« 工作室 (ビクセンX-Yスポットファインダーをアルカスイスクランプで使えるようにする) | トップページ | 工作室 (ビクセンX-Yスポットファインダーを使えるようにする) »

2020年4月17日 (金)

工作室 (ビクセンX-Yスポットファインダーをアルカスイスクランプで使えるようにする その2)

前回の続きです。

実は実物の計測時、形状を見誤りまして出来上がったモノがビクセンアリガタにハマらないという失敗をいたしました。

ハズキルーペもどきで形状をよく観察して作り直しました。
Dscn8303

写真右が出来上がったモノ。

これをアリガタに嵌めて・・・。
Dscn8304

アルカスイスクランプに。
Dscn8305

固定します。
Dscn8306

ところが、またしても確認不足でケンコー800mmミラーレンズ用に作った鏡筒バンドに固定できませんでした(^^;)

その鏡筒バンドは・・・。
Dscn8289
こんな感じなんですが、今の構成ではカメラに近い側の鏡筒バンドはもっと鏡筒寄りでアルカスイスクランプを固定するだけのスペースが無かったのです。

作る前に気づけよって事なんですが、これはこれで使い道がいづれあるでしょう。


代替案としてこんなモノを設計しました。
Dot_sight_rail
鏡筒バンドの上に固定するドットサイト用のレール(カメラネジで固定する)です。

今印刷中です。


ハッ!ということはビクセンのスポットファインダーを落札する必要はなかったって事じゃん・・・orz

既にあるヤツを使えば済んだ話・・・。

まぁ安く手に入れられたからいいか(^^;)

VMC95Lにはそのまま使えるしね。

« 工作室 (ビクセンX-Yスポットファインダーをアルカスイスクランプで使えるようにする) | トップページ | 工作室 (ビクセンX-Yスポットファインダーを使えるようにする) »

ジャンク品」カテゴリの記事

工作関連」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

ビクセンのも、上の部分だと銃のレールのまんまなんですね。
下にファインダー脚に当たる部分を付けてあるだけなんだ。

そうなんですよ。
ジャンクで送料別に1800円でしたから、それで普通に使えるモノが手に入ったからいいんですけどね。
結果的には土台は要らなかったという・・・。
だけどこれ9,000円ぐらいしちゃうって高すぎなんじゃないかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 工作室 (ビクセンX-Yスポットファインダーをアルカスイスクランプで使えるようにする) | トップページ | 工作室 (ビクセンX-Yスポットファインダーを使えるようにする) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ