« 番外編 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンドを考える その3) | トップページ | 番外編 (TASCO 132T用収納ケースを考える) »

2020年10月11日 (日)

番外編 (車内で眠る地域猫)

台風一過。

いい天気になりました。

暑いっすねぇ。

もう一時の暑さじゃないんだけど、ここ数日涼しかったからギャップが大きい事。


今日は昼食後にお世話に出掛けましたよ。

もう満腹で出てこないかなぁって思ったんだけど、食べ逸れている猫はいました。

平日と違って人が多いので、いつもの場所から離れちゃう子もいるんですよね。

そういう子達は誰かが来ても気が付かない。

というか、いつものエンジン音とかじゃないと出てこない。


いつものように近づくと草むらから5~6匹が飛び出してきました。

他の子は寝ているようです。

あの茶虎も出てきましたよ。

クシャミをしているので風邪をひいたのかな?

こちらのお世話を終えて、もう一つ、ちょっと離れたところに行くと黒猫1匹を除いて他の子達が出てきました。

こちらの猫は東屋の猫達とは違って殆ど人慣れはしていません。

知っている範囲では、自分/バイクで来るおじさん/不定期で来るおばちゃんの3人なら出てきますが、他の人では出てはきません。

餌を置いていく人もいるのですが、カラスに食べられちゃうだけですね。


そこの猫の白黒猫が今のお気に入り。

お世話が終わっても大体近くでくつろいでいます。

自分が椅子を出して座っていたら、その椅子の置いてあった場所(車内)に上がってきて寝てしまいました。
Sleeping_cat

他の雄猫を気にせずにゆっくり出来るのかな?

暫く寝かせてあげましたよ。


でも、ただ寝かせておく訳がありません(^^;)

いたずらし放題ですから・・・。

前足の肉球。
Front_reg

後ろ足の肉球。
Rear_reg

指って結構長いんですよ。

拡げたり、指の長さを確認したり、弄り回しました(^^;)

夢でも見ているのか、時折、ピクピクしていました。



寝顔のアップ。
Face_up

そしてビーチク。
Nipples

まぁ、この子は起きている時でも何をしても怒りませんが。

前はヤンチャで爪を出したり噛んで来たりしましたが、今ではすっかり人との付き合い方を覚えたようです。

この子の兄弟の焦げ茶猫がいなくなってから、その代わりを務めてくれていますよ♪


ここのところ、TANZUTSUネタとかの連投でしたから、こういうのもたまにはいいでしょ。

« 番外編 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンドを考える その3) | トップページ | 番外編 (TASCO 132T用収納ケースを考える) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩写真」カテゴリの記事

コメント

なんかいいねぇ。ほのぼの。
茶虎も元気みたいで一安心。冬までに体力つけないとね。^^ノシ

あっ、そうそう、昨日の立体視撮影の件だけど。
「是非やってみて欲しい」と興味本位で振ってみたものの、色々考えてみたんだけど難しいと思う。
そもそも通常の(あの天体の立体視は例外中の例外)立体視撮影って、広角系のレンズを使ってパンフォーカスで撮り、近い部分と遠い部分の視差の違いを出すというのが基本なんじゃないかな?(やったことがないのでよくわからないけど)
望遠でしかも被写界深度を調整できない望遠鏡でやると、どうしても遠景になってしまい、しかも今作ろうとしているtwin鏡筒バンドの基線長(←あってる?)はせいぜい200㎜程度。
視差がほとんどでない気がする。
Youtubeによくある”~をやってみた”ぐらいの気持ちでやってみるのは面白いけど、結果を求めるには「ちょっとどうだろう?」だね。
個人的には結果がどうなるか非常に興味はあるんだけどね。

ホッコリしていただけましたか(^^;

大丈夫ですよ、結果を求めるつもりは更々ありませんから。
ついでにやってみる程度です。

>こういうのもたまにはいいでしょ
もっと増やしてください(笑

オッ!需要がありますか!
結構写真としては撮るんですよ。
だけど、ブログの趣旨としては・・・なんていうほどのブログじゃありませんが(^^;)
チョイチョイ挟んでいきますので、期待せずにお待ちください。

是空様。i*matと申します。書き込まれてるコメント時々拝見させていただいてます。
私が立体望遠鏡と誤解したせいでご迷惑(笑)お掛けしてるようで・・・でも前件で書かれたコメントリンク先を見て、すごいことやってる人がいるもんだと。私的にはビックリです。有用な情報を得ることができ、この場(?)をお借りしてお礼申し上げます。
8×30の双眼鏡でも地上景色を見ると、遠近感が異様に強調されて見えますね。ましてやBORGで超望遠なら・・・きっと、富士山頂に沈む/上る月面を見事なステレオ写真に活写していただけるんでは無いでしょうか、地の利を生かしたカメラde遊ingさんなら・・・きっと・・・

富士山と月が絡む場所まで行くのはちょっと遠すぎますねぇ・・・。
合成でいいですか(^^;)

ポロの双眼鏡で見る風景は立体感があって素晴らしいですよね。
今はダハが主流になっちゃったけどポロの見え味は捨てがたいっすよね。

カメラde遊ingさん、ゴメンナサイ。つい見た目で立体望遠鏡とフザケテみました。
冗談ですので、真に受けないで下さい・・・
真面目な話、多鏡筒でミラーレスを使うって合理的と思います。バッテリ使って赤外リモコンならケーブル類がスッキリするしPCも不要で取り回しがラク。

時々のネコの話題も共感しながら拝見してます。けど、遥か昔、最後に飼ってた老ネコを思い出すので、チョット悲しくなる・・・お写真によく似た、白地に上からトンカツソースを垂らし掛けたような模様のネコでした・・・

白い毛を持つ猫ってちょっと独特ですよね。
日に当たると白い所と有色のところで温度が全然違う。
あの感触が・・・。
とか言いながら、黒猫が好きだったりするんですけどね(^^;)

i*matさん、はじめまして。^^コメントハ ミテルケドネ
>私が立体望遠鏡と誤解したせい~
以前から(特ににゃあさんのウォーリーを見た時)、2連鏡筒がステレオカメラに見えてしょうがなかった。
たぶん、多くの人がそう見えるんじゃないだろうか?
あのリンク先の立体視はすごいね。手間も半端ないと思うけど。
最近、木星の自転が早いのを利用して、その時間差を視差に見立てて立体視する人をTwitterで見つけた。
ビョ~ンとは飛び出さないけど、なかなかの立体感が面白いと思った。
その人曰く、「惑星を撮影している人で、それをやってる人は結構いる」とのことだった。
面白いことを考える人っていっぱいいるなぁ、っと。

望遠鏡での立体視撮影がどうなるのか試してみるということなんで、どうなるのか楽しみにしてる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンドを考える その3) | トップページ | 番外編 (TASCO 132T用収納ケースを考える) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ