« 今日の星空 (月齢3.2の月) | トップページ | 番外編 (NEX-5Nの修理、ついでにローパスフィルターの除去) »

2019年11月 2日 (土)

今日の星空 (アンドロメダ銀河M31)

ミニボーグ50の中古(2本目)を買ったので、2本体制で撮影が出来るようにコツコツとパーツを集め始めました。

レデューサが欲しいのですが中古はなかなか手に入らず、新品を買うのは当貧乏ブログとしてはちょっとね・・・。

で、何度か自作しているクローズアップレンズを利用したレデューサに、またチャレンジしようとしていますよ。

出来るだけセンサーに近づけた方がいいらしいので、今回、今までよりもセンサーとの距離を詰める方法を試そうと思っています。

今日の夕方にはその中の主役級のパーツが届きます。

もちろん主役はクローズアップレンズですが、過去にACクローズアップレンズのNo.3とNo.2は手に入れてあります。

今回No.4を買い足しました。

No.2がどこにあるのか行方不明ですが、それら3種であれこれやってみようと思いますよ。

さて、どうなりますか、上手くいけば比較的早くに2本体制での撮影が出来るようになるかも?

失敗したら、レデューサの中古が出るのを気長に待ちますよ(^^;)




さて、本題です。

星相手に撮影が出来たのは5月の下旬以来でした。

その時も今回と同様霞んだ空で、撮影しに出掛けるかやめようか迷ったんです。

今回も肉眼では星はほとんど見えませんでしたが、無風だし雲は無いし久し振りの星空(あまり見えていないけど)なので、22時前になって思い切って出掛けました。

いつもの近所の海岸です。


駿河湾上だけ星が見えました。

まず、極軸を合わせ、カペラでピント合わせ、ほぼ天頂のアンドロメダ銀河をスカイメモSに付けた目盛環で導入します。

オリオン座中心部と迷ったんですけど、天頂方向の方が多少でもマシだろうとこちらを選びましたよ。

こんな感じに撮れました。
M31_median_iso32_50s41_30s1
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50+レデューサ0.85xDG ISO3200 Total:53min LPS-D1 SkymMemo-S)

午前零時を越えると途端に強風が吹き始めあえなく断念。

それまで双眼鏡で久し振りの星空を堪能しながらの撮影でしたが、風が吹くと体感温度がかなり下がり寒かったですよ。

フリースしか持っていなかったので風が突き刺さるようでした。

ダウンも持っていくんだった・・・。


でも、久しぶりに星空を堪能できたのでとても満足しましたよ♪

« 今日の星空 (月齢3.2の月) | トップページ | 番外編 (NEX-5Nの修理、ついでにローパスフィルターの除去) »

miniBORG50関連」カテゴリの記事

Skymemo-S(スカイメモS)での作例」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

色々な人の情報から、センサーとの距離が肝のような気がしてる。
対空双眼鏡として楽しみながら、気楽に構えるのも”あり”だと。

二本刺しにするんですかー?
お侍さんですねぇ~

2本が同じ場所を向くように調整するのが面倒くさそう...

To是空さん
今回、過去一番センサーに近寄れると思うんです。
そうなればそこから離していくのは簡単なので、最適な距離を探れるのでは?と期待しています。

Toけむけむさん
歪みさえなければ、だいたい同じ対象が写っていればいいので、微動での位置合わせは余り気にしていないんですよ。
200mmと広い画角ですからね。
レデューサ次第なのかなぁって・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の星空 (月齢3.2の月) | トップページ | 番外編 (NEX-5Nの修理、ついでにローパスフィルターの除去) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ