« 工作室 (TASCO 132T用収納ケース その1) | トップページ | 番外編 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンドを考える その4) »

2020年10月15日 (木)

工作室 (TASCO 132T用収納ケース その2)

ハイ、前回の続きです。

24時間後の状態です。
1st_20201015210301

膨張のピークは終わったみたい。

完全硬化しているのかな?

金串で確認できる部分は問題なし。

底の部分は望遠鏡を掘り出さないと分からないので、チマチマと邪魔な部分を取り去ります。

カッターナイフなどで切れ目を入れて、ペンチ等で千切っていきます。

望遠鏡に傷を付けないように進めていきますよ。
T_1st

おっと、底部はまだ硬化し終わっていないみたい。

霧吹きで水分を与えてしばらく放っておきましょう。



次のVMC95L用ケースはどうでしょうか?

同じ要領で邪魔な部分を除去します。
V_1st

こっちは完全硬化していましたよ。

茶色いのはベースにした過去の作成物。

この頃は慣れていなくて底部が薄く出来ちゃって、ハッキリ言えば失敗作。

今回はこれに下駄をはかせて厚みを作り、大きくなったケースに合わせて回りも盛りました。

ひっくり返して写真を撮りましたよ。
V_2nd

見栄えを整えて完成です。
V_fin

このケースにはオプションの中蓋というか小物入れがあります。

望遠鏡と干渉するだろうと思ったので買わなかったんですが、これを参考に使えそうなら買ってこようと思いますよ。

干渉する部分の修正が簡単そうなら、望遠鏡の押さえの蓋としても使えそうだしね。



さて、TASCO 132T用ケースはどうなったかな?

硬化したみたいです。

写真は小物入れのブロックを取り去ったところです。
T_2nd

底に黒く見えているのはABSで作った望遠鏡用の下駄です。

コレも見た目を整えて・・・あ、その作業は、出来上がった緩衝材を取り出し、側面に必要な高さの線を引いて長さのある刃物で切り揃えるというものです。

自分は包丁を使います。

切れ味はいいし、軽い力で切り揃えられました。
T_fin

一つだけ失敗が・・・このケースも小物入れが付いているんです。

充填前に確認した時には、ギリギリでケースを閉じることが出来たんですが、硬化に伴う膨張によって望遠鏡が少し浮いたみたいです。

ということで、小物入れが使えなかったんですよorz...

望遠鏡にも重しを載せておけば良かったかなぁ。

まぁ、小物入れは今回作ったスペースがあるので要らないと言えばいらないんですが・・・。

底部を少し削れば使えると思います。

でも、様子をみてからにします。


ということで、ケースの作成はこれにて終了。

細かい修正はするかもしれませんが、これで一段落です。

凝る人なら緩衝材の表面に布を貼るとかするかもしれないですが、自分はこれで納得です(^^;)

« 工作室 (TASCO 132T用収納ケース その1) | トップページ | 番外編 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンドを考える その4) »

工作関連」カテゴリの記事

VMC95L関連」カテゴリの記事

TANZUTSU(TASCO 132T))」カテゴリの記事

コメント

発泡ウレタンにこんな用途があるとは。ぴったりボックスが完成ですね。下駄を履かせてあるのがポイントでしょうか。箱のなかで、望遠鏡が転がらないのがいいです。このアイデアほかにも活かせそう!

ちょっと詰めの甘いところがありましたが、概ね満足です。
なんせ、数年に一度しかやらない作業なので、細かい勘所などは忘れちゃってたりします。
こうやって記録しておけば次には完璧なモノが出来る・・・かも知れません(^^;)

デコボコ部分をスパッと切れば、スカッときれいに仕上がるんですね。

赤いビロードを貼ればゴージャス感満点!

固めるのに水を使ってますけど、水分は残らないんですかねえ?光学製品なんで湿気とかダイジョブなんでしょうか?

確かに布を被せて接着すれば、高級なものをしまうケースにもなりそうだね。
でもビロードは分厚すぎないか?^^

>i*matさん
どうなんでしょう?
水と化学反応?を起こして発泡硬化するとは言え、その水分が残っている訳じゃなさそうですよ。
過去に水分が原因のトラブルは起きたことが無いです。

>是空さん
ビロードの生地ですが、ちょっと調べたところ135cm×10cmで500円ぐらい、+送料が880円。
10cm単位で購入できるみたいですが厚さが書いてなかったですね。
先に取り寄せておいて、その厚み分何かを望遠鏡に巻いてから防水処理をすればピッタリに出来そうです。
まぁ、元がジャンク品なんでその気はないですけど(^^;)
ケースの無い新品とかが手に入ったらやってみるかも知れません。

型を取ったところにかぶせる布って、裏地みたいなペラペラで皺のできにくい素材のイメージが強い。
骨董品の霧箱のイメージなのかな?
シルクは高いので昔ならレーヨン一択なのかもしれなけど、いまだとなんだろう?
キュプラとかよく見るけどね。それがどんなものかはよくわからんけど・・・

ウラジミール・キュプラスキーですか!
スーツとかの裏地に使われている奴でしょ?

実際に使うなら100円ショップの「貼れる布」シリーズかなぁ。
安いし(^^;)

>100円ショップの「貼れる布」シリーズかなぁ
それ👍

現実的でしょ(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 工作室 (TASCO 132T用収納ケース その1) | トップページ | 番外編 (miniBORG50のTWIN鏡筒バンドを考える その4) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ