« 番外編 (笠井トレーディング PICO-6 @再掲載) | トップページ | 今日の星空 (月齢16.5の月) »

2020年2月 8日 (土)

番外編 (笠井トレーディング「PICO-6」をバラしてみた)

天文関連の中古販売サイトをソコソコ頻繁にチェックしています。

だけど、たまにチェックしないで他の事に熱中していると・・・そんな時に限って欲しいモノが出ていたりするんですよね。

翌日いつも通りにチェックすると、「オッ!出てるじゃん」だけど「既に売れてる・・・orz」となるんですよね。

なんででしょう?

まだそれを手に入れる時じゃないと趣味の神様のお告げなんでしょうか?

まぁ、気長にやるしかないですね(^^;)




気になっていた「PICO-6」のピント機構のバックラッシュ。

原因を探るべく分解してみました。

特殊工具は必要ありませんが、Eリングを外すのが慣れていないと苦労するかもしれません。

分解中に写真を撮る余裕はなかったので、3DCADで書いてみました。

まず、鏡筒を外します。

鏡筒と接眼部はねじ込まれているだけですから回せば外れます。

アイピースホルダーもねじ込まれているので外します。

 

接眼部。
Pico_6-1
あ、ピントノブはゴム製のベルトとキャップが付いていますのでそれも外します。

いや、ベルトは外さなくてもいいです。

キャップだけ精密ドライバーのマイナスとかを使ってこじって外します。


ネジを2ヵ所外します。
Pico_6-2
ミラー側のネジはミラーに傷を付けないように慎重に外します。


ミラーを落とさないように気を付けて外します。
Pico_6-3
外したミラーはついでに中性洗剤などで清掃しちゃいましょう。


ミラーをシフトさせる部分をピントノブを回しながら外します。
Pico_6-4_1_1
ネジを取り出します。
Pico_6-4_2

ピントノブを固定しているEリングを外します。
Pico_6-5

Pico_6-6
これでピントノブが抜けます。
Pico_6-7

さて、ネジのガタがどれだけあるのか確認します。
Pico_6-9
あれ?気になるようなガタがありません?

となると、あのバックラッシュはどこから生まれるのか・・・。





バラす時に1ヶ所、ン?と思ったところがありました。

それは・・・。
Pico_62_1
このネジ。

これが緩くて工具なしに指で回せたんです。

つまりこの緩みが原因で、ミラーシフト部がグラついていたって事なのかな?

それか、このシフト部そのものがそもそも遊びが大きい?

触った感じではそれほどでもないような感じですが・・・。



ミラーの洗浄を済ませてから、慎重に組み立て直しました。

そしてこのミラー部のネジを絞めつけようとしたら・・・ある程度の固定は出来るんですが、それ以上はミラーと一緒に回転してしまってキチッと固定した感が得られないのです。

締め付けすぎてミラーに影響が出ないように考えられているんでしょうか?

まぁ、とりあえずこれでピントノブを回して動きを確認しました。

すると、あの酷いバックラッシュが無くなったような感じです。

実際には外で何かを見ながらピント合わせをしてみないと分かりませんが、ノブを回してミラーの動きを見る限りはかなり良くなったように見えます。

ここが原因なら修正は簡単です。

またおかしいと感じた時にここを締めれば済みますから。

3Dプリンターで似たようなネジを作って、重ねて締めてあげれば緩み止めになるでしょう。

様子をみて、また緩むようだったらそうしようかな?


あとはこの作業で光軸がズレていないかを確認しなくちゃね。

ミラーが中心軸に対して対称に出来ていればズレることは無いと思いますが、確認は必要かな?

ズレは接眼部に見えている120度間隔のネジの押し引きで調整すればいい筈。


これで使い勝手が良くなったら、もっと使ってあげようと思いますよ。

« 番外編 (笠井トレーディング PICO-6 @再掲載) | トップページ | 今日の星空 (月齢16.5の月) »

工作関連」カテゴリの記事

機材メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

ミラーの固定って、押側や引き側のスプリングがないんだ。
とんちんかんな事を言ってるかもしれないけど、最後のミラーを抑えるネジにスプリングがあって、それでミラーを押さえつけシフトノブの動きに追随するのかな?と思ってた。
今一つミラーの動きが理解できん。><

アハハ(^^;
あまり細かく再現してないんですよ、実物がある人にはこれで十分わかると思うんですけどね。
ミラーが固定される筒は2重になっていて、外側だけがピントノブを回すとネジと共に伸びたり縮んだりするんです。
その摺動部にガタがあれば致命的ですがソコはしっかり出来ていそうです。

なるへそ、なるへそ。理解できた。^^v

でも、よくここまで3Dグラフィックで描けると感心する。

慣れれば誰でも出来ますよ。
コレもテレビを横目に見ながら1時間ぐらいで書きました。
何かを作る目的で使い始めましたが、そういう目的があれば苦痛にはならないかな?
達人ならもっと短時間でササッと書いちゃうんじゃないでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (笠井トレーディング PICO-6 @再掲載) | トップページ | 今日の星空 (月齢16.5の月) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ