« 番外編 (3Dプリンターにて猫用自動給水器を考える) | トップページ | 工作室 (3Dプリンターでリモコンの電池蓋を作る) »

2019年8月18日 (日)

工作室 (3Dプリンターにて猫用自動給水器を作る)

この夏は乗り切れそうもないなぁって思って見ていたばあちゃん猫が逝きました。

3年前ぐらいだったかな、ここに流れてきたのは。

メスにしては大きな猫で、ボス猫と比べても引けを取らないサイズ感でした。

そのおかげか避妊されているからなのか、オスから喧嘩を仕掛けられることが多くて、いつも怪我をしてましたよ。

皿を右手で自分の方へ持ってくる特技がありました。

他の猫は、その技を喰らうと何が起きたのか分からずポカンとした表情をするので、いつも楽しく見ていたことが懐かしいです。

老いのせいでしょうか、去年の夏過ぎからだんだん痩せてみすぼらしくなって、歯も抜けちゃったのか食べ辛そうにしていました。

何日か前から寝たまま動かなくなり、最後の日には息がすごく荒くなっていましたよ。

お疲れさまでした。



さて、いよいよプリントしてみました。

所有する3Dプリンターで作ることが出来る最大サイズに近くなるようデザインし直しました。
Water_server2
極力、角を無くし、掃除しやすいようにしてあります。


ビルドプレート上に収まる事を確認。
Water_server

材料は白色のPLAを使用しました。



4時間弱かかって出来上がり。
Dscn7390

500mlのペットボトルをセット。
Dscn7391


水を入れてのテストも済んでいます。

水の出口の形状というかサイズが少し小さかったみたいで、表面張力に若干負けているような感じです。

狙った水深1センチには見ている間にはなりませんでした。

ですが、あまり深く水が溜まってしまうのを避けたかったので、これはこれで良しとします。

結果オーライで、猫が水を飲むと頻繁に水が流れてくる感じに出来ました。


一応、CADデータの方は水の出口を拡げておきました。

次作るときには、すぐに狙った水深になると思われます。


今回作った物を使わせてみて、次回作の参考にしようと思います。


転倒防止のために重りを仕込もうかな?とも思いましたが、適当な材料が見つかりませんでした。

重いモノは安くはないということが分かりました。

転びやすかったら二重構造にして砂を入れるとかにしようと今は考えていますよ。





※追記
早速、設置しました。
2_20190819200001

すぐに使ってくれましたよ。
1_20190819200001

やっぱ小さめですかね?

形状を変えた方が良いのかな?

« 番外編 (3Dプリンターにて猫用自動給水器を考える) | トップページ | 工作室 (3Dプリンターでリモコンの電池蓋を作る) »

工作関連」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (3Dプリンターにて猫用自動給水器を考える) | トップページ | 工作室 (3Dプリンターでリモコンの電池蓋を作る) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ