« 番外編 (ほぼ完璧?TASCO 132Tのジフラクションリング、でも課題が・・・) | トップページ | 番外編 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンドを考える) »

2020年10月 6日 (火)

番外編 (TASCO 132Tのカメラアダプターを短縮してみた)

火星の最接近と聞いて、撮影に臨みました。

機材は以前金星を撮影したこの組み合わせ

デュアルスピードフォーカサーは今”TASCO 132T”に付いていますから取り外して付け替え。

そして拡大撮影用のボーグSD-1Xを接続します、せつぞ・・・く?

あれ?どうするんだっけ?

暫くアダプター類と格闘してみるも、組み合わせが分からないというか、何か足りないようです。

そうこうしているうちにどんどん雲が厚くなり、とうとう可能性ゼロに・・・。

諦めましたよ。


明日の天気はどうですかね。

今日よりも悪い感じかな。

まぁ、チャンスがあればチャレンジしてみます。



さて、表題の件、アメリカンサイズのアイピースを使うために作ったアダプターが活きましたよ。
Tring_short
接眼側をM42P0.75のオスで作ったので、Tリングがそのまま接続できます。

ただ、一つ誤算が。

これ、補正レンズが入っているので、直焦点と同じような考え方は通用しなかったのです。

光路を短くしたらその分接眼筒を繰り出せて、鏡筒内の出っ張りを無くせると思ったんですが・・・。

実際はそれほど効果がありませんでした(^^;)

この状態でも鏡筒内に接眼部が、見た目に15mmぐらい出っ張ってます。


元はこの状態。
Tring_long

この状態より鏡筒内の出っ張りは10mmぐらい減らせたかな。


カメラアダプターの長さの違いは焦点距離の違いになります。

短い時。
Ts_view

長い時。
Tl_view

デジスコで一眼を使った時と同じ考え方ですね。

まぁ、こっちは眼視メインだから重要視はしていませんよ。

カメラアダプターは箱に仕舞ってしまいましょう。

Tリングだけがあればいいや。


さて、あと残った作業は・・・。

・鏡筒内の再塗装。(ちょっと反射が多い、そこそこテカテカしている)
・使わないものを省いて収納できる専用ケースの作成。
・最後のクリーニング。

以上でしょうか。

メンテナンスも終わりが見えたぞ!

« 番外編 (ほぼ完璧?TASCO 132Tのジフラクションリング、でも課題が・・・) | トップページ | 番外編 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンドを考える) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

機材メンテナンス」カテゴリの記事

TANZUTSU(TASCO 132T))」カテゴリの記事

コメント

カメラアダプターって、後付け的なオプションアクセサリーなんでしょうか。
本体、ほぼ仕上がったようで・・・
残り作業も少なくなってきましたね。
ナゴリオシイヨウナ・・・

カメラアダプターも最初から同梱されているものです。
最短でほぼ無限遠になっているので、その長さは狙って作られたものと思います。
これが終わったらミニボーグTwin鏡筒化に取り掛かりますよ♪

火星の最接近は昨日だったんだ。
最接近の日って”衝”の時(2020は10/15みたい。)と同じ日だと思ってたけど違うのね。

>カメラアダプターの長さの違いは焦点距離の違い
なるほどね。^^;

最接近だったようですが、最近はこういうイベントのほとんどに縁がありませんよ( ノД`)…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (ほぼ完璧?TASCO 132Tのジフラクションリング、でも課題が・・・) | トップページ | 番外編 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンドを考える) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ