« 番外編 (死蔵しているナノ・トラッカーの再活用を考える その4 極軸望遠鏡調整編) | トップページ | 番外編 (ヤフオクでゲットしたモノ「カーナビリモコン RMC112」) »

2020年8月27日 (木)

番外編 (死蔵しているナノ・トラッカーの再活用を考える その5 実写確認)

なかなか晴れませんねぇ。

昼間は晴れていても夕方には雲が湧いてきて、星が見えるころにはほぼ全天雲に覆われてしまいます。

それでも今日は雲間がありました。

北極星も雲間から見えたし・・・。

で、気合は入っていないけどテストをしてみましたよ。


セッティングは簡単ですね。

極軸合わせもレチクルの真ん中に北極星を入れるだけだから超簡単。

NEX-5TとキットレンズのPZ 16-50mmのテレ端50mmで最長の30秒(これ以上はバルブ)ISO800/F5.6(テレ端の解放)にて撮影しました。
_dsc1392

ホントは、広角で富士山の右側(これよりもっと右)に見えるかもしれないM31まで入れて、どのくらいの秒数イケるかテストしたかったんですよ。

天頂より北西の空が開けていたので、その辺りを適当に撮影しましたよ。
_dsc1399dss2_sd

1枚モノですが、DSSの4.2.5で現像&レタッチしFlatAideProでフラット補正、PS CS2でリサイズしてあります。

APS-C+50mmなのでポタ赤ナシでも7秒弱は星が流れずに撮れると思いますが、当然ながらこの設定でも30秒は楽勝です。

この写真の中央&周辺像。
_dsc1399dss2_qc

いい星空の下でちゃんとテストをしたいですね。

« 番外編 (死蔵しているナノ・トラッカーの再活用を考える その4 極軸望遠鏡調整編) | トップページ | 番外編 (ヤフオクでゲットしたモノ「カーナビリモコン RMC112」) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

nano.tracker(ナノトラッカー)使用記」カテゴリの記事

コメント

とりあえずテスト撮影... でも、富士山が写ってるって環境は卑怯過ぎw

ここしばらくは富士山すら見えなかったんですよ。
ガスっているみたいな空気で・・・。
因みに、阿蘇山見たことがありません、ていうか、九州に行ったことがありません。
本州以外には北海道に行ったことしかないんです。
山口までは行ったことがあります。
四国と九州、そしてその先の沖縄とか行ってみたい!!!

にゃーさんのところにも書いたけど、
ここ数日の空の変化が尋常じゃない。
雲がポツポツとしかなかったはずが、あっという間に雲が空全体に広がったりする。
数日前、夜にアーケードを歩いていらた、アーケードの屋根がバリバリバリとすごい音を立てだしたんだ。
なんだろ?と思ってアーケードを抜けたら大雨。
普通、雨の音しかない思うよね?
けどさ、アーケードに入る前に少し雲はあるものの(夜だけど街明かりで雲ははっきり見える)雨が降るとは到底思えない空だった。
それから1、2分後のバリバリバリ音だよ。
雨しかないと思いながらも雨を見るまで雨だと信じられなかったよ。

ゲリラに撹乱されたわけですね。
雹が混じっていたかも?

>雹が混じっていたかも?
もしかしらたその音だったかもね。
確かに硬質なものが当たる音だった。
そのあと雷がすごかった。10秒に1,2発ぐらいのペースで結構な時間光ってた。

ナノトラ復帰できたみたいですね。おめでとうございます! この画角、ありですよね。あちこちに銀河や星雲星団が写っている写真というのも面白いと思うのですよ。

雷の写真、凄いのありますよね。
撮りたいなぁと常々思っていますが、なかなかにチャンスがありません。
雨が振るなかでは無理だし、かと言ってガンガン落雷があるようなときには(そんな状況には会ったことがないですが)カメラなんて出せないし・・・。

今の時期、うまくいったら富士山とM31のコラボが撮れそうなんですが、低空は雲が多いし光害にやられそうだしなかなかにムズい感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (死蔵しているナノ・トラッカーの再活用を考える その4 極軸望遠鏡調整編) | トップページ | 番外編 (ヤフオクでゲットしたモノ「カーナビリモコン RMC112」) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ