« 業務連絡(にゃあさんへ FUSION360の操作について) | トップページ | 番外編 (納車日が決まった!!!) »

2020年7月 7日 (火)

物欲 (エアブラシキット AB938)

コロナ給付金が振り込まれました!

ローンとかではなく現金払いなので全て車の支払いに使います。

なんて素敵な給付金!




さて、先日アストロプロダクツさんで目を付けておいた「エアブラシキット AB938」。

買っちゃいました。
Brush1

その際、このセールで買った人が結構いたみたいで全国的に在庫が無いと言われました。

たまたまこのお店で1点だけ仕入れの予定があってセール期間中には入ってくるとのことでした。

そこで「現物確認して使えそうなら買いたい」って言ったら、「じゃあ取り置きしておきます」と話がまとまりました。

今日入荷したとの連絡があったので見に行ってきましたよ。

不明点は通常のサイズのカプラーとどうやって繋ぐのか。

その時対応してくれた店員さんはこの分野が詳しくないようでしたが、今日の店員さんは具体的に説明してくれました。

使える目途が立ったのでそのまま購入してきましたよ。


この商品、同じと思われるものがヤフオクでも新品で出品されています。

即決価格は300円。

だけど送料が1,000円かかるのです。

このセールで買うと税込みで1,320円。

お店で買った方が安心できますね。


中身は・・・。
Brush3

塗料のカップが2つ。
空圧調整のレギュレーターが1つ。
エアブラシが1つ。
1/4変換アダプターが1つ。
ホースが1本。
それと大きい方のカップの中にエアブラシ用のレンチが入っています。

実際に使用するには・・・。
Brush2

あれ?右下にキットには無いものが・・・。

これが分からなかった普通のカプラー(ソケット)に繋ぐためのパーツ。

これは入っていないんですよ。

別途買わないといけません。

70円です。(繋ぐ際にはシールテープが必要です)


自分はコンプレッサー直ではなく、サブタンクを使おうと思っているんです。

こんなのね。
Air_sub_tank
これもかなり前のセールで手に入れたものです。


ただ、このサブタンクの場合、空圧調整機能は無いのです。

そこで、Amazonでこんなモノをポチっとな。
Regulator
空圧調整兼空気中に含まれる水分除去の機能を持ったレギュレーター&ウォーターセパレーターです。

キットに入っているレギュレーターは使いません。

これで空圧を0.4MPa以下に落とします。

アストロプロダクツで買うよりも安いんですよ。

999円です。

これをサブタンクに繋げて、その先に・・・。
Air_branch_coupler
これを繋ぎます。

コレもAmazonで。

999円です。

エアを分岐して2つのツールが使えるようにするものですよ。

エアダスターも繋げようと思っているんです。


この分岐からエアホースを介して・・・。
Air_hose
さっきの1/4変換アダプターに繋げる訳です。

今回のお買い物は

  • エアブラシキット

1,320円

  • プラグ

70円

  • レギュレーター&セパレーター

999円

  • 分岐カプラー

999円

合計3,388円でした。

このぐらいの投資なら使ってみる気になれました。

タミヤのエアブラシキットって昔から欲しいとは思っていたんですが、プラモデルとかの趣味は無いし、ホントにたまにしか塗装をすることが無いので勿体なくて買えなかったんですよ。

エアコンプレッサーはエアツール用の静音コンプレッサーを持っているので、それが使えたらいいなぁとは思っていたんですよ。

やっぱこういう使い方が出来るんですね。

その気があればとっくにわかっていたことだとは思うんですが、それほど真剣に考えたことが無かったんだよね。

たまたまセール品を見掛けたのが良かった(^^;)


塗装のノウハウはこれから使ってみて蓄積していきますよ。

« 業務連絡(にゃあさんへ FUSION360の操作について) | トップページ | 番外編 (納車日が決まった!!!) »

工作関連」カテゴリの記事

コメント

なかなか使いやすそうなブラシですね
昔エアブラシをかじったことがあって、コンプレッサやエアブラシは前からあったのですが
なにせ画を描くブラシなんで容量とか小さくて、最近は車のタイヤ用くらいいにしか使ってなくて
この前、サブタンクやちょっと容量の多いブラシを手に入れました
その際悩んだのが、インク自由落下式にするか吸出し式にするか
掃除の手間だと後者なんですがね・・・・(^^;

ネットあさってて、こんなとこ見つけました
3Dプリンタなんかを簡易に表面仕上げしてて、結構いい感じです
ttps://vanima.jp/archives/1985

超絶きれいに仕上げるなたここなんかもおすすめですが(^^;
ttps://pro-fit.ne.jp/wordpress2013/wordpress/

ちとハードル高いです

塗装のノウハウは全く無いので参考になります。
やってみて、あぁなるほどって一つ一つ分かっていくのは面白いですよね。
ガンガン失敗して学びたいと思いますよ。
まだ、塗料もないし、それ以前にどんな塗料を使えばいいのかも分からないし、メンテナンス用の道具もないので・・・。

自分で使うものしかプリントしないのでそんなに凝った塗装をするつもりはないんですが、出来るようになれば役に立つと思うんです。
せっかく3Dプリンターユーザーになったんだから、関連する作業は一通りできるようになりたいですね。

エアブラシを普通の(何をもって普通か不明)エアコンプレッサーでできるとは・・・
模型屋で見かけるやつは非常に小さい。
使うサブタンクって数十リッターのやつだよね?
スペース的な問題を除けば、大は小を兼ねそうだけどね。

そうなんですよ、38リットルと大きいんですよね。
デスクトップとかは無理ですが、部屋の片隅に置くつもりです。
ダスターやバキュームとかの用途もあるのでこのぐらいの容量があれば安心です。
小さいヤツをヤフオクとかで探してみたんですが、20リットルとかそこそこ大きいのしかなくしかも高い!
これで良しとします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 業務連絡(にゃあさんへ FUSION360の操作について) | トップページ | 番外編 (納車日が決まった!!!) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ