« 工作室 (ソーラーファインダーを試作 その2) | トップページ | 工作室 (ソーラーファインダーを試作 効果の確認) »

2020年8月 2日 (日)

工作室 (ソーラーファインダーを試作 完成(未塗装ですが))

いやぁ~参った、無駄な時間を使っちゃいました(^^;)

ビクセンのファインダー台座だと思って流用した過去のデータがアルカスイスのアリガタでした。

確認せずにこれだ!って思いこんで使っちゃったんですよね。


なので、再利用ではなく一から作りました。

「ビクセン ファインダー台座 寸法」でググったら、画像タブで国際光器さんの正立ファインダーのページがヒットし、そこにアリ溝の図面が寸法付きで出ていたので参考にさせて頂きましたよ。

サクッと設計し直してプリントし整えました。

完成画像。
Sf_remake

台座にセット。
Sf_set_for_pico6

あとは太陽相手に試してみて、具合が良かったら塗装して完成です。

« 工作室 (ソーラーファインダーを試作 その2) | トップページ | 工作室 (ソーラーファインダーを試作 効果の確認) »

工作関連」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

ビクセンのファインダー台座って軽くRがかかっているんですね。気にしたことがなかったです。こうやって寸法が公開されていると作図しやすいですね!

規格モノの寸法がわかるとノギス等で測る手間が省けて楽チンですね。
ついでに言うと3DCADデータがあればもっといいのにねぇ。

>3DCADデータがあればもっといいのにねぇ。

探せばありそうな気がする。
かなり前の事で、どこで、どんなデータだったか忘れたけど、自由に使えるCADデータが沢山置いてあるサイトを見た記憶がある。

3DCADの中にはダウンロードサイトにリンクしているのもあって型番で検索できるんですよ。
ただ自分が欲しいのとは違うんですね。
そのまま利用できるのが楽チンでいいけど、今は図面を書くのがCADに慣れる為には必要かなぁ。
寸法が分かればノギス当てながらじゃなくなるので一番いいかな。
パーツは寸法が欲しいけど、それらを構成した完成品は要らないんですよね。
やっぱ自分で楽しみながら書きたいんですね(^^;)

これ、本当に良さげですね。
眩しい日中でもピンホール光像がチャンと分かりますかね?
キレイに塗装すれば売れそう。
出来れば6月の日食の前に知りたかった。
あんなに苦労しないで済んだカモです。

バッチリ見えました。
昼にテストしてみました。
帰宅したら写真アップします。
太陽光に向かわず導入できるので顔が暑くならなくて済みました。
でも、気温が暑くて汗かいちゃいましたよ(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 工作室 (ソーラーファインダーを試作 その2) | トップページ | 工作室 (ソーラーファインダーを試作 効果の確認) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ