« 今日の星空 (国際宇宙ステーションISS) | トップページ | 番外編 (変わった船が来ているよ) »

2020年4月12日 (日)

ジャンク部屋 (X-Yスポットファインダーをヤフオクで・・・)

ジャンク品のX-Yスポットファインダーをゲットしました。

送料込みで2,000円以内にしたかったんですが250円ほどオーバーしちゃいました。

ドットサイトはいくつか持っているんです。

ジャンク品なので光学系はダメかもしれませんが、欲しかったのはその台座。

ついでにドットサイトも使えたらラッキー。


今頃何故に?

ISSの姿を捉える為にこれが一番いいんじゃないかな?と考えたんですよ。

ファインダーもいくつか持っていますが、普段望遠鏡にはファインダーを使いませんし、何より軽いモノにしたかった。

なんで台座が欲しいかというと、ドットサイト装着時、VMC95L(まぁこれには台座があるけどね)やケンコー800mmミラーレンズ辺りだと、カメラ側にドットサイトを付けた場合、鏡筒の陰に隠れちゃう可能性が濃厚なのです。

3Dプリンターで台座を作ろうかな?とも思いましたが、そんな時にこのジャンクが目に留まったんです。
26502_2c001
結構嵩があるんじゃないかなと・・・。

VMC95L/ケンコー800mmミラーレンズ/ボーグの拡大撮影システムのどれを使うにしろこれなら大丈夫だろうと思ったわけです。

一から作る楽しみもありますが、そんなに使う頻度が高いとも思えないし、お手軽に既製品で済ましちゃおうかと・・・。



あ、そうそう、今皆さんお暇でしょ?

こんな時に3DCADに手を出してみませんか?

3Dプリンターが無くても何かを作ることがある人なら、事前に形状を具体化してあらゆる角度から見ることが出来るって凄い事ですよ。

どんな風に作ろうかな?って検討をするのにもピッタリ。

自分も1年半ぐらい前に始めたばかりで大きなことは言えませんが、その時考えていたモノを書くのに2日(トータル6時間)ぐらいで書けました。

JWCADの時は建築用の教材みたいなものを使って2ヶ月ぐらいかけてとりあえず使えるようになりましたが、3DCADは見たまま(思ったまま)に書いていくので直感的に使えます。

そのCADの基本的な操作さえ少し使ってみて理解できればすぐに書けるようになります。

CADソフトは個人用途(非営利目的)なら無料でフル機能が使えるFUSION360がおすすめです。

まぁ、思ったモノが書けるようになると3Dプリンターが欲しくなることは確実ですけどね(^^;)

« 今日の星空 (国際宇宙ステーションISS) | トップページ | 番外編 (変わった船が来ているよ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ジャンク品」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の星空 (国際宇宙ステーションISS) | トップページ | 番外編 (変わった船が来ているよ) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ