« 今日の港 (地球深部探査船「ちきゅう」) | トップページ | 工作室 (ソーラーファインダーを試作) »

2020年7月31日 (金)

番外編 (太陽導入ファインダーってあるんだ)

先日にゃあさんのブログで紹介されてその存在を知りました。

ググってみると何種類かあるんですね。

自分は太陽の導入は普段なら勘でやっています。

一応、ファインダー用のソーラーフィルターは持っていますが、太陽の方向を見るのは危ないし暑いし、そんなに長焦点じゃないんで勘でも十分と。

でも、こういうのがあるなら便利だなって思いましたよ。

いまいち使い方が分からないのですが、ピンホールからの光をスクリーンに透過してそれを斜め後ろから見るのかな?というのと、ピンホールからの光を壁に当てて中心に持ってくる、この場合は太陽とは反対の方向を斜め横から見る感じなのかな?

もう一つ3万とかする高いヤツは使い方が分かりませんでした。


他の二つは3Dプリンターで作れそうなんで、ちょっとだけ見る方向を変えて作ってみようと思いましたよ。

参考にするのは光軸修正用のレーザーコリメーターです。

この方式なら太陽に対して真横から見る感じになりますね。
Gaikan1
Gaikan2
Gaikan3
接眼部に挿入できるようにしてみたんですが溶けちゃうかな?

ピントが合っていなければ使えるのかな?



ファインダー台座に付けるならこんな感じ。
Gaikan4
造形上の都合で的はねじ込み方式。

ん?ネジにしなくてもいいか、ただの差し込みで・・・。

望遠鏡と光軸を合わせるには上下左右の微動機能を何とかしなきゃなりませんね。

ビクセンのX-Yスポットファインダーの台座を利用すればザックリ合わせられるかな?それが一番簡単かも。

ちょっと試作してみて考えようかな。

« 今日の港 (地球深部探査船「ちきゅう」) | トップページ | 工作室 (ソーラーファインダーを試作) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

工作関連」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

ここに構造的なものがありましたよ。参考になりましたら
https://www.aliexpress.com/item/32816588107.html

ありがとうございます。
そこ、見ました。
スクリーンに透過するんだなと理解しました。
↑はテレビューのソルサーチャーみたいな投影タイプにしてみました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の港 (地球深部探査船「ちきゅう」) | トップページ | 工作室 (ソーラーファインダーを試作) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ