« 今日の星空 (ふたご座流星群) | トップページ | 番外編 (大型自由雲台用収納袋(巾着袋)を考える) »

2019年12月16日 (月)

物欲 (MORE BLUE社製 大型自由雲台 SP213)

先日購入した大型自由雲台「SP213」が届きました。

前にも書いたように、今、特別用途があるわけではなく、以前から有ったらいいなぐらいに思っていたモノです。

今回、激安で手に入れるチャンスがあったので機会を逃すまいと頑張ったわけです。



何故有ったらいいなと思っていたのかというと、大型三脚を使う際に所有している自由雲台だと貧弱に見えるからなんですよ。

メインの自由雲台はコレです。
G_10x

SIRUIのG-10Xというボール直径29mmで耐荷重15Kgの自由雲台です。

見た目になんか頼りないでしょ?

スペック的には何の問題もなく、また、大型三脚でなければアンバランスにも感じません。


今回購入した自由雲台は大型なのでこんな感じ。
Sp213

サイズ的にピッタリな感じです♪

これだとパン動作が雲台本体以外にクランプ台でも出来るので、水平出しの為のレベラーが不要になります。

基本スベック
----------------------------------
材質:アルミニウム合金
ボール直径:54mm
高さ:100mm
取付部直径:75mm
取付部規格:
標準三脚ネジ 3/8インチ
アダプタ使用時 1/4インチ
重さ:0.83㎏
最大耐荷重:28㎏
----------------------------------

各部の動きはMORE BLUEさんのチャンネルでご覧になれます。
動画展示URL:https://www.youtube.com/watch?v=lP0VnT-VSS0


参考までに笠井さんのAZ-Palmだとこんな感じです。
Az_palm

AZ-Palmを使う時にはレベラーが必要ですね。


届いてから開封の儀を済ませて写真を撮りましたよ。
Sp213_1

Sp213_2

造りはなかなか良いです。

デザイン的にはちょっとゴツ過ぎかな?まぁ、その辺りの好みは人それぞれということで・・・。


2つあるクランプレバーはラチェット機構というか動かせるようになっているので、別の機材と干渉するようだったら角度を変えればいいです。
Clamp_lever

レバー部だけを浮かせて角度を変えて元に戻すという感じです。


付属のアルカスイス互換プレートですが、前後にスライドさせて抜くことは出来ません。

脱落防止のネジがある為です。

加えてクランプの開き幅がプレートよりも若干狭めに出来ている為、プレートをどちらかのレールに寄せる動作をしてから反対側を持ち上げて抜くことになります。

脱落しないという安心感はあると言えなくもありませんが、他のクランプ&プレートに慣れていると面倒に感じます。

手持ちの互換プレートをいくつか脱着してみましたが、そちらでは普通に脱着できましたので、この付属プレートがそういう狙いで若干幅広に作ってあるんだと思います。

全体的にいい感じなんですが、付いているカメラネジが安っぽいのと収納袋が無いのが残念。


収納袋は別途ネオプレーン素材を使ってミシンで縫って作ろうと思います。

そういう楽しみを残してくれたと思えば悪くないかな(^^;)


まだ使っていないので使用感とかは未知数ですが、天文関連を扱うショップさんが販売しているモノなので期待していますよ。


« 今日の星空 (ふたご座流星群) | トップページ | 番外編 (大型自由雲台用収納袋(巾着袋)を考える) »

機材」カテゴリの記事

コメント

確かに、ごっついっすね~
何積むんですか?

特に用途は無いっす(^^;)
風景撮りもそんなにしませんしね・・・いつか役に立つことがあるかも?

ボールヘッドにレベラーを使っているのに違和感を感じたが、(動画で?)パンニングしたりするのね。

単体で見たときは感じなかったけど、三脚に乗せると存在感がすごいね。👍

レベラー使うなんて自由雲台のコンパクトさをスポイルしてますよね(^^;
重心高くなってるし・・・。
3WAY雲台が好きじゃないんですよね、仕舞うのにも面倒だし場所を取るので。
船を撮るのにパンニング出来ると便利なんです。
なので、こんな組み合わせになっているんです。
動画ではなく静止画です。
オートフォーカスも嫌いなのでどのレンズもマニュアルで使います。
ピント合わせている間にも船は移動してしまうのでパンしながら使うんですよ。
3WAY雲台→ビデオ雲台→ジンバル雲台を経て自由雲台に辿り着きました。
ジンバル雲台も便利だと思いますが今は入院中です(^^;

>船を撮るのにパンニング出来ると便利なんです。
なっとく。
物の使い方なんて、自分が使いやすければそれが一番。
無理に型にはめる必要はないと思うよ。

確かにそういう使い方ならジンバルがよさそうな気がするね。
ジンバルといえば、最近、SLIKのテレマスター800を見てほしくなった。

ジンバル雲台の修理、今ストップしていますが、そのうちにまた開始します(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の星空 (ふたご座流星群) | トップページ | 番外編 (大型自由雲台用収納袋(巾着袋)を考える) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ