« 番外編 (壊れたジンバル雲台を修理してみる その1) | トップページ | 今日の港 (東京湾フェリー「しらはま丸」チーバくん仕様) »

2019年11月19日 (火)

番外編 (壊れたジンバル雲台を修理してみる その2)

 今日は久し振りにISSの通過が拝める日でした。

ベストな日ではありませんが、南から東の低空を通過していく様子を撮ろうかな?と寄り道してみましたよ。

現場に着く前にアプリから5分前のアラートが・・・。

着いてそそくさと支度をしてカメラアングルを決めようとしたときにカウントダウンが始まりました。

ま・間に合わん!!!

もう見えているISSにレンズを向けて、なんとなくピントを合わせて、モードをマニュアルにし、ISO感度とシャッタースピードを適当にセット。

1枚撮ってみる・・・ダメじゃんorz

設定し直しているうちにモニターに写るISSは暗くなって消えていきました・・・。

まぁ、仕方ないね(^^;)





何故、間に合わなかったのかというと、ホームセンターに寄ってジンバル雲台に使うOリングを探していたんです。

結局、水道用のパッキンを120円で買いましたよ。

そんな事をしていたら思いの外時間を使っていたんですね。

で、本題です。

そのパッキンをセットしてみました。
Dscn8063

分かりにくいかな?

こんな順序で組んでありますよ。
Dscn8064

テンションを掛けるノブナットを締めてみると、いい感じでテンションを調整することが出来ました。

このクッションが無いと、ネジを絞めてテンションを変えようとしても、その調整の幅が殆ど無いんです。

まぁ、三脚に固定してやってみないと実際のところは分かりませんけどね。

緩い状態ではガタが出るかもしれないし。



さて、次はその三脚に固定するネジ穴の補修です。

ココね。
Dscn8065

ネジ山が削れてガタガタになっているんですよ。

この穴を拡げて12mmP1.0のネジ穴を切り直すつもり。

これが自分が持っているタップ&ダイスでは最大サイズなんですよ。

5/8インチのタップ&ダイスを持っていれば市販の5/8→3/8変換アダプターが使えたんですけど、持っていないんだから有るものでやるしかありません。



ただ、ちょっと心配なんです。

12mmから3/8インチのアダプターって厚みが薄すぎなんじゃないかと・・・。

作ってみる前に、折角三次元CADが使えるんだから画面上で確認してみました。

使ったCADはFUSION360ですよ。

まず、こんな円柱を作ります。
1_20191119205201
外径12mm、内径8mmです。


外径に12mmP1.0のネジを作ります。
2_20191119205201

内径に3/8インチネジを作ります。
3_20191119205201

グルグル回したり真ん中でカットして厚みを見たりします。
4_20191119205201
(スライスしたところをキャプチャーし忘れました)

一番薄い所でも0.7mmぐらいありました。

何とかなるかな?


最近はFUSION360ばかり使っています。

何故かというと簡単にネジが作れるから。

そういうコマンドが有るんですよ。
5_20191119212301

ネジに合う円柱を作ってそのコマンドを使うと、勝手にネジを選んで作ってくれます。

ピッチ違いはプルダウンリストから選べばOK。

使うサイズが無ければちょっと面倒ですがプロファイルを自分で作ることも出来ます。

なかなか使い勝手良くて今はこのCADオンリーです。



大丈夫そうなんで一度アダプターを作ってみます。

失敗したら工具のリサイクル専門店で5/8インチタップ&ダイスを探すか、無ければ買いますよ。

中古なら200円ぐらいかな?

新品だと1,000円前後ぐらいしちゃうかな?

ヤフーショッピングで12mmのセットを買った時は900円でした。

中古が見つかるといいな♪

« 番外編 (壊れたジンバル雲台を修理してみる その1) | トップページ | 今日の港 (東京湾フェリー「しらはま丸」チーバくん仕様) »

工作関連」カテゴリの記事

機材メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

ダイスは持ってないが、タップセット(M3~M5の3本)はなぜか持ってる。
HOZANのやつ。
かなり前に買ったもので値段は全然覚えていないが、たいした値段ではないはず。
昔は自分も結構DIYモドキなことをやっていた。
ほんとにモドキレベルだけどね。
手頃な値段でしっかりしてそうな工具&道具を買っていくと、メーカーとかのこだわりがないのに、なぜかHOZANが多い。
特にちょっと特殊系の道具に関しては100%に近い確率。
高級ブランドではないけど、歴史があり、しっかりしたものを作ってるメーカーなんだろうと思う。
爪切りや耳かき、毛抜きとか何気なく見ると、なぜか”貝印”みたいなもんだね。^^

HOZANですかー。
HOZANって言うと自分は電気関係かな?って思っちゃいますね。
元は自転車の工具メーカーみたいですけど。
HOZANの電気工事用工具セット持っていますよ。
二種の試験の為に買いました。
おかげさまで合格しましたが、それで満足して免許自体は取得していません(^^;)
仕事で使う訳じゃないしまぁいいかーって。

そうですね。私も電気関係でHOZANが多いです。
レンチやスパナ関係のイメージは全然ないです。
というよりも、↑のタップは例外で、自分がいじっていたのは電気関係が主ですから。

5/8インチのタップ&ダイスの中古ありましたよ。
どちらも300円でした。
だけど買いませんでした。
このサイズになると大きなホルダー仕様になるんですね。
そんなの持っていないので使えないというオチ。
ダイスホルダーは旋盤、タップホルダーはなんちゃってフライス盤(ボール盤改)で作れそうですがそこまでする気は無いです(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (壊れたジンバル雲台を修理してみる その1) | トップページ | 今日の港 (東京湾フェリー「しらはま丸」チーバくん仕様) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ