« 番外編 (中華製レーザーコリメーターの恐怖、再び!) | トップページ | 番外編 (ほぼ完璧?TASCO 132Tのジフラクションリング、でも課題が・・・) »

2020年10月 4日 (日)

工作室 (TASCO 132T用光軸チェックツール これで完結?)

天気が悪いのでこの作業に集中できましたよ。

とは言え、ちゃんと家事もやっていましたよ。


なぜ何度もこんなことをするのか言っておきますと、光軸チェックはレーザーコリメーターで出来るのですが、その結果が気に入らないのです。

修正完了した後に正面から見ると、斜鏡のホルダーが微妙に傾いて見えるんです。

コレが気持ち悪くて・・・また、ジフラクションリングが歪んだドーナツ状なのはそのホルダーが影響していると考えているからなんですよ。


まず疑っているのは接眼筒が傾いているのでは?ということ。

それをチェックする方法が分からなかったので、こんなモノを作ってみましたよ。
Eyepiece_checker
接眼部からオモリを垂らして傾きをチェックしようというモノです。

具体的にはこんな風に使います。

前面のネジ穴を利用して糸を張っておきます。
Fig1

そこに接眼筒から垂れてきたオモリを吊っている糸が鏡筒の中心を通っているのかを目検でチェックします。
Fig2
鏡筒内部下面に有る印はレーザーコリメーターが照らした位置。

 ・レーザーコリメーターは再校正してあります。
 ・鏡筒の凹みによる接眼筒の傾きは一応修正してあります。

写真ではボケてしまって見えていませんが、ネジを利用して張った糸が中心に作るひし形の中心を、接眼筒から垂らした糸が貫いています。

そしてオモリの先端はレーザーコリメーターが照らした印の真上に来ていました。

接眼筒の垂直性は水準器を使用して慎重にセットしましたので、ある程度信頼できると考えています。

見た目に重りの糸も接眼筒中心にあるように見えました。

って事は接眼筒の傾きは修正できたって事でOK?。


次に前面のガラス板に固定されている斜鏡ホルダーを、ガラスに対して垂直に保ちます。

写真を撮り忘れたのですが、スコヤの底面に保護シールを貼ってガラスに当て、ホルダーの垂直を光軸修正機能を使って慎重に出しました。

で、組み立てていくのですが、ガラスの固定ネジをほんの少し緩めて組み立てました。

接眼筒から斜鏡の位置を例のツールを使って確認するといい位置にあります。


いよいよ光軸の最終チェック。

接眼筒から補正レンズを外します。

レーザーコリメーターをセットし、前面から主鏡のセンターマークを覗き込みます。

少し右へズレていました。

ここでポイント。

斜鏡の光軸修正機能は使いません。

垂直にセットされているなら、ガラスを左へ少し回転させればセンターマークにレーザーが当たるはず。
Laser_col2

成功です!!!

ガラスの固定ネジを確実に締め込みます。

そして反射光がどうなっているのかチェックすると・・・。
Laser_col

中心に帰って来ていました!


さて、ジフラクションリングは改善されたのか・・・。
Diffraction2
Diffraction1
リングにはなっていませんね(^^;)

外像・内像どっちがどっちか分からなくなっちゃいましたが、今までで最高の出来です。

でも歪んでいますね。

まぁライトが正対していないのかも知れませんし部屋の中という近距離でやっていますから・・・、他に何か原因があるのかも知れませんが、ひとまず納得しました。

あとは実際に星でチェックしてみます。

でも、もうお腹いっぱいかな?


ここから先は、あれこれ使い倒して楽しもうと思いますよ。


※追記
これについて書くのを忘れていました。
一昨日、接眼部を手持ちのパーツでアメリカンサイズに変更するために3Dプリンターで作ったアダプターです。
M31p07tom42p075_ad
TASCO 132Tの接眼部M31P0.7からTリング用のM42P0.75に変換します。
手持ちの31.7mmスリーブがM42P0.75対応だったのです。
Tリング規格なら他にもいろいろ接続できそうだし便利かも・・・。
今はもともとのツァイスサイズの延長筒を外してコレをねじ込み、31.7mmスリーブを付けて使っていますよ。

« 番外編 (中華製レーザーコリメーターの恐怖、再び!) | トップページ | 番外編 (ほぼ完璧?TASCO 132Tのジフラクションリング、でも課題が・・・) »

工作関連」カテゴリの記事

機材メンテナンス」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

TANZUTSU(TASCO 132T))」カテゴリの記事

コメント

難しい・・・
接眼筒が斜めってると修正が簡単ではないんですね。
昔読んだ入門用の取説に書いてあった、目で覗く式の光軸調整法じゃあとてもそこまで書いてなかったですね。製品を信用しなさいと。
もう修正完了されたようで今さらですが、接眼軸が斜めってたら焦点内外像で像(視野)が移動することでもチェックできないでしょうか?(芯出しが不充分なレンズを回転させる原理ですが・・・)

まだ、出来る事がありそうですか!
もうちょっと望遠鏡の事を勉強してみます。
図書館へ久し振りに行ってみようかな?

よーく見ると接眼筒を上にして正面から見た場合上方向に斜鏡が向いているようです。
接眼筒が主鏡とは反対方向に傾いている?
もしそうなら仕組み的に修正が難しく、斜鏡の光軸修正機能を使うしかないのかな?
まぁ現状を星で確認してから試してみます。 

若干置いてきぼり。ついていけず。><
実戦リザルトを待つ。

アハハ(;゚∇゚)
こんなのやっている本人にしか分かりませんよね(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (中華製レーザーコリメーターの恐怖、再び!) | トップページ | 番外編 (ほぼ完璧?TASCO 132Tのジフラクションリング、でも課題が・・・) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ