« 電子工作室 (Arduinoのケース作成を断念、心折られるorz...) | トップページ | 今日の港 (コンテナ船「なとり」) »

2020年11月22日 (日)

電子工作室 (Arduino用の底面カバーを作る)

クリアーフィラメントによる透明のケース作りは傷心の内に断念いたしまして、標記の底面カバーをサクッと作りました。

構想はこんな感じ。
Arduino_case
デザインは本家のArduinoに付属のカバーを参考にしました。

基板を固定するための爪(本家のカバーには爪はありません)が薄いかなぁ?もうちょっと厚みを付けた方が良いかなぁ?という感じです。

基板裏面をスキャナで読み込んでサイズを合わせてありますので、他の部分もピッタリなはずだから爪は無くてもいいかな?という気もしています。
※20201202追記
本家のサイトに基板外観のDXFファイルが置いてありました。これを読み込んで使えば穴の位置など間違いないですね。

プリント指示をして2時間半後。

こうなりました。
Arduino_case_1

Arduino_case_2

Arduino_case_3

危惧していた爪は、左側面のが一発で折れちゃったけど、サイズがジャストに出来ているので枠にキッチリ嵌りました。

フィラメントはセットしたままのクリアを使いましたよ。

普通にプリントするとやっぱり白ですね。

クリアってどういう意味なんだろう?


さて、これでケース問題は完結。

課題を進めるのと並行して教本探しをしなくちゃね。

« 電子工作室 (Arduinoのケース作成を断念、心折られるorz...) | トップページ | 今日の港 (コンテナ船「なとり」) »

工作関連」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

電子工作室」カテゴリの記事

Arduino関連」カテゴリの記事

コメント

クリヤーケース断念から素早い立ち直り。流石ですね。
キッチリ出来たようで何よりでし。
FDMの場合、Z方向の爪って根性が入らなくて最大の鬼門ですね。
私もケース的、カバー的なモノ作ったときポッキリ行ってガックリ。

この上にフタを被せるんですかね?

折れると思っていました(^^;)
横に倒して印刷するかな?とも考えましたが、時間が長くなるだけだし。
サイズ感が良ければ爪もいらないでしょうから、そこに掛けていましたよ。
その意味では成功です。

本家も蓋は無いので、このままキットのケース内ブレッドボードの上に裸で入れました。
全体を覆うケースはAliExpressだと200円もしないんですね、送料も同じくらい。
欲しくなったらAliExpressで買います。

めちゃくちゃピッタリ。👍

上手く出来ました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電子工作室 (Arduinoのケース作成を断念、心折られるorz...) | トップページ | 今日の港 (コンテナ船「なとり」) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ