« 番外編 (インサートナットを3Dプリンター作成物にどう使えばいいのか) | トップページ | 工作室 (TASCO 132T用に光軸修正可能な主鏡セルを作る その2) »

2020年9月21日 (月)

番外編 (インサートナットを使って主鏡を固定できました)

日中、市中を車で走りましたが、まぁ、どこもかしこも混んでいます。

県外ナンバーが多い事。

ニュース通りコロナをケアして車での小旅行が多いんですかね。

自分の住む地域には世界遺産をはじめ様々な観光施設があるので、あちこちで渋滞が起きていました。

ちょっとした買い物に行ったんですけど、思いの外時間が掛かってしまって疲れちゃいましたよ。

経済的にはいいのかも知れませんが、コロナの拡大だけは勘弁して欲しいなぁ・・・。

そうならないように祈るしかありません。




さて、標記の件ですが、当初考えていた方法でインサートナットの埋め込みに成功し、主鏡の固定が完了しました。

その方法は。
・2.5mmのインサートナットを2.6mmに改造する。
・3mmの長めのキャップボルトから2.6mmのボルトを作る。
・そのボルトに作成した2.6mmのインサートナットをセットし釘を打つように所定の位置に埋め込む。
と、こんな感じです。

まぁ、2.6mmに固執しなくてもいいんですが、3mmだとスペース的にちょっときついかなぁって感じなんですよ。

オリジナルのパーツを使っておけば、保管中に無くなってしまうこともないだろうと。

特にネジとか小さいパーツは無くしやすいからね。


幾つかプロショップに行って2.6mmのキャップボルトは無いことを確認しました。

予定通り3mm長さ40mmのキャップボルトを3本買ってきましたよ。

それを2.6mmに作り替えます。
Lathe
オモチャの旋盤で一部を削って・・・。

ダイスにてネジを切って完成。
Asmbl_tool
長めのモノと短いのを2本、計3本作っておきました。


これに2.6mmネジ用に改造したインサートナットをセットして打ち込みます。
Howto
目論見通りに出来ました。

打ち込んだらボルトだけ回して外せばいいのです。



ただ、これで素直に終わらないところが自分らしい(^^;)

ちょっと確認不足で、この主鏡セルの形状が違うことにこの時点で気付きました。
Main_mirror_back

分かります?

主鏡は凹みに収まっていたんですよ!

クリーニングの際には固定具を外さずに横着したので気が付かなかったよorz...


今見えているのは主鏡の裏側です。

シベットさんのブログだったかなマリーチさんのブログに、”焦点距離?がマジックで書いてある”とありましたが、ホントにありました。

今回、主鏡を外して洗ったらこのマジックの文字が消え掛かっちゃいましたよ。

自分で書いておこうかな?



まぁ、窪みは見なかったことにして組み付けます(^^;)
Main_mirror_set
固定具が斜めっていますが固定は出来ました。


とりあえずTASCO 132Tに組み付けておきました。

天気が良かったら、何か見てこようかな?


このままでは接眼部のドローチューブを余分に出さなきゃならなくなるので、主鏡セルは再度作り直します。

次で完成ですよ!!!多分・・・。

« 番外編 (インサートナットを3Dプリンター作成物にどう使えばいいのか) | トップページ | 工作室 (TASCO 132T用に光軸修正可能な主鏡セルを作る その2) »

工作関連」カテゴリの記事

機材メンテナンス」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

TANZUTSU(TASCO 132T))」カテゴリの記事

コメント

インサートボルトがうまく入ったみたいで👍
勝算がありそうな雰囲気は、読んでいて文章からも感じられたけどね。

凹みの件は・・・
掃除のときにはずさなくても、設計するときにはずして確認しそうなもんだけど。^^;
まぁ、これも読者サービスだよね。

形になってきましたね。
旋盤登場。ウラヤマシイウラヤマシイ。ウチじゃ無理ですけど。技術も無いし。
ネジのサイズと比べてみると、かなりφの小さいミラーですね。
剥き出しのミラー見てたら、ナイフエッジで素性を診てみたくなります。

>是空さん
見た目に凹みがあるように見えなかったんで確認しませんでした。
今、そのつもりで見ると、そうだよなぁとは思いますが(^^;)

>i*matさん

ちっさい旋盤ですよ。突起物全部含んで横幅30センチほどです。Amazonで¥25,000ぐらいで売っていますが、お勧めは出来ないです。自分はヤフオクでジャンクとして出品されているのを安く手に入れましたが、使えるようにするまでにはいろいろありましたε=( ̄。 ̄;)フゥ

ミラーはΦ78で、他の方がナイフエッジで撮影した画像がネットにはありますよ。球面鏡だそうです。放物面鏡に換装している方もいらっしゃるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (インサートナットを3Dプリンター作成物にどう使えばいいのか) | トップページ | 工作室 (TASCO 132T用に光軸修正可能な主鏡セルを作る その2) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ