« 番外編 (約7年ぶりに庭の餌台を作り直す その2) | トップページ | 番外編 (天下一画像処理会に参加してみた@興味本位です) »

2020年5月22日 (金)

工作室 (BORG M42ヘリコイドのアダプター(Tマウント変換/M57変換)作成)

先日落札したボーグのM42ヘリコイド[7842]が届きました。

本体のみで付属品はありません。

カメラの向きを調整する固定リングもありませんが、自分の用途では不要なので構いませんよ。


アダプターはこんな感じで設計しプリントしておきました。
M42_t2_adaptor-1_20200522212501
裏側。
M42_t2_adaptor-2_20200522212501
ネジはM42P0.75→M42P1.0とM42P1.0→M57P0.75へ変換します。

最近、プリント結果が一部変形していることが多いんですよね。

特にサポートが付く面の一部の角が形成不良になっていることが多くなってきました。

ラフトの印刷に入る前の捨てフィラメントの印刷もX軸とY軸が一緒に移動する斜めのラインがプリントされないんです。

ラフトの印刷に入ると問題が無いみたいなんで気にしていないんですが、ノズルが汚れているしもしかしたら詰まり気味なのかも?

今度交換して様子を見てみようかな?


印刷直後の、サポートをとりあえず取り去ったところを撮影しておきました。
Before1
その反対側。
Before2
ラフトとの接点はともかく、サポートが付いていたところは荒れています。

拡大。
Before3
Before4
ネジ溝もポツポツとバリが残ります。


修正後。
After11

ネジ溝はピッチゲージで擦って、サポート除去痕はルーターにダイヤモンドヤスリを付けて整えてあります。
After13

After14
サポート跡が汚いですね(^^;)



では組み立て。

届いたM42ヘリコイドにそれぞれのアダプターをねじ込みます。
Assembly1

次にTマウント/M57のパーツをそれぞれねじ込んでみます。
Assembly2
Finish

無事、ねじ込めました。

これで望遠鏡との接続はOKです。

ケンコー800mmミラーレンズにはピントの合焦機構として組み込めるつもりです。

あ、それだとヘリコイドの前に付けるM57P0.75→M42P1.0のアダプターも作った方が良さそうだな。

もう少し使い方を想定して用意しておかなきゃですね。

まぁ、実際に必要になってからでいいか・・・。

« 番外編 (約7年ぶりに庭の餌台を作り直す その2) | トップページ | 番外編 (天下一画像処理会に参加してみた@興味本位です) »

工作関連」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (約7年ぶりに庭の餌台を作り直す その2) | トップページ | 番外編 (天下一画像処理会に参加してみた@興味本位です) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ