« 今日の港 (三次元物理探査船「たんさ」とオマケ) | トップページ | 今日の港 (東京湾フェリー「しらはま丸」チーバくん仕様) »

2020年3月11日 (水)

番外編 (PICO-6でオリオン大星雲を撮ってみた)

とうとう新型コロナウィルスの影響は選抜野球にまで影響しちゃいましたか・・・。

多分中止だろうなぁって思っていたんですけど、やっぱ中止に・・・。

どのスポーツでも、全国大会を目指して取り組んでいる高校生のモチベーションってものすごく特別なモノだと思うんです。

自分は違うスポーツでそれを経験していますが、ホントに高校生活のすべてをそこに掛けている訳です。

野球は春夏と特別な大会が2回あるからまだ救われるかもしれないけれど、夏の大会にまで影響が及ばなければいいなぁと願うばかりです。



さて、今日は凄く久し振りにスッキリした天気の日没を迎えましたよ。

月が昇ってくるまでそれほど時間の猶予はありませんが、標題の件、前からやってみたかったのですよ。

チャチャっとセッティングして、金星でトライバーティノフマスクを使いピントを合わせ、そのまま目盛環もセット、サクッとM42を導入しました。

いつもの感じだとモニターに周りの星が写るので導入できたことが分かりますが・・・な・なにも見えん!!!

やっぱり暗いですね~。

ISO感度の設定を12800に変えて30秒のテスト撮影をしてみました。

あぁ、ちゃんと画角に入っていた。

少しだけ微動させて位置を調整し、そのまま60秒露出で撮影してみました。
_dsc4430

15枚撮ってみてコンポジットしてみましたが、ISO感度が高いのに枚数が少なすぎたみたいでどうにもなりませんでした。

1枚物をRAW現像した方が見られる感じだったので、そのままアップしましたよ。

ゴーストは発生するし、周辺減光は凄いし、暗くてノータッチでISO3200とかは使えなさそうだし・・・。

やってみて撮影に使えるモノじゃないとハッキリわかりましたよ。

結果は予想していましたが、「意外と使えるじゃん」と裏切ってくれることを少し期待していました(^^;)


こちらは撮影風景。
_dsc0106w

撤収し車に乗り込んだ時に東の空から月が昇ってくるところでした。

ちょうどいいタイミングで撮影が終わったようでした。

« 今日の港 (三次元物理探査船「たんさ」とオマケ) | トップページ | 今日の港 (東京湾フェリー「しらはま丸」チーバくん仕様) »

Skymemo-S(スカイメモS)での作例」カテゴリの記事

Skymemo-S(スカイメモS)使用記」カテゴリの記事

Skymemo-S(スカイメモS)の目盛環」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

PICO6ってF11なんですね。ミラーレンズ800mm F8とか興味おありではないですか? 私には扱いきれないのでポイしようと思っているのですが。

ウワァー嬉しい!
興味はアリアリですよ♪
ただ、ノータッチでの運用しか出来ないのでにゃあさん以上に扱いきれないと容易に想像できます。
他にガイド撮影が可能な方で興味のある方はいらっしゃらないですか?
誰もいらっしゃらなかったら、ダメもとでチャレンジしてみたいですね。

星が点に写らないような気がしていて天体用には難ありですが、地上用なら使えるかもしれませんよ。ほかに希望者はいらっしゃらないと思いますので、うちのブログのタイトル下にある「お問い合わせ」に送付先などくださいませ〜

ありがとうございます。
では、後程ご連絡させていただきます♪

最後の機材星景がいいね。👍
シリウスがうまく機材の隙間から「こんにちわ」してるのは、狙って?
ボゲ具合がちょっと癖のあるレンズ。どんなレンズなんだろう?

2回フレーミングし直しました。
縦構図の方がいいかな?とも思いましたが、これで良しとしましたよ。

レンズは「SIGMA Art 19mm F2.8 DN」です。
開放で撮影しました。
絞って撮ったのもあるんですが、星が目立たないのでこちらをアップしました。
このレンズ、解放で星景を撮っても周辺の星の歪みが少ないので気に入っていますよ。
http://camera-de-youing2.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/sigma-art-19mm-.html

開放で正解だと思う。
自分的には、もっと星像が大きくボケてもいいぐらい。←あくまで自分の趣味だけど

そうかSIGMAの19mmなんだ。

ホントは右下の松林を外したかったんですが・・・。

PICO6ではなく、PICO8は以前使っていました。同じように星雲とってみましたが、やっぱりF11は暗いですねー。すぐにやめちゃいました。でも軽くて画質は悪くないので、子供に月食とか撮らせてみたら、きゃっきゃ言いながら撮っていました。
ミラーレンズはKenko の500mm F6.3を使ったことありますが、星が全部手裏剣みたいに尖った四角になってたんですよねー。どう光学系が歪めばこうなるのか、不思議でした。

月を気軽に撮るには良い望遠鏡ですね、PICOシリーズ。
コンパクトなので架台も適当なのでもなんとかなっちゃう。
これからは月専用お手軽システムとして使ってあげようと思います。
買ってから随分経つんですが、ようやく、使い道が決まりましたよ(^^;)

ミラーレンズ、やはり気になるモノなんですね。
自分も一時ニコンとかシグマとか物色していましたが、ソコソコ高いので触手が動きませんでした。
ジャンクで出回る事もあまりないですし・・・。
望遠レンズや望遠鏡に興味を持った頃に、取り回しが楽そうで気になったんですよね。
写りに関しては、褒めているサイトは殆ど無いですね。
独特の味が受け入れがたいモノしているようで。
皆さんが通った道かも知れませんが、自分でも体験してみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の港 (三次元物理探査船「たんさ」とオマケ) | トップページ | 今日の港 (東京湾フェリー「しらはま丸」チーバくん仕様) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ