« 電子工作室 (スターターキットが届いた 開封の儀) | トップページ | 番外編 (ドッキング前のISS) »

2020年11月15日 (日)

電子工作室 (躓き その1)

躓きって書きましたけど、チュートリアルで躓いたわけじゃありません。

パーツの出し入れが面倒なんですよ。

抵抗なんてもう最悪。

梱包の仕方としてはうまくやってあるなって思えるんですが、使うことは前提にはなっていませんから、梱包されたままで使い続けるのはうんざり。

抵抗に限らないんだけど、ブレッドボード(基板の代わりに使う抜き差し自由なヤツ)に刺して使うには足を拡げたり曲げたりするんです。

これって使い終わったら元に戻すのかな?

差し込むパターンを決めて曲げたままにしておく方が使い勝手が良いよね。

足が長いものは使いそうな距離に応じて何種類かに切っておくの?

諸々、分からないことだらけ。

付属のケースも使い他の収納方法も考えて、使い勝手を良くしようと思いますよ。



その第一弾として、こんなのをポチッとしちゃいました。

まずは今のところ一番面倒な抵抗の収納。
Drill_case
ドリルとかエンドミルとかを入れる透明ケース。

10個で500円しません。

曲げちゃったら入らないけど、切っても長いままでも収納できるからとりあえず買ってみました。

500円あったら相当の数、抵抗が買えちゃうところが残念ですが・・・。

曲げたヤツは100円ショップで売っている小袋のチャック付きビニール袋でも使いますか。

他の抵抗と混ざると厄介だから、抵抗値ごとに個別収納しないとね。

小型のタッパーみたいな方が出し入れはしやすいだろうけど、100円で3個とかだとコスパがねぇ・・・。



それと、これ。
Abs_clear
透明(クリアー)のABS。

ネットを彷徨っていたら、スライサーの設定次第でガラスのような透明にすることも可能なんだとか。

試行錯誤は必要かもしれないけれど、それが出来るならいろんなケースを自分で作れるじゃん!

で、Arduinoの透明ケースを自分で作ってみようと考えている訳です。

どうせ趣味なんだから出来る事ならやってみたいじゃないですか。

まぁ失敗したらそれはそれで(^^;)


あ、透明になるなら一番上のケースも自分で作ればいいのか・・・失敗したよorz...

まぁそっちのケースはジャンク箱から救ったケース無しのエンドミルにも使えるから無駄ではないな(`・ω・´)

« 電子工作室 (スターターキットが届いた 開封の儀) | トップページ | 番外編 (ドッキング前のISS) »

電子工作室」カテゴリの記事

Arduino関連」カテゴリの記事

コメント

>スライサーの設定次第でガラスのような透明
ほーっ、透明のメディアもあるんだ。
どんな風になるのか楽しみだ。^^

自分も楽しみです。
どうなりますかねー⤴️

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電子工作室 (スターターキットが届いた 開封の儀) | トップページ | 番外編 (ドッキング前のISS) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ