« 今日の港 (三次元物理探査船「たんさ」) | トップページ | 工作室 (NEX-5Nマウント内部用フィルターアダプターを作る) »

2020年1月24日 (金)

番外編 (光害カットフィルター「LPS-P2」の厚さに誤算あり)

先日ヤフオクで落札した光害カットフィルター「LPS-P2」ですが、今日、カメラへの組み込み方を考える為にフィルター枠から外してみました。

そしたらビックリ!!!

2.5mmも厚みがあるんです!!!


これは想定外でしたorz

LPS-D1と同じだろうって思っていたんですよね。
(因みに0.5mmです)

IDASのHP見ても特に説明が無かったし・・・。
(古い商品説明のページでは2.5mmって書いてあるサイトも見つかりました)


これって合焦条件にも影響が出るんじゃないですか?

それより、マウント内でアダプターを作るのにも自由度が無くなるというか・・・。


で、ジャンクのパーツ取り用NEX-5Nを使って各部を測り、具体化してみました。
Emount_inner_size-v3
まぁ、何とかなりそうです(´▽`) ホッ


試作してみてダメだったら、センサー前の窪みに直に埋め込んじゃえばいいんですけど、出来たらこんな工夫を楽しみたいんですよね(^^;)


いろんな製品をネットでググって固定する仕組みを調べてみました。

フルサイズのα7だとパチッと嵌める感じのアダプターがあったんですけど、APS-CのNEXシリーズだと粘着力の弱い両面テープを使った製品ぐらいしか見つかりませんでした。

上の図面ではその方法も採れるように考えましたが、以前、こんな方法で取り付ける方法を試したことがあります。
M37filter_adaptor_4
センサー枠の窪みの側面をバネ状に作ったパーツで押さえつける感じで固定する方法です。

カメラを持ち歩いて撮影するような場合は不向きですが、天体撮影用途では十分じゃない?ぐらいの固定力はあったように思います。


実際に2台体制で運用開始するのはまだ先の事ですから(レデューサが手に入らない)、他の方法も模索しながらじっくり考えようと思います。

« 今日の港 (三次元物理探査船「たんさ」) | トップページ | 工作室 (NEX-5Nマウント内部用フィルターアダプターを作る) »

カメラ改造」カテゴリの記事

光害カットフィルター」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

コメント

厚さ2.5mmにはちょっと驚くね。
裸のガラス板の状態でも存在感がありそう。
どこかのブログでもコメントしたけど、分厚い裸のレンズには萌える。
でも、ガラスには萌えないよなぁ、きっと。

厚過ぎですよね、一瞬失敗したって思いましたよ。
無駄なモノ買っちまったって。

何とかなりそうなので、今はアダプターの作り込みを妄想しています。
あまり細かい造形は潰れちゃいそうなので、なるべく表面が荒れないよう分割して印刷し、仕上げ時にABS用接着材を使う方向で考えた方がいいかなと・・・。
接着時の治具はジャンクNEXのマウントを使えば確実に仕上がりそうだしね。

マウント内の固定方法ですが、最終的にはレンズやマウントアダプターが押さえてくれるはずだから、絶妙な厚みを与えてやれば固定しなくても大丈夫なんじゃないかと思い始めています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の港 (三次元物理探査船「たんさ」) | トップページ | 工作室 (NEX-5Nマウント内部用フィルターアダプターを作る) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ