« 業務連絡(にゃあさんへ FUSION360の操作について その2) | トップページ | 番外編 (フォレスターにアクセサリーの置き場を考える) »

2020年7月18日 (土)

業務連絡(にゃあさんへ FUSION360の操作について その3)

アニメーションじゃ限界がありました(^^;)

コマンドの小窓とか記録できないんですね。

なので動画にしました。

キャプチャーソフトってどれが良いのか分からなかったけど、Windows10標準のでは同じく小窓が記録されなかったので、アマレココってのをインストールしてみましたよ。

ロゴは購入しないと消えないようなので我慢してくださいね。

それとDavinciResolveで編集しようと思ったら読み込めなかったので簡素な編集ソフトを使いました。

まぁ雰囲気はつかめると思います。


寸法入力にはTABキーを使いますが、DesignSparkMechanicalでもTABキーやスペースキーを使ったので、3DCADでは補助的にキーボードを使うと便利に使えるみたいです。

それは他のソフトでも同じか・・・。

寸法入力時は計算式を入力すればその結果で寸法が入力できます。

小数点のあるモノや角度とかで暗算が面倒な時は計算式を使うと便利ですよ。

« 業務連絡(にゃあさんへ FUSION360の操作について その2) | トップページ | 番外編 (フォレスターにアクセサリーの置き場を考える) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カメラde遊ingさん、ありがとうございます。見様見真似でできました! 私には一番ていねいなチュートリアルです。ネジは穴を開けてからピッチを指定するんですね。Tinkercadとは別物ですね。ちょっとずつ勉強していきます!

なんとなくコツがつかめれば、使ったことのないコマンドでもなんとか使えるようなってくると思います。
造形時に出来る面はそれを利用してスケッチが出来ますが、円柱の側面とか平面が存在しない場合とかは構築ってコマンドを使ってスケッチ面を作る事になります。
使っているうちにいろいろ分かってきますよ。

FUSION360、高機能そうですね。流石、当代最高スペックの3DCAD!64bitPC欲しい。
穴の周りに一瞬でネジ山が出来るの、感動的です。
OLDNikkorレンズのフードをハメ込みで作ってるので、フードつかんでレンズすっぽ抜け事故が数回あったので、M52フィルターのネジ切りで作れれば、事故減りそうです。フィラメントの強度やプリンタの造形精度にもよると思いますが・・・ウチのは古すぎる・・・

ネジが一瞬で書けちゃうのはホントビックリですよね。
しかもちゃんと使えるって・・・こりゃFUSION360覚えなきゃって思いましたよ。
リースアップとかソコソコスペックで安いPCを検討されてはどうでしょう?
自分は2万半ばのワークステーションを買ってSSD化しました。
不安はありましたが快適に使えています。
スイッチいれて10秒ぐらいで起動するって感動ですよ!
コレ→http://camera-de-youing2.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-833e09.html

確かに慣れれば簡単にできそうだね。
ネジ穴とエッジの処理に感動。

結局のところ慣れるかどうかなんですよね。
にゃあさんみたいに機材いじりが好きな人には3Dプリンター&3DCADは最高の組み合わせだと思うんですよ。
いいモノが出来たら金属でワンオフ作成されている業者さんにデータで渡せば済むと思うし。
強度的に問題にならないならそのまま使えばいいし。
ますます撮影からは遠退いてしまうかも(^^;)

>いいモノが出来たら金属でワンオフ作成されている業者さんに~
自分オリジナルの物はいいけど既存の物を安く作る目的だと、業者に出したらコストメリットは出ないんじゃない?
大陸系のアルミ切削パーツとかの値段は、びっくりどっきりが多いからね。

仰る通り市販されているモノだとメリットは無いですね。
にゃあさんだとその辺はオリジナルにしかならないような気がします(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 業務連絡(にゃあさんへ FUSION360の操作について その2) | トップページ | 番外編 (フォレスターにアクセサリーの置き場を考える) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ