« 工作室 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンド 試作編) | トップページ | 工作室 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンド 試作編 その3) »

2020年10月19日 (月)

工作室 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンド 試作編 その2)

最後のパーツ類の印刷に掛かっています。

朝、出掛けに一番長い時間を要するパーツ類の印刷を始めておいて、帰宅をしたら出来上がっていましたよ。

この3Dプリンターは動作が安定しているので、安心して印刷しっ放しにしておけます。

レビューをいろいろ見ても、火を噴いたとかの深刻なトラブルは見掛けませんしね。

自分も何度も印刷しっ放しにして出掛けていますし。


印刷済みのパーツ達。
Twin1
↑はベースになるパーツです。

それぞれ別に印刷していますよ。

右側のパーツが、今回の中では一番サイズが大きいモノになります。

ラフトが使えずビルドシートに直に印刷したので、修正が大変そうです。

側面を見ると荒れているのが分かるでしょ。

シートに接着するために、始めの3層ぐらいまでシートの温度を上げて印刷するからこうなるんだと思います。

ちなみに、そのせいか若干高さが足りませんが、誤差の範囲です。

まぁ、仕方がないですね。


↓こういうラフトが使えるとそういう問題が解決されますが、印刷時間はその分長くなりますし材料も余分に必要です。
Twin2

コレが今回一番印刷時間を必要としたパーツ。
Twin3
単純に数が多く高さもあるから時間が掛かるんでしょうね。

およそ9時間程掛かっています。


最後の印刷は23時半ごろに終わる予定。

明日から修正や若干の加工を加えて、週末には使える状態に持っていこうと思っていますよ。

一発で成功していると嬉しいな♪。

試作=本番用となるように祈っております。




さて、オマケの写真。

最近、地域猫のメンバーに加わった子猫たち。

この子が一番小さい茶虎。
Kitten1
カリカリをバクバク食べています。

冬に間に合うかなぁ?



そして黒白猫の片割れ。
Kitten2
遊び方を覚えたようで、爪も出さなくなったし、噛みついて離さない癖も直りましたよ。

もう1匹は寝ていました(^^;)

そちらは鼻は黒くない、所謂ハチワレです。

« 工作室 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンド 試作編) | トップページ | 工作室 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンド 試作編 その3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

miniBORG50関連」カテゴリの記事

工作関連」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

一枚目の写真みて、リボルバーのサイドプレート?って一瞬思いました(^^;
使いこなしてますね

最近youtubeのお気に入りの猫が亡くなって、ちょっと落ち込んでました
毎日見てると思い入れがねぇ、マツコDXに気に入られて、TVにでたり
一気に40万人くらいチャンネル登録増えたりしてたので、人気もありましたし
他の子(猫と犬)もいるんで、ちょっとづつでも投稿が再開されるといいんですが

以前はたまに家の庭や縁台で日向ぼっこしてる猫がいたんですが
最近は全く見なくなりました、リアル猫に飢えてます(^^;

おぉ、茶虎~。^^ノシ
寒い冬までにはまだ時間は十分ある。
しっかり食べてスタミナをつけるんだぞ。

茶虎の写真、ありがとう。
元気にしている姿を見てひと安心した。^^

ちゃくちゃくと作業が進んでる様子。👍

最初の写真がリボルバーのサイドプレートなら、3枚目の写真はエンジンヘッドのパーツだな。
カムシャフトをさがしてしまいそう。^^

銃の密造?
暴発して大怪我しそうですね(^^;)
今後、チョイチョイ猫写真を入れていきますよ。
期待しないでお待ちください。

強度を考えると、本当は寝かせて印刷したいんですが、上手く造形されないこともあるので仕方なく縦に印刷しています。
中身を100%で印刷したかったんですが、時間も考えて50%にしたら、ピンの1本はラフトから剥がす際に折れてしまいましたorz
不用意に捻ったらポキッて・・・。
どうせ、不足分を印刷するなら、全部寝かせて作り直そうか検討中です。
それか、ネジを買ってこようかな?

ちなみに一番上のコメントの名無しの権兵衛さんは、おいらじゃないよ。
念のため。

多分、魔流さんだと思いますよ。(違ったらごめんなさい)
是空さんも銃関連と猫関連で来たので、お二人の話題に沿って返信いたしました(^^;)

難しいですね。強度と精度の両立。
縦方向の積層はどうしても弱くなっちゃう。FDM方式の宿命ですかね。
いっそ、ナナメにしたらどうでしょう?

斜めはやったことが無いです。
いいかもしれませんね、今度やってみます。
横は、サポートとの接触面が変形してしまって、修正がとても大変でした。
やっぱり縦でインフィル100%が、やったことのない斜めを除いて一番かな。
負荷が掛かるところだから金属にするのがベストでしょうけどね(^^;)

あ、名前入れるの忘れてました
結構大きいサイズだったんですね
大きな物だとフィラメントの残量気になりそうですね
自動ストップや再開出来たらいいですけど

あ、やっぱり。

フィラメント切れ検知はないんですよ(^^;)
でも、先月交換したばかりだからまだ大丈夫です。
スライサーでどのぐらいの長さが必要か分かっても、スプールには残量確認が出来るような目安も何もないんでどうにもなりません。
おおよその残量が分かる目盛とか付けておいてくれればいいのに・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 工作室 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンド 試作編) | トップページ | 工作室 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンド 試作編 その3) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ