« 番外編 (「TASCO 132T」にデュアルスピードフォーカサーを付けたい) | トップページ | 工作室 (TASCO 132T用デュアルフォーカサーアダプター) »

2020年9月25日 (金)

番外編 (「TASCO 132T」にデュアルスピードフォーカサーを付けられそうになったよ)

とりあえず形になりました。

正面から。
D_s_focuser2

ひっくり返して。
D_s_focuser1

六角ボルトが近所のホームセンターで法外な値段で売っていたので買えませんでした。

なので、それを加工して実際にデュアルスピードフォーカサーを付けるのは明日以降です。

明日の買い出しの時に、そこの近くのプロショップへ行ってきます。


だってさ、M5×15mmの六角ボルト(ユニクロの普通の強度)が1本120円だって言うんですよ。

バラ売りの袋には10本入っていて12×10って書いてあって120円と値が付いていました。

って事は1本12円でしょ?

12円でも高いと思うのに(10円ぐらいでしょ)無駄足ふんだわぁ~!

まぁね、レジの女の子に何を言っても仕方が無いので買いませんでした。

他のと合わせて250円ぐらいかな?って小銭を用意しておいたら「378円です」って言われて固まりました。

「1本12円でしょ?」って聞くと「120円で登録されています」だけ返してきます。

「確認します」なら待つ気はありましたが、そう言われちゃ「じゃぁ要りません」としか言いようがない。

「他の店じゃ10円ぐらいで売ってるよ、それ。」は心の声です。


なので、今日は↑で位置関係だけ確認です。

バッチリ決まった!感じ。


剛性的に問題が無ければこのまま使うし、よれたりしてピント合わせに支障が出るようなら、この図面を参考に別の素材で作ります。

さて、どうなりますかね~♪


« 番外編 (「TASCO 132T」にデュアルスピードフォーカサーを付けたい) | トップページ | 工作室 (TASCO 132T用デュアルフォーカサーアダプター) »

工作関連」カテゴリの記事

機材メンテナンス」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

TANZUTSU(TASCO 132T))」カテゴリの記事

コメント

作図をみたときは、ノブ?が宙に浮いていたので、どう使うのかと思いましたが、こういうことだったのですね。納得です!

ネジって買うのを躊躇するときがありますよね。買えない値段ではないけれど、「え、これに100円?」とか本当、そう思います。他の店で10円で売ってるものを120円だと、私も買わないと思いますー

オリジナルパーツを壊したくなかったのでこんな感じにしました。
あの図では分かりにくかったですね(^^;)
ノブアダプタの内側に付いている溝はピントノブの溝と噛み合うようになっています。
なので空回りはしませんし、固定具無しでも外れません。
溝は54あるのですが、すべての溝を作ると造形時に失敗しそうな気がして減らしました。
このぐらいの数の溝で丁度良かったみたいです

ステンレスだとか素材が違って強度が高いとかなら納得なんですが、普通のボルトなんです。
袋の表記を見ても登録ミスは明らかなのに、あぁいう時の対応は人柄が出ますよね。
「あぁこの子は機転の利かないマニュアル人間なんだな」って思いましたよ。
レジに登録する時点で間違えていることは明らかなのに、登録されているデータが違うはずがないって思っているんでしょう。

書いてある通り、問題は剛性だよね。
こういった部分って、剛性がそのまま操作感に大きく影響するからね。

最後のパーツ「六角ボルト」を買ってきました。
10円でした。
今からこれの加工をしますので、操作感は直ぐに分かりますよ。
どうなりますかねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (「TASCO 132T」にデュアルスピードフォーカサーを付けたい) | トップページ | 工作室 (TASCO 132T用デュアルフォーカサーアダプター) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ