« 工作室 (TASCO 132T 鏡筒の凹みと光軸修正計画) | トップページ | 工作室 (TASCO 132T 主鏡セルホルダーの完成&光軸修正終了) »

2020年9月12日 (土)

工作室 (TASCO 132T 鏡筒の凹み修正と主鏡セルホルダーの試作)

数日前からABSフィラメントが3スプール目に突入しました。

24.5→31.7変換アダプターなどのプリント時に、スライサーで2.9m必要というインフォメーションがありました。

スプールには4~5巻き分ぐらいしかなかったので引き出してみると2mぐらいしかなかったんですよ。

どう見ても足りません。

ということで、3スプール目に突入です。

購入にあたっては、電力会社のポイントをAmazonギフトに交換しての購入なので懐は痛んでおりません。

こういうポイントって失効する前に意識して使っていかないと勿体無いですよね。




さて、前回作ったローラーを使って鏡筒の凹み補修にチャレンジしました。
Hekomi_final

どうしても消えない凹みは別として、まぁまぁな感じになったと思います。

未補修時。
Hekomi31_20200909203701

簡易的に補修時。
Hekomi32

だいぶ良くなったでしょ?


次は光軸の修正です。

その前に、主鏡セルの固定方法に少し手を加えたいと思っているんです。

現状は主鏡セル自体では光軸の修正は出来ません。

そういう仕組みがないんです。

そもそも光軸が狂わない絶妙な組み立て方をしているのかも知れませんが、今回のように鏡筒が凹んだり等別の要因で光軸が狂う事ってあると思うんです。

だから、光軸修正用の仕組みを作っておこうという訳ですよ。

シベットさんの過去記事を拝見すると、主鏡セル固定のネジにバネを履かせて調整可能としていました。

第1案はコレを模倣して様子をみます。

最終的には普通に押し引きネジでの調整方法を取ろうと考えていますが、3DCADでの設計にあたってサイズ感が分からないんですよ。

主鏡セルもまとめて作って失敗すると痛いので、セルを固定する鏡筒のお尻側のパーツに少し手を入れて経験値を積もうという訳です。

こんな感じです。
Tasco132t_tail_cover1
上側が鏡筒側です。

反対側から見ると・・・。
Tasco132t_tail_cover2
主鏡セルを固定するネジの横にバネを入れておく穴を設けてあります。

地元のプロショップで手に入れることが出来るバネが、シベットさんが使ったようなバネが無かったんですよね。

あれは何かのバネを切断してあるのかな?

それと、バネが入る事で鏡筒と主鏡セルの間に隙間が出来るので、↑にはスカートというかそれをカバーする部分も作りました。

多少は埃の侵入とかに効果が期待できるんじゃないかと・・・。

メスネジにはエンザートを使う予定です。

今、印刷していますが25時ごろ完了しますので、明日にはサイズが合っているのか修正が必要なのか判明します。


上手くいったら望遠鏡を組み上げて光軸の修正をしますよ。

まずはそれで見え味の確認をしたいですね。

« 工作室 (TASCO 132T 鏡筒の凹みと光軸修正計画) | トップページ | 工作室 (TASCO 132T 主鏡セルホルダーの完成&光軸修正終了) »

工作関連」カテゴリの記事

機材メンテナンス」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

TANZUTSU(TASCO 132T))」カテゴリの記事

コメント

きれいに補修されてますね。しかし、鏡面保持のパーツを印刷されるとか、ほぼ自作の望遠鏡みたいなものですよ。驚きの連続です。

にゃあさんも同じことが出来る環境にいますよ。
っていうか、既に屈折の望遠鏡をやっているじゃないっすか。
今度は小型反射鏡とかどうっすか?
色収差に悩むことは無くなりますよ(^^;)

過去記事をご覧いただき、ありがとうございます! 光軸修正用のバネはホームセンターで売ってる長いやつを2巻きぐらいに切ってありますが、調整ストロークが小さくて済むので、これで間に合っています。しかし、鏡筒のへこみを修復されるとは、すでに「匠」の世界ですね。 自分も良く見える方のTANZUTSUを引っ張り出したくなってきました。
カメラde遊ingさんのTANZUTSUのパフォーマンスも楽しみにしています!

シベットさんを含め先を歩く方々が記録を残してくれているので大変ありがたいです。
その意味では去年のYahoo!ブログ終了は大きな損失でした。
完璧に移行された方ばかりではなく、テキストのみになっているサイトも見掛けますし、何よりそのまま消えてしまったサイトもあるでしょう。
自分も誰かの役に立つかもしれないと、遊んだことの記録を残していこうと考えています。

凹みの修正、完ぺきだと思う。^^v

ありがとうございます。
鏡筒の組み上げ前の最終清掃と光軸調整に夢中になっていてコメントに気付くのが遅れました(^^;)
バッチリ調整が出来ましたので、明日以降の観望が楽しみです。
今日はもう疲れたので風呂に入って寝ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 工作室 (TASCO 132T 鏡筒の凹みと光軸修正計画) | トップページ | 工作室 (TASCO 132T 主鏡セルホルダーの完成&光軸修正終了) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ