« 番外編 (精密バイスを磨いてみた) | トップページ | 番外編 (スカイメモS専用三脚の微動雲台補強について考える その2) »

2020年6月13日 (土)

番外編 (スカイメモS専用三脚の微動雲台補強について考える)

またお騒がせ芸能人が・・・。

彼はいろんな番組に出ていて食材について見極める場面(クイズ)をよく見ました。

旬だとか良い食材を判断するポイントとか何にも知らないんですよね。

そういうのを知っていましたから、グルメ王って呼ばれることにはいつも疑問に思っていましたよ。

ただの食いしん坊じゃんってね。

グルメ王とかいうのは田〇真也さんとかホントに食に精通している人の事でしょ?

偽物感が漂う食リポをする人に使う称号じゃないと常々思っていました。

まぁどうでもいいことなんですが・・・。




さて、家のこと以外何もすることが無いので、以前からやりたかったことに取り組んでみました。

というのは表題の通りスカイメモSで使う微動雲台の補強なんです。

以前、くしてつさんに問い合わせをいただいて、その時に出来る方法で補強はしたんです。

だけど、油断すると極軸が狂ってしまうので、もう少し、確実な方法を実現したかったんですよね。


今はあの時に持っていなかった3Dプリンターを持っていますので、工夫次第でなんとかなるんじゃないかと考えています。

取敢えず、その時にも考えた回転ステージの側面をスッポリ包んで固定してしまうという方法を試します。


まず現状の微動雲台&専用三脚です。
Dscn6290_2

微動雲台は大まかに

  • 35度傾斜台(自作品+スカイメモSのクランプ)
  • 上下微動装置(ゴニオステージ)
  • 水平微動装置(回転ステージ)

で構成されています。

下の2つは新品で買うととんでもない値段になるのでヤフオクで仕入れました。

分解してみました。
20200613_143930


これに固定具を考えようという訳です。
20200613_144210


構想はこんな感じです。
Stopper_for_kspa806m
ステージ部が回転できないように、極軸設定後に外周から固定しようという目論見。

でも、このままじゃ装着できませんので分割して鏡筒バンドのように開閉式にするつもりです。

上のネジだけ緩めたら上部ステージが回転できるといいなと思っています。



この組み合わせた微動雲台は凄く剛性が高いんですよ。

BORG71FL程度の焦点距離ではピント合わせの為にフォーカスアシストで拡大された星が、ヘリコイドを弄ってもモニタ中央から動かないんです。

スカイメモSの純正微動雲台だと、その動作をするとモニターの外に行っちゃって見えなくなっちゃうのにね。

凄く重宝しています。

ただ、固定するという点では元々の用途が違うので、そういう機構は用意されていないんです。

軽い機材だと問題になる事は無いんですが、重い機材(BLANCA70EDとか)で目盛環を見ながら導入する際、慎重に各軸を回さないと回転ステージがスリップして極軸が狂っちゃうことがあったんです。

この方法で確実に固定出来たら、目盛環による導入に気を遣わなくても済むようになると思いますよ。



もう一つ、撮影用の回転ステージの塗装もしました。
20200613_144510
外は雨なので段ボールで塗装ブースを作って自室で行いましたよ。

なので未だに部屋の中がシンナー系の臭いがします(^^;)

« 番外編 (精密バイスを磨いてみた) | トップページ | 番外編 (スカイメモS専用三脚の微動雲台補強について考える その2) »

工作関連」カテゴリの記事

機材メンテナンス」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (精密バイスを磨いてみた) | トップページ | 番外編 (スカイメモS専用三脚の微動雲台補強について考える その2) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ