« 番外編 (激安アルカスイスクイックリリースプレート&クランプ) | トップページ | 番外編 (約7年ぶりに庭の餌台を作り直す その1) »

2020年5月19日 (火)

番外編 (ヤフオクでゲットしたモノ)

あれま、落札出来ちゃいました。

ボーグのM42ヘリコイド[7842]が・・・。

落札できるとは思っていませんでしたよ。

KYOEIさんで定価14,562円が11,239円で販売されているので、「まぁ半額ぐらいならOKかな?」と5,000円の予算で入札しておきました。

ホントはM57のヘリコイドが良いんですけど、こちらは自分の予算では負け続けているので、ちょっと手を拡げてM42も視野に入れたばかりでした。

そんなに人気が無いサイズなのかな、M42って。

だとしたら狙い目かも。

こんなのです。
7842
メーカーさんから画像を借りました。


M42のヘリコイドは中華製の安いのは持っているんですよ。

それは引き伸ばしレンズ用に使っているので、それとは別に望遠鏡の接眼部に使う薄型のヘリコイドが欲しかったんですよね。

AmazonやAliexpressで買えば3,000円前後で手に入りますが、ボーグのも使ってみたかったんですよね。


ただ、このままでは使えません。

M42マウント用なのでTマウントで使えるようにアダプターが必要です。


自分は3Dプリンターユーザーなので、チャチャっとFUSION360で設計しました。

あ、M42P0.75はプロファイルがありませんから、自分で編集して追加する必要がありますよ。


対物側(P0.75)
M42_t2_adaptor-2

接眼側(P1.0)
M42_t2_adaptor-1

別の視点で。
M42_t2_adaptor-3


あとはヘリコイドをどういう構成で繋ぐのかですね。

そこは現物が来てから手持ちのパーツをあれこれしながら考えようと思います。

一番汎用性のありそうなのはM42→M57へ変換することかな?

それは手持ちのパーツにあるから作らなくてもいいな。

楽しみが一つ増えました(^^;)

« 番外編 (激安アルカスイスクイックリリースプレート&クランプ) | トップページ | 番外編 (約7年ぶりに庭の餌台を作り直す その1) »

工作関連」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

ヘリコイド、お安くゲット出来て良かったですね。中華製ってガタを胡麻化すためグリスこてこてでイマイチなのが多いですね。
FUSION360、使いこなされていますね。ネジのデザイン美しいですね。
私は同じAUTODESKのTinkarCADっていうフリーの初心者用を使っていますが、ネジ作れないのでSketcUPで作ってinportしたりメンドクサイ。
FUSION、勉強しなおそうか思いました。確か64bit対応onlyじゃなかったですかね?
前にもコンデジのアダプタ造形でP0.75とかびっくりです。積層ピッチどれくらいでprintされてるんでしょうか?

全部で4,200円で手に入りました。
中華製を買うのとそんなに変わらない価格でビックリですよ。

自分はDesignSparkMechanicalという3DCADから、やはりネジの作り方が面倒だったので乗り換えました。3DCADで何かを設計されたことがある方ならすぐに使えるようになると思いますよ。
ちょっと癖があるんです。コマンドによって次の指示に自動的に変わるモノと、自分で項目を切り替えないと次に進まないモノがあって、最初は戸惑いましたよ。
ネジはTHREADDATAというフォルダに規格ごとに分かれてプロファイルがあります。テキストエディタ(Windowsのメモ帳でOKです)で編集すれば無いサイズのネジでも作れます。ISOのMetricがメインになると思いますが、そのファイルを開いて他のサイズの該当ピッチの構文をゴッソリコピーします。その後必要なサイズのところに貼り付けて小数点以下は変えずに整数のみ編集して保存後ソフトを起動すればなかったネジが作れるようになります。この辺のことはFUSION360のQ&A(Googleで検索すると出てくる)に詳細が書かれています。THREADDATAのあるフォルダは隠しファイルになっていますのでフォルダの表示オプションを変えてサインインしているユーザー名のユーザーフォルダ内AppDataフォルダ内を”THREADDATA”で検索するのが簡単です。このファイルの位置が少し前とは変わっているようなので、Q&Aとは内容が違っている場合がありますのでご注意を。

FUSION360は64bitOSオンリーですね。

積層ピッチはスライスソフト上では0.08mmにしています。プリンタの仕様では0.05mmから0.4mmの間で指定できるようになっています。0.08mmはスライスソフトでABSを選んでEXTRAFINEを選ぶとデフォルトで指定されている数値です。自分では変更していません。

丁寧に教えていただき有難うございます。何しろ5年ほど前の知識で止まっているもので・・・
私の場合、まずインストールできるPCを調達するのが先決です。
スライサーも色々進化しているんですね。
光造形にも心が動かされます。すごく安くなっていますし、何度かポチリ寸前まで行きました・・・

光造形は自分も興味ありますね。
液の管理とかその辺りの扱いが気がかりです。

PCは自分の場合リースアップかなんかの再生品で済ませましたよ。
今のところ問題ないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (激安アルカスイスクイックリリースプレート&クランプ) | トップページ | 番外編 (約7年ぶりに庭の餌台を作り直す その1) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ