« 番外編 (中国から何かが届いたぞ!(©にゃあさん)) | トップページ | ヤフオクでゲットしたモノ (光害カットフィルター「IDAS LPS-P2」) »

2020年1月19日 (日)

工作室 (引き伸ばしレンズ「FUJINON-ES 1:4/50」用レンズキャップ)

ちょいネタです。

ネタにするつもりは別になかったんですけど、出来上がったらジャストサイズで、その使用感がとても良かったので気分が上がってしまいました。

で、ネタにしちゃった訳(^^;)


FUJINON-ESはいつ買ったのか分かりませんが、コツコツ買い集めて2018年9月に記事にしました。

ケース付き300円で購入しています。

だけど引き伸ばし用途ではないカメラレンズとして使う場合、キャップは無かったんですよ。


今までは何かのキャップが丁度ハマったのでそれを被せていました。

ただそのキャップは透明だったんです。


先日、金星と景色の写真を撮った際に、意外と使えるんじゃない?と感じました。

じゃぁ星撮りにも使ってみようかと思ったんですよ。

その為にはダークも撮りたいじゃないですか。

で、黒いキャップを作ったという流れです。

当然、この後フラット用にも何か考えなきゃという流れになるわけですが、まずは星を撮ってみてから考えます。


レンズ先端は、フィルターネジもなければ引っ掛けるような構造にもなっていません。

とりあえず、こんな感じで図面を書いてみましたよ。
Cap_fujinon
レンズには絞りを変える際に滑らないようにゴムベルトが巻かれています。

そこが少しくぼんで段差になっています。

3つの足がその窪みに引っ掛かるようにしてみました。

それに加えてキャップの内側は、奥側が少しきつくなる様に徐々に狭めてあります。


一度テストプリントして出来上がりのサイズ感を確認し、拡大縮小率を探ります。

その上で本プリント。

その出来上がりは・・・。
Dscn8165

Dscn8168

ジャストフィット!!!

絶妙なサイズ感!!!

キャップをする際に「カチッ」っと音がして固定されます。

厚み2.5mm/ABS樹脂の密度90%としてありますから、光は透けないし強度もあります。


このカチッという音がなんとも気持ちがいいです。

これでこのレンズは普段使いもOKとなりましたよ。

« 番外編 (中国から何かが届いたぞ!(©にゃあさん)) | トップページ | ヤフオクでゲットしたモノ (光害カットフィルター「IDAS LPS-P2」) »

ジャンクレンズ」カテゴリの記事

工作関連」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

カチッ!がいいね。
そんな使用感まで出せるとは、3Dプリンターますます恐るべし。

以前、引き延ばしレンズでの撮影を読んだとき、マウントすることはアダプタ天国のこの時代だからどうにでもなると思ったけど、フランジバック(引き延ばしレンズはフランジバックの規定がないという記憶がある)はどうしてるんだろうか?という疑問があった。
M39(旧Lマウント)とかで、たまたま使えたのかな?と思っていた。
過去の2018年9月の記事を読んで納得。
天体趣味人にとって光路長の調整なんて、赤子の手をひねるようなもんだよね。
^^v

是空さんも3Dプリンターをお一つ如何ですか?
面白いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (中国から何かが届いたぞ!(©にゃあさん)) | トップページ | ヤフオクでゲットしたモノ (光害カットフィルター「IDAS LPS-P2」) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ