^^;)
得手不得手があるって事で納得しました。

フィラメントはABSですか?なにか違うんですかねぇ、色の違いで。

ABSですよ。
多分、有色のフィラメントでも透け感がでるんじゃないですかねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電子工作室 (Arduinoのケースを考えてみる) | トップページ | 電子工作室 (Arduino用の底面カバーを作る) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ