« 工作室 (TASCO 132T用に光軸修正可能な主鏡セルを作る その2) | トップページ | 番外編 (「TASCO 132T」にデュアルスピードフォーカサーを付けたい) »

2020年9月23日 (水)

番外編 (調整済みの「TASCO 132T」で遠景を見てきた)

元TOKIOの山口君は、やっぱりダメダメ人間だったんですね。

別にファンではなかったけど飲酒運転で逮捕のニュースを見てガッカリしました。



さて、整備が終わったTANZUTSU。

星を見たくてウズウズしています。

だけど、星なんて拝めるような天気じゃありませんから、遠景で我慢します。

まず、ファインダーの照準を合わせて、次にはトライバーティノフマスクで光軸の確認です。
Pint_check
相変わらず上手く撮れていませんが、スマホでお手軽に撮りました。

眼視ではバッチリ合っています。


これ、実は光軸調整後に主鏡セルを外しています。

前回の主鏡にセンターマークを入れた件の写真、アレ撮り忘れていたので調整後に撮ったんですよ。

イモネジさえ触らなければ、光軸はそんなに狂わないことを確認したい気持ちもありました。

万全を期すなら、イモネジが当たるホルダーの部分に金属を配置するとか、ネジに硬めのグリスを塗っておくとかするともっといいかもしれないですね。


そして、再びスマホでコリメート。

さっきの場所は光量が足りずにスマホではブレてしまうので、もっと明るい所に合わせて撮影。
K20mm
それでもブレていますが、さっきよりはマシ。

アイピースはビクセンのK20mmです。

良く見えているじゃないですか。

最初の状態を思えば上出来ですよ。


天気が良くなったら火星とか木星とか土星あたりを、そうだ月も見なきゃね。

« 工作室 (TASCO 132T用に光軸修正可能な主鏡セルを作る その2) | トップページ | 番外編 (「TASCO 132T」にデュアルスピードフォーカサーを付けたい) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TANZUTSU(TASCO 132T))」カテゴリの記事

コメント

ファインダーが曇っていたり、筒が凹んでいたりと傷んでた望遠鏡が3Dプリンタのちからを借りて蘇るというのは、見ていて感動ものでしたよ。どんなふうに星空が見えるか楽しみですね!

ホントに楽しみですよ。
過大な期待をする訳じゃなくて、ちょっと変わったこのTANZUTSUの使い道を考える上で、どんな見え味なのか早く星を見てみたいですね。
台風一過でいい天気にならないかな?

めちゃめちゃクッキリ見えてる。
これは星も期待していいでしょう。👍

うぉっ!ケルナーだ!!
最近あまり見なくなったケルナー式だけど、オルソとケルナーは超憧れだった。
以前、天リフ編集長が言った”昭和のケルナー”という言葉に笑ったけど・・・
^^

TANZUTSUユーザーのレビューでは前面のガラス板が本当にただのガラス板なのでコントラストが上がらず、木星の縞模様とかのニュアンスを表現するのが苦手と評価されていました。
自分的には木星が見えればそれでいいんです。
何せジャンク品ですからね。
24.5mmのアイピースって新しいのあるんですかね?
中古市場で古いやつしか見た記憶がないんですが、昭和の~とかキャッチをつける必要もないような・・・。                

木星がクッキリ見えるといいですね。
早く天候回復してくれないかな。

ケルナーと言えば、確かに、昔買ってもらった望遠鏡のアイピースセットに1本ついてた。
寿司の盛り合わせに中トロが1カン、みたいに。
私のはK25mmだった・・・

スコープタウンとかまだツァイスサイズ売ってました(^^;
国産らしいです。

大体3本セットですよね。
高倍率はOrの6ミリとかで。

素晴らしいです! これはジフラクションリングもいけるのではないですか?
木星を見るのが楽しみですね。自分のTANZUTSUも出して来たくなりました!

今度確認してみます。
ちゃんと同心円になっていたらいいなぁ♪。
なってなかったらそれはそれで楽しみが増えます(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 工作室 (TASCO 132T用に光軸修正可能な主鏡セルを作る その2) | トップページ | 番外編 (「TASCO 132T」にデュアルスピードフォーカサーを付けたい) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ