« 今日の港 (クルーズ客船「セレブリティ・ミレニアム」) | トップページ | 車の事 (パンク修理@2回目) »

2019年10月 4日 (金)

番外編 (新作業用PC で初の画像処理)

何年前の中古なのかハッキリとは分かりませんが、CPUの生産時期で言うと2015年8月~2016年12月ぐらいのワークステーションをヤフオクで落札しました。

パソコンまでヤフオクになっちゃったかとの思いもありますが、楽しい老後を過ごすためには節約術は身に着けていかないとね(^^;)

当初はパソコンショップブランドの中古品を買ったんですけど、家では安定して稼働しなかったんですよ。

ショップで見てもらうと問題ないって言われちゃって・・・結局、エラーが出ることには変わりないのでショップさんから返金処理にさせてって言われました。

その導入を見込んで無線キーボード&マウスセットや回復ドライブ用の64GBUSBメモリーを購入済みでしたので、急遽、他のPCを物色したところ、気になるPCはヤフオクでしか見つけられなかったんです。

保証期間はグッと短くなって1週間。

不安はあったものの失敗したPCの4割ぐらいの金額です。

価格差の分、気持ちも軽くなってエイヤッと人差し指がマウスをクリックしちゃったんですよね。

結果、正解でした。

すごく安定動作しているし、SSDに換装したこともあって超快適です。



ただ、実際の画像処理は天気の影響でなかなか出来ずにいたので、今年の正月に撮影したオリオン座中心部の画像を使ってテストしてみましたよ。

撮影機材は以下の通りです。
・レンズ:ミニボーグ60n+レデューサ0.85xDG
・カメラ:NEX-5N(自己改造)+LPS-D1(光害カットフィルター)
・赤道儀:スカイメモS
お安い構成でしょ?

撮影地は近所の海岸です。

年末&正月なのでいつもより光害の影響は少なかったと思います。

その時のブログ内容はこちらです。

処理に何分かかったとかの情報はありませんので、どのくらい短縮できるようになったかは不明です。

ダーク&フラット処理済みのDNGファイル162枚から129枚をDeepSkyStackerで処理したモノです。
Orion_isomix_2h9m_129f

ザックリですがDeepSkyStackerのパラメーターは、リザルト/インターセクション、スタッキングモード/エントロピーウェイテッドアベレージ、アライメント/オートで処理していますので、今まで使用していたCore-i5(今回買ったWSの1世代前のCPU)のノートPCでは相当時間が掛かったと思います。(寝落ちした記憶があります(^^;)

今回は20分弱でした。

いやぁ、ビックリしました!


続いてFlatAide Proによる補正を・・・。
Orion_isomix_2h9m_129f_sd_s

かぶり補正や青ハロ軽減処理など、それにStarNet++を使用してスターシャープなんかも掛けています。

最後にPhotoshop CS2にて少し体裁を整えました。(丁寧に処理していませんので突っ込まないでね)


※20191008追記
PhotoshopCS2にてRGB分解後、NikCollectionのSilverEfexPro2を使用して高コントラスト(弱)のレシピを各チャンネルに適用後、RGB統合してみました。
M42_test2_sd2_sh
同じ画像なのに随分変わってしまうのが興味深いです。
赤以外が無くなってしまったような・・・。
新作業用PCがなかなかに快適なので、もう少しいろいろな手法でこの画像を弄ってみようと思いますよ。

※20191010追記
違う手法で星雲協調気味に処理をしてみました。
M42test_2h9m_129fr_2r_sd2_s
星が暗すぎますか・・・だけど画像処理が殆どできなかった自分が少ないながらも「手法を変えて」なんて・・・成長したのかな?



これで自分が使う天体画像処理用のソフトウェアを一通り検証できたと思います。

StarNet++だけ「***.dll」が無いって怒られちゃったんですが、マイクロソフトから必要なソフトをダウンロードして事なきを得ました。

3.5万円ほどで自分にとって超快適な環境になりましたよ!

16GBのメモリ増設には9千円ぐらいかかっちゃうので、しばらく様子をみようかと思います。

あ、現状は8GBです。

« 今日の港 (クルーズ客船「セレブリティ・ミレニアム」) | トップページ | 車の事 (パンク修理@2回目) »

Skymemo-S(スカイメモS)での作例」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

天体写真用ソフトウェア」カテゴリの記事

miniBORG60n関連」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。
DDR4 ですっけ?お高いですよね...
こちらは、DDR3 なので、某ネットオークション(いまさら)で探してみようかと思ってます (^o^;

近所のハードオフのジャンクコーナーに行ってみたら、マジなジャンクで、あんまり触りたくない系がいっぱいありました。あれは...だなぁ

低価格スタートの物件がありました。
このまま進んでくれたらハッピーになれるんですが・・・。

あのジャンクはちょっと手が出ないですね。
基盤からパーツを取って修理するような強者向きですかね。

こんばんは
コスパ良いですね。無事に稼働しているようなによりです。
当方のBTOパソコンは今日到着しセットアップ完了しました。まだソフトのインストールも少なくサクサクと動いています。SSDの効果を実感できるまでではありませんがコンポジットしてみるとわかるのでしょうか。
DSSも一度入れてはみたのですが表示の不具合あり止めました。大量コンポジットにはDSSですね。
SI8はとにかく重いので。

FlatAide Proは使っていませんが効果大ですね。

SSDの効果なのかCPUのおかげなのか、普通に画像処理しているだけではなかなか実感しにくいですね。
全てが相対的に良くなったということで・・・。
単純にはスイッチオンからの起動時間で「早っ!」と思える感じでしょうか。

DSSの表示の不具合ってボタンとかが見切れちゃって操作できないヤツですか?
だったら左のメニュー「Options」から「About DeepSkyStacker...」を選んで言語選択を「Engilsh」にして「OK」すれば解決しますよ。
選択肢に「Japanese」があるともっといいんですけど。

FlatAide Proは多機能で便利ですよ。
マニュアルも完備されていてわかりやすいです。
フォトショップであれこれやらなくても、これで出来る範囲は遠慮なく利用しています。
自分は無料で使えるように画像サイズを小さくして利用していますが、機材をグレードアップした際にはちゃんと有料で使おうと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の港 (クルーズ客船「セレブリティ・ミレニアム」) | トップページ | 車の事 (パンク修理@2回目) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ