« 工作室 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンド 試作編 その3) | トップページ | 番外編 (望遠レンズでステレオ写真を作ってみた) »

2020年10月21日 (水)

工作室 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンド 試作完了)

ジョウビタキのメスをこのシーズン始めて見ました。

探しに行けばもっと早くに見掛けているとは思いますが、バードウォッチングにはここ数年出掛けていないんですよね。

去年のブログでは10/23が初見のようなので、こんなもんなんでしょうね。

けむけむさんが熱中しているイソヒヨと大きさは大分違うけど、フォルムはよく似ています。

この鳥も可愛いんですよね。

地域猫のお世話をする東屋におこぼれを食べにくるオスが、今年も来るといいなぁ。




さて、MiniBORG50のTWIN鏡筒化、完結した感じですよ。
Twin_borg_r
Twin_borg_l

中央の補強プレートにスポットファインダーでも付けられるようにカメラネジを用意しておいたんですが、今の鏡筒の組み方ではプレート固定ネジと干渉してしまうために使えません。

まぁ、そんなに使う事もないと思うのでそれはいいかなぁ。

どうしても使う必要があればまた考えます。

ということで、試作品=本番用ということで完結です。

後は活用ですね。


写野調整の機構はスムーズ且つしっかりとしており、期待以上の出来となりました。

地球深部探査船「ちきゅう」に写野を合わせてステレオ写真を作ってみましたよ。

交差法平行法です。
Chikyu_20201021211501

※ステレオ写真の作り方を忘れてしまいました。
↑の写真は左のカメラで撮った写真を左に置いて作りました。
なので、↓は左のカメラで撮った写真を右に置いて作りました。
都合のいい方で見てください(^^;)

こっちが交差法。

Chikyu2

あとはバルブ撮影の制御を2台分しなきゃいけないんで、今の仕組みを少し変更します。

今はスマホのアプリでスケジュールを組んで、赤外光をオーディオ用の光デジタルケーブルを使ってNEX-5Nの受光部へ導いてコントロールをしています。

これを途中で分岐して一台のスマホで2台のNEXをコントロールするつもり。

同じスマホを2台持っているので、別々にやってもいいんですが、まとめられるモノはまとめたいですから。

大昔に買った分岐アダプターが、何処かに眠っているハズなので掘り起こしてテストしてみますよ。



ちきゅうの写真を撮った後に、木星と火星にチャレンジしてみました。

今日も強風です。

車の陰に隠れて固定撮影してみましたが、撃沈しました。

一応、動画で撮ったモノから処理してみましたよ。
Jupiter_pipp
Mars_pipp
やっぱり、VMC95L+NEXでは模様迄捉えるのは無理かなぁ・・・。

« 工作室 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンド 試作編 その3) | トップページ | 番外編 (望遠レンズでステレオ写真を作ってみた) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

miniBORG50関連」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

工作関連」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

おお、すばらしい、ツイン鏡筒ですね! カメラも横位置で二台並んでますし、交差法で立体に見えましたよ。大成功ですね。赤外線の工夫も楽しみです〜

試作=本番で良かったですよ。
材料が無駄にならずに済みました(^^;)

実は、交差法と平行法の撮り方(作り方)、忘れちゃったんですよね。
トーイン(2つのカメラが同じ物を中央に捉えている)で撮ったんですが、左のカメラで撮った写真を左に置いて作ったんですが、これって平行法?
交差法なら右と左を入れ替えるんだっけ?
う~ん、両方作って貼っておくかな(^^;)

ちきゅう探査船のパノラマ良く見えます。
左右の視野の一致すごいですね。調整機構スバラシイ働き。

パノラマってシンプルですけど臨場感がすごいです。
左の写真を左に置く>この説明ですと、平行法では?背後の山並みとちきゅう号のやぐらの重なりで見ると、上のほうが平行法だと思います。下が交差法かな?小さい画像、平行のほうが見やすいです。

miniBORG-TWIN、外観がメカメカしくって、何か測量機器的にも見えますね?

やっぱり逆でしたか~(^^;
しばらくは星空は見えない感じなのでステレオ写真ネタが続くかもです。

おっ!ちゃんとパノラマしてる。◎◎;
短い基線長で望遠のパノラマはダメかと思ったけど、やってみないとわからないということだね。

これでいろいろ撮ってみましょうかね。
どういうのが被写体としていいのか探ってみますよ。
星空では試せそうもないので・・・。

× パノラマ
〇 ステレオ
だね。
つられてしまった。^^;

オット失礼!パノラマ×、ステレオ〇でしたね。どちらも好物なのでつい間違えました。気取らず立体写真って書けばよかったんですね。
NEX5をスケジュール組んでコントロールできるスマホアプリってどんなのですか?興味あります。続報期待。

無料アプリのDSLR Remoteってヤツです。
スケジュールってのはおおげさかな?要はバルブ撮影の細かい設定が出来る赤外線リモコンのエミュレータみたいなので、各メーカーのリモコンがわりにスマホが使えるアプリですよ。
今のスマホには赤外送信機能はありませんから昔のスマホをジャンクで手に入れて使っています。
I*matさんは市販のレリーズタイマーを改造されてるんでしたね。
その方が良いと思います。
そういうことができなかったので当時持っていたスマホとアプリを使ったんですよ、何も買わずに出来たので。

今のスマホには赤外送信機能はありません>ナルホド・・・そう言えばirDAでしたっけ?とかも余り聞かなくなりましたね。
NEX5で露出時間とかを変えてプログラム撮影できたら便利かな~と思ったので。

多段階露出の撮影をあらかじめ設定しておくって事でしょうか?
アプリが組める人だったら結構簡単そうですね。

実はプログラム露出もそうなんですが、NEX-5(5Nでも)カメラコントロールできるPCアプリがないかな?と思ってるんです。キヤノンのEOSリモートのようにPCで操作できれば、暑さ寒さから解放されて自宅リビングからリモート撮影できるな~って不届きな妄想が膨らんできて・・・

天候が回復してminiBORG50TWINが本気の実力を見せてくれるのを待ってます!

望遠鏡の専用部屋があるとそういう考えに至りますよね、羨ましい。
TWIN化したら双眼鏡にもできるような気がしてきちゃいました。
対空双眼鏡になれるかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 工作室 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンド 試作編 その3) | トップページ | 番外編 (望遠レンズでステレオ写真を作ってみた) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ