« ジャンク部屋 (ジャンク箱で見つけたモノ) | トップページ | 番外編 (フォレスターにアクセサリーの置き場を考える その10 配線) »

2020年8月 9日 (日)

番外編 (3Dプリンター「X-SMART」に回転台を設置する)

前から「何とかしなきゃ」と思っていたことに取り掛かり始めました。

それは、3Dプリンターの置き方。

今は、フライタイイング用に使っていた作業台(今は物置台)の片隅に、正面を右横に向けて置いているのです。

「X-SMART」は背面にフィラメントスプールをセットするように出来ています。

普通に置いたら背面ではフィラメントの交換が大変なのです。

横向きに置けばフィラメントの交換も出来るし、液晶パネルの操作もやり易くはないけど出来る。

唯一の不都合は、USBメモリーの差し込みが奥側になるので手探りでの抜き差しになるぐらい。


以前にも回転台を使えばいいなと探してみたんですが、合うサイズの回転台が無く小さいものばかりだったんですよね。

それに高かったし。


先日、Amazonを見てみたら直径40センチの回転台が900円ほどで売っていました。
Circuler_table
ちょっと小さいもののそれだけのサイズがあれば安定はしそうです。

耐荷重は100キロ。

22キロの「X-SMART」でも余裕。


在庫が無くて発送まで時間が掛かりましたが、今日届きました。

とりあえず置いてみると4隅の足が乗りません。

まぁ想定通りです。

足を除いた底面にはスッポリとはまる感じ。

だけどその底面は、メインボードの排気も兼ねたスリットが入っているので、このままでは熱的に不安があります。


そこで木材を使ってこんなモノを作ろうと考えています。
Xsmart_table_3d_20200809234201
「X-SMART」の足の下に敷く敷物です。

安くてソコソコしっかりしていそうな木材は1×4材かなぁ?

もうちょっと薄いといいんだけど、19mmだと底面が着いちゃうんだよね。

だけど、寸法通りにカットして余りが出るので、それを噛ませばいいでしょう。

足の置き場を窪ませる事は考えないように変更しました。

Xsmart_table_2d_20200809234301
それか、他の薄めの端材を適当に挟めばいいかな。

足の置き場を考えずに同じ長さのX形状に作るには、1×4材の長さは足りないのです。

5カ所カットか、確か木曜日なら10カットまでタダだったな。

でも1カット10円ぐらいだったと思うから50円のはず。

そのぐらいなら明日やっちゃうかな。


明日、ホームセンターをうろついていい材料があればそれに替えちゃうけど、基本1×4材でいくつもり。

250円ぐらいでしょ?

プラスカット代50円と木ネジを買えばOKじゃない?


これで、3Dプリンターがもっと使いやすくなるなぁ!

« ジャンク部屋 (ジャンク箱で見つけたモノ) | トップページ | 番外編 (フォレスターにアクセサリーの置き場を考える その10 配線) »

工作関連」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

なるほど! 回転台いいですね。うちのは奥にUSBと電源ああるので、ときどき筐体を動かさないといけません。軽く回すだけですみますものね。グッドアイデアです!

安いヤツだけどスムーズに回転しますね。
メンテナンスがしやすくなりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャンク部屋 (ジャンク箱で見つけたモノ) | トップページ | 番外編 (フォレスターにアクセサリーの置き場を考える その10 配線) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ