« 物欲 (「レデューサー0.85×DG【7885】」をヤフオクで) | トップページ | 番外編 (TASCO 132T 主鏡セル&ホルダー光軸修正機能(押し引きネジ)について考える) »

2020年9月17日 (木)

工作室 (TASCO 132T用ファインダーの対物絞り)

TASCO 132T用に作った小物のテストで、日没後の海岸に行ってきましたよ。

残念ながら星は見えません。

遠景のライトにて試してみました。


小物①
Aperture_finder
ファインダーの対物絞りです。

左からΦ9/12/15ミリで作成しましたよ。

結果、12mmなら以前より明るく見え、且つ、収差も我慢できるレベルになりました。

15mmは収差がかなり残ってしまいました。

興味のある方は、12~15ミリの間で更に最適なところを探るといいかもしれません。


小物②
前々回作成した細かいパターンのトライバーティノフマスクも、眼視で比較しました。

星相手ではないので結論ではありません。

ライト相手には線幅0.6mm/線間隔1.4mmが一番光条がハッキリと長く見えていい感じでした。

明るさで言うなら、当然一番細い線幅0.2mm/線間隔1.8mmが明るかったです。

これは星相手出ないと結論は出せないですね。



今回入手した「TASCO 132T」ですが、20キロ以上離れた街の夜景を見る限り、すごく良い感じに見えました。

こうなるともっと詳細にピント操作がしたいですね。

VIXEN VMC95Lに付けたデュアルスピードフォーカサーをこちらにも付けられるようにしようかな?

イチイチ取り外すのは面倒だけど、安価なデュアルスピードフォーカサーが売られていない現状ではこうするしか手が無いな。

六角レンチ1本あれば簡単に取り外せるから、しばらくはそれでやってみようと思います。

まずは取付用のアダプターを設計しなきゃだね。

« 物欲 (「レデューサー0.85×DG【7885】」をヤフオクで) | トップページ | 番外編 (TASCO 132T 主鏡セル&ホルダー光軸修正機能(押し引きネジ)について考える) »

工作関連」カテゴリの記事

機材メンテナンス」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

TANZUTSU(TASCO 132T))」カテゴリの記事

コメント

バーティノフの光条って、どういう条件がベストなんでしょうね?
私も遮光率?を変えて試して見ましたが、頭に浮かんだのがアポダイジングスクリーン。全く用途違いますけど、あの光条結構明るいイメージがあったんで、出来るだけ細く作ってみましたけど、明るいだけではダメなんですね。
以前話題になってた透明バーティノフも実物見たことないですけどアクリルかなんかにケガキ線を入れたもんじゃないかと想像してますけど。なら、XYプロッタにニードル持たせて試作出来ないかな、なんて妄想してます。いや、3Dプリンタでも、ヘッドに針付けてギャップを上手く調整すれば・・・妄想ですけど(妄想し過ぎるとパテントとやらに抵触しますかね?)

線幅と間隔の関係が1:2~1:1ぐらいが経験上はいい感じみたいです。
明るくしようと間隔を広げても光条は短くなるようです。

クリアバーティノフマスクは自分も実物を見たことがないですが、i*matさんが考える方法で出来るんじゃないかと自分も思いますね。
個人で使う分には問題ないんじゃないですかね?

この辺りは試行錯誤の世界だね。
ファインダーの絞りに関しては、メーカーも試行錯誤した結果なんだと思うな。
ただ、使用条件や個人の好みなどでベストが違ってきてるのかな?と。
少なくとも何も考えずにあの絞りの大きさにしたわけではないでしょう。
たぶんだけど。^^;

ワステとハステの件、おいらもめちゃいけを見たよ。
AKBのBKA(バカ)を決めるテストだったかな?^^

こだわって作られたみたいなんですが、製品化に当たってはコストに技術者の信念を曲げられた感じなんですかね。

めちゃイケですね。
面白かったけどあれを見た親は恥ずかしかっただろうなぁと気の毒にもなりましたよ。

対物の絞りも3Dプリンタならチョチョイのちょいですね。ところで、その小物①の画像ですが、緑色ですし、輪郭の黒い線もはいってますよね。私が作図するといつも色は灰色で、輪郭の線も入ってないのですが、何か違うのですか?

FUSION360ではないんですよ。
作業用PCを立ち上げるまでもないなって思って、普段使いのノートPCで書きました。
DesignSpark MechanicalというFUSION360の前に使っていた3DCADです。
動作が軽いので、これはこれでちょっと形状を考える時とかに使っています。

輪郭は”イメージのキャプチャ”を使うと表示されると思います。
レンダリングからだと消えますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 物欲 (「レデューサー0.85×DG【7885】」をヤフオクで) | トップページ | 番外編 (TASCO 132T 主鏡セル&ホルダー光軸修正機能(押し引きネジ)について考える) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ