« 番外編 (光害カットフィルター「LPS-P2」の厚さに誤算あり) | トップページ | 工作室 (NEX-5Nマウント内部用フィルターアダプターを修正する) »

2020年1月26日 (日)

工作室 (NEX-5Nマウント内部用フィルターアダプターを作る)

今年の冬はこれまでに無い異常気象ですね。

まともに星空の写真も撮れませんよ。

この週末チャンスがあればって目論んでいたんですけどノーチャンス!

お陰で表題の通り工作に時間を費やすことが出来ました。

まだ光害カットフィルターを切り出す作業はしていません。

まずはアダプターを作って、それに合わせて切り出す作業をすればいいかなって考えたからです。


3Dプリンターでプリント→NEX-5Nのマウントに装着→課題を洗い出し→図面を修正のサイクルを4回ほど繰り返し、こんな感じで一段落しました。
Dscn8175

特に接着などはしなくても抜け落ちたりしません。

絶妙なサイズ感。


図面ではこんな感じ。
Filter_adaptor_fornex1
Filter_adaptor_fornex12
センサー枠に挿入される部分に小さな突起を出してキツキツになるようにしました。

この突起によりカチッとハマる感じです。

取るときには、ピンセットを外周の隙間に挟んで引っ掛けるように抉ると外れます。

結構しっかり固定されますよ。


このアダプターへのフィルターの固定は、その横にある板状のパーツをフィルターを嵌めてから上から抑えるように考えました。

あれこれ考えてみたんですが、3Dプリンターで印刷する際に細かい細工は潰れてしまうので、こういったシンプルな構造にしました。


実際の出来上がりは・・・。

表。
Dscn8173

裏。
Dscn8172


そして試作品達。
Dscn8171



これを装着した状態でマウントアダプターやe-MOUNTレンズを装着してみましたよ。

マウントアダプター。
Dscn8177
当然干渉しません。

純正レンズ。
Dscn8178
中が見えませんが、どこにも引っ掛かることなく脱着可能です。

純正レンズを星撮りに使うことはありませんが、全周魚眼レンズシグマの19mmを使いたかったんですよ。


これでカメラ側の準備はフィルターを切り出す作業のみ。

来週末にでもやりますか。

そして、その後はレデューサの中古が出るのを気長に待つだけです(^^;)

ミニボーグの2本体制は別として、LPS-P2フィルターでの星撮り自体は出来るようになるので、天気次第でボチボチ撮影して画像処理にも慣れていこうと思います。

« 番外編 (光害カットフィルター「LPS-P2」の厚さに誤算あり) | トップページ | 工作室 (NEX-5Nマウント内部用フィルターアダプターを修正する) »

光害カットフィルター」カテゴリの記事

工作関連」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

ちゃくちゃくと進んでますね。
フィルターの切り出しで、ポッキリといかないよう慎重に。
2枚切り出す予定が1枚ならまだしも、1枚も取れなくなったなんてね。
まぁ、おいらのようなド素人ではないので心配ないか。
続報を待つ。^^

実は過去にやって成功しているんですよ。
フィルターはケンコーの「LPR type1」ですけどね。
まず失敗はないと踏んでいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (光害カットフィルター「LPS-P2」の厚さに誤算あり) | トップページ | 工作室 (NEX-5Nマウント内部用フィルターアダプターを修正する) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ