« 番外編 (NEX-5Nへの37mmフィルター取付方法見直し) | トップページ | 番外編 (NEX-5Nへの37mmフィルター取付方法見直し その3) »

2019年7月 1日 (月)

番外編 (NEX-5Nへの37mmフィルター取付方法見直し その2)

このテーマ、意外と難しいです。

試作数は現在6個目。

狭い場所への工作なので、強度を持たせられないところが悩みどころです。



積層式の3Dプリンターで印刷する際に、下から順に層を積み上げるでしょ。

下の層では何も無いところに上の層で印刷しようとすると、下に何もないので当然垂れ下がっちゃうんです。

これを防ぐために、サポートという後から取り去る余分なモノも一緒に印刷するんです。

これが強度の無い工作物だと、そのサポートを取るのが超大変なんです。

本体が壊れちゃったりするんですよ。

それと、サポートが付いていた面の荒れがどうにも気持ち悪い。

加えて、ラフトという工作物がプレートから剥がれないようにする為のサポートみたいなモノなんですけど、その方式を選んで印刷していることにも一因があるんですよね。

サポートと同じように剥がした跡が荒れちゃうんですよ。


今は工作物を積み上げるプレートに3Mのプラットフォームシートを貼っているので、ラフトを使わず直に印刷をしても大丈夫かもしれないと試しているところです。



これまでに作った物で37mmフィルターを装着してみました。
Dscn7315


外すと・・・。
Dscn7317

裏面が荒れてるでしょ?

何だかセンサーにゴミが付いちゃいそうで嫌な感じ。

実際には洗浄してから使いますので問題はありませんが。


とりあえずはこれでも使えますよ。

カチッとは止まっていませんが、そこそこの衝撃を与えない限り外れません。



もう少し工夫して作ろうと変更を加えました。

今度は分割して出来るだけ表面の荒れを押さえようと目論んでいます。

これを・・・。
Filter_v2

こう分割します。
Filter_v2_1 Filter_v2_2
この2つを接着剤でくっつけますよ。


今印刷中です。

次回は完結編にしたいですよ(^^;)

さて、どうなりますやら・・・。

« 番外編 (NEX-5Nへの37mmフィルター取付方法見直し) | トップページ | 番外編 (NEX-5Nへの37mmフィルター取付方法見直し その3) »

カメラ改造」カテゴリの記事

光害カットフィルター」カテゴリの記事

工作関連」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
初めてコメントさせて頂きます。
いつも楽しく拝見しています。
サポートを外した後ですが、ヒートガンで炙ると滑らかに処理できると聞いたことがあります。フィラメントの素材にもよるかもですが。。ご参考になれば幸いです。

コメントありがとうございます。
こちらこそいつも楽しくブログを拝見させていただいています。

ヒートガン、欲しいなぁと思いながら見ていましたが頻度を考えると・・・。
ドライヤーでテストしてみようかな?
ABSだとドライヤーでは温度不足でしょうか。
変形せずに上手いこと表面だけなだらかになるのを期待したいです。

今はサポートの代わりになる構造物を余分に作り、サポート無しに印刷後、切り離したらどうだろうかと設計し直してみました。
他の策としては、ホットナイフっていうのかな?半田ゴテの先がカッターの刃になっているのを平たいアルミに変えて整えてみようとか考えています。
こういう工夫って楽しいです(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (NEX-5Nへの37mmフィルター取付方法見直し) | トップページ | 番外編 (NEX-5Nへの37mmフィルター取付方法見直し その3) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ